ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

ホワイトニングで白い歯を手にいれよう!ホワイトニングの方法について

更新日:

白い歯に憧れるのはみんな同じ?

AdobeStock_38425571

笑ったときに白い歯が見えるというシーンに憧れる人は少なくないのではないでしょうか。逆に歯が汚いとどうしてもそこに目線がいってしまいますし、歯にコンプレックスのある人では、人前であまり大きく口を開けて笑えないという人もいると思います。日本人はもともと歯が完全に白いわけではないとも言われていますが、それでもできる限り白くしたいと思うのは自然なことでしょう。そもそも、なぜ歯に色が着いてしまうのでしょうか。その着色のしくみや、ホワイトニングの方法について自分で行えるものと歯科医院で行うものとをそれぞれ紹介していきます。

 

歯に着色が起こる原因を理解しよう

なぜ歯に色が着いてしまうのでしょうか。大きくは生活習慣や遺伝、小児期の影響の3つがあるようです。

生活習慣としては、嗜好品をよく摂取する人は歯に色が着きやすいとされています。コーヒーや紅茶、緑茶、赤ワインなどの色が着きやすい飲み物が挙げられます。またタバコを吸う人では歯にヤニがこびり着くことで色が着いてしまいます。

それに加えて歯並びが悪かったり、その影響で歯磨きがうまくできずに歯石が溜まりやすい場合にも色が着きやすいとされています。そして口呼吸など口の中が乾燥する要因によって唾液での洗浄ができなくなり、食べ物や飲み物の影響から歯に色が着きやすくなるようです。

虫歯がある場合には歯が黒っぽく変色しますし、虫歯治療によって神経を抜いた歯は茶色や灰色のように変色して脆くなりやすいことが言われています。

ちなみにどんな人でも歳を重ねるにつれて歯の色は黄褐色に変わっていくとされています。

 

遺伝的なものとしては、エナメル質形成不全といって歯の一番外層のエナメル質が不完全なことにより変色するようです。8000~15000人に1人と言われています。歯は内側から歯髄という神経の部分、象牙質、エナメル質と3層になっています。象牙質はもともと黄色みが強く、エナメル質は白く透明感のある色とされています。つまりエナメル質に問題があることで象牙質の黄色が目立つということです。

 

小児期の影響としては、乳歯の虫歯が原因で永久歯の色に変化が起こるとされています。また現在では禁忌になっていますが、小児期に服用することで副作用として歯の変色を引き起こす薬もあったようです。

 

 

自分でできるホワイトニングの方法

AdobeStock_54643582

白い歯を手に入れるために、まずは自宅でできるホワイトニング方法を紹介していきます。

 

最初に挙げるのは定番ですが、ホワイトニング専用の歯みがき粉です。ホワイトニング専用の歯みがき粉は種類もたくさん出ています。歯科医院などでよく薦められているのはブリリアントモアなどでしょうか。化学成分であるピロリン酸ナトリウムによって歯の着色汚れを浮き上がらせて除去するとされています。

このようなホワイトニング専用の歯みがき粉には研磨剤が入っており、あまり磨き過ぎるとエナメル質が削られて薄くなってしまいます。エナメル質が薄くなると余計に黄色く見えるので逆効果です。普通の歯みがき粉を使っている場合でも、研磨剤が入っているものには注意が必要です。歯磨きには本来力はいらないとされているので、優しく磨くように気を付けましょう。

上記のように象牙質の色が目立つと本末転倒です。

またホワイトニング専用の歯みがき粉には、後述する歯科医院で用いられるホワイトニング剤は入っていないので、あくまで白くするというよりは白く見せるという効果と理解しておく方が良いようです。継続して正しく磨き続けることで白く見せる効果を得られるとされています。

 

このホワイトニング専用の歯みがき粉に加えて、フッ素を使うとより効果的なようです。ホワイトニング専用の歯みがき粉を使うことによってある程度エナメル質は傷がついてしまいますが、コーティング作用のあるフッ素を歯磨きの後に使うことで歯を守ることができ着色を防げるとされています。エナメル質が削られてでこぼこの状態では色が着きやすいと言われているためです。

ホワイトニング専用の歯みがき粉の替わりとして、重曹を使っても良いとされています。ただし重曹も研磨力が強いので、磨きすぎに注意しましょう。

 

自宅でできるホワイトニングの方法として次に挙げるのは、歯の消しゴムです。

歯の表面についたタバコのヤニやコーヒーなどの汚れを落とすのに効果的とされています。ただしこの歯の消しゴムも歯磨きが同様に磨き過ぎはよくありませんので注意して下さい。

 

もう1つ、歯のホワイトニングペンというものもあります。塗るだけで邯鄲に白く見せることができるというものです。ただし効果は短いということや、白くなるのには個人差があるということも理解しておきましょう。

 

歯科医院で行うホワイトニングの方法

歯科医院で行うホワイトニングは、ホワイトニングジェルを用いての方法でエナメル質や象牙質の着色を取り除きます。その人本来の歯の白さや明るさを取り戻すということです。

主に歯科医院で行うオフィスホワイトニングと医師もしくは歯科衛生士の管理下で自宅で行うホームホワイトニング、そしてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングがあります。

 

ホワイトニングを始めるにあたってはまず現在の歯の色のチェックや口腔内のクリーニング、そして希望の白さの選択などが行われるようです。

歯のオフィスホワイトニングでは医師や歯科衛生士によって歯の表面にホワイトニングジェルを塗り、特殊な光を照射します。そして最後にフッ素などで歯を保護するようです。

1回の診療は2時間程度とされ、短時間で白くしたい人にオススメとされています。専門家が行うということや、自分で何かケアなどをする手間がかからないことが利点とされます。ただし効果には個人差があり、希望の白さになるには複数回の施術が必要な人もいるようです。

 

ホームホワイトニングでは、自宅でホワイトニングジェルを入れたマウスピースを装着することによって歯を白くしていきます。初回に歯の色のチェックや口腔内のクリーニング、マウスピースの作成を行いあとは自宅で行うということです。使い方やマウスピースのケアなどはしっかり指導してくれるようなので、自分のペースで行っていきたい人にオススメとされています。オフィスホワイトニングのような即効性はありませんが、通院の手間がないことが利点とされます。およそ3~4週かけて白くなっていくようです。

 

デュアルホワイトニングでは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することで最も短い期間で歯を白くすることができ、かつ白さや明るさの維持ができるとされています。まずオフィスホワイトニングで白くし、ホームホワイトニングで継続して白くしたり維持をしたりしていくということです。

 

自分に合った方法で継続していくこと

AdobeStock_101124961

なぜ歯に色が着いてしまうのかその着色のしくみや、ホワイトニングの方法について自宅でできるものと歯科医院で行うものを紹介してきました。歯に着色してしまう原因を理解することで、その予防についてもわかりやすくなったと思います。白くしようと思って歯を磨きすぎるのは逆に良くないというのもしっかり覚えておきましょう。自分でできるケアや、可能であれば歯科医院でのホワイトニングを組み合わせることで自分の理想の白い歯を手に入れられると良いですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-美容
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.