洗顔

酵素洗顔でつるすべ素肌に!おすすめ洗顔料10選と使い方テクニック

投稿日:

酵素を含んだ話題の洗顔料「酵素洗顔」を使用することで、古い角質や角栓をしっかり落とし美しいつるすべ素肌に。

このページでは、酵素洗顔料の選び方や今売れてるおすすめの酵素洗顔料10選のご紹介、酵素洗顔の効果を発揮する使い方テクニックなどをご紹介しています。
 

このページでまとめていること

酵素洗顔はどうやって選んだらいいの?
おすすめの酵素洗顔は?どれが売れてるの?
酵素洗顔を使うことによるメリットって何?
酵素洗顔の効果を発揮する使い方は?
酵素洗顔を使う際の注意点は?

など、酵素洗顔について徹底的に調査し詳しくまとめています。

 

古い角質はくすみや角栓、毛穴の黒ずみ、ニキビ、肌のごわつきなどの大きな原因になります。

酵素洗顔でこれらの肌トラブルをしっかりと対策していきましょう。

 

酵素洗顔の選び方


酵素洗顔を使うにあたっり最も大切なのは、数ある種類のなかからどれを選ぶかということです。

ここでは酵素の種類や肌質、効果から、どんな酵素洗顔を選べば良いかを調べてまとめました。

 

古い角質や角栓が落としきれないなど、洗顔に満足できていない人に参考にしていただければと思います。

配合されている酵素の種類から選ぶ


酵素洗顔は配合されている酵素の種類をポイントに選びましょう。

酵素洗顔といっても、使用されている酵素は種類や作用が異なるので、肌や目的に合わせて選ぶことが大切。

 

ここでは酵素の種類について特徴や効果について調べてまとめました。

初めて酵素洗顔を使ってみようと思っている方に参考にしていただければと思います。

たんぱく質分解酵素

たんぱく質分解酵素とは、プロテアーゼ、パパイン、ブロメラインなどの酵素。

この種類の酵素には、普通の洗顔料では落としきれない肌表面の古い角質(たんぱく質)を分解する作用があります。

 

洗顔しても肌のゴワつきがあり肌の色がくすんでいる人は、古い角質が蓄積している可能性があるので、たんぱく質分解酵素がオススメ。

くすみの原因となる古い角質を除去し、明るく透明感のある肌にする効果や、ニキビの元になる菌の繁殖の予防ができます。

皮脂分解酵素

皮脂分解酵素とは、リパーゼ、サンゴなどの酵素。

皮脂は普通の洗顔料などでも落とすことができますが、角栓は古い角質であるたんぱく質が7割、皮脂が3割程度で構成されていることから、皮脂分解酵素も重要な働きを担っています。

 

皮脂が多く分泌され、ニキビなどの肌トラブルが多い人はこの酵素がオススメ。

皮脂を分解することで、より効果的に角栓を除去していくことができます。

 

敏感肌の人は使う前に商品リサーチを


酵素洗顔は古い角質や落としにくい角栓に効果が期待できますが、敏感肌の人は使う前に商品をチェックしましょう。

酵素洗顔は、一般的に普通の洗顔料よりも刺激があるため、どんなに売れていたとしても肌が弱い人はトラブルになることも。

 

まずは購入前に、口コミで敏感肌の人に向いている商品かどうかをチェックしましょう。

また使い始めた後も、赤みやかゆみなどの症状が出た場合は、1度使用を中止して肌の様子を見ることが大切です。

ひどい場合はすぐに皮膚科医に相談するようにしましょう。

保湿効果もある酵素洗顔がおすすめ


酵素洗顔を使う場合、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含んでいるものがオススメです

酵素洗顔は、普通の洗顔では落としきれない角栓や古い角質を落とす効果が高いため、肌への多少のダメージは避けられません。

 

ですから、少しでも肌のダメージを軽減するために、乾燥を防ぐ保湿成分が配合されているのが理想的。

酵素洗顔をするときは、肌を徹底的に保湿するスキンケアを心がけましょう。

 

個別包装かボトルタイプかを選ぶ


酵素洗顔は基本的にパウダー状で、パッケージには個別包装タイプとボトルタイプがあります。

どちらのタイプのパッケージが良いかはそれぞれのメリットとデメリットから考えて選びましょう。

 

個別包装タイプ

1回分ずつのパウダーが包装されているタイプ。

使うときに開けるので、お風呂で使うときなどは残りの酵素洗顔料が空気に触れて湿気てしまうことがありません。

 

ただし、開ける手間が必要なのと、量を調整できないというデメリットがあります。

 

ボトルタイプ

まとめてボトルに包装されているタイプ。

自分の使い方に合わせて量を調整できるので無駄がありません。

 

1度開封すると空気に触れて湿気やすくなるため、保管場所には注意を払う必要があります。

 

おすすめの酵素洗顔料10選


数ある酵素洗顔料の中から選りすぐりの酵素洗顔10点についてご紹介します。

これから酵素洗顔をしてみたい人や、別の酵素洗顔が気になる人など、ぜひ本記事がオススメする酵素洗顔を参考にしていただければと思います。

 

アルファピニ28


シェルゥームが販売するアルファピニ28は、濃密な酵素の泡で古い角質や毛穴汚れをクリアにできる酵素洗顔料です。

植物の生命力を最大限に引き出した天然酵素パウダーサンゴ末とパパイン酵素の2種類の酵素を含んでいるので角栓ケアに効果的。

 

毛穴の汚れを吸着したり古い角質を分解除去し、植物由来の美容成分を配合しているので、潤いを守りながらもスッキリした洗い上がりが魅力です。

アルファピニ28の販売サイトへ

 

カネボウ化粧品 suisai ビューティークリアパウダー


カネボウ化粧品が販売するsuisai ビューティークリアパウダーは、毛穴の黒ずみや角栓を除去できる酵素洗顔料です。

角質分解酵素のプロテアーゼと皮脂分解酵素のリパーゼの2つの異なる作用のW酵素配合で、透明感のあるツルスベ肌に洗い上げます。

 

個別包装になのでパウダーの湿気や劣化を予防できて、いつも新鮮な酵素で洗顔することができます。

suisai ビューティークリアパウダーの販売サイトへ

 

Obagi オバジC酵素洗顔パウダー


Obagi販売のオバジC酵素洗顔パウダーは、ビタミンC配合で潤いを守りながら毛穴の黒ずみや角栓を除去する酵素洗顔料です。

角質を分解するプロテアーゼと、皮脂を分解するリパーゼを配合し、クリアでざらつきのないツルりとした肌に洗い上げます。

 

こだわりの保湿成分「ヒメフロウエキスとアスコフィルムノドスムエキス」配合で潤いを守り、肌のコンディションを整えます。

オバジC酵素洗顔パウダーの販売サイトへ

 

KOSE 肌極 つるすべ素肌洗顔料


KOSEの肌極 つるすべ素肌洗顔料は、お米由来の成分配合で古い角質や汚れを除去しつつ、肌がつっぱらないのが特徴。

角質を分解するプロテアーゼで肌に蓄積した古い角質をクリアにするため、すべすべでつるんとした肌に洗い上げます。

 

美肌成分豊富なコメ胚芽油や肌のバリア機能を高めるライスステロール配合で、潤いに満ちた柔らかな肌にしてくれます。

つるすべ素肌洗顔料の販売サイトへ

 

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト クリアウォッシュ


第一三共ヘルスケアのミノン アミノモイスト クリアウォッシュは、古い角質による肌のガサガサやゴワつきを優しくオフするのが特徴。

角質を分解するプロテアーゼで肌に蓄積した不要な角質を取り除き、その後に使用する化粧品を馴染みやすくします。

 

無香料、無着色、紫外線吸収剤フリーなど低刺激処方なので、敏感肌の人でも使いやすい酵素洗顔料です。

ミノン アミノモイスト クリアウォッシュの販売サイトへ

 

オルビス パウダーウォッシュプラス


オルビスが販売するパウダーウォッシュプラスは、通常の洗顔で落としきれない毛穴汚れを週に2度ほどのスペシャルケアでオフする酵素洗顔料です。

プロテアーゼとリパーゼの2種類の分解酵素が落ちにくい汚れを分解して、さらに濃密な弾力泡で汚れを吸着して除去。

 

さらにローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンと3種の保湿成分配合で、つっぱらずしっとりツルツルの肌に洗い上げます。

パウダーウォッシュプラスの販売サイトへ

 

Pdc リフターナ クリアウォッシュパウダー


Pdcが販売するリフターナ クリアウォッシュパウダーは、黒炭入りで余分な皮脂を吸着して汚れを落とせる酵素洗顔料です。

タンパク質を分解するパパインと、皮脂を分解するリパーゼのW分解酵素で毛穴に詰まった角栓汚れをクリアにします。

 

ノンスリップカット加工フィルムで1回分ずつ個別包装されているので、濡れた手でもストレスなく開けられるパッケージが特徴です。

クリアウォッシュパウダーの販売サイトへ

 

アスティ 桃潤肌 酵素洗顔パウダー


アスティが販売する桃潤肌 酵素洗顔パウダーは、「活きてる酵素」で毛穴レス肌へ導いてくれる酵素洗顔料です。

タンパク質分解酵素のプロテアーゼを配合し、肌にダメージを与えずに角質を除去して黒ずみや古い角質の蓄積による肌のくすみを改善。

 

さらに桃葉エキスやローズヒップの保湿成分が肌をしっとりさせ、ビタミンC誘導体やハマメリスエキスが肌を明るい印象にしてくれます。

桃潤肌 酵素洗顔パウダーの販売サイトへ

 

コスメデコルテ フィトチューンクリアパウダーウォッシュ


コスメデコルテのフィトチューンクリアパウダーウォッシュは、炭酸の泡で毛穴のざらつきや黒ずみをクリアにする酵素洗顔料。

プロテアーゼ配合で肌に残っている古い角質を除去しながら、植物由来の洗浄成分が肌に負担をかけずに肌の汚れを優しく洗い上げます。

 

ハーバルフローラルタイプのエッセンシャルオイル配合で、透明感のあるみずみずしい香りで癒しのスキンケアができます。

フィトチューンクリアパウダーウォッシュの販売サイトへ

 

カネボウ化粧品 リサージディープ クリーンパウダーa


カネボウ化粧品が販売するリサージディープ クリーンパウダーaは、毛穴の汚れや角栓、古い角質をスッキリ洗い上げる酵素洗顔料。

プロテアーゼとリパーゼのW酵素で角栓ケアをし、肌にやさしい洗浄成分が潤いを守りながら透明感のあるなめらかな肌に洗い上げます。

 

洗顔後に使用する化粧水などを肌に浸透しやすくし、健やかな肌に導く酵素洗顔料です。

リサージディープ クリーンパウダーaの販売サイトへ

 

酵素洗顔を使うことのメリット


酵素洗顔がこんなにも注目されているのは、使うと肌に多くのメリットがあるからです。

ここでは、酵素洗顔をすることによって得られるメリットについて調べてまとめました。

 

酵素洗顔をよく知らない人だけでなく、すでに使っている人にも改めて参考にしていただければと思います。

 

酵素で肌に不要なものを落とせる


酵素は肌に蓄積してしまう不要な古い角質や角栓を落とす効果が期待できます。

洗顔を毎日していても、さまざまな要因によって古い角質や角栓が溜まることがあり、ニキビやくすみなどの原因になってしまいます。

 

これは、角質や角栓がケラチンというたんぱく質でできており、皮脂が混じることで毛穴に詰まった角栓は、一般の洗浄成分では落としにくいからなのです。

その点、酵素洗顔料のほとんどはたんぱく質を分解する働きがあるため、肌に蓄積した古い角質や角栓のたんぱく質を分解し、洗浄成分で汚れと一緒に落として肌をクリアにできます。

 

酵素洗顔で解決する肌トラブル


酵素洗顔は、肌に蓄積している古い角質による「くすみ、角栓、毛穴の黒ずみ、ニキビ、ゴワつきの肌」といった5つの肌トラブルを解決することができます。

 

古い角質が蓄積するのは肌のターンオーバーが乱れているのが主な原因で、ターンオーバーの働きを正常化するには古い角質を除去するのが効果的です。

肌のターンオーバーの働きが正常化すると次第に肌のくすみやごゴワつきは改善されるので、透明感のあるなめらかな肌を保つことができます。

 

さらに、たんぱく質を分解する酵素の働きで、毛穴に詰まって黒ずんだ角栓を除去したり、皮脂の詰まりを防ぐためニキビができるのを予防することもできます。

 

酵素洗顔の使い方


普段の洗顔では落としきれない古い角質や皮脂を酵素洗顔で落とすためには、酵素洗顔料を正しく使うことが大切です。

ここでは、酵素洗顔の正しい使い方について調べてまとめました。

 

これから酵素洗顔を試してみるという人や、酵素洗顔で満足いくケアができていないという人は参考にしてみてください。

 

濃密な泡を作って摩擦を防ぐ


酵素洗顔に限らず、洗顔料は水分を含ませて吸い付くような濃密泡を作って洗うことが基本中の基本。

濃密泡とは、手を逆さにしてもぴったりくっつき落ちてしまわない程度の硬さで、泡立てた生クリームのような質感の泡です。

 

濃密な泡はクッション力が高いため、肌を擦ることなく負担をかけず優しく洗い上げられます。

 

泡の上からも力を入れすぎず、手の動きに合わせて肌が動かないよう泡で洗顔することがポイントです。

 

洗顔の順番


酵素洗顔をする際には、皮脂の多いパーツからスタート。

おでこから鼻にかけてのTゾーン→フェイスラインのUゾーン→口周り→目の周りの順番で洗っていきましょう。

 

Tゾーン

濃密泡をおでこから鼻の下、鼻周りなどの皮脂の多い部分に乗せて転がしていきます。

特に小鼻周りは細かいところなのでつい力が入りがちですが、指で優しく泡を転がしていくのがポイント。

 

Uゾーン

耳から顎にかけてのフェイスラインも皮脂の分泌が多い場所なので、Tゾーンを洗い終えたらUゾーンと呼ばれるフェイスラインを洗いましょう。

頰は皮脂があまり多くない箇所なので、泡を広げる程度でOK。

 

口周り

口周りは角栓ができやすいパーツですが、皮膚が薄いので優しく洗うのがポイント。

古い角質が溜まってゴワつきが気になる人は特に丁寧に行いましょう。

 

くぼんでいるところは皮脂が溜まりやすいので、ムラなく洗顔を行います。

 

目の周り

最後は目の周りに泡をのせていきます。

目の周りは皮膚が薄く乾燥しやすいデリケートな場所なので、泡を乗せる時間は短めに。

 

擦らないように細心の注意を払って洗いましょう。

 

弱い力加減がポイント


酵素洗顔は、酵素のパワーで角質を分解して落とす効果があるので、手指に力を入れる必要はありません。

あくまでも濃密泡を肌にのせて泡自体を転がすようにし、肌が動かないくらいの力加減が理想的です。

 

目の周りなど皮膚の薄い部分や乾燥している部分は、特に力を入れないように注意しましょう。

 

すすぎはぬるま湯でそっと流す


酵素の泡をムラなく広げたら、最後はぬるま湯ですすぎ残しがないよう洗い流します。

高温は肌に負担がかかり、また冷水だと余計な油分が残ってしまうため温度には要注意。

ぬるま湯の定義は34℃などと様々ありますが、外気によって肌の温度は変わり、温度の感じ方に違いが出るので、季節に合わせて肌の温度よりやや低いかなという程度のぬるま湯で洗顔を行いましょう。

 

ぬるま湯を手ですくって、優しく泡を流すようなイメージですすぎましょう。

パシャパシャとシャワーを直接当てたりせず、洗い残しのないように生え際やフェイスラインまで丁寧に流すのがポイントです。

 

肌の状態に合わせて工夫しよう


酵素洗顔をより効果的にするためには、自分の肌の状態に合わせた工夫をするのも一つの手です。

 

脂っぽい箇所はW洗顔

Tゾーンにひと通り泡を乗せて洗ったら、再度、逆方向の回転でW洗いをします。

洗う方向を変えると泡が毛穴の隅々に届きやすくなり、余分な皮脂を落としやすくなります。

 

乾燥した箇所はぬるま湯でOK

乾燥している箇所は泡を乗せずにぬるま湯だけのオフでもOK。

特に朝の洗顔時は皮脂が少ない人も多いので、自分の肌の様子に合わせて泡を乗せましょう。

 

酵素洗顔の回数は週に1回

酵素洗顔は毎日する必要はなく、基本的に肌の状態をみながら週に1~2回程度のペースでOK。

酵素は角質を分解するため、使いすぎると肌のターンオーバーを加速させ過ぎて肌トラブルの原因になってしまうからです。

 

毎日使えるような低刺激の酵素洗顔はOKですが、基本的に酵素洗顔は週に1~2回、後の朝晩のケアは普通の洗顔料を使用することを頭に入れておきましょう。

酵素洗顔で古い角質や皮脂を除去できるので、普段使いの洗顔料は洗浄力の強すぎない保湿力に優れたものを選びましょう。

 

酵素洗顔を使うときの注意点


肌に溜まってしまう古い角質を除去できる酵素洗顔ですが、使用するにあたっていくつかの注意点があります。

酵素洗顔で透明感のある美肌にするためには間違ったスキンケアをしないことが大切。

 

ここでは酵素洗顔をするときの注意点についてまとめました。

 

連続で使用するのは控える


酵素洗顔は、普通の洗顔料のように毎日連続で使用するのはやめましょう。

酵素は角質を分解しますが、通常、古い角質は自然に剥がれ落ちるものでそれまでは肌をバリアする役割を持ちます。

 

酵素洗顔で毎日角質を除去していると、肌に必要な角質までなくなってしまい、紫外線やアレルゲン物質、大気汚染物質などの外的刺激から肌を守れなくなります。

 

酵素洗顔が肌に与える影響

毎日の酵素洗顔は正常なターンオーバーを通り越して、角質が未熟なままで肌表面に押し上げられます。

未熟な角質は当然肌を守るバリア機能に欠けており、水分や油分をキープできず、乾燥肌や敏感肌になることも。

酵素洗顔は、適度に使用して肌のターンオーバーを促してあげることが大切なのです。

 

 

酵素洗顔の使用頻度や回数の目安

酵素洗顔は週に1回のペースで夜のみの洗顔からスタートしましょう。

肌に特に刺激を感じることや肌トラブルもなく、くすみや黒ずみが改善されない場合は回数を増やしていきます。

 

また季節によっても皮脂の分泌量が異なるので、肌の状態を見ながら回数を調整しましょう。

 

下記は、肌質別で見た回数の目安です。

【脂性肌〜普通肌】週4回程度
【混合肌】脂っぽい箇所のみ週4回程度、そうでない箇所は多くても2回程度
【乾燥肌〜インナードライ肌】多くても週2回程度
【敏感肌】週に1回もしくは2週間に1回程度

あくまでも目安ですので、必ず自身の肌の状態をみながら回数を調整するようにしてくださいね。

酵素洗顔後はていねいな保湿を


酵素洗顔で余分な角質や皮脂、汚れを洗い流した後はていねいな保湿を心がけましょう。

酵素洗顔後は、肌が敏感になっているのと、毛穴がクリアになった状態の肌は化粧水や美容液の成分は浸透しやすくなっているからです。

 

セラミドなどの優れた保湿効果のある成分が配合されたアイテムがおすすめ。

ていねいな保湿ケアをすることによって、外的刺激から肌を守り、肌のキメが整い透明感のある肌になれます。

 

紫外線対策をして肌を守る


酵素洗顔後は肌がデリケートになっている可能性が高いため、いつもよりも紫外線対策は念入りに行わなければなりません。

肌に優しい低刺激でありながら、しっかりと紫外線を防げるような日焼け止めがオススメです。

あとは、サングラスや帽子などのアイテムで徹底的に肌を守るようにしましょう。

 

酵素洗顔の効果が現れるのはいつ頃?


酵素洗顔の効果が現れるのは、週1回の利用で早くても3か月くらい必要だといわれています。

週1回ペース2〜3回の洗顔で変化を感じられる人もいますが、年齢や食生活の違いにもよるので個人差があります。

 

これは肌のターンオーバーが関係しており、肌細胞が生まれ変わるのに早い人で3か月かかるといわれているからです。

 

酵素洗顔は正しい頻度で正しく使用すると、ほとんどの人が半年ほどで効果を実感できるようになるでしょう。

 

まとめ


酵素洗顔は、普段の洗顔では落としきれない古い角質や汚れを除去し、肌のコンディションを整えられることが1番のメリットです。

古い角質や毛穴の汚れは蓄積すると肌がくすんで見えたり、肌トラブルが起きて何かと大変。

 

酵素洗顔を行うことによって得られる効果や注意点をよく理解することは、自分の肌を健やかな状態に改善する近道となります。

酵素洗顔を普段のケアに上手に取り入れて、くすみ知らずで透明感のあるクリアな肌を目指しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-洗顔
-, , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.