美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

クレンジング

クレンジングの乳化とは?!乳化のメリットとわかりやすいやり方解説

更新日:

クレンジングは美肌を保つための鍵になるので、とても重要です。

オイルクレンジングはメイクをしっかり落とすので人気ですが、その反面肌への刺激が強すぎて、肌荒れの原因になってしまうこともあります。

そんなオイルクレンジングで優しくしっかりメイクを落とすには、乳化させるのが決め手なのです。

正しい乳化のやり方を覚えて、オイルクレンジングで素肌美人を目指しましょう。

 

クレンジングの乳化

クレンジングオイルは肌への刺激が強い、肌に悪いと思っている人も多いのではないでしょうか。

その原因は、オイルクレンジングに含まれる界面活性剤にあると言われています。

界面活性剤というのは、水分と油分を混ぜ合わせるために必要な成分のことで、洗顔料や食器洗剤などにも含まれています。

この界面活性剤はクレンジングオイルに多く含まれているため、メイクだけでなく肌にとって必要な油分まで洗い流してしまうことがあるのです。

 

そこで、オイルと水分を混ぜ合わせて白っぽくなるまでなじませることを乳化と言います

乳化させたオイルをクレンジングに使うことで、肌への負担を軽減し、肌に摩擦を与えることなくメイクを落とすことができるのです。

 

クレンジングは乳化すると肌に負担がかからない

オイルクレンジングでは、オイルとメイク汚れをしっかりとなじませて浮かせて落とす方法です。

ファンデーションやマスカラなどのメイクは、なかなか落ちにくいことが多いですが、これは油分をたくさん含んでいる証拠です。

メイク汚れをオイルクレンジングで落とす時には、肌へ負担をかけずに、それでいてしっかりとメイクを落とすことが必要です。

オイルを水分と混ぜて乳化させることによって、メイクとのなじみがさらに良くなり、力を入れなくてもスルンとメイクが落ちるのです。

とくに目元のしっかりメイクなどは、ゴシゴシ擦ったりするのは厳禁です。

目元の皮膚はとても薄いので、刺激によって傷つきやすいのです。

デリケートな肌をいたわりながらメイクを落とすことができるのが「乳化」というやり方なのです。

 

クレンジングを乳化させるメリット

オイルクレンジングで乳化させるメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

少し面倒と感じるかもしれない乳化の作業ですが、肌へのメリットはたくさんあるのです。

擦らずスルンとメイクが落ちる

肌にとって一番良くないのは、ゴシゴシと擦ることで起きる摩擦です。

肌を傷める原因になるだけでなく、乾燥肌を悪化させる元にもなります。

乾燥すると、シワやたるみなどの肌トラブルにもなります。

すすぎ時間を短縮できる

オイルクレンジングで乳化させずにメイクを落とすと、すすぐ時に時間がかかり、なかなか落ちずに肌にオイルやメイクが残ってしまうことがあります

オイルをそのまま肌に使うことで、肌に負担をかけてしまい、残った汚れが吹き出物などの肌トラブルとなってしまいます。

乳化させることによって、すすぎの時にスルンと落とすことができる上、洗い残しもなくなります。

汚れを残さず落とすことができる

オイルクレンジングはしっかりと汚れが落ちるイメージがありますが、実は洗い残しがある場合が多いのです。

それは、乳化させずに直接オイルを肌にのせることで、水分と油分が分離してしまい、なじまずにすすいでも汚れが落ちないからです。

乳化させてからメイクとなじませることで、自然に軽々と落とすことができるのです、

 

乳化のやり方

オイルクレンジングで肌をいたわりながらメイクを落とす「乳化」のやり方を覚えて、今日から取り入れてみませんか?

1、オイルとメイクをなじませる

使っているクレンジングオイルを手のひらになじませ、指先には力を入れないようにしながら優しく肌になじませていきます。

人差し指はどうしても力が入ってしまいやすいので、中指と薬指を意識して使うようにしましょう

クルクルと円を描くような感じでメイクを浮かせていきます。

2、オイルと水滴を混ぜてなじませる

手のひらについているオイルと、数滴の水分を混ぜ合わせて乳化させます。

オイルと水分の透明な色が、白っぽくなったら乳化しているサインです。

だいたい30秒程度で白っぽい乳液のような色に変化します。

3、肌全体が白っぽくなるようになじませる

乳化させたオイルは肌になじみやすく、メイクや毛穴の汚れを吸着しやすくなっています。

肌全体にやさしくなじませていきましょう。

4、乳化させたオイルをすすぎ落とす

乳化したオイルが肌全体になじんだところで、あとはすすいでメイク汚れを落とします。

しっかりと乳化しているオイルは、すすいだ時にスルンと落ちるのが特徴です。

オイル特有のヌルヌルした感じがスッキリと落ちるのが実感できると思います。

 

乳化させる時の注意点

オイルクレンジングで乳化させることによって、肌に負担をかけることなくメイクを落とすことができます。

そんな乳化でも、やり方が間違っているとせっかくの効果が半減してしまうので、注意点を押さえておきましょう。

1、できるだけ摩擦を与えず優しくなじませる

メイク落としの際に、しっかり落としたいという思いからゴシゴシと擦ってしまう人もいるかと思いますが、肌にとって摩擦はダメージを与える原因になります。

オイルクレンジングで乳化を取り入れることによって、肌へのダメージを軽減し、やさしくメイクを落とすことができるので、なるべく擦らないように気をつけましょう

とくにアイメイクは落ちにくいので擦ってしまいがちですが、目元の皮膚はとても薄くデリケートです。

アイメイク専用のリムーバーを使って落とすのがおすすめです。

2、手と顔をあまり濡らさない

濡れた手や顔でも使えるオイルクレンジングもありますが、乳化させる時はなるべく手や顔を濡らさない方が良いでしょう。

オイルと水が混ざることによって、乳化された状態になるのでメイクが落ちにくくなってしまいます。

まずはオイルでメイクとなじませ、そのあと乳化させるのが良いので、手や顔の水分は拭き取ってから行うのがおすすめです。

3、乳化やすすぎにはぬるま湯を使う

クレンジングの際には、冷たい水や熱すぎるお湯ではなく、ぬるま湯で洗い流すのが基本です。

とくに冷たい水で落とそうとすると、毛穴が肌が引き締まってしまうので、メイクや汚れは落ちにくくなってしまいます。

ぬるま湯というのは、だいたい人肌の36度?38度くらいのお湯のことです。

熱すぎると今度は肌のために必要な皮脂まで取り除いてしまうことになります。

全てのクレンジングや洗顔には、ぬるま湯を使うのがおすすめです。

 

30秒の乳化でオイルクレンジングが変わる!

乳化することでオイルクレンジングはもっと肌にやさしく、メイクや汚れをスッキリと落とすことができます。

メイクとなじませたあとに乳化させることで、水分と油分がしっかりとなじみ、汚れを浮かせて落とすことができるのです。

オイルクレンジングだけでなく、リキッドクレンジングの場合でも乳化作業を取り入れることができます。

乳化にかかるのは30秒程度なので、ぜひ毎日の美容習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

最後に

いかがでしたか?

乳化を知っていたという人も知らなかったという人も、オイルクレンジングで肌に負担をかけずメイクが落とせることが分かったのではないかと思います。

クレンジングを丁寧に行うことで、その後のスキンケアの成分の浸透の仕方も変わってきます。

毎日続けることで、透明感のある素肌になれるでしょう。

ぜひ今日から乳化習慣をクレンジングに取り入れてみてほしいと思います。

 

クレンジングカテゴリの人気ページ

クレンジング口コミランキング【人気の商品を実際に試しました】

今、一番使われているおすすめのクレンジングを人気ランキング形式でご紹介致します。ネットの口コミなどから実際に購入しレビューしております。数あるクレンジングの中で1位のものはこれ!

ビオルガクレンジング【口コミ】【使って試した感想】│成分・効果・最安値価格情報

楽天のクレンジングランキングで第一位のビオルガを実際ためしてみましたのでその効果とネットの口コミをまとめてご紹介します。   このページでは 愛用者の口コミは良い?悪い? ビオルガが他のクレ ...

The following two tabs change content below.
編集部:チカりん

編集部:チカりん

5年ほど前から自分のブログで美容関連記事を配信していました。脱毛やサプリメントに関する記事が得意です。美容以外も書いているので是非読んでみてください。

-クレンジング
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.