美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

洗顔

朝洗顔で差をつける!?正しい洗顔方法で朝からスッキリ美肌

投稿日:

このページでは、朝洗顔についてご紹介したいと思います。

 

朝洗顔の必要性や正しい朝洗顔。肌質別の洗顔方法、ちょっと変わったおすすめの洗顔など洗顔についても詳しくご紹介したいと思います。

お化粧ののりがよくない人や肌荒れ気味、乾燥肌の人の参考になるようにしっかりご紹介したいと思います。

 

朝洗顔は洗顔料選びがキーポイント

shutterstock_272293409朝洗顔は水だけでも良い場合があるように、基本的に夜の洗顔と比べてみるとそこまでしっかりと洗う必要がありません。

夜にしっかりと洗顔をしていれば、寝ている間の汚れは僅かなものなので、それを洗い流す程度と考えると、朝洗顔を洗顔料を使って洗う場合には洗顔料選びが大切になってくるのです。

 

洗浄力が強いものはNG

夜に洗顔をしっかりとしていれば、朝はそこまで洗う必要はありません。

しかしオイリー肌の場合などは水だけの朝洗顔では不十分な場合もあるので、洗顔料を使った朝洗顔をする必要があります。

 

この時に気をつけたいのが洗浄力が強いものはNGだということ。

夜に使っているような洗顔料は洗浄力が強いものの場合が多いので、敏感肌用のものや石鹸タイプのものなど、基本的に肌に優しくダメージが少ないものを選ぶと、丁度良く汚れを落とすことが出来て、さっぱりとした朝洗顔をすることが出来ます。

 

自分に合った洗顔料を選ぶ

朝洗顔を水だけではなく、洗顔料を使って洗うというのは少し難易度が高いとも言えます。

洗いすぎてはNGなので、洗顔料選びが重要。そのためいくらオススメされている洗顔料だったとしても自分の肌に合わなければ意味がありません。

 

夜の洗顔料はぴったりと自分に合っていたとしても、朝洗顔での相性がイマイチな場合もあります。朝洗顔を洗顔料で洗う場合には、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また洗顔料ではなく、コットンでサッと皮脂を拭きとって水だけ洗顔でOKなクレンジングウォーターなどもあるのでそういったものを使ってみるのもオススメです。

 

できれば水だけ朝洗顔

朝洗顔は極力水だけ洗顔で行っていきたいのが本音。

もし夜に外出をするようなことがあった場合にはしっかりとした洗顔が必要ですが、夜に洗顔をしてそのまま寝ているのであれば朝洗顔は必要以上のことはしないほうがいいのです。

 

肌の調子が整ってくれば水だけ洗顔でも問題なくなってくるので、現在洗顔料を使った朝洗顔をしている人も、出来るだけ朝洗顔は水だけで済ませられるように肌の調子を整えていきましょう。

 

朝洗顔の方法は年齢や肌タイプによって変わる

shutterstock_206204140

朝洗顔は、水だけでもいいという意見もあれば、しっかりと洗顔料を使って洗ったほうが良いという意見もあります。

 

どちらが正しいかと言われると、実はどちらも正しいというのが答え。

肌のタイプは人それぞれ違うものであり、さらに年齢によって朝洗顔のやり方は変わっていくのです。

 

オイリー肌は洗顔料でしっかりと

自分の肌がオイリー肌だと思う人の場合、朝起きた時は顔が必要以上にテカテカしていたり、水だけの朝洗顔だけでは化粧も上手く出来ない場合があります。

この場合は必要以上に皮脂が出てしまっている状態なので、しっかりと洗顔料で洗うほうがいいでしょう。

 

皮脂が余分に出ていると肌荒れの原因や、化粧崩れの原因になります。

しかし、洗いすぎは余計皮脂を分泌させてしまうことにも繋がるので、洗顔料も洗浄力が軽いタイプの泡タイプや石鹸タイプのものを選んでみるのがオススメです。

 

敏感肌は水だけで

敏感肌の人の場合、朝洗顔を洗顔料でしっかりと洗ってしまうと必要以上に皮脂が剥がれてしまい、肌のバリア機能が低下をして肌荒れの原因になってしまいます。

 

そのため敏感肌の人は水だけ洗顔がオススメ。

そもそも夜洗顔をして寝ると、あまり顔には汚れが溜まっていないので、必要以上に洗顔をする必要はないのです。

 

特に敏感肌の場合は水だけの朝洗顔だけで、夜に溜まった汚れを綺麗に取り除くことが出来るので、だいたい5~15回さっぱりと水だけで顔を洗ってみましょう。

 

年齢によっては水だけの朝洗顔でOKなことも

年齢で朝洗顔のやり方について見てみましょう。

まず人は年を重ねる事に皮脂が分泌されにくくなってしまうため、乾燥しやすくなってしまいます。

 

そのため、自分の年齢と照らしあわせて、昔と比べて乾燥肌になってきているという人は必要以上に皮脂を洗い流さないためにも水だけの朝洗顔でOK。

 

しかし年齢が若くても肌が傷つきやすかったり敏感なこともあるので、基本的に朝洗顔は水だけのやり方か、洗浄力が低い洗顔料での洗顔が良いとおぼえておくといいでしょう。

 

朝洗顔が原因でニキビ、肌荒れを起こす場合もあります

shutterstock_206652598ニキビや肌荒れが酷い人は、洗顔に対しても力を入れている人が多いかと思います。

肌に汚れが溜まることによってニキビや肌荒れになるので、洗顔をしっかりとすれば綺麗になる…と思ってしまうものですが、実は洗顔のしすぎが原因になっていることもあります。

 

特に朝洗顔のやり方が原因でニキビや肌荒れを招いているケースもあるのです。

 

ニキビや肌荒れが酷い場合、朝洗顔は水だけで

朝洗顔をしっかりやっているのにニキビや肌荒れが酷いという人は、単純に朝洗顔のしすぎの場合が多いかもしれません。

 

朝はそこまで顔に汚れが溜まっていないので、水だけの洗顔でほとんどは事足ります。

必要以上に洗ってしまうと皮脂が洗い流されてしまい、バリア効果が低下、肌が傷つきやすく荒れやすくなり、結果的にニキビや肌荒れの原因に繋がっていくのです。

 

洗顔料は軽いものを使う

オイリー肌の場合、洗顔の度合いは難しいかもしれません。

朝洗顔は特に夜と比べてみると一日の始まりで、化粧もしないといけないとなるときっちりとやってしまうものです。

 

水だけの朝洗顔ではテカテカが気になってしまうこともあるので、その場合は夜の洗顔料とは別のものを用意しましょう。

起きたてというのはそこまで皮脂が溜まっている状態ではないので、夜と比べて軽い洗浄力の洗顔料でOK。

 

使い分けることによって肌を余計に傷つけるのを防ぎ、ニキビや肌荒れの原因をなくしていきます。

 

朝洗顔後も保湿はしっかりと

朝は忙しいという人がほとんどでしょう。

水だけの朝洗顔だけでいいなら楽とつい気を緩めてしまうため、保湿が疎かになってしまう人も少なくありません。

 

確かに洗顔料で洗顔をした時と比べてみれば肌へのダメージは少ないものの、それでも皮脂が洗い流されている状態は敏感になっていて傷つきやすい状態です。

化粧水、乳液をしっかりと付けて保湿をしっかりとするまでが朝洗顔の流れなのです。

 

 

 

綺麗な肌になるためにまず見直したいのは、洗顔方法です。

毎日の習慣である何気ない洗顔を正しい方法で行うことが、乾燥肌や敏感肌、ニキビなど、様々な肌トラブルを改善する近道です。

朝と夜の洗顔の違い

洗顔は、ほとんどの人が1日に2回、朝と夜にされていると思いますが、それぞれの洗顔の目的は全く違います。

朝と夜の洗顔の違いについてまとめましたので、是非参考にしてみてください。

朝と夜の洗顔の違い

朝の洗顔

朝の洗顔は、寝ている間に分泌された皮脂を取り除くために行います。

極端な話ですが、夜お風呂に入った時に顔を洗うとすれば、その後は眠るだけです。

朝のお肌は汚れているかというとそうではありません。

 

その為、朝の洗顔はお肌に優しく保湿性の高いものを選んであげるようにしましょう。

また、洗顔時もよく泡立ててきめの細かい泡を作り、肌の上で泡を転がすように洗浄してください。

 

洗い流す時は熱いお湯ではなく、体温と同じくらいのぬるまで丁寧に洗い流してください。

泡を肌に乗せているのは20秒程度に留めると、洗顔後の乾燥が気になりにくくなります。

 

泡は、髪の毛の生え際などにもついていますので、流し残しのないようにしっかりすすいでください。

夜の洗顔

夜は、一日外気にさらされた顔の汚れを落とすために洗顔をします。

また、一日の汗や皮脂も洗い流す必要があるので、夜の洗顔は多少洗浄力が強いものでも大丈夫です。

ただし、洗顔後の保湿は念入りに行ってください。

 

夜の洗顔は、同時にメイクを落とす場合もありますので、肌への負担には十分注意してください。

 

泡は朝と同様で、きめの細かい泡を作って、優しく洗ってください。

キレイにするためにゴシゴシとやってしまいがちですが、優しくなでるように洗うのは鉄則です。

最後に、体温と同じくらいの温度で十分に洗い流してください。

 

正しい朝洗顔の方法

朝洗顔の役割

 

adobestock_113221862

 

綺麗な肌を作るためには洗顔が非常に重要なのですが、ただとりあえず洗えばいいというわけではありません。

やみくもな洗顔は、逆に肌の調子を下げてしまう可能性もあるのです。

 

洗顔において大切なのは、肌の皮脂汚れなどを綺麗に取り除くことです。逆に言えば、皮脂や汚れ“以外”を取り除いてはいけません。

 

綺麗な肌にするには、肌のターンオーバーを正常に整える必要があります。ターンオーバーとは簡単に言うと肌の生まれ変わりのことで、これが乱れてしまうと肌が荒れたり、ニキビの原因となってしまいます。

 

皮脂や汚れがすでに落ちているにも関わらず洗顔を続けると、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質がたまったまま取れない、などというような悪循環に陥ってしまうのです。

 

理解しておきたいのは、洗顔とはあくまでも、肌のターンオーバーを妨げないようにするためのもの

「洗う」というよりも、肌表面の汚れを優しく落とす、そんな認識を持つことが綺麗な肌への近道です。

 

間違った洗顔方法を避ける

 

adobestock_41206036

 

気づかないうちに、間違った洗顔方法で肌に悪影響を与えてしまっている人もいるかもしれません。

綺麗な肌を目指すためには、現状の間違いに気づくことも大切になります。

 

いくつかの間違った洗顔方法をご紹介しますので、自信の洗顔の様子を振り返ってみましょう。

 

強くゴシゴシとこするように洗う

汚れを落とそうとするあまりゴシゴシと洗ってしまうと、汚れや皮脂を落とすだけでなく、過剰な摩擦によって肌の角質を傷つけてしまいます。

これが、乾燥肌などの肌トラブルを呼ぶ原因にもなってしまいますので、あくまでも優しく、表面を撫でるように洗うのがポイントです。

 

しっかり泡立てていない

洗顔料を使う場合、しっかり泡立てて使用しないと洗顔時に摩擦が発生しやすくなります。

顔にのせる前にはまず、きめ細やかな泡を作ることを心掛けましょう。

顔にのせてからこすって泡立てる、なんていうものは論外です。

 

熱いお湯、もしくは冷水で洗う

あまりに熱いお湯を使って洗顔をすると、本来必要な皮脂までをも落としてしまい、乾燥肌などの原因になってしまいます。

逆に冷水の場合は、お湯に比べて汚れが落ちにくい上、急激な温度変化により何らかの肌トラブルをも起こしかねません。

 

洗顔に時間をかけすぎている

いくら肌に優しい洗顔料を使っていたとしても、あまりに長時間の洗顔をすれば肌への負担は避けられません。

 

1日に何回も洗っている

皮脂量が多かったり、ニキビが気になっていたりするとどうしても洗顔を積極的にしたくなる人も多いと思います。

でも、それは肌にとっては逆効果。

肌には適度な皮脂が必要なのですが、1日に何度も洗顔してしまうとその皮脂までをも洗い流してしまい、乾燥肌や肌荒れの原因となってしまうのです。

 

しっかりすすげていない

洗顔料を顔にのせてからのすすぎ残しは、意外と気づかないポイントの一つです。

あごの下や、おでこ付近の生え際などに残してしまうケースが多いのですが、洗顔料は顔にのせているだけでも洗浄力を発揮するため、きちんとすすげていない部分には負担を与えてしまうことになります。

 

肌に合わない洗顔料を使っている

洗顔料を使って洗顔した結果肌が荒れてしまったら、元も子もありません。

正しい洗顔方法を用いたとしても、洗顔料の成分が自身の肌に合わなければ肌トラブルに繋がってしまう可能性もあります。

 

正しい洗顔方法

 

adobestock_92785166

洗顔する前に手をよく洗う

洗顔にはもちろん、手を使いますよね。手が汚ければ、綺麗にしたい顔にも汚れを塗り付けることになってしまいます

顔に触れるときには、清潔な手を用意しましょう。

ニキビがある時などは特に注意が必要です。

 

ぬるま湯で素洗いする

いきなり洗顔料をつけるのではなく、まずは素洗いしましょう。

そうすることでなどの水性の汚れは落ち、毛穴が開くことにより洗顔料で皮脂汚れを落としやすくなります。

乾いた肌に直接洗顔料をのせてしまうと、強い摩擦により肌が荒れてしまいます。

なお、熱いお湯でも冷水でもなく、肌に刺激を与えないようぬるま湯で洗うことも大切です。

 

洗顔料をよく泡立てる

面倒にも感じるかもしれませんが、洗顔料はなるべくきめ細やかになるまでしっかりと泡立てることが大切です。

しっかり泡立てることにより手からの摩擦を軽減し、肌の汚れも除去しやすくなります。

泡立てネットを使って、ふわふわの泡を作りましょう。

 

Tゾーンから泡をのせていく

おでこの部分、いわゆるTゾーンは、顔の中でも皮脂分泌が多い部分です。

泡をのせるときには、まずTゾーンからのせて洗っていきましょう。その後頬や顎と進み、目の周りや口周りに関しては皮膚が薄いので泡をのせるだけでも構わないほどです。

 

クルクルと円を描くように洗う

洗う時には、手で洗うというよりも泡で洗うということを意識するようにしましょう。

指先でクルクルと円を描くように、優しく撫でるようなイメージです。

手でこするように洗わなくても洗顔料の洗浄力で汚れは落ちますし、この方法で洗えば摩擦で肌にダメージを与える心配もありません。

 

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

顔全体をしっかり洗い終えたら、ぬるま湯でしっかりと泡を洗い流しましょう。

この時も手でゴシゴシこするのではなく、肌に触れないよう、洗面器からすくったお湯をつけるようなイメージで30回ほどすすぐのがコツです。

耳の後ろや顎などのすすぎ残しに注意しましょう。

 

なお、面倒だからといってシャワーで洗い流すのは絶対にやめましょう。一見綺麗に汚れが落とせそうな気もしますが、シャワーの水圧は肌に対して非常に大きな負担になってしまいます。

 

清潔なタオルで水分をとる

十分にすすぎ終わったら、清潔なタオルで顔の水分を優しく拭きとりましょう。

なるべく刺激を与えないよう、拭くというよりも当てるようにするのがポイントです。

ここでゴシゴシとこすってしまっては、これまでの苦労が全て水の泡になってしまいますので気を付けましょう。

 

洗顔後のケア

 

adobestock_52156855

 

綺麗な肌をつくるためには、洗顔後のケアも非常に大切です。

せっかく正しい方法で洗顔をしても、その後何もせず放っておくのはもったいないですよ。

 

重要なポイントとなるのは、やはり保湿です。

汚れを取り除いた綺麗な肌を維持させるためにも、化粧水や乳液などを使ってしっかりと保湿するようにしましょう。

その際も当然、肌への過度な刺激は厳禁です

こするようにしてつけないのはもちろんのこと、化粧水や乳液の成分にも気を付けましょう。

アルコールなどが配合されていると、刺激となり肌の炎症や乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。

 

また、普段から気を付けるべき点としては、むやみやたらに顔を触らないことです。

癖になってしまっている人もいるかもしれませんが、人の手は見えなくとも汚れていることがあるため、その手で顔を触ってしまうと、毛穴に汚れが入り込んでしまったりニキビができてしまったりと、何もいいことはありません。

 

肌質のチェック方法

AdobeStock_94036822

自分の肌質はなんだろうと考えたことはありますか?

確かに大きなトラブルは起きたことはないけれども、なんとなくベタつきが気になる、なんとなく乾燥が気になるなど、自分の肌質を勘違いされていたり、よくわからないという方も多いと思います。

自分の肌の状態をしっかり理解できていないと、ケアの仕方を間違っていたり、必要なものが摂取できていなかったりとトラブルの原因になってしまいます。

ここでは、肌質のチェック方法を簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

肌質チェックの仕方

肌質チェックには、洗顔後の状態を見るのが一番です。洗顔後、何もせずに15分ほど待ってみてください。その時の自身の肌を見て、以下のチェックをしてみましょう。

 

・Tゾーンにテカりがあるが、肌のツッパリは感じられない。
テカりがあるということは、皮脂の分泌量が多いということです。この場合は、脂性肌であると判断できます。

・Tゾーンにテカりがあり、頬にはツッパリを感じる。
Tゾーンの皮脂の分泌量は多いのに、頬は乾燥しているということになります。この場合は、混合肌であると判断できます。

・Tゾーンにテカりがなく、頬のツッパリも感じない。
テカりもツッパリ感もないということは、普通肌であると判断できます。

・Tゾーンにテカりはないが、頬のツッパリは感じる。
皮脂の分泌量が少ない為、乾燥肌であると判断できます。

 

肌の状態は、洗顔後の何もつけていない状態が一番よくわかります。そして、肌は体調や季節でも変化しますので、定期的にチェックしてみることをお勧めします。

肌質別の洗顔方法

洗顔方法(アトピー編)

AdobeStock_103319781

アトピーは、皮膚への刺激によって強いかゆみが表れ、赤いプツプツが出てしまったり、ひどい場合だとかきすぎて血が出てしまう病の一種です。

程度にはいろいろありますが、かゆみが非常に強いので、寝ている時などに掻いてしまい、他のトラブルが発生してしまう可能性もあります。

アトピー肌の洗顔方法

アトピーは、アレルギー皮膚の障害によって引き起こされます。肌には、肌を自分で守る力がありますが、それが弱まっているとアトピーになりやすくなります。

アトピーの方は、どのような洗顔石鹸を使用したらよいかまとめてみましたので、是非ご覧になってください。

洗顔石鹸の選び方

アトピーの人は、お肌の乾燥によってその症状が悪化してしまう場合があります。また、夏場でも常に乾燥気味になりますので、洗顔石鹸は保湿性が高いものを選びましょう。

また、皮膚のバリア機能が常に低下してしまっている傾向にありますので、刺激が強すぎるものは絶対に使用できません。低刺激性で、天然の成分で作られた石鹸をお勧めします。

アロエヒアルロン酸と呼ばれる成分は、保湿効果が高く低刺激の為、アトピーの方でも安心して使用できます。ただし、石鹸に含まれている成分の中に自分に合わないものがあったりしますので、他の成分表示も確認するようにしましょう。

洗顔の方法

洗顔の方法は、普通肌の方と変わりませんが、アトピーの人はとにかく肌に刺激を与えないように洗顔してください。泡はできるだけきめの細かい濃密なものを作り、顔に乗せるように洗っていきます。

通常、泡でくるくるしながら洗顔しますが、その動きもアトピーの場合は刺激につながりますので、最低限で大丈夫です。その後、ぬるま湯で十分に洗い流してください。

またアトピーの方は、洗顔後にタオルでふき取る際も注意が必要で、タオルはポンポンと押すように乾かして、絶対にゴシゴシ拭いてはいけません。

洗顔方法(ニキビ肌編)

ニキビは、体質に関係がある事が多いようですが、大人になってからできるニキビは、食生活ストレスお肌の手入れ方法を変える事によって改善できるものと言われています。

敏感肌や脂性の方はとてもニキビができやすく、やっと治ったら次がまたできているという負の連鎖に陥りやすいと言われています。

お肌のお手入れを変えるだけで、ニキビは減らす事が可能なので、洗顔石鹸の選び方、洗顔方法をご紹介させていただきます。

ニキビ肌の洗顔

そもそもニキビは何でできてしまうのでしょうか。

ニキビは、アクネ菌ブドウ球菌の刺激によってできてしまいますので、これらを排除することでキレイに治す事ができます。

洗顔石鹸の選び方

ニキビができると、皮脂の量が増えます。かといって、皮脂を根こそぎとってしまうと、肌はもっと皮脂を分泌しようとして結果ニキビは悪化してしまいます。

ニキビができてしまったら、洗浄力が強い洗顔石鹸は控えるようにしましょう。最近では、ニキビ肌用の洗顔石鹸も販売されていますので、試してみるのも良いかもしれません。

洗顔の仕方

皮脂の取りすぎは絶対にダメです。ニキビは皮脂の過多によって引き起こされますが、ではそれをすべて取り去って良いかというとそうではありません。

皮膚は、肌を守る為に皮脂を出していますので、最低限の皮脂量は守りつつ、保湿もしっかり行ってください。ニキビが気になると、とにかく清潔を保とうとして1日に何度も洗顔してしまう人がいますが、これも絶対にしてはいけません。

洗顔は肌への刺激となりますので、これが原因でニキビを悪化させてしまう可能性もあります。そのため、洗顔は朝晩の2回をめどに、しっかり泡立てた石鹸で優しく洗うことを心がけましょう。

洗顔方法(乾燥肌編)

AdobeStock_49695762

日本人にはとても多いと言われている乾燥肌ですが、冬の時期などは外気も乾燥するため、肌の乾燥も余計に起こりやすくなります。

肌が乾燥してくると、肌は自分を守る為に皮脂をたくさん分泌しますので、乾燥肌の方は同時にTゾーン小鼻だけ皮脂が多く、テカってしまうという悩みを抱えた方も多いです。ですから、乾燥肌の人は肌を保湿してあげることで肌の水分量を増やし、乾燥から改善させます。

乾燥肌の人の洗顔方法

燥肌乾の方は保湿が命ですが、保湿しすぎてしまうと、今度は肌が皮脂を出すことを忘れてしまいますので、適度な保湿が確実にできる方法を取らなければなりません。

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸は、保湿力が高く低刺激性のものを選んでください。乾燥が進むと肌はバリア機能が低下し、バリア機能が低下すると、石鹸の成分に反応して肌荒れを起こしてしまう場合があるからです。天然のオリーブオイルホホバオイルシアバターなどは肌に優しい上に保湿力が高いのでお勧めです。(参考:ホホバオイルって何?

洗顔の仕方

お湯の温度が高すぎると、必要な皮脂まですべて洗い流してしまいますので、お湯の温度は体温より少し低いくらいに留めましょう。

また、摩擦によって肌を傷つけてしまうと、重要なトラブルを起こしてしまう可能性がありますので、ゴシゴシと摩擦を起こすような洗顔方法は避けてください。

できれば、小鼻Tゾーンなどの皮脂の多い部分から洗顔を初め、洗顔後はとにかくすぐに保湿をしてくださいね。

洗顔方法(混合肌編)

混合肌は、ある部分は脂っぽく感じてある部分は乾燥がひどいという、両方を持ち合わせてしまっている肌質です。

特に乾燥が進む冬には混合肌の方が増えますので、正しいケアを行わないとトラブルの原因ともなります。是非ご自分に合った洗顔石鹸を使うようにしてください。

また、混合肌は脂性、乾燥肌と区別がつきにくいのも特徴です。

混合肌の洗顔方法

混合肌の方は、乾燥している部分はとても乾燥し、脂っぽい部分はとても皮脂量が多いので、洗顔もその後のケアもとても難しいと言われています。

ですので、自分の肌の状態をよく観察するようにしましょう。

洗顔石鹸の選び方

混合肌の人は洗顔石鹸がとても選びにくいです。基本的に、などは乾燥が目立つ為、洗浄力が高い洗顔石鹸はおすすめできません。ただし、Tゾーンはとても脂っぽいので保湿力の高い石鹸を使うと皮脂が落としきれない可能性があります。

混合肌には、皮脂を落とし過ぎず、適度な保湿効果のある石鹸がおすすめです。そう言うと、とても難しく感じますが、ヘーゼルナッツオイルオリーブオイルは、その両方を満たしている成分です。ですから、これらが含まれている洗顔石鹸を使うのがおすすめです。

洗顔の仕方

熱いお湯だと皮脂を必要以上に流してしまい乾燥も進みますので、洗顔にはぬるめのお湯を使い、泡はきめの細かい泡をたっぷり作って、皮脂の気になる部分から洗ってあげてください。乾燥の気になる部分は、時間をかける必要はありません。

洗顔後のスキンケアでは、保湿力の高いものを選んであげるとよいでしょう。

洗顔方法(脂性肌編)

AdobeStock_76794767

脂性肌の人は、ニキビ吹き出物など、肌トラブルが起こりやすいと言われています。皮脂の分泌量が多い為、それが毛穴に詰まってトラブルになってしまうことが多いのです。その為、洗顔によって十分にケアしてあげる必要があります。

脂性肌の洗顔方法

脂性肌の方は、皮脂が気になって1日に何度も洗顔してしまう事があるのではないでしょうか。

ですが、洗顔によって一時的に皮脂は流れますが、水分量が減った肌はまた皮脂を分泌して肌を守ろうとします。するとまた洗顔してしまうという、負の連鎖に陥ってしまうのです。

洗顔石鹸の選び方

脂性肌の人は、とにかく洗浄力に拘ろうとしてしまいます。皮脂量が多い為わからなくはないのですが、そもそも皮脂はどうして多くでてしまうのでしょうか。

皮脂は本来、水分量が減った肌を守るために分泌されます。つまり、洗顔によって水分量が減ると、頑張って皮脂を出そうとしてしまうのです。

脂性肌の人には、パーム油ヤシ油の入った洗顔石鹸がおすすめです。洗浄力の程度がちょうどよく、保湿もされ、肌にかかる負担が少ないからです。脂性肌でお困りの方は、洗顔後のケアも入念に行ってみてください。

洗顔の仕方

脂性肌の人は、何とかしてその皮脂を洗い流そうとします。そこで、必要以上にゴシゴシと洗ってしまいがちなのですが、これはとても逆効果です。石鹸は十分に泡立てて、優しく洗ってあげるようにしましょう。

洗顔方法(敏感肌)

敏感肌の人は、刺激にとても弱く、洗顔石鹸も化粧品もきちんと自分に合ったものを選ばないと肌トラブルを起こしてしまいます。どんな成分とは相性が悪く、どんな成分とは相性が良いのか、探しておく必要があるでしょう。

さらに、なるべく無添加無鉱物油のものを選んであげるとトラブルを起こしにくいです。

敏感肌の洗顔方法

敏感肌の人は、慎重に洗顔石鹸を選んでください。自分が合わない成分を知っておくことが重要です。

洗顔石鹸の選び方

敏感肌の方は、無香料、無着色、無添加、無鉱物油と呼ばれる、体に良くない成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

また、アルコール類に反応してしまう方も多いので、エタノールなどにも注意が必要です。さらに、天然の成分でも反応してしまったり、自分に合わないものがあったりしますので、慎重に選ぶようにしてください。

天然成分であれば、植物性の油脂に反応してしまう方が多いと言われています。洗顔石鹸も化粧品も、予めパッチテストを行って大丈夫かどうか確認してから使用してください。

洗顔の仕方

肌に刺激が加わると肌荒れを起こしてしまいますので、洗顔時もきめの細かい泡をたくさん作り、優しくなでるように洗ってください。石鹸は長時間肌に塗布しておかず、すぐに洗い流すようにしましょう。

また、25度程度の、少し冷たいかなと感じるくらいの温度で洗顔してあげるとよいです。洗顔後のケアも、なるべく低刺激性のものを選ぶようにしてください。

洗顔方法(普通肌編)

普通肌は、皮膚の水分量と皮脂の分泌量のバランスが良い肌を言います。比較的肌トラブルは起こしにくく、肌は強い方だと思われている方が多いと思いますが、洗顔一つとっても、やり方を間違えるとトラブルの原因となります。

洗顔石鹸の選び方

普通肌の方は、特にこれという内容に特価したものを選ぶ必要はありませんが、できるだけ無添加で肌に優しいものを選ぶようにしましょう。トラブルの少ない普通肌の方は意外と珍しいのです。

ただし、肌は日々変化していきますし、季節によってもかわってきますので、今のバランスを維持できるようにケアしていくようにしましょう。

洗顔の仕方

洗顔をする時は、自分の体温くらいの温度のぬるま湯で、しっかりと泡立ててから行ってください。普通肌の方は、今まで大きなトラブルを起こした経験がないため、洗顔に対してそんなに敏感になっていない人が多いです。

肌は季節によっても年齢によっても変化し続けていますので、今の状態を維持できるように、今のうちからよく研究しておくことが必要です。

また、自分の肌が強いからこそいろいろ試してしまいがちですが、あまり頻繁に石鹸を変えることもおすすめできません。なんとなく違うと感じたら、どんなものが良いのか、どんな目的で使いたいのか、よく考えてから購入するようにしましょう。

 

きめ細かい泡を作るには

AdobeStock_113221862

洗顔は、モコモコの泡で優しく行うのが鉄則です。

では、モコモコできめの細かい泡はどのように作るのでしょうか。

一番簡単なのは、泡立てネットを使う事です。

 

今ではたくさんの種類が販売されていますので、みなさんご覧になったことがあると思います。

泡立てネットがない場合は、手で泡を作る必要があります。

手で泡を作るのに大切なことをいくつか紹介しようと思います。

手でモコモコの泡を作るには

最初に、手をよく洗ってください。

手が汚かったり、脂が付着していると石鹸はそちらに作用するため泡になりません。

キレイになった手のひらに、少し洗顔料を取り、ぬるま湯を足してください。

その後、反対の手でクルクルと混ぜていきます。

泡は、水分と空気と洗顔料がうまく混ざる事でできます。

クルクルしていくと、少しずつ泡立ちが出てきます。

泡が経ったら今度はその泡をつぶすように混ぜてください。

そうすると、さっきできた泡よりももっと細かい泡ができてきます。

きめの細かい泡を作るには、この作業を繰り返します。

メレンゲを作るのと同じ要領です。

角が立つようになったら、立派なモコモコ泡の出来上がりです。

ただ、手で作るのは時間もかかるし難しいので、できれば泡立てネットを使ってみてください。

どんなタイプの洗顔料でもビックリするくらいモコモコの泡を作る事ができます。

 

はちみつ洗顔でしっとりプルプル素肌

はちみつ洗顔とは、普段の洗顔にはちみつをプラスするだけの簡単な美容法です。

毎日行う洗顔では、気づかないうちに肌に必要な油分も取り除いてしまっている場合もあるので、はちみつ洗顔をすることによって、しっとりと潤いを保ちながら洗顔することができ、洗い上がりもつっぱらずに、すべすべの肌をキープできます。

はちみつに含まれる美肌効果

adobestock_80469374

はちみつには、豊富なミネラルやビタミン、さらに保湿成分をたっぷりと含んでいます。

とくに、エモリエント作用という水分を肌にキープする成分が含まれているので、高い保湿効果があるのです。

 

また、はちみつにはポリフェノールも含まれているので、食べることやスキンケアに取り入れることによって、活性酸素を抑える働きがあります。

 

年齢を重ねるにつれて活発になる活性酸素は、しわやシミ、たるみの原因になるので、はちみつを取り入れることによって、高いアンチエイジング効果があるのです。

 

はちみつは粒子が細かいので、その成分が肌に入っていきやすいという特徴も持っています。ハリのある若々しい肌を保つためには、最適です。

 

はちみつ洗顔のメリット

肌をしっかりと保湿

adobestock_27057098

はちみつに含まれている高い保湿成分は、肌に水分をキープしてくれる働きがあります。

オーブンでの肉料理に、表面にはちみつを塗ることによって、肉をしっとりと焼き上げる効果がありますが、はちみつを使うことによって、水分を保ちながら焼くことができるのです。

 

その水分を保つ効果はスキンケアにおいても効果を発揮します。毎日の洗顔にはちみつを取り入れることによって、肌に必要な水分や油分をしっかりとキープしてくれるのです。

 

汚れが気になって、ついゴシゴシと洗ってしまう場合がありますが、その洗顔方法だと、逆に肌を傷つけ、乾燥肌の原因になってしまいます。

洗顔をする時は、常に泡洗顔が基本です。

 

泡にはちみつを混ぜることよって、保湿効果を保ちながら、きちんと汚れを落とすことができるのです。

洗顔後、慌てて化粧水をつけているという方も多いと思いますが、はちみつ洗顔なら洗い上がりもしっとりとしているので、慌てなくても良いのです。

肌荒れしにくい強い肌をつくる

はちみつ洗顔をすることによって、肌の新陳代謝を促し、肌荒れしにくい強い肌を作ります。

はちみつに含まれている豊富なビタミンB群は、皮脂分泌を調整したり、ターンオーバーを整えてくれる働きがあるのです。

 

ターンオーバーというのは、肌の細胞が生まれ変わる周期のことで、通常は28日周期で行われます。

年齢を重ねることによって、このターンオーバーはみだれがちになり、肌あれなどのトラブルを起こすと言われているのです。

 

ターンオーバーが遅れることによって、肌がゴワゴワしたり、ニキビやたるみ、肌あれも治りにくくなってしまいます。

生活習慣や食生活も影響するので、常にターンオーバーを整えるよう意識したほうが良いですね。

肌を常に良い状態に保てるように、はちみつ洗顔で強い肌を目指しましょう。

はちみつの殺菌効果でニキビ予防にも

adobestock_48903741

はちみつには、殺菌、抗菌効果があるので、毛穴に潜む雑菌を退治して、常に清潔な肌を守ってくれます、毛穴に汚れや皮脂が詰まることによって、ニキビができてしまいます。

大人になってもできてしまう大人ニキビに悩まされている人も多いのではないでしょうか。

 

そんなニキビに効果的なはちみつ洗顔で、常に毛穴を殺菌し、ニキビの原因となるアクネ菌を退治することができます。

また、ビタミンCも含まれているはちみつには、ニキビの赤み、炎症を抑える効果もあるのです。

ピーリング効果でニキビ跡を改善

はちみつには、軽いピーリング効果があります。

古くなった角質や細胞を取り除き、新しい細胞へと生まれ変わるのを助ける働きがあるのです。

 

古い角質が残ったままの肌では、化粧ノリが悪くなり、ニキビや肌あれ、たるみなどの原因になります。

 

はちみつ洗顔をすることによって、優しく肌をピーリングし、ゴシゴシ洗うことなく古い角質を自然にはがれやすくしてくれるのです。

余分な角質を落としたいがために、ゴシゴシ洗顔をしてしまうのは間違いです。

 

優しく洗顔しながら、肌も生まれ変わることができるはちみつ洗顔が最適でしょう。

シミやシワを改善し、若々しい肌になる

年齢を重ねることで、しみやシワが気になるようになってきますよね。

肌トラブルや肌の老化を起こすと言われている活性酸素は、年齢とともに増加してしまうのです。

 

この活性酸素を除去するのにぴったりなのが、はちみつです。

 

豊富なミネラル、ビタミンに加えてポリフェノールがたっぷりと含まれているので、活性酸素をによる肌のサビを防いでくれるのです。

肌をいつまでも若々しくキープするのに、はちみつの成分は欠かせないのです。

 

はちみつ洗顔のやり方

adobestock_55805269

はちみつを泡洗顔にプラス

いつもの洗顔料に、はちみつをティースプーン1杯加えるだけの簡単な方法です。

洗顔フォームを使っている人は、泡立てる前に加えても大丈夫です。

固形石鹸の場合は、しっかりと泡立てた泡にはちみつを加えましょう。

 

洗顔をするときは、常にたっぷりの泡で洗うのが基本です。

ホイップのような泡で洗うことによって、毛穴の奥まで入り込んで汚れを吸着し、優しく洗うことができます。

はちみつ洗顔の手順

1、ぬるま湯で顔全体をしっかり濡らす

2、泡立てネットなどでしっかりと泡立てた泡に、はちみつをティースプーン1杯加える。

3、肌を直接こすらないように、優しく泡を転がすようなイメージで洗顔する。

4、すすぎもぬるま湯で行い、しっかりと泡を洗い流す。

5、清潔なタオルで、こすらず押さえるようにして拭く。

6、いつものスキンケアをして完了。

 

使用するはちみつはどんなものが良い?

adobestock_65985978

はちみつはスーパーなどで簡単に手に入るもので良いですが、添加物が入っていない天然のものが良いです。

純粋なはちみつ100%で、おすすめは国産のもの。

 

国産のものは、はちみつの栄養素をしっまりと保持した製法で作られているので安心です。

甘味料が入っているものは避けましょう。

 

高価なはちみつをわざわざ使う必要はありませんが、マヌカハニーは肌にもとても良い効果を実感できるようです。

頻度は毎日でもOK

はちみつ洗顔はどのくらいの頻度で行うと良いの?と気になりますが、毎日でも行って良いです。

 

毎日の洗顔に取り入れることによって、肌に良い効果をより実感できるでしょう。

忙しくて毎日は難しい人は、週1回など、自分の生活スタイルに合わせて行うと良いですね。

 

まとめ

朝洗顔は水だけの方がいい理由や、水だけではなく洗顔料を使ったほうがいい場合など、朝洗顔にまつわる疑問について紹介してきました。

自分の肌のタイプや朝の状態によって朝洗顔のやり方は変わってくるので、出来るだけ毎日自分の肌の調子をチェックした上で水だけか、洗顔料を使うのかを見極めてみるといいでしょう。

肌の調子によっては、普段洗顔料を使った朝洗顔をしていても水だけのほうがいい場合もあります。

 

水だけ洗顔は肌に必要以上のダメージを与えない方法なので、それを忘れないでおくと臨機応変に自分の肌の調子と相談をして、気持ちがいい朝洗顔をすることが出来るでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-洗顔
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.