ポケットwifi

【節約術】ポケットwi-fiとスマホ併用で毎月の通信料が激減!

更新日:

ポケットWiFiをお持ちの方であれば、おそらく大多数がスマートフォンもお持ちであることしょう。

では、その2つをお持ちのあなた、月額料金は合わせていくらになっていますか?

ポケットWiFiは4000円前後、スマホは7000円前後が多いので、ほとんどの方が最低でも1万円は超えてしまっていると思います。

経済的に余裕があるのであればいいですが、一般的にはこのように通信料は大きな負担になってしまっています。

というわけで今回は、最近注目されてきている「ポケットwi-fiとスマホの併用」による節約術についてお話しします。

 

ポケットwifiとスマホの二重契約は無駄!

ポケットWiFiでも、特に使い放題のものをお持ちの方が多いので使い放題を中心にお話しします。

現状を考えてみると、実際はポケットWiFiさえあればスマホは契約してまで使う必要はないと言えます。

というのも、ポケットWiFiの方が使い放題で月額料金が4000円前後である一方、スマホは7GB制限がある上にその料金はポケットWiFiのそれよりも高くなっているわけです。

例えてみると、ポケットWiFiとスマホの同時持ちというのは、ポケットWiFiを普通の使い放題のものと、通信制限があるのに割高なものとで2台持ちをしているようなものなのです。

どうでしょうか。

こう聞くとかなり現状のスマホが無駄に思えてくるでしょう。

しかしながら、通信会社と契約したスマホでないとキャリアの電話ができないわけですから、スマホのほうは解約してポケットWiFi一本でやっていくというのは、電話を頻繁に利用するビジネスマンを中心とした方々にはなかなか実行しにくい方法です。

しかしながら、現在のスマホの通信会社と解約し、別なとあるタイプの通信会社と契約することで、無駄をなくし、ポケットWiFiをしっかりと活用できる方法があるのです。

次でご紹介します。

キャリアのスマホ料金は高い!格安SIMへの乗り換えを!

スマホの月額料金は7000円前後、高ければ1万円もしてしまうのが一般的です。

しかし、それは顧客数が多い大手通信会社によるものであり、存在しているすべての通信会社がそうなのではありません。

ではほかに何があるのかというと、ここでの本題の「格安SIM」を扱う通信会社です。

SIMというのは、スマホに挿入されている小さなチップで、それがないと通信会社のサービスを受けることができません。

大手通信会社では、「ウチ以外の会社のSIMは使えないように!」と、SIMロックというものを行っています。

そういったSIMロックなどの束縛がないのが格安SIMであり、これまでの大手通信会社とは違うシステムで、しかも安いということで注目されています。

これがポケットWiFiとスマホの併用による節約術へのカギになります。

格安SIMを扱う会社は年々増えてきており、楽天モバイルが特に人気なようです。

さらに有名なところで言えば、日本全国にショッピングモールを展開しているイオンも「AEON Mobile(イオンモバイル)」として格安SIMのサービスを提供しています。

この格安SIMというのは、自分の使い方に合わせやすいため、不必要であればできる限り月々の通信量を少なく設定することができます。

一番安い場合は月額で299円という破格で利用できる通信会社もあり、どの通信会社も最安で500円以下になっています

 

格安SIMのスマホ×ポケットWiFiのコンビが最強!

今度は格安SIMのスマホとポケットWiFiを実際に併用していくことを想定してみましょう。

格安SIMは、実際に「ポケットWiFiが使い放題だから、スマホが無駄だ」という購買層が「電話とLINEを最低限できればいいや」などと考えて利用するケースがやはりあります。

その場合は、月額500円以下で済ませられる500MBのものがあり、人によってはこれだけでも十分です。

しかし、急な調べものなどで使ったりすることを考えると、お世辞にも余裕がある通信量とは言えません。

逆に、50GBや100GBというのもありますが、ポケットWiFiよりも料金が高くなるうえに、そんなに余裕があればポケットWiFiの存在意義がなくなってしまうので除外します。

結局、ポケットWiFiを持ちつつもスマホの回線も最低限使うとなると、3GBほどがちょうどいいです。

実際に各格安SIMの通信会社のホームページやショップなどを見ると、その多くが3GBをおすすめしています。

やはり、どうやら3GBが一番ちょうどいいと感じる人が多く、売れ行きが好調だそうです。

月々3GBであれば、料金は1300~1500円程度。

この金額で最低限ネットも使えますし、通話もできます。

これにネットを自由に使うためのポケットWiFi(使い放題のプランで、月約4000円)をプラスすると、なんと5000円台でポケットWiFiとスマホを両方持つことができてしまうのです。

先ほども挙げたありがちな料金である、元の「スマホ=約7000円+ポケットWiFi=4000円=11000円」と比べると、「スマホ=約1500円+ポケットWiFi=4000円=5500円」となり、半分にまで下がります。

これを1年間で計算すると、66,000円もの節約になります。

格安SIMに乗り換えるデメリット

キャリアメールが使えない

現状から無駄を減らし、最大限にポケットWiFiを活用するという形で毎月の通信量を大幅に減らすことができるわけですが、デメリットもあります。

まず格安SIMについてですが、格安SIMは「~~~@i.softobank.jp」などのキャリアメールが使えません。

もちろんGmailなどのフリーのものは使うことができますが、キャリアメールを中心に使っていた方は移行作業が必要になってしまいます。

通信速度がキャリアに比べると遅い

もう1つは、通信速度が大手通信会社よりも少し遅いことです。

格安SIMだからと言って、通信回線も独自開発の粗悪なものなのではと思われがちですが、実際はdocomoやauなどの大手通信会社の回線を利用してサービスを提供している場合が多いです。

「じゃあ通信速度が遅いわけないんじゃ?

」という印象がありますが、やはり回線は大手と同じでもその他のシステムなどは最新・最先端・高クオリティのものではないので、通信速度は結局大手ほどにはなっていません。

むしろ、これこそが安く利用できる理由なのかもしれません。

ポケットwifiを持ち歩く必要あり

ポケットWiFi側にもデメリットがあります。

というのは、スマホは基本的に持ち歩くわけなので、ポケットWiFiを固定回線代わりにし、スマホの回線は外出時に使うというような使い分けをしていた方は、外出時もポケットWiFiを持ち歩く必要が出てくるというように、使用スタイルの自由度が少し下がることです。

そうはいっても、ポケットWiFiを持ち歩きさえすればいいだけであって、あまりにも使いにくさを感じるほど使用スタイルが変わるものではないので、さほど困ることはないでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

格安SIMは知名度がまだ高くないことや、現状からの乗り換えまでが難しいイメージを持たれやすいなどといったことから、契約人口はまだ少なくなっています。

しかしながら、スマホの月額料金の高さに悩まされている人は多いので、今後は宣伝などの効果によって着実に増えていくことでしょう。

また、ポケットWiFiをまだお持ちでない方や機種変更を予定している方は、ポケットWiFiは奮発して少し高めの高性能な機種を買い、それプラスで格安SIMにするという方法はいかがでしょうか。

これでも十分無駄なく実現可能だと思うので、おすすめです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-ポケットwifi
-, , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.