スポーツ・アウトドア

【ビンディングシューズ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、ビンディングシューズを探している方向けにおすすめの人気商品や、バイクのペダルなどから考えた選び方を解説しています。

バイクのペダル・留め具のタイプの特徴などから見て、自転車をより楽しめるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

ビンディングシューズの選び方

ロードバイクやクロスバイクを趣味にしている方や最近では趣味が高じてトライアスロンまで行き着いた方などもいる様で、自転車に乗る楽しさは運動だけでなく、非日常の世界を楽しめるスポーツの一つかもしれません。

そんな自転車のスポーツに欠かせないのがビンディングシューズです。

ここでは、バイクのペダル、留め具のタイプ、口コミなどから考えるビンディングシューズの選び方を紹介します。

 

ビンディングペダルと互換性のあるシューズを選ぶ

ビンディングシューズは、自分の所有している自転車のペダルの種類に合わせる必要があります。

これはシューズを固定する留め具がペダルによって異なるからです。

 

①ロードバイク用ペダルの場合
SHIMANO SPD-SL、LOOK、TIME/Mavicにはロードバイク用の3穴のシューズが基本です。

2穴のペダルとの互換性はなく、4穴のSPEEDPLAYには使用可能です。固定力があり、レーシング的なデザインが多く、本格的にロードサイクリングをしたい方におすすめです。

 

②MTB用ペダルの場合
SHIMANO SPDにはMTB用の2穴のシューズになります。

ロードバイクであってもMTBのペダルを取り付けることもできます。私服にも合わせられる様なカジュアルなデザインもあって、通勤などの普段乗りをされる方におすすめです。

 

ペダルに固定する留め具のタイプで選ぶ

ペダルの種類を決めたら、次は固定する留め具のタイプから選んでいきます。

 

①シューレースタイプ
スニーカーと同様に紐で調整するタイプ。

着脱に手間がかかりますが、自分の足にフィットさせやすいメリットがあります。軽量でデザイン性に優れているので見た目を重視する人にもおすすめです。

 

②ベルクロタイプ
ベルクロで貼り付けるタイプ。着脱が手軽にできますが、固定力は若干弱くなります。

デザイン性、フィット感はやや劣りますが、安価なモデルが多くあります。

 

③ラチェットタイプ
ベルクロとラチェット式のバックルで固定するタイプ。

着脱は簡単で、足首側のバックルで固定力がアップし、フィット感が増します。デザイン性にはやや劣りますが、調整しやすく安定性もあるので多く選ばれているタイプです。

 

④ダイヤルタイプ
ダイヤルでワイヤーを締めるタイプ。

ダイヤルは一個と二個のタイプがあり、二個タイプは足首とつま先の両方をフィットしやすくできます。着脱は簡単でスマートな見た目、細かい調整もしやすいです。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

ビンディングシューズは自転車を始めたばかりの初心者だと、どんなタイプが良いのか選ぶのに困るし、なんとなく選んで合わない買い物をしてしまえば無駄になるし、何よりすぐに自転車を楽しむことができません。

ビンディングシューズ選びで困ったら、口コミで人気のビンディングシューズをチェックしてみましょう。

アメリカの有名なGIROのEMPIRE SLXはフィット感がよく、デザインもスマートでとにかく良いと口コミでもかなりの評判で人気が高まっている様です。

 

安い価格と高価なビンディングシューズの差

より良いビンディングシューズが欲しいけど、あまり予算をかけられないこともあります。

ビンディングシューズには1〜4万円と価格の幅があるのですが、安い価格のシューズになると高価なモデルとどんな差があるのでしょうか?

四つのポイントで考えると、①重量:重くなる、②フィット感:足全体にフィットする様なこだわりが少ない、③ソール:重くて固さが不足する、④デザイン:野暮ったい感じ、になります。

極端な表現ですが、自分の予算を考えつつ、希望に近い機能を持つシューズを選びましょう。

 

おすすめの幅広のビンディングシューズ

普段の靴選びでも足の幅広に悩まされている人はビンディングシューズ選びにおいても同様の悩みをお持ちでしょう。

そんな幅広の足でシューズ選びに困っている方へ、いくつかおすすめを紹介します。

イタリアブランドのSidi Genius 7 Mega Road Shoe 2017、サイクリングブランドのNorthwave Celsius Arctic 2 GTX MTB SPD ブーツ 2017、サドルショップFizikのR4B SPD-SL ロードシューズ 2017、これらのシューズは4Eの人向けのサイズ展開をしているのでぜひチェックしてみて下さい。

 

初心者におすすめのシマノのビンディングシューズ

自転車ブランドでも名の知れたシマノ。初めてビンディングシューズを購入する人から人気のブランドでもあります。

そんなシマノには数多くのビンディングシューズがあるのですが、初心者におすすめなのは、SPDペダルとSPD-SLペダルの両方に兼用できるシューズです。

本格的に始められるかどうかの見極めができていないと迷うポイントですが、兼用できればその心配もなく購入することができます。

SH-RP500・SH-RP300・SH-RP200・SH-R065の2016年モデルが兼用になっているシューズで、その他は重量や素材の違いで自分にあったものを選んでみましょう。

 

ビンディングシューズランキングBEST3

ここからは、おすすめのビンディングシューズをランキング形式でご紹介します。

より自分の足にフィットするビンディングシューズを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

GIRO EMPIRE SLX

カラー:Black/Silver
サイズ:23.5〜30.2cm

レビュー

アメリカの強豪チームであるBMCレーシングやチームカチューシャなどに所属するトップ選手が愛用していると人気の高いビンディングシューズブランドです。

特にEMPIRE SLXは紐履のシューズの中ではフィット感に優れた形成であるとダントツの人気モデルです。控えめな装飾で細身のシルエットとデザイン性にも優れています。

 

LAKE CX402(Bikeinn)

カラー:アントラ/ゴールド
サイズ:25.0〜28.0cm

レビュー

1982年創業のアメリカのロードシューズ専門のメーカーで2016年に日本に改めて上陸しました。

生産は下請けではなく全ての工程において自社工場で行なっていることもあって品質は抜群です。

中でもCX402はトップクラスのビンディングシューズで、カンガルーの皮が採用されている高級感ある仕上がりになっています。もちろんフィット感も言うことなしです。

 

Northwave EXTREME

カラー:Black/White
サイズ:23.0〜31.4cm

レビュー

日本人の足に合う様に形成されており、ビンディングシューズらしい機能とデザインで人気の高いモデルです。

フラッグシップモデルのRRより前の幅が広めに設計されているので、幅広の人におすすめです。

特許取得した独自の構造でデザインされたアッパーで、より足の形状にフィットする様になっており、これまでにない履き心地を体験できます。

 

まとめ

ビンディングシューズは、自転車のペダルを効率的にそして快適に回すために重要なアイテムです。

ここで紹介した商品を参考にして、よりフィットして使いやすい自分にあったビンディングシューズをお探し下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-スポーツ・アウトドア
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.