みなさんは普段何気なく好きな色を選んで、何気なくメイクをしているかもしれません。似合う色を知ると、ファッションやコスメなどに取り入れたくなりますよね。

 

それでも、今の自分の肌を最大限生かすことの出来るメイクの方法があったら今すぐ実践してみたいと思いませんか?今日は、イエローベースの肌を美しく引き立たせるカラーとメイク方法についてお伝えしていきたいと思います。

ベースカラーを学ぼう!イエローベースとは?

一般的に、肌の色は、「イエローベース」と「ブルーベース」の2つに分けることができます。これを「ベースカラー」と言います。自分の肌や髪の色、瞳や唇の色などから、自分の肌色のタイプ、つまり「ベースカラー」を確認することが出来るのです。

 

イエローベースとブルーベースの肌の特徴を上げていきますので、次の特徴を確認しながら、自分のベースカラーを確認していきましょう。

イエローベースの特徴

・肌の色は、黄み寄りである。

・髪の毛の色は、こげ茶か、少し茶色がかっている

・瞳の色は、茶色、またはこげ茶で、写真を撮ると赤く光る

・唇の色は、ベージュに近い

・日焼けをすると、肌が小麦色になる

・アクセサリーはゴールドが似合うと言われる

・手首の血管の色は、緑っぽく見える

・暖色系の色が似合うと言われることが多い

・どちらかというと健康的な肌の色である

ブルーベースの特徴

・肌の色は、ピンクがかった赤みが入っている

・髪の毛の色は、真っ黒、または黒色に近い

・瞳の色は、黒やダークグレーなどの落ち着いた色をしている

・唇の色は、ピンクか桜色である

・日焼けをすると顔が赤くなる

・アクセサリーはシルバーが似合うと言われる

・手首の血管の色が、青っぽく見える

・暖色系の色が似合うと言われる

・どちらかというと色白である

 

イエローベースとブルーベースの見分けは専門家に頼むと、より正確な結果が出ることがあります。というのが、日本人の場合、肌の色、目の色、髪の色のベースが統一していないことが多く「目と髪はイエローベースであっても、肌の色はブルーベースである」というように、パーツによって少しずつ違いが出てくることが多いからです。

 

総合判断でイエローベースと診断されたけれど、肌はブルーベースだったという方もおられますので、きちんと診断を受けてみると、自分のベースカラーが良く分かり、より自分のベースカラーに合わせたメイクを行うことが出来るでしょう。

 

今日は、イエローベースの方のメイクのカラーとメイク方法について、解説していきたいと思います。イエローベースの肌の方は、明るく元気な印象があり、日本人にも多い肌色でと言われています。詳しく見ていくことにしましょう。

イエローベースにおすすめのカラー

イエローベースの方に似合う色は「暖色系」「アースカラー」です。

暖色系

イエローベースの方は、暖色系の色がよく似合います。黄色やオレンジ、朱色、アプリコット、トマトレッドなどの色は、イエローベースの肌をより引き立てて美しく見せる色で、イエローベースを生かし、元気な印象を与えることができます。

 

また、コーラルピンク、サーモンピンク、ピーチピンクなど、黄みの入ったピンクも、肌を明るい印象に見せることができる色で、メイクに取り入れると血色の良い肌に見せることができ、初めて会った方にも好印象を与えることが出来るでしょう。また、補足ですが、ゴールドも肌によくなじむので、ゴールドのパールやラメの入ったメイクやネイルに合わせて、ゴールドのアクセサリーが良く似合います。

 

暖色は、カジュアルなイメージにもぴったりで、親しみやすさをアップさせてくれるカラーでもあります。 他の人と接する機会が多い人は、是非とも取り入れていくことが出来るかもしれませんね。

アースカラー

イエローベースの方には、アースカラーと呼ばれる、自然を連想させるような色がよく似合うと言われています。ブラウン、ベージュ、グリーン、オリーブ、カーキなどの色は、イエローベースの肌によくなじみますし、深みのある落ち着いた色なので、知的で、大人っぽい雰囲気を演出することができ、更にエレガントなで美しい女性らしさをアピールしたいときにもおすすめの色です。

 

誰もがうらやむ憧れの女性を演出することが出来るでしょう。

美しさを引き出すメイクカラーとメイク方法

イエローベースの肌は全体的に赤みが少ないため、「暖色系の色で血色感を与える」ことがメイクカラーのポイントとなります。

ベースメイク

ベースメイクカラーは、オークル系、ベージュオークル系の化粧下地やファンデーションを使うことが出来るでしょう。黄み寄りのイエローベースの肌には、自然なベージュ系のカラーを使用すると肌になじみやすく、首との差が出にくくなると言われています。

 

また、くすみが気になる場合は、イエローやオレンジのコントロールカラーを使用することで、ナチュラルな肌を演出することが出来て、自然にくすみをカバーすることが出来ます。

アイメイク

イエローベースの方のアイメイクは、瞳の色が茶色かこげ茶なので、目の色に近いブラウン系の色を使用すると、目元になじみ、自然な陰影をつくることができます。その中でも、オレンジがかったクリームブラウン系のカラーを選んで血色感をプラスすることで、顔色が明るく、更には肌の透明感もアップさせることが出来ます。

 

また、目元をより印象的に美しく仕上げたい場合は、肌になじみやすいピーチやオレンジベージュなどの明るめのカラーと、モスグリーンのようなスモーキーカラーを使用することで、ゴージャスなイメージを与えることも出来ます。アイブロウは、オレンジブラウン系のカラーを選ぶと優しく自然な印象を与えることができます。

 

マスカラはダークブラウンのものを選ぶと良いでしょう。目元全体にブラウン系を使用することで統一感が生まれ、より魅力的に見せることができます。

チークとリップ

イエローベースの方のチークとリップには、肌になじみやすく、暖かみを与えるベージュ系やオレンジ系のカラーを使用するのがおすすめです。可愛らしいメイクを行ってみたい方は、サーモンピンクやコーラルピンクなど、少し黄みがかったピンクを選ぶことで、更にcuteに仕上げることが出来ます。

 

また、チークとリップを同系色にすることで、明るさが出るので、自然な血色感を与えることが出来るのに加えて、全体が引き締まり、小顔効果を期待することも出来るでしょう。

イエローベースの肌をより美しく!

イエローベースの肌をより美しく見せるためには、ベースメイクやポイントメイクだけでなく、「ヘアカラー」や「ネイルカラー」、「ファッション」にも似合うカラーを取り入れていくことで、更に肌を美しく見せることが出来るでしょう。

ヘアカラー

落ち着いたカラーがよく似合うイエローベースの肌には、ダークブラウンやオリーブブラウンなどのヘアカラーが良く似合います。ツヤのあるカラーにすることで、更に清潔感が増し、肌の色とマッチして爽やかさを演出することが出来ます。

ファッション

洋服にもイエローベースに似合うカラーを取り入れると、イエローベースの肌の美しさを更に引き出すことが出来ます。ぜひ、「暖色」「アースカラー」の洋服を選んでみると、周りの人にも華やかで、美しい印象を与えることが出来るでしょう。ファッションにも、自分に似合うカラーを取り入れることでその人らしい魅力をより輝かせることが出来るのです。

まとめ

イエローベースに合うカラーとメイク方法についてお分かりいただけたでしょうか。自分にあったカラーを知り、メイクや、更にファッションにも取り入れていくことで、自分の華やかさをさらにアップさせていくことが出来るでしょう。

 

また、自分だけでなく、周囲にも明るさと華やかさを共有していけるのは、本当に嬉しいですね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。