マツエクをする時に、カールの度合いについて悩んだことはありませんか?本数や太さの違いはある程度想像できても、カールによる仕上がりの違いがどのようなものなのか知らない人は多いのではないでしょうか。カールの強いscカールなら、ぱっちりとした美しい目にすることができますよ。華やかな目元に変身できるscカールについてもっと知ってみましょう。

scカールってどんなマツエク?

マツエクで使用するエクステには、色々な種類のカーブがあります。scカールの特徴について見てみましょう。

scカールの特徴とは?

アルファベットのcのように、クルンと上向きのcカールエクステは、ビューラーで持ち上げた時と同じくらいのカールを表現することができます。scカールは、そのcカールよりもカールが強く、一番カールしたdカールよりもやや弱いカールになります。カールの度合いは、一番強いものがdカール、その次にscカール、そしてccカール、cカールの順になります。

強い目力を表現できる

カールの強いscカールを付ければ、ビューラーやマスカラでまつげをメイクする必要はありません。しっかりと上向きのまつげになるので、目を大きく見せたり、華やかな仕上がりになります。jカールやcカールで物足りなさを感じた人や、より強い目力が欲しい人はscカールがおすすめです。

scカールが似合うのはこんな人

scカールが似合うのはどのような人でしょうか?

一重や奥二重な人

一重の人や奥二重の人は、まぶたがやや重めでまつげがあまり上向きになりません。そんな人にこそ、しっかりカールのscカールがおすすめです。エクステのカールがまぶたに隠れたり、下向きになることもありません。

濃いメイクが好きな人

scカールは、ビューラーでしっかりとまつげを上げたような仕上がりになります。本数や太さを調整すれば、お人形さんのように大きな目にすることができますよ。普段からメイクをしっかりしている人は、scカールのような強いカールのエクステがおすすめです。逆に、普段のメイクがあまり派手では無い人は、scカールよりもjカールやcカールから試してみましょう。

より強い目元にしたい人

ゴージャスで強い目力を表現したいのであれば、jカールやcカールよりもカールの強いscカールがおすすめです。普段はあまりアイメイクに力を入れていない人でも、結婚式やパーティなどのイベント用のマツエクとして、scカールを体験してみるのも良いでしょう。

エクステをするなら、自まつげをしっかりケアしよう

マツエクでは、自まつげにエクステを貼り付けていくので、自まつげが抜けてしまってはエクステも取れてしまいます。scカールを長く楽しむためには、自まつげのケアもしっかり行いましょう。

まつげ美容液を使おう

まつげ美容液を使って、まつげのケアをしてあげましょう。美容液をまつげに塗るだけで、栄養成分をたっぷりとまつげに行き渡らせ、太くて抜けにくいまつげにすることができますよ。自まつげが健康になれば、エクステの持ちも良くなります。まつげ美容液は、製品によって推奨される使用回数は異なりますが、朝の洗顔後や、夜寝る前に使用することが多いです。美容液を塗る前は、しっかりとまつげの汚れを落すようにしましょう。

まつげに良い食品を摂ろう

まつげを伸ばす食材というものはありませんが、バランス良く栄養を摂ることで、身体を健康に保ち、まつげの状態を改善することができます。まつげは髪の毛と同じようにタンパク質からできているので、良質のタンパク質を摂るように心がけてみましょう。牛乳やヨーグルトなどの乳製品や、大豆、牛肉にはタンパク質の元となるL-シスチン、メチオニンなどのアミノ酸が沢山含まれています。アミノ酸からタンパク質を作る手助けをするビオチンも、卵や魚介類で積極的に摂るようにしましょう。

まつげに付いたメイクをしっかり落とそう

目元を常に清潔に保つことが、自まつげの脱毛を防ぎ、長持ちさせることに繋がります。マツエクをしているとメイクを落とすのが大変ですが、綿棒やコットンなどを使用して、細かい所のアイメイクも丁寧に落とすようにしましょう。アイメイク専用リムーバーを使うと、より綺麗にメイクを落とすことができます。

自分でマツエクしてみる?

カールが強いscカールは、自まつげとの接着面が少ない為、人によってはあまり長持ちしないかもしれません。取れてしまった度にサロンに行くのは大変ですよね。では、自分でまつげを付けられるようになってみませんか?

自分でマツエクが出来るの?

マツエクは、サロンだけでしか出来ないと思っていませんか?実は、自宅で自分でまつエクをすることも可能なのです。セルフマツエク用のキットを使えば、エクステや接着剤など、マツエクに必要なものがセットになっているので便利ですよ。

セルフマツエクのメリットは?

セルフマツエクのメリットは、自分の好きな時間に、好きなだけマツエクをすることができるという点です。エクステが少し取れてしまった時など、すぐに直すことが可能なのは便利ですよね。頻繁にサロンに行く必要が無く、予約や待ち時間で悩む必要が無いので、時間を有効に使うことができます。

時短だけでなく安く済むのもメリット

また、サロンでまつエクするよりも安くて済むのも大きなメリットです。一度セルフマツエク用のキットを買えば、1年間はマツエクのつけ放題を楽しむことができますよ。エクステの種類を変えて、気軽に自分の好きな目の形に修正できるのも、セルフマツエクだからできることです。

セルフマツエクのデメリットは?

まつげにエクステを付けるのは、慣れるまではとても大変です。特に、最初は接着剤が目にしみたり、エクステを上手く付けられなかったりして、納得のいく仕上がりになるまで時間がかかるかもしれません。短期間で上手になりたい場合は、セルフマツエク専門のスクールに通う人もいます。

マツエクのオフだけでもセルフで

マツエクの仕上がりが気に入らない場合や、エクステが下がって不自然に見えるようになったとき、マツエクをオフすることでエクステを取り除くことができます。通常は、マツエクを付けるのもオフするのもサロンで行いますが、自宅でもまつエクをオフすることができます。

リムーバーはおすすめしない

マツエク専用のリムーバーを使ってオフすることもできますが、強力な接着剤を取り除くリムーバーの取り扱いは危険が伴う為、あまりおすすめできません。万が一目に入ってしまったら、眼球の痛みや炎症などの症状が起こる可能性があります。

オイルを使ってオフしてみよう

マツエクのオフに慣れていない場合は、少し時間はかかりますが、オイルを使ってエクステを取り除いてみましょう。マツエクで使用している接着剤は、オイルとの相性が悪いという特徴があります。この特徴を利用して、オイルでエクステをオフするのです。オイルは、クレンジングオイルを使用しても構いません。方法は簡単で、コットンにたっぷりとオイルを染み込ませて、まつげに当てて10分ほど放置します。その後、コットンを優しく動かし、自然と剥がれたエクステを取り除きましょう。この工程を数回繰り返し、少しづつエクステをオフしていきます。

scカールで強力な目力を手に入れよう!

カールの強めなscカールは、より強力な目元へと変身することができます。カールの緩いエクステでは満足できない人でも、scカールなら印象的でゴージャスな仕上がりに満足できますよ。scカールはカールが強いので、自まつげとの接着面が少なく、取れやすいというデメリットがあります。自まつげをしっかりケアしてあげながら、できるだけscカールを長持ちさせましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。