美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

家電

【フードプロセッサー】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3

更新日:

このページではフードプロセッサーを探している方向けに現在人気の商品や、あらゆる角度から見るフードプロセッサーの選び方、評判のフードプロセッサーランキングをご紹介しています。

フードプロセッサーの選び方

様々な機能を持つフードプロセッサーですが、どのようにして選べば良いのでしょうか?

目的に応じたフードプロセッサーの選び方をご紹介します。

 

機能で選ぶ

フードプロセッサーの魅力と言えば何と言ってもどんな食材でも細切れにしてしまうそのパワーでしょう。

中には魚を骨ごと砕いて細かくするものもありますから、こと食材を細かくすることに関してフードプロセッサー以上に役立つものはありません。

まずは機能を比較してフードプロセッサーを選んでみましょう。

 

用途を絞って考える

多機能なフードプロセッサーはそのぶん高額になりやすい傾向にあるため、価格を抑えたいのであれば用途を絞る必要があります。

例えばスライスや千切りしかできないフードプロセッサーは1万円もしないくらいの価格帯で充分なものが購入できますが、すり身やミンチ、ドレッシングの作成まで出来るものになると軽く1万円を超えていく商品が多くなり、平均価格は2万円前後、ものによっては数十万円のものまで存在するのです。

多用途なフードプロセッサーが欲しいのか、特定の用途にしかフードプロセッサーを使わないのか、じっくり考えてみましょう。

 

安全性を考える

フードプロセッサーは鋭いカッターが高速で回転する調理器具であるため、小さなお子様がいらっしゃる家庭の場合、安全性をしっかり考慮しておかないと思わぬ事故が起きてしまう可能性があります。

どんなフードプロセッサーでも蓋が空いたら刃が止まるなど安全性を考慮した機能がついていますが、万全を期すのであれば安全性の高いフードプロセッサーを比較した上で選んだ方が確実でしょう。

 

耐久性・維持の手間を考える

フードプロセッサーを購入する場合は可能な限り耐久性や使用後の掃除のしやすさなど維持の手間が少ないものを選びたいです。

安価なものになるとお手入れがしにくかったり、耐久性に難がありすぐに壊れてしまったりするもの少なくありませんから、長い間使い続けたいのであればお手入れが億劫にならないもので、すぐに壊れない頑丈なフードプロセッサーを選びましょう。

 

価格帯で選ぶ

機能について特にこだわりが無いのであれば、機能ではなく価格帯をある程度絞り込んだ上で選ぶのも良いでしょう。

どうしてもフードプロセッサーは機能を追求すると高額になってしまいがちですから、機能で選びたい方も予算の上限を決めておくと選びやすいはずです。

2万円くらいの予算があれば多機能で耐久性の高いフードプロセッサーが視野に入るため目安としてください。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

フードプロセッサーを購入するのは初めてで、機能も価格もイマイチ良くわからない、という方は口コミで人気のフードプロセッサーを試しに買ってみると良いです。

例えばランキングで掲載しているパナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-Wはフードプロセッサーの基本機能である食材の下ごしらえに適したカッターを装備しており、誰でも手軽に使えますからフードプロセッサーを使うのが初めての方にオススメな一品となっています。

 

安い海外製のフードプロセッサーは控えるべき

一時期に比べてフードプロセッサーはかなり安くなってきましたが、海外製の安すぎるフードプロセッサーの場合安全性を考慮しないフードプロセッサーが少なくないため購入は控えた方が無難です。

使っている最中に容器が破損する、カッターが取れるなど一歩間違えれば重大な事故に繋がるような事件も起きていますから、例え安価でも海外製のフードプロセッサーを使うのは危険でしょう。

 

フードプロセッサーとミキサーの違いは?

意外に知っている人が少ないのがこの『フードプロセッサーとミキサーの違い』です。

メーカーによって捉え方は若干違いますが、大雑把な括り方をすると、ミキサーは食材を液状にするもので、フードプロセッサーはミンチやみじん切りなどミキサーより荒く切れるものと言えるでしょう。

高性能なものになるとフードプロセッサーでミキサーの代用をすることも可能です。

 

フードプロセッサーを使う際は使い方を熟知してから

お子様でなくともフードプロセッサーによりケガをしてしまう方は毎年一定数いらっしゃいます。

包丁などの調理器具とは違いフードプロセッサーは高速でカッターを回転させる調理器具であるため、ふとしたミスが大きな事故に繋がるのです。

そうならないためにも、フードプロセッサーを使い始める際は絶対に使い方を良く覚えた上で使い始めましょう。

 

フードプロセッサーランキングBEST3

今人気のフードプロセッサーはどんなものなのでしょうか?

巷で話題のフードプロセッサーをランキングでまとめてみました。

パナソニック フードプロセッサー ホワイト

価格:5,341円
カッター:ナイフカッター、おろし・とろろカッター

レビュー

MK-K48P-Wは安価なのが特徴のパナソニック製フードプロセッサーですが、基本的なフードプロセッサーの機能をすべて備えているためこれからフードプロセッサーを使い始める方にとても人気が高い製品です。

特にこだわりが無い場合はMK-K48P-Wを選んでおくと間違いないでしょう。

 

タイガー マイコンフードプロセッサー ボルドー

価格:7,500円
カッター:おろしカッター、パンこねカッター、ホイップブレード

レビュー

魔法瓶で有名なタイガー製フードプロセッサーのSKF-G100-Vは刃こぼれしにくいチタンコートのカッターしているため、少々固いものを切っても刃こぼれすることがありません。

毎日フードプロセッサーを使いたいかた耐久力のあるものが欲しいという方にSKF-G100-Vはオススメです。

 

YAMAMOTO マルチスピードミキサー

価格:12,444円
カッター:ステンレスブレード

レビュー

カッターの荒さを無段階調節できるMaster Cut MM41はこだわった料理をしたい方の力強い味方となってくれるでしょう。

価格はご紹介する中で唯一の1万円越えとそこそこ値段が張りますが、それだけの価値は充分にあります。

 

まとめ


料理の手間を大幅に省くことのできるフードプロセッサーは一家に一台あって損はないものです。

まだフードプロセッサーを使っていない方はこの機会にフードプロセッサーを購入してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-家電
-

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.