ファッション

【スノーブーツ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

投稿日:

このページでは豪雪地帯では必要不可欠なスノーブーツのオススメランキングをご紹介しています。

それに加えスノーブーツの正しい選び方も掲載しているので、スノーブーツを読めばどんなスノーブーツを買えば良いのかすぐに理解できるようになっています。

 

スノーブーツの選び方

スノーブーツは自分に合ったものを履いておかないと、途端に性能が落ちてしまうため、普通の靴以上にしっかりと選ばなければいけません。

では、どのように選べば自分に合ったスノーブーツを見つけられるでしょうか。

 

最低限の機能がついたものを選ぶ

最近はゴム製のなんちゃってスノーブーツも多いのですが、スノーブーツは機能にこだわっていないといけません。

必須の機能をまとめてみたので、スノーブーツを購入する際は少なくともここで紹介している機能が最低限ついたものを選びましょう。

 

スパイク/滑り止め

新雪であればそこまでではありませんが、積もって2、3日経過した雪はカチカチに凍っていて危ないです。

そんな雪道を歩くのですから、スノーブーツにはスパイクや滑り止めがついたもので無ければいけません。

ゴム製のギザギザしたソールに加えて金属製のスパイクがついたものであればかなり安心できるでしょう。

 

防寒機能

雪の上を歩く際は靴底から冷気が上がってくるため、長時間歩いているとかなり足が冷えます。

そのため、スノーブーツを選ぶ際はダウン素材の防寒性能が高いものを選ぶようにしましょう。

裏ボアのものも良いのですが、ダウンのものに比べると蒸れやすいので、裏ボアのものを選ぶ際は注意したいです。

 

防水機能

雪が解けてくると、シャーベット状の水たまりがそこかしこに出来るので、スニーカーなどの普通の靴を履いていると靴の中がすぐにびしょびしょになってしまいますよね。

スノーブーツの一部には防水機能を省くことで軽量化しているものもありますが、解けた雪が靴の中に入ってくるとと、足が凍るように寒くなってしまうので、必ず防水機能がついたものを選ぶようにしましょう。

 

デザインで選ぶ

スノーブーツとして最低限の機能を持っているのなら、後はデザインで選んでしまっても構いません。

最近はぱっと見ロングブーツに見えるおしゃれなスノーブーツもリリースされていますから、そのような可愛いデザインのものを選んでも良いでしょう。

男性の場合は逆に『これぞスノーブーツ』といったデザインのスノーブーツが人気のようです。

ザ・ノース・フェイス、ソレルなどアウトドアブランドのものであればメンズ、レディース問わず機能性とデザインを両立できるでしょう。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

豪雪地帯に引っ越してきた人など、雪が降った時のいろはを知らない人の場合、どんなスノーブーツを選べば良いのか分からないでしょう。

そんな時は『滑り止めがしっかりしているから雪がつるつるに凍っていても滑らない』、『水が入って来なくて温かい』などの口コミが多く投稿されているスノーブーツを選ぶと失敗しません。

ただ、ライトな仕様のスノーブーツが人気な場合もあるため、スパイクや防水・防寒機能が付いているかどうかだけはしっかり確認しておきたいです。

 

スノーブーツを履くときのコーデ

機能性の高いスノーブーツの中にはデザイン度外視のものがままあります。

そのため、いつでもおしゃれに決めたい方からすると、スノーブーツはあまりイメージが良くないようです。

しかし、意外にも探してみるとおしゃれなスノーブーツはたくさんあります。

上述のようにレディースであればロングブーツに似せたスノーブーツが主流となりつつありますし、男性は流行のスポーツミックスコーデにスノーブーツを取り入れることで機能性を追い求めつつ、おしゃれなコーデに仕上げることが出来るでしょう。

 

ロングタイプのスノーブーツがおすすめ!

スノーブーツにはほとんどシューズのような長さのものから、ひざ下まであるような本格仕様のものまであります。

オススメなのはふくらはぎの頂点より少し下くらいの長さのものです。

これくらいの長さであればそこまで歩きやすさを損なわないので疲れにくいでしょう。

逆に短いものは歩きやすいものの防水機能に難があるのでオススメしません。

 

氷道がメインなら更に滑らないスノーブーツを選ぶ

少々の氷道であれば通常の滑らないよう工夫がなされたスノーブーツで充分なのですが、東北以北など一度雪が積もると長期間解けないような土地では雪道より氷道を歩く頻度が多くなります。

氷道は雪道より更に滑りやすくなっているので、そのような土地に住んでいるのであればアタッチメントタイプのスパイクがついたスノーブーツではなく、全面スパイク仕様の氷道専用スノーブーツを選んだ方が良いでしょう。

 

スノーブーツランキングBEST3

ここからはおすすめのスノーブーツをランキング形式で紹介していきます。

あなたにぴったりなスノーブーツを選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。

お洒落に拘るなら『ザ・ノース・フェイスNuptse Bootie Wool III』

お洒落に拘るなら『ザ・ノース・フェイスNuptse Bootie Wool III』

価格:9,077円

レビュー

おしゃれなデザインかつ高機能なスノーブーツが欲しいならザ・ノース・フェイスのNuptse Bootie Wool IIIを買っておけば間違いありません。

保温材にウールを使用しているため雪道を歩いても暖かく、歩きやすいインナーソールを採用しているので雪道を歩きなれていない方でもNuptse Bootie Wool IIIを履いておけばサクサク歩けるでしょう。

 

短いタイプ『ザ・ノース・フェイス Nuptse Bootie Wool IIIShort』

短いタイプ『ザ・ノース・フェイス Nuptse Bootie Wool IIIShort』

価格:7,800円

レビュー

こちらはNuptse Bootie Wool IIIのショートタイプとなっています。

豪雪地帯など雪が高く積もる場所には向きませんが、少し雪が降るくらいの土地であれば充分にスノーブーツとして機能するでしょう。

ショートタイプなので歩きやすいのも良いですね。

 

撥水仕様『ザ・ノース・フェイスNuptse Bootie WP V Logowar』

撥水仕様『ザ・ノース・フェイスNuptse Bootie WP V Logowar』

価格12,000円

レビュー

こちらも上記2つと同様『Nuptse Bootie』シリーズのスノーブーツなのですが、表の素材にナイロンを使用しているため撥水力に優れたスノーブーツと言えます。

また、様々なカラーがリリースされているので手持ちの冬服に合わせて色を変えられるのが評価を押し上げているポイントとなっているようです。

 

 

まとめ

見た目はスノーブーツ、という製品が増えてきているため、スノーブーツの正しい選び方を知らない方がそのようなスノーブーツを買って失敗するケースが増えてきているようです。

そうならないためにも、スノーブーツを購入する際はご紹介した選び方をよく読んで、機能性の高いものを購入するようにして下さいね。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-ファッション
-,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.