ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

クラウド会計

個人事業主に大切な青色申告をもっと簡単に行う方法とは!?

更新日:

個人事業主であれば、毎年確定申告をして自分が払う所得税を決定しなければいけません。確定申告は2通りの方法があり、白色申告青色申告といわれるものです。

 

個人事業主になりたての方や、まだ収益が少ない方は白色申告を選択している場合が多いのですが、将来的なことを考えるのであれば間違いなく青色申告で確定申告を行った方が良いでしょう。

 

具体的に青色申告はどういったもので、どのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。

 

青色申告と白色申告

確定申告の種類には青色申告と白色申告の2つがあります。多少把握している方であれば、青色申告は複雑で白色申告は簡単というようなイメージを持っているかもしれません。2つの申告方法の違いについてお伝えします。

 

青色申告とは

青色申告とは、複式簿記により事業の取引を明確にし帳簿にきっちりと記帳していきます。その帳簿を元にして自分の所得を税務署に申告します。青色申告は予め必要書類を税務署に提出し承認を受ける必要があります。

 

青色申告は白色申告よりも、認められる経費や控除金額が多いというのが大きな特徴でしょう。

白色申告とは

白色申告は青色申告とは違い単式簿記で確定申告を行なうやり方です。帳簿を元にし所得を計算し税務署に申告するのは青色申告と変わりはありませんが、青色申告よりも記帳に仕方が簡単なのが特徴です。

 

青色申告のように事前に提出する書類はなく、青色申告をしない人が確定申告をする場合は、全ての人が白色申告になります。

 

青色申告をする大きなメリット

青色申告は複式簿記を使うため、慣れない人にとっては非常に複雑な申告方法と感じてしまうはずです。しかし、青色申告にはそれをするだけの大きなメリットがいくつかあります。

 

特別控除を受ける事ができる

青色申告で確定申告をする方は、65万円または10万円の特別控除を受ける事ができます。特別控除とは、1年間の収入から差し引ける金額ことで、特別控除を受ける事により税金を安くできる効果が期待できます。白色申告ではこういった特別控除を受ける事ができません。

 

また、この控除が使える所得は事業所得と不動産所得であり、複式簿記での記帳も必要となってきます。

3年間赤字でも大丈夫

個人で事業をスタートさせたからといって、確実に順風満帆に事業を展開させていけるという保証はありません。特に在庫を抱える事業であれば、予想以上に売り上げが低く事業をスタートした年にいきなり赤字になってしまうことも考えられます。

 

こういった時に青色申告をしておけば、赤字を3年間繰り越す事ができ3年以内の所得から差し引くことが可能となっています。

経費の関係

青色申告は経費の面でも大きく優遇されています。家族を従業員として働いてもらう場合、家族に支払う給料は経費として落とす事ができます。条件としては6ヶ月以上の雇用、1日6時間以上、月に15日以上働くことが前提となっています。ひとりでは手の廻らない個人事業主にとって、こういった経費を使えるのは大きいことです。

 

他にも30万円未満の減価償却資産(パソコンや電話機)も経費にできますし、自宅を会社として使っているのであれば家賃や電気代の1部も経費として落とす事ができます。

青色申告のデメリット

メリットばかりが目立つ青色申告ですが、もちろん良い面だけではなくデメリットも存在します。青色申告のデメリットについてご紹介します。

 

申請書を提出しなくてはいけない

青色申告をする場合、事業を開業してから2か月以内に「青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければ、青色申告を行なう事ができません。大きなデメリットではありませんが、手間が掛かり面倒だといえるでしょう。

帳簿管理や複式簿記が複雑

青色申告最大のデメリットは、帳簿管理や複式簿記が非常に複雑だということです。また、確定申告の際に提出する書類も白色申告に比べ数が多いのも挙げられます。毎日帳簿にこまめに取引を記帳していかなくてはいけませんし、それも複雑な複式簿記を使って計算しなくてはいけません。

 

まとめて帳簿に記帳をしようと考える人もいますが、取引の数が多くお金の出入りが多い事業であれば、きちんとマメに記帳しては記帳ミスや、数字が合わないということにもなりかねません。

 

こういった面倒で複雑な作業が多いため、どうしても青色申告を敬遠している個人事業主の方も多いようです。

 

青色申告のデメリットを解消するソフト

青色申告は行なう事で大きな恩恵を受けることができますし、メリットが多いのも魅力的です。しかし、実際に行なうとなるとその手間や労力は計り知れないものがあります。青色申告のメリットとデメリットを天秤にかけ、どちらが本当に自分のためになるのかを今一度考えてみると良いかもしれません。

 

もし青色申告のデメリットを簡単に解消できるソフトがあると知ったらどうしますか?そうであれば、青色申告をやらない理由は見つからないかもしれません。実は「クラウド確定申告ソフトfreee (フリー)」というソフトを使えば、青色申告のデメリットは簡単に解消する事ができてしまいます。

帳簿の管理・記帳の負担を大幅軽減

クラウド確定申告ソフトfreee (フリー)は多くの個人事業主から重宝されている会計ソフトです。青色申告といえば、帳簿の管理をこまめに行なわなければいけませんし、取引があれば即座に帳簿に記帳していかなくてはお金の流れを把握することは難しいでしょう。

 

面倒な作業といえば、経費で使った領収書の保管や入力など、普通にやるのであれば手作業になるので、面倒ですしミスも多くなりがちです。また、現金以外では口座からの入出金、カードを利用しての取引などもあり、それらもまとめて管理しなくてはいけないので、全て自分の手で行なうのは大きな労力が必要になります。

 

しかしfreeeを利用すれば、領収書の管理は全てスマホで撮影するだけで自動取り込みしてくれます。口座の取引やカードの明細書も同じく自動で取り込んでくれるので、面倒な手作業での入力をしなくて良いので大変便利になるでしょう。

複雑な青色申告を簡単にする

青色申告の申告書の作成は、誰でも簡単にできるわけではありません。前提として、きちんとした帳簿管理をする必要があるのですが、帳簿がいくら完璧に出来上がっていても、いざ申告書の作成となると手間取ってしまう人は多いはずです。

 

freeeは、そんな誰もが手間取ってしまいがちな申告書の作成を、驚くほど簡単にしてしまいます。freeeで申告書を作成する手順は、質問形式の項目に素直に答えていくだけです。「本当にそれだけ?」なんて驚く方もいると思いますが、本当にこれだけなんです。

 

青色申告を滞りなく済ませるには、会計の知識が必要なんて考える人もいますが、freeeはこれだけ簡単なので難しい知識なんかは全く必要ありません。

無料でお試しができます

「freeeが便利で役立つのも、青色申告に手間も知識もいらないのも理解できたけど、やっぱり使ってみなくてはわからない」という方もいつはずです。そんな方は、まずはfreeeを無料でお試ししてみましょう。使える機能は限られていますが、freeeの使い心地というのを体感できるはずです。

 

そしていざfreeeの利用を決めても、非常に低価格で利用できるのが嬉しいところです。個人事業主の方であれば、スタータープランで十分なので1年で9800円、月額にすると1ヶ月980円でfreeeを利用する事ができます。

まとめ

今回は青色申告についてご紹介していきました。メリットやデメリット、そのデメリットの解消方法などを理解して頂けたはずです。

 

個人事業主で今後所得が増えてくることが予想される方、すでの今の所得では白色申告をするよりも青色申告をした方が確実にメリットがある、そう考える人は今年の確定申告はfreeeを使って青色申告をしましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-クラウド会計
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.