美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

旅行

横浜観光の穴場!アメリカンな街・本牧へ行こう!

更新日:

横浜といえば山手の洋館めぐりや、みなとみらいや山下公園のような海沿いの観光地が人気のスポットです。

実は横浜にはアメリカンな雰囲気を色濃く残した街があるのです。

ドラマや映画、アニメのロケ地としても有名なアメリカンな街・本牧を巡ってみませんか?

 

本牧ってどんな街?

adobestock_83772925

本牧とは、横浜市中区にある地域の名前です。

JR根岸線の石川町駅近くの「麦田トンネル」から同じくJR根岸線の根岸駅近くの「間門」交差点までの約5km程度続く本牧通り一帯の地域を指します。

特に山手警察署から間門までの2.5kmがアメリカンな街並みで有名な「新本牧地区」です。

洋館めぐりで有名な山手地区から丘を下ったところにあります。

 

山手と本牧はひとつづきの地域ではあるのですが、雰囲気の違いに驚くかもしれません。

 

なぜアメリカンな雰囲気なのか?

本牧は戦後アメリカ軍の居留地として、長く米軍住宅が置かれていた街でした。

本牧通りのほぼ半分程度はアメリカ軍の居留地だったのです。

そのため、アメリカ軍の兵士らの娯楽や生活スタイルなどが色濃く反映された土地になったのです。

1946年に米軍に接収され、1982年に返還されるまで、本牧は日本でありながらアメリカの文化が培われるという土地だったわけです。

 

本牧といえばロケ地のメッカ

本牧はテレビドラマや映画、アニメなどの舞台のなった土地です。

 

あぶない刑事シリーズ

日本テレビ系列で放送され、続編がいくつも作られた「あぶない刑事」

柴田恭兵さんと舘ひろしさん、仲村トオルさんなどが出演した人気刑事ドラマです。

この部隊となったのが、まさに本牧だったのです。

彼らが所属していた「港警察署」は本牧にあったとされ、実際に本牧や隣接する山手地区で多くのロケが行われました。

 

1ポンドの福音

「うる星やつら」や「犬夜叉」などで知られる高橋留美子さん原作のマンガ「1ポンドの福音」がドラマ化された際、主演の亀梨和也さん、黒木メイサさんらが本牧で何度も目撃されています。

 

ねこタクシー

カンニング竹山さんが主演した映画「ねこタクシー」は本牧が舞台でした。

本牧の持つ独特の雰囲気と、竹山さん扮する主人公・間瀬垣 勤と猫の御子神さんの心の交流が非常にマッチしている映画でした。

 

仮面ライダーシリーズ

仮面ライダーシリーズも本牧でのロケが非常に多いことで知られています。

ただし、本牧通りではなく、港よりの地域での撮影が多かったようです。

 

アニメ「がっこうぐらし」

2015年に放映されたアニメ「がっこうぐらし」は本牧の丘の上にある進学校・横浜緑ヶ丘高校と、その周辺が舞台とされています。

劇中に出てきた地図が、本牧周辺の地図とぴったりと一致したんだとか!ほんわかとした雰囲気で始まった作品ですが、ゾンビ化した世界を描いた話題作でした。

 

本牧は音楽も盛ん

本牧は音楽も盛んな土地です。

グループサウンズ全盛期の頃「長い髪の少女」などで一世を風靡した「ザ・ゴールデン・カップス」は本牧のライブバー「ゴールデンカップ」の専属バンドとしてキャリアをスタートさせました。

また、クレイジーケンバンドは今でも本牧を活動の拠点としています。

ボーカルの横山剣さんは本牧在住で、地元横浜に関わる多くの楽曲を作ったり、近隣の商店街や商業施設などに楽曲を提供したりしています。

 

本牧ジャズ祭

本牧を代表する音楽イベントは「本牧ジャズ祭」です。

1981年から行われ、毎年8月末に行われています。

日本を代表するジャズミュージシャンたちが多く出演するライブイベントです。

長い歴史の中ではイベントを行わなかった年もありましたが、全30回も開催された歴史あるイベントです。

 

アメリカンな雰囲気のカフェやバーを巡る

adobestock_62031665

本牧にはアメリカンな雰囲気のカフェや老舗バーが多いのも特徴です。

お気に入りの一件を探すというのも楽しそうですよ。

 

アロハカフェ

1976年に本牧にオープンしたアロハカフェは、当時別の仕事をしていた初代オーナーが「仕事が終わったあとに飲みに行く店が欲しい」という理由で立ち上げたカフェ。

外国にある海の家をイメージしたという店内は回転からわずか3ヶ月で全国的な人気店になったというほどでした。

 

2014年にカフェの入っていた建物の老朽化や火災などにより一時閉店しましたが、2016年に移転して営業を再開!おしゃれな雰囲気かつアメリカンスタイルのカフェバーとして、本牧を代表するカフェなのです。

本牧名物の「四角いピザ」と、開店当時からの「アロハバーガー」が人気メニューです。

 

ブギーカフェ

本牧通り沿いにある老舗ダイナー。

30年を超える歴史を持っているダイナーで、今も昔も変わらない人気を誇るお店です。

人気メニューはアメリカンな雰囲気のハンバーガー。

店内もアメリカのカフェバーやダイナーのイメージそのままと言った雰囲気のお店です。

 

ちなみにこのお店は隣に音楽スタジオを併設しており、本牧を本拠地とするバンド、クレイジーケンバンドが練習に訪れるそうです。

そのため、クレイジーケンバンドのファンからは「聖地」と呼ばれているんだそうですよ!運が良ければクレイジーケンバンドに会えるかも?

 

ムーンカフェ

自動車のカスタムパーツやアパレルなどを展開している、全国的にも有名な「ムーンアイズ」というブランドの運営しているカフェ

ムーンアイズ・エリア1というお店に併設しているアメリカンダイナーです。

1991年にオープンした老舗カフェです。

店内は60年代のアメリカの雰囲気にこだわった、黄色と白を基調にしたカラーリング。

ハンバーガーはボリュームたっぷりで、まさにアメリカンサイズ。

ロコモコなども人気メニューですよ。

 

IG(イタリアンガーデン)

アロハカフェの初代オーナーだった八木さんが、アロハカフェを離れた後にオーナーとなったイタリアンガーデンというカフェバーです。

牧名物の四角いピザはこの店が本家と言ってもいいほどのIG名物になっています。

真夏や真冬以外は常にドアが開いているというのも入りやすいポイントですね。

 

本牧カナリアカフェ

本牧通りから1本路地を入ったところにある「本牧カナリアカフェ」

カナリアを飼っているわけではなく、オーナーのカナさんのお名前から取った名前だそうです。

カナとは聖書で「奇跡の場所」と言われており、人と人が偶然出会うという奇跡が起こる場所になる意味を込めてつけた名前なんだとか。

2012年に開店した店内はおしゃれで落ち着いた雰囲気。

オリジナルカクテルや本牧名物の四角いピザももちろん食べることができます。

 

なんと隣にあるお好み焼きの人気店「きんちゃん」のお好み焼きを注文することも出来てしまうとか!ガッツリ食べたい人にもおすすめのお店です。

 

季節ごとのイベントがおすすめ!

adobestock_91227141

本牧は季節ごとにさまざまな行事が盛り上がります。

どの季節に行っても楽しむことが出来ますよ。

 

桜の季節がおすすめ!

アメリカンな雰囲気で知られる本牧ですが、実は桜の名所としても知られています。

本牧通り一帯は見事な桜並木が2km以上に渡って続いているのです。

「本牧桜まつり」も毎年恒例の行事として地元では親しまれています。

また、本牧通りから名勝・三渓園に向かって折れたところにある「桜道」も春になると満開の桜を楽しむことができます。

 

本牧・夏の風物詩「お馬流し」

本牧神社で行われる「お馬流し」という神事は400年以上も続く伝統ある行事です。

本牧の夏を代表するようなお祭りは必見ですよ。

 

 

本牧はハロウィンも盛ん!

本牧はハロウィンも盛んです。

10月31日になると、仮装をした子どもたちが家々を回って「Trick or treat!」と口々に言い、お菓子をもらう光景をいたるところで見ることができます。

それもそのはず。

本牧は「日本のハロウィン発祥の地」としても知られているのです。

「本牧かぼちゃ祭り」というお祭りも開かれています。

地元商店街の協力の下、仮装コンテストやスタンプラリーなど、子どもも大人も楽しむことができるイベントですよ。

 

三渓園で日本の季節を感じよう

adobestock_74329114

本牧はアメリカンな雰囲気だけではありません。

茶人で実業家でもある原三渓によって造園された「三渓園」という庭園は、地元のみならず、横浜の多くの人々に愛されている和風庭園です。

四季折々の自然を楽しむことが出来るほか、全国から移築され、重要文化財に指定された古い建築物も楽しむことが出来ます。

日本の建築文化や季節の自然に触れることが出来る庭園です。

 

アメリカンな雰囲気の本牧観光で横浜の違った一面が見られます

adobestock_101488325

横浜の港観光、洋館めぐり、中華街だけでなく、アメリカンな雰囲気を楽しむ事のできる本牧は、横浜の新たな一面を知ることが出来る地域です。

おしゃれなカフェやバーを巡るだけでも楽しむことが出来る本牧に行ってみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-旅行
-,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.