美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

スポーツ・アウトドア

【パワーメーター】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、パワーメーターを探している方向けにおすすめの人気商品や、性能などから考えた選び方を解説しています。

形態・機能などのポイントから総合的に考えて、おすすめしたい商品をランキング形式でご紹介します。

パワーメーターの選び方

パワーメーターはペダリングのパワー計測ができることから、実力やトレーニングのために役立つアイテムです。

大変高価な品物でしたが、最近ではリーズナブルなパワーメーターも増えて購入したい方が増えているようです。

ここでは、形態、機能、口コミなどから考える一般的なパワーメーターの選び方を紹介します。

 

形態で選ぶ

①クランク型
ペダルを踏み込んだ時の力をクランクでパワー値を検出する最も古くからある型です。

高精度で、力の方向やペダリングのトルク値が計測できるので世界のトッププロも採用するほど信頼性が高いのですが、導入や計測に手間がかかるデメリットがあります。

 

②ペダル型
ペダルに加えた力をそのまま計測してパワー値を検出する型で、導入や計測には手間がかかりません。

パワー値を検出するのに手間いらずになりますが、ペダルが重くなる、価格が高い、クリートメーカーが限定されるなどのデメリットがあります。

 

③ハブ型
ペダリングの際に後輪を回す力を計測してパワー値を検出する型です。

導入にはハブ型パワーメーターが一体型のホイールもしくはハブのみをホイールに組ませます。

一体型ホイールは手間がかかりませんが重くなるので、取り外しの手間がいらない分、レースには不利になるデメリットがあります。

 

④特殊型
ペダル軸やチェーンリングに取り付けて心拍数でパワー値を計測する型です。

精度はあまり高くありませんが、導入が簡単で安価なメリットがあります。

 

機能で選ぶ

パワーメーターの機能はメーカーやモデルによって異なりますが、基本的には以下のような機能があります。

 

●ペダルを回す力を測るパワー計測機能
●ペダルに伝わる足の力の割合を示すペダリング効率測定機能
●視覚で確認できるペダリング時の力の強さと方向
●計測データの記録

 

自分がどんな目的でパワーメーターを使用するかを明確にして必要な機能を検討しましょう。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

パワーメーターはタイプだけでも様々あり、日々進化して新しい商品も続々登場しているので、いざ購入しようと思うとなかなか選びきれないこともあるでしょう。

そんな時には口コミで人気のパワーメーターを参考にしてみるといいでしょう。

「パワーメーターをつけたことで自分の力を知ることができてトレーニングに役立った」「パワーメーターをつけたことによって速くなれた」などの口コミを見るとつい真似してみたくなるかもしれません。

GARMINのベクター2Jはデータの正確に計測ができると評判がとても良いです。

 

安いパワーメーター「4iiii」の評判は高い

パワーメーターは高価な商品が多いのですが、最近では購入しやすい価格のものも増えてきています。

4iiiiは4万円台で購入できるクランク型最安のパワーメーターということで最近注目されているパワーメーターです。

海外のレビューも割と評価が良く、誤差についてもメーカー発表と変わらないことで信頼性も高いと言えます。

パワー値が瞬時にわかるので、レース中のペース配分の指標になったり、トレーニングの目標材料になったり、トライアスロンのTTなどにおいて効果的で安価ながらも良いパワーメーターです。

 

ペダリング効率がわかるパイオニアのパワーメーター

パワーメーターといえばパイオニアは外せないメーカーの一つです。家電メーカーでもおなじみのメーカーですが、ロードバイクでパイオニアのパワーメーターを使用している方の割合はかなり多いです。

特徴はパワー計測と合わせて、自分のペダルを踏み込む方向や強さなどの癖を専用の機械を用いることで可視化でき、ペダリング効率がわかることです。

片側だけの販売もあったり、対応クランクが増えていることでより注目されているパワーメーターです。

クランクをメーカーに送付しての取り付けとなるので手元に届くまでには時間がかかるので余裕を持って購入する必要があります。

 

いよいよ発売開始!大手自転車メーカーシマノのパワーメーター

シマノのパワーメーターがいよいよ発売されたことで大きな注目が集まっています。

自転車メーカーとしても一流メーカーであることから期待が高まりますが、詳細はDuraAce(R9100)のクランクにパワーメーターを搭載しています。

一体型なのですぐに利用できない人もいると思いますが、スッキリしたデザインは見た目にも品やかで美しく、クランクシャフトにバッテリーが内蔵されているので、センサーの小型化が実現し、様々なバイクに取り付けられる様な設計になっています。

これからますます注目のパワーメーターと言っていいでしょう。

 

パワーメーターランキングBEST3

ここからは、おすすめのパワーメーターをランキング形式でご紹介します。

より良いパワーメーターを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

GARMIN(ガーミン) ベクター2J

レビュー

GARMINの最初のパワーメーターベクターJの後継モデルになります。

取り付けが非常に簡単なことが特徴で、複数のロードバイクをお持ちなら付け替えたり、携帯することで旅先のレンタル自転車などにも取り付けて楽しむことができます。

左右それぞれの計測が可能で、それぞれのバランスを知ることもできます。正確な計測ができることで信頼を多く寄せられている人気のパワーメーターです。

 

シマノ FC-R9100-P パワーメーター内蔵

レビュー

2017年にいよいよ自転車メーカーのシマノから販売されたクランクと一体型のパワーメーターで、正確で信頼できるパワー出力データを抽出することができます。

センサー本体にはバッテリー搭載がないのでコンパクトで様々なバイクに取り付けができるのも特徴です。

ライディングの際の様々な詳細を分析ができ、トレーニングやレースに向けて総合的に調整していくための心強いパートナーとなります。

 

GARMIN(ガーミン) ベクター2S J

レビュー

高価な商品のみだったパワーメーターで初めてリーズナブルな価格で販売することを実現したモデルです。

低価格ながらも、機能的には高価なモデルにも引けを取らない様な機能を備え、さらに拡張性があるので自分の実力に合わせてアップグレードできるなど、ロードバイクをより楽しみたいと思っている初心者の人から上級者の人までオススメのパワーメーターです。

 

まとめ


パワーメーターは全体的に高価な上に、さらに各メーカーもそれぞれに素晴らしい機能を備えているので購入する際にはかなり迷ってしまうこともあるでしょう。

大切なことは慌てずにじっくり検討することです。口コミなどをよく参考にして自分にあったより良いパワーメーターを見つけてください。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-スポーツ・アウトドア
-

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.