美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

クレンジング

クレンジング口コミランキング【人気の商品を実際に試しました】

更新日:

このページではそんなクレンジングを、ネットの評判、口コミの人気などからおすすめのクレンジングを実際につかって効果のあるものおすすめのものをランキング形式でご紹介したいと思います。

クレンジングの選び方を読んでいただいてそのあとランキングをお読みください(自分にピッタリのクレンジングが見つかります!)クレンジング選びの参考にしていただけると嬉しいです。

クレンジングの選び方

クレンジングは、洗浄力が強いものがいいと思ってませんか?

洗浄力の強いクレンジングを使うとよく落ちますがお肌に必要な成分も落としてしまいます。

 

化粧のノリがわるくなり、厚化粧になる。すると、さらに強いクレンジングを使っうことになります。

こうなると悪循環でどんどん強いクレンジングを使っうことになりお肌の調子も悪くなることがよくあります。

 

クレンジングは洗浄力だけで選ぶのはNGなんです。

クレンジングを選ぶポイント

メイク汚れがしっかり落とせて肌がつっぱらないのがいいのは間違いありません。

しかし、メイクがよく落ちるということは、強い刺激を肌に与え過ぎているということでもあります。

 

ただ、デリケート肌、ニキビ肌の人は、洗浄力の強すぎるクレンジングは使わない方が良いでしょう。

 

では、低刺激の落ちないクレンジングがいいかというとそうでもありません。

メイク汚れが残ると化粧水が肌に浸透しません。

また、毛穴に詰まった汚れが炎症し肌トラブルになることもあります。

 

なので、肌の弱いデリケート肌の方は、優しい洗浄力のミルクタイプかクリームタイプ、最近注目のホットタイプがおすすめです。

 

アイメイクなどのウォータープルーフタイプの化粧品を落とす場合は専用のリムーバーを使いましょう。

専用のリムーバーは肌への負担が少なくなりますので面倒ですが使うほうがいいです。

 

また、オイリー肌、乾燥肌、混合肌なども基本は同じです。

肌には負担はかけすぎないで、メイクはきっちり落とすことが、クレンジング選びには重要です。

クレンジングは肌質によって選ぶ必要があります

クレンジングは、肌質で選ぶのがおすすめです。肌質別におすすめのクレンジングの特徴をご説明いたします。

オイリー肌におすすめのクレンジング

オイリー肌は、皮脂の過剰分泌が原因なので、油分を良く落とすオイルタイプがおすすめです

ニキビ肌でオイリー肌の場合は、洗浄力は落ちますが、クリームタイプや乳液を試してみてください。

混合肌におすすめのクレンジング

Tゾーンはべたつき、頬はカサカサという混合肌に場合は、皮脂を取り過ぎると乾燥が進んでしまいます。

乾燥しすぎないクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

なお、濃いメイクをしている方は、専用リムーバーを部分的に使うと、メイクをしっかり落とせます。

乾燥肌におすすめのクレンジング

乾燥肌はオイルタイプのクレンジングはNGです。

元々の皮脂が少ないところに強い洗浄力のオイルタイプを使うと肌乾燥がさらにすすみます。

乾燥肌には油分のある物が配合されていないミルクタイプやウォータータイプ、クレイ入りなどがおすすめです。

また、クレンジングと洗顔の後に、保湿を念入りにすることで、乾燥肌が改善されると思います。

クレンジングの種類と特徴

オイルタイプ

高い洗浄力です。

とてもなめらかなので、肌になじみます。

使用感にべたつきが残ります。

乾燥肌、ニキビ肌、デリケートな肌などは、洗浄力が強いので、あまり合いません。

ジェルタイプ

弾力がありますから、使用感が気持ち良いです。

指と肌によって摩擦が起こりにくいです。

濃いめのメイクなどは落ちにくいですから、専用のリムーバーが必要になります。

ローションタイプ

顔に直接付けないで、コットンにしみこませて、ふき取るようにメイクを落とします。

使った後はしっとりした肌になります。

ふき取る時に力を入れ過ぎると、肌にダメージを与えることもありますから注意する必要があります。

ミルクタイプ

サラッとした使用感が心地よいです。

皮脂を不必要に取りませんから、乾燥肌やデリケート肌、ナチュラルメイクの方に特に合っています。

オイルタイプと比較すると、洗浄力や少し劣ります。

クリームタイプ

よく伸びて肌に付きますから、マッサージをしながらするクレンジングに合っています。

洗い流すタイプとふき取るタイプがあります。

保湿効果がとても高く、乾燥肌も改善されます。

シートタイプ

シートでふき取るシンプルケアですから、クレンジングする場所を選びません。

顔全体はもちろんのこと、部分的なメイク落としにも合っています。

ふき取ることは、肌に刺激を与えやすく、デリケートな肌の人には合いません。

まとめ

クレンジングは強力であれば良いというのは間違い。

デリケート肌、敏感肌の方はオイルタイプに代表される洗浄力の強いクレンジングは合っていないです。

肌への負担はできるだけ少なくなる低刺激のタイプがおすすめ

部分的に専用リムーバーがある場合はそれを使う

詳細なクレンジングの種類はこちら(徹底検証!10種類のクレンジングの種類・タイプ別・メリット・デメリット

クレンジング口コミランキング

それではネットの口コミやランキングで紹介されているクレンジングをほとんどチェックして実際につかってみておすすめのものをランキング形式にしています。それぞれの特徴をわかりやすくまとめていますのでご購入のお役に立てればうれしいです。

1位 ビオルガ←イチオシ!

ビオルガクレンジングは、ジェルタイプの無添加のクレンジングで、保湿力がしっかりあるのはもちろん、毛穴の汚れをしっかり落としクレンジング力も抜群。しかも洗いあがりもすっきりさっぱりで、突っ張ることもありません。

ビオルガクレンジングは、8種類の和漢植物と17種類の美容成分が含まれていますので、使うだけで内側からお肌をサポート。また、安心の国内工場で生産された高品質・無添加のクレンジングです。毛穴汚れもしっかり落としながら、ダブル洗顔も不要。

クレンジング効果が高く美容にもいいと言うことで、今、ネットで人気が急上昇している商品です。(管理人一押しです!)

こんな方におすすめ

強くこすって落とすことが多い

毛穴パックをよく使う

オイル系クレンジングを使っている

安いクレンジングを使っている

こんな方は、クレンジングをビオルガクレンジングに変えるだけでお肌の調子が格段によくなると思います。

お得な購入方法

定期コースでお申し込みをすると1か月分が通常3990円が2990円(送料、手数料無料)

 

2位 リ・ダーマラボ←美容効果が高い

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、美容液と間違うくらいのクレンジングでほとんどが美容成分といってもいいくらいのゲルタイプのクレンジングです。

美容成分が多いといってもクレンジングの効果も抜群で、毛穴の汚れもしっかり落とすことができ、メイク落とし、洗顔、毛穴ケアが同時にできますので、ダブル洗顔も不要です。洗い上がりは、美容成分がたっぷり含まれてるので突っ張ることもなく潤いたっぷりの仕上がりです。一度使ったら手放せなくなります。

今なら2848円(1本で2か月分)送料無料・全額返金保証も!

さらに、初回限定のキャンペーン中で、1つ購入するともう1つプレゼント!(お得!)

3位 マナラ←注目ホットタイプ

マナラホットクレンジングゲルは、ホットタイプのクレンジングで使っているとお肌がポカポカしてきます。

肌を温めると毛穴が開きます。毛穴が開くことで奥の汚れもすっきりと取れます。黒く開いていた毛穴も目立たなくすることもできます。

また、6種類のコラーゲンの効果でお肌にうるおいが得られますので洗いあがりもしっとりしています。肌に刺激となる石油系界面活性剤、エタノール、着色料、鉱物油、合成香料などが含まれていませんから、肌のトラブルも起こりにくいのが特徴です。

 

 

4位 DUOクレンジングバーム←バームタイプ

DUOクレンジングバームは、肌の上の乗せると自然にとろける感覚が新しいクレンジングバームです。使う時は固形なので、塗りやすくて、塗った後にとろけていき、しっとりと肌になじみます。

クレンジングバームは、クレンジングとしても、洗顔、トリートメント、マッサージ、老化角質ケアとしても使えますし、W洗顔は不要。疲れている時のクレンジングが楽なのがオススメポイント。

独自の毛穴クリアカプセルが、毛穴の洗浄と保湿に効果絶大。毛穴の黒ずみが気になる人にぜひお勧めのクレンジングです。

5位 肌ナチュール←炭酸クレンジング

肌ナチュールは、クレンジングの新ジャンル【炭酸美容液クレンジング】と言うクレンジングです。

炭酸の力(シュワシュワ)利用し、メイクを浮かせて落とす効果が高いのが特徴。そして、洗浄力が強いだけでなく、炭酸の力で美肌効果やアンチエイジング、美白、くすみ対策などの効果が期待できる優れもので、洗い後の潤いも抜群。もちろん、ダブル洗顔も不要ですのでこれ1本でメイク落としからケアまでできてしまいます。

肌に優しく洗浄力が強くて美容効果が高いクレンジングを探している人におすすめのクレンジングです。

 

クレンジングの正しい使い方

クレンジングは、顔の上で馴染ませたら洗い流すだけ、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです。例を挙げれば、油性のクレンジング剤なら、手が濡れていたらクレンジングの成分が肌に馴染んでくれません。それに、顔にクレンジング剤を長い時間つけたままにすると、肌への負担が大きくなります。

クレンジングはていねいに、細かい部分も忘れずにして、短時間で済ませるのが良いのです。

手が乾いているかを確認します

手が濡れていると、これから落とすメイクとクレンジングがしっかりと馴染みません。馴染みにくいと、顔にメイクの一部が残りやすくなります。

手に適量を取ります

この適量というのが大切なのです。クレンジング剤が少なければ、顔にクレンジング剤が滑らかに広がりません。そして肌と指の間に摩擦が起きます。それが肌荒れの原因にもなりますから、適量を守って不要な刺激を与えないようにしましょう。

クレンジング剤を顔に馴染ませます

顔全体に指の腹を使い、力を入れないで円を描くように馴染ませます。目元付近や小鼻はメイク汚れが残りやすいので、念入りにしてください。

ふき取るか洗い流すか

クレンジング剤によっては、後処理が違ってきます。それぞれの使用方法を守りましょう。

・ふき取る

丁寧にコットンなどを使ってふき取ります。ふき取りタイプのクレンジング剤は、肌に刺激を与えやすいです。丁寧に優しくしましょう。

・洗い流す

水かぬるま湯を多く使い、洗い流します。フェイスライン辺りや髪の生え際、こめかみはクレンジング剤が残ることが多いです。鏡で確認して、完全に洗い流すようにしましょう。

クレンジングの後の洗顔方法

まず手を清潔にしましょう

手が汚れていたら、洗顔料が泡立ちにくいです。

顔全体を予洗いしましょう

濡らすのではなくて、水で洗うような気持ちでしましょう。予洗いはぬるま湯を使うのが良いです。どうしてかというと、温めることで毛穴が開き、毛穴の奥の汚れまで取ることができるからなのです。ただ、このときに熱すぎるお湯は使わないようにしましょう。熱すぎると必要な皮脂まで取れてしまいます。

洗顔料を泡だてて、洗顔料を顔につけましょう

泡立てネットを使って洗顔料をしっかり泡立てることが大切です。この泡が毛穴汚れを取り出してくれる役割をするのです。それに泡で顔を洗うことは、肌と指の不要な摩擦を防いでくれますから、肌にもやさしいのです。円を描くように、泡を転がします。

洗顔料を洗い流しましょう

洗顔料を洗い流すのに、水を多く使います。すすぎ残しがないようにしましょう。もし洗顔料が残っていると、肌トラブルの原因になってしまいます。特にフェイスラインや髪の生え際は、残りやすいので念入りに洗い流してください。

まとめ

クレンジングは、自分にあったタイプのものを選ぶだけで驚くほど効果があります。クレンジングを変えるだけで肌荒れや吹き出物・ニキビもなおります。自分にあったものがきっと見つかりますのでいくつかタイプの違うものをお試ししてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-クレンジング
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.