ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

クラウド会計

【会計ソフトをお探しの方へ】おすすめソフトはこれ!小規模法人向け

更新日:

会計ソフトはいまや法人にとっては欠かす事ができないツールとなっています。特に小規模法人など、会計業務にまで十分に手が廻らない場合には会計ソフトの導入は必須の事項ともいえます。

 

そんな小規模法人に向けた会計ソフトを選ぶ場合、どういったソフトを選べば良いのでしょうか?現在では色々な種類の会計ソフトがありますが、それぞれの法人によっても使いやすい、使いずらいといった問題が出てくるでしょう。

 

1度会計ソフトを導入し、途中で変更する事も可能ではありますが、できれば最初から1つの会計ソフトに決めておきたいところだと思います。今回は、小規模法人に向けたおすすめの会計ソフトをご紹介していきます。

会計ソフトの種類① インストール型

会計ソフトには、大きく分けて2つの種類に分かれます。1つは「インストール型」、もう1つは「クラウド型」です。それぞれの種類について具体的に紹介していきます。

インストール型のメリット

インストール型は、別名パッケージ型といわれ、パソコンの会計ソフトをそのままインストールして利用するソフトのことを言います。有名どころのインストール型会計ソフトは、弥生の会計ソフトが1番有名ではないでしょうか。

 

メリットといえばパソコンにインストールするカタチなので、1度パソコンにインストールしてしまえば、インターネットが繋がっていなくても利用する事が可能となっています。また、入力業務がスムーズに進むという点も挙げられるでしょう。

 

他にもセキュリティー面において、クラウド型はIDやPASSを必要としますがインストール型は、ソフトをインストールしているパソコンのセキュリティー対策を考えれば良いので管理がしやすい点も挙げられます。

インストール型のデメリット

インストール型のデメリットといえば、銀行口座やクレジットカード明細の情報などを自動で取り込むことができないことでしょう。自分の資料を集めて手作業していかなくてはいけないので、非常に手間が掛かってしまいます。

 

ソフトにもよりますが、バックアップデータの管理やバージョンアップは自動では行ってくれないので、自分でやる必要があります。インストール型といえば、買取型なので1度購入すればその後の料金はかからないと思われがちですが、バージョンアップをするごとに料金が発生します。

 

インストールしているパソコンでしかデータを管理できないので、データの受け渡しが必要な際にはメールやUSBメモリを使用する必要があります。

 

会計ソフトの種類② クラウド型


もうひとつの種類クラウド型は、freeeやMFクラウド会計などが有名でしょう。現在では、クラウド型の会計ソフトの方が主流になってきています。

クラウド型のメリット

パソコンにソフトをインストールする必要なく、インターネットの環境さえあればどこでも利用できるソフトになっています。スマホやタブレットでも利用は可能です。インストール型とは違い、バージョンアップの必要はありません。

 
銀行口座やクレジットカード明細の情報などを自動で取り込むことができるので、会計業務が非常に楽になるのは間違いありません。仕訳なども推測機能で行なってくれるので、業務の大幅な軽減になります。

 

クラウド型なので、パソコンが使えなくても利用ができるのでバックアップの心配は必要がないでしょう。また、複数人で共有ができるのでデータの受け渡しなどは一切不要になります。

クラウド型のデメリット

インストール型に比べて動作環境が悪い場合もあり、通信によっては入力時間が大幅にかかってしまうこともあります。システムのトラブルや、メンテナンス時間などがあり、ソフト側の都合で使えない時間があることもあります。

 

クラウド型の会計ソフトは、大抵月額契約や年額契約になっているので、常に毎月、毎年料金がかかってしまいます。また、他にもIDとPASSだけの管理となるので、セキュリティーの面では慎重に行わなければいけないでしょう。

 

会計ソフトの中でも1番おすすめできるソフト

小規模法人が会計ソフトを選ぶ場合、大切なポイントはいくつかありますが、やはり1番大切なのはいかに使いやすく長く使えるかという点ではないでしょうか。法人にとって会計業務は非常に大切な業務の1つですし、怠っていては会社の経営までに影響する事も考えられます。

 

もちろん、会計専門の人材を採用して雇っていけるのであれば、それが理想でしょうが、会社が小さなうちはそこまで資金の余裕がないというのが本当のところでしょう。

 

しかも、現在の会計ソフトは非常に発達しており、会計の専門的な知識や資格がなくてもある程度のことを覚えれば簡単に利用できるようなものばかりです。できることなら、こういった会計業務も自分の手でできるのであれば、余計なランニングコストもかかりません。

 

そんな会計ソフトですが、1番におすすめしたいのは「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」です。このソフトは現在人気急上昇中で、多くの個人事業主やフリーランスの方から絶大な人気を誇る会計ソフトになっています。

入金管理が劇的に楽になります

freeeのレポート機能は自動で集計してくれるようになっているので入金管理が劇的に楽になります。レポートの仕様もグラフなので非常に見やすくわかりやすい仕様となっています。

経費精算を効率化

freeeでは、目銅な経費精算をかなり効率化しています。領収書などの申請もスマホで撮影するだけで自動取り込みをしてくれますし、その作業をネット環境が整っている場所であればどこでも行なう事ができます。freeeを利用すれば、経費精算と会計業務を別と考えなくて良くなるので、今まで面倒だった作業も大幅に軽減できます。

請求書の簡単作成

小規模法人の方であれば1度は悩んだことがあるかもしれません。それは、請求書の作成です。1からテンプレートや見本を見て作っていくのは、非常に面倒な作業でした。freeeであれば、そのような作業が一切必要はなく、項目を埋めていくだけで簡単に請求書を作成できてしまいます。

 

請求書の郵送もfreeeでは代行で行なえてしまうので、請求書の作成から郵送までの作業を大きく効率化することが可能になっています。

簡単に決算書も作成できる

事業を行い1年間の決算書を作成するのは、法人の義務となっています。決算書は会計の知識がなくては作成できないと思われがちですが、freeeを使うことによって誰にでも作成することができます。

 

freeeで決算書を作るのには、日々の会計処理を進めていくだけなので、驚くほど簡単に決算書が作成できてしまう事でしょう。決算書だけではなく、その他会計に必要な書類も簡単に作成できるようになっています。

会計帳簿も楽々作成

小規模法人が確定申告をする場合、青色申告は必ず必要になるはずです。そういった場合、会計帳簿の作成は必須事項となり日々こまかな会計処理が必要となってきます。

 

しかし、きっちりと管理された会計帳簿を作成するのには大きな手間も必要ですし、会計の知識も必要となってきます。こういった手間や知識と大幅に軽減でき、最小の労力のみできっちりと管理された会計帳簿を作成する事が可能なのがfreeeです。手入力などの作業が大幅に減るので、入力忘れなどのミスが減るので精度が非常に高い会計帳簿ができあがります。

まとめ

小規模法人などは、通常の事業、日々の業務が忙しく会計業務になかなか手が廻らない法人が多いことでしょう。しかし会計業務というのは、面倒でもやらなくてはいけないことで怠る事によってそのツケは自分自身の身に降りかかります。

 

こういった会計業務は、会計ソフトを導入する事によって解決することができますが、その導入するソフトによっては効率化するはずが逆に面倒になったしまっという場合もあるでしょう。こういった会計ソフトの中でも、断然おすすめできるソフトはfreeeになります。

 

まずは無料でお試し利用もできるので、少しでも日々の会計業務を効率化していのであれば、freeeの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-クラウド会計
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.