ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

マツエクに詳しくなろう!マツエクのおすすめと人気デザインを紹介

投稿日:

女性の方でマツエクを使っているという人はどのくらいいるのでしょうか。まつ毛の量が少なかったり、細くて目立たないといった悩みを抱えている人は多いと思います。マツエクを使いたいと思っていても、実際どのようになっているのかわからずになかなか踏み出せないという場合もあるでしょう。まつ毛のことやマツエクのことについて知ることで、マツエクを使うためのステップになると思います。まつ毛やマツエクの基礎知識、そしておすすめや人気のデザインについて紹介していきます。

まつ毛について知ろう

まずはまつ毛のことについて知っていきましょう。まつ毛の生え方は一重や二重によっても変わります。そこについて最初はみていきましょう。

一重と二重とは

一重と二重の違いとはどのようなものなのでしょうか。遺伝によって決まっているということをイメージする人がほとんどだと思います。一重の人は目が腫れぼったくみられることもあり、目がぱっちりとしている二重に憧れる人も多いでしょう。

 

眼の周りには細かい筋肉がいくつかありますが、私たちが目を開けているとき、つまりまぶたを持ち上げているときというのは筋肉がまぶたの皮膚を持ち上げています。このまぶたを持ち上げている筋肉が皮膚の折れ込みを作り、二重ができているということです。

 

しかし、一重の場合にはこの筋肉が二重ができる皮膚の位置についていないと言われているのです。まぶたは持ち上がっていますが、皮膚の折れ込みができないために一重になっているということですね。奥二重も同様で、しっかりと二重ができる位置に筋肉がついていないということです。

まつ毛の向きも影響を受ける

一重と二重の違いは筋肉がついている位置ということでしたが、まつ毛はまぶたについているのでその向きも影響を受けます。二重の人の目がぱっちりして見えるのはまぶたがしっかり持ち上がっているということに加えて、まつげの向きも上を向きやすいということが挙げられます。

 

皮膚が折れ込むことでまつ毛の根元がしっかりと出ていることが要因ですね。対して一重の場合には、皮膚の折れ込みができずまぶたが腫れぼったくなっているように、まつげの根元が隠れてしまうことが多くなっています。つまり、まつ毛の向きが下向きになりやすいということです。

 

この点が化粧のしづらさやマツエクが敬遠されやすい理由になっているということのようです。

マツエクについて知ろう

では次は、マツエクのことについて知っていきましょう。マツエクにも素材や長さなどの種類があります。マツエクの基礎知識について挙げていきます。

マツエクの長さ

マツエクの長さは主に3つの部位で考えます。黒目の部分の幅と、それより目頭側、目尻側です。全て同じ長さというのはおかしいので、この3つの部分でバランスを変えるということですね。

 

長さは6〜15mmの範囲があり、多くは9〜11mmが選ばれるようです。9mmは自然な仕上がりとされ、ボリュームが欲しいなどの場合に伸ばしていくとされています。9mmであればマツエクをしているかわかりにくいとされているので、この長さからはじめてみるのが良いかもしれません。

マツエクの太さ

長さに加えて、太さもマツエクには種類があります。長さが人によって違うように、太さもまた人によって違うということです。自身のまつ毛の太さに合ったものを使うことで自然な仕上がりにしたいですね。

 

種類としては0.1mmから0.25mmまでの間で太さがあるようです。太いほど濃くなるというイメージもあるかもしれませんが、濃くする場合は本数で調整する方が良いでしょう。自身のまつ毛の太さとズレることで不自然になってしまうためです。

 

もちろん、長さや太さが出ると重くなりもちも悪くなってしまうのでその点も考えていくことが必要です。

マツエクの素材

太さや長さに加えて、マツエクの素材にも種類があります。この素材によってつけ心地やもちも変わってくるということなので、知っておくと良いでしょう。大きく分けるとセーブル、ミンク、シルクの3つがあります。

 

セーブルとはナイロン素材の質感から取られており、一番柔らかいタイプとされています。自然なまつ毛に最も近いものとされ、もちも一番良いですが、やはり良いものだけに値段は高いということです。

 

シルクは高級生地が浮かぶかと思いますが、シルクの見た目の通りツヤが似ていることからきているようです。自然な仕上がりというよりは派手なメイクに合うとされており、一番安価なことから使われている数も多い素材となっています。やはり安価なこともあってもちは良くないようで、すぐとれてしまうという経験をした人も多いでしょう。

 

ミンクも動物の毛ということではなくナイロン素材です。セーブルとシルクの中間ほどとされているので、ミンクを使っているという人も多いかもしれません。

カールの種類

マツエク自体だけでなく、マツエクのカールにも種類があります。カールの種類は大きく分けて2つあり、Jカールと呼ばれるものとCカールと呼ばれるものです。

 

Jカールは定番とも言われるカールで、ナチュラルなカールが人気の理由です。自身のまつ毛との接触面も大きいとされ、長もちしやすいと言われています。やはり長もちというのは1つのポイントですね。

 

CカールはJカールよりもカールがきつく、目を大きく見せたいときなどに用いられます。ビューラーであげている人はCカールがおすすめです。

 

その他に、さらにカールの強いCCカール、つけまつ毛並みのSCカール、一重や奥二重の人に向けたDカールなどもあります。

マツエクの本数

マツエクを使うに当たっては、本数も印象に影響するので覚えておきましょう。本数をつければその分重くなってもちも悪くなるので、どんな印象にしたいかによっても考慮する必要があります。

 

目尻の方だけつけることの多い60本程度の場合は、目つきが悪いなどの場合にタレ目のようにすることで印象を変えています。60本というのは両目なので、片側は30本ですね。自然な仕上がりにしたい場合には、80本程度とされています。

 

100本にするとアイメイクがいらないほどとされており、やはりぱっちりみせたいという人が多いことから選択されることが多い本数でしょう。一重や奥二重の人の場合には120本程度くらいにするとはっきりします。上述したようにまつ毛がまぶたである程度隠れてしまうからですね。

 

150本になるとつけまつ毛並みになり、しっかり盛りたい人はこのくらいを選ぶと良いとされています。

マツエクのおすすめや人気デザイン

まつ毛やマツエクについて基礎知識を挙げてきましたが、最後はおすすめや人気デザインについて紹介していきます。まずはこれらの中から選択してみると良いと思います。

ナチュラルな仕上がり

あまりマツエクをしているとバレたくない人や、はじめての人におすすめかつ人気が高いのがナチュラルなデザインです。自身のまつ毛の太さや長さに合わせ、Jカールのものを60もしくは80本用います。自然に濃くなった印象を与え、化粧をしていなくても違和感がないとされているので試してみると良いでしょう。

キュートな仕上がり

普段からアイメイクをしっかりする人で、可愛らしい印象を出したい場合にはキュートな仕上がりが好まれます。黒目の部分をやや長めにしてあとは長さや太さともに自身のまつ毛に合わせるということです。Cカールのものを100〜120本つけることでぱっちりしたかわいらしい目の印象を与えることができるでしょう。

ゴージャスな仕上がり

パーティシーンや普段からメイクが派手な人はゴージャスな仕上がりが良いでしょう。目尻の方を長めにしてその他の長さや太さは自身のまつ毛に合わせます。CCカールやSCカールで150本ほど盛れば、ボリューム感の強い印象を与えられます。

まとめ

まつ毛やマツエクの基礎知識、そしておすすめや人気のデザインについて紹介してきましたがいかがでしたか?マツエクのことについて知った上で、自身に合うものやイメージするものを選びましょう。マツエクを有効に使うことで、きれいもしくはかわいい印象をつかみたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-美容
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.