化粧水

ノママ(NOMAMA)化粧水が話題!効果・特徴・口コミを徹底紹介

更新日:

最近スーパーで調味料売り場を見ていると気づくことがありませんか?従来の普通のペットボトル入りの商品に対して、真空パックに入れられた調味料が増えていることに・・・!

 

そう、技術の進歩によって真空パックは今やスーパーに並ぶ調味料にも応用されるものとなりました。飲食店でもない限り、人は調味料をそんなに簡単に使い切りません。それどころか一人暮らしともなれば賞味期限ギリギリまで残してしまうこともよくあること。だから真空パックは心強い味方です。

 

さて、調味料では一般的になってきた真空パック。最近ではコスメの世界にもその波が押し寄せてきてるって知ってましたか?

 

今話題のノママ(NOMAMA)はそんな真空パックに着目して真空パック入りの化粧水を発売し、注目を集めています。

 

果たしてノママ(NOMAMA)とはどんなブランドなのか。真空パック入りの化粧水とはどのようなものなのでしょうか。

無添加スキンケアブランドノママ

ノママはそのブランドネームがさすように、"そのまま"の素材感に拘った商品を展開するブランドです。ライフスタイルブランドとして素材の恵みを活かした商品を生活に自然に取り入れて行けるような商品作りを目指しています。

 

スキンケアブランドとしてスタートしたノママは、例えば毎日の食卓、毎日口に入れるものが安心安全であるように作られるのと同じように、ノママのスキンケア商品は身体に良い成分をミックスして作られています。

毎日使うもの・・・その感覚を大切に

ノママはスキンケアグッズを毎日使うもの、身体に触れるものということを念頭に、より安心安全に使用できるように心を配りました。

 

自然の素材を無添加で丁寧に使用して作り上げ、パッケージにも拘っています。生活に馴染みやすいようにシンプルで部屋に違和感を与えないデザイン。そしてスキンケアグッズでは今まであまり考えられなかった酸化しづらいパッケージを採用。そこにはスキンケアグッズをまるで日々の食事に使う調味料のように身体に関わるものとして使用後もその品質を保ちたいという想いが込められています。

真空ボトルを採用した化粧水に注目が集まる

ノママがスキンケアグッズを作り上げる時にまず考えたのは無添加の商品にしようというものでした。ノママの公式ページではノママのアイテムには防腐剤、パラベン、鉱物油、着色料、合成香料、旧表示指定成分といった身体に少しでも害をなす可能性のあるものを使っていないことを明らかにしています。

 

しかしそうなるといくら化粧品と言えどの品質を長時間保つことが出来なくなります。化粧品は調味料以上に一度に使う量が限られていますから、当然劣化が起こらないとは言えません。

 

化粧品成分の酸化は肌の炎症にもつながると考えられており、無添加にすることで肌を傷つけてしまうという本末転倒な事態が起こる可能性があったのです。

そこで着目した真空ボトル

保存利用や防腐剤を使わずに長い期間使える化粧水を作るにはどうしたらいいか。そこでたどり着いたのが当時まだ化粧品で使用されることのなかった真空ボトルでした。

 

真空ボトルを採用する事で無添加のアイテムであっても空気に触れずに酸化するスピードを低下させることが出来たのです。ノママの真空ボトル入りの化粧水は決して目を引くだけの話題性を重視した結果ではなく、あくまでも使う人が最後まで安全に使えるための工夫だったんですね。

クリームにも工夫が

真空ボトルを使えないクリームのような化粧品にも一工夫。未開封を保証するバージンシールを付けておくことで、より安心して鮮度の保たれた商品を使っている実感を得ることが出来ます。

 

どこまでも使う人本位の商品設計がノママの化粧品には感じられるのです。

 

真空ボトルだけじゃない!低価格への取り組み

パッケージの簡素化

ノママは真空ボトルによる商品の鮮度維持だけではなく、低価格を保つためにさまざまな工夫を行っています。

 

従来、化粧品はパッケージにお金をかけ、個包装したり箱入れしたりすることで特別感を出して目立たせるといった商法が一般的でした。

 

ノママではそんな常識を覆し、パッケージ自体は全く手をかけず、いたってシンプル。パッと見では化粧品とは分からないくらい。その分だけ真空ボトル化や無添加処方といったコストのかかる部分へ投資し、安心して使える商品作りを目指しました。

 

そのため、オーガニック商品としては値段もおさえられたものになっています。

広告費をかけない

化粧品と言えば広告とは切っても切り離せないもの。芸能人の起用やテレビ・コマーシャル・雑誌への露出。これには莫大な費用が掛かります。

 

ノママでは本当に求めている方にだけ届けば良い・・・という考えのもと、広告費を極限までカットして商品の値段が必要以上に上がらないようにしています。

 

ノママの商品ラインナップ

気になるノママの商品ラインナップはどうなっているのでしょうか?

 

ノママではローション4種、クリームを2種展開しています。気分や季節、肌の状態に合わせて使い分けられる選択肢の絶妙なバランスもノママのポイントのひとつ。

 

ローションのラインナップ

ローションのラインナップはスッキリとした柑橘系の香りが特徴、高い保湿力が自慢のドライシトラス&ゼラニウムハーバル、とろみがあり肌にも馴染むくるみのミルク&にんじん&ラベンダー、みずみずしいテクスチャーを実現するローズヒップ&シャルドネ、ベタつかず、サラッとした使い心地がクセになるアロエウォーター&アルガンオイルの四種類の展開。

 

そのどれもが保存料を使わず、しかし真空ボトルほ使用することで開けたての鮮度をなるべく長く保てるように工夫されているローションです。テレルギーテストやパッチテストもしっかりと行っており、肌の弱い方でも安心して使っていただける仕様になっています。

クリームのラインナップ

対してクリームのラインナップはしっかりとクリーミーな質感が特徴のモリンガバター&アボガド&オレンジピール、みずみずしくさらっとした使い心地が嬉しいアーモンドミルク&ソイミルク&ヨーグルトの二種類で展開。

 

フレッシュ感を保つためにバージンキャップを採用するなど、の心配りはクリームにもしっかりと活かされています。

シチュエーションに応じて使い分けられる

全6種のスキンケアアイテムの中からシチュエーションに応じて選択し使い分けることでその日その時の肌質をしっかりとグッドコンディションへ。真空ボトル使用で劣化する心配も少ないため、安心して最後まで使い続けることが出来ます。

 

使う人のことを本当に考えているスキンケアとして、ノママのスキンケアグッズは幅広い方に知って頂きたい、そして使用して頂きたいアイテムです。

真空ボトルの化粧品にチャレンジ

美容業界でも今後より実用化されていくのではないかと思われる真空ボトル。使う人のことを本当に考えているからこそパッケージや広告にお金をかけず、真空ボトルなどのクオリティに対してコストをしっかりかけられます。

 

皆さんもぜひとも使う人のことを真剣に考えた真空ボトルの化粧品をチョイスしてみてはいかがでしょうか。自分自身の肌のため、そしてこれからの美容業界のために、ただ流されるだけの商品選択ではなく、本当に良い商品をチョイスしていくようにしたいものですね。

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-化粧水
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.