ゲーム・ホビー

【ウェーダー】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、ウェーダーを探している方向けにおすすめの人気商品や、スタイルなどから考えた選び方を解説しています。

スタイル・素材・フット部分の形状などのポイントから厳選し、おすすめできる商品をランキング形式でご紹介します。

 

ウェーダーの選び方

陸だけでなく、渓流や湖、沼などの場所で釣りを楽しむのに欠かせないのがウェーダーです。

ウェーダー1つあるだけで釣りの楽しみが広がります。

しかし、このウェーダーにはスタイルや素材など種類がたくさんあるので、いざ購入しようと思うとなかなか選ぶのが難しいのです。

ここでは、スタイル、素材、フット部分の形状、口コミなどから考えるウェーダーの選び方を紹介します。

 

どんな釣りをするのか?スタイルで選ぶ

どんなフィールドで釣りをするのか?で必要条件が変わってきます。

まずはスタイルの選び方からご紹介します。

 

ヒップウェーダー

お尻の下部分まであるタイプで、腿まである長靴のようなイメージです。

渓流など水深の浅い場所に適しており、上半身はベルトのみなので、着脱が簡単、身動きしやすいところがメリットです。

ルアーでの釣りにはあまり適していません。

 

ウェストハイウェーダー

腰まで覆うタイプで、膝くらいまでの水深の場所に適しています。

ヒップウェーダーと同様に上半身がベルトのみなので、着脱、動作が容易にできます。

サーフウェーディングの際に着用する人もいますが、急な波で水が入り込んでしまうこともあるので、膝くらいまでの場所での使用をオススメします。

 

チェストハイウェーダー

胸の下あたりまでを覆うタイプで、腰くらいまでの水深に場所に適しています。

ウェーダーを着用する人に多く人気のあるスタイルで、ちょっとした波や飛沫などの侵入を防ぐことができるのでオススメです。

 

快適度はどれくらい?素材で選ぶ

ウェーダーの素材には、以下の3種類が主に使用されます。

 

ナイロン(PCV)

安価な商品が多くありますが、保温性がないので冬は寒く、透湿性がないので夏は蒸れやすい欠点があります。

 

透湿素材(ゴアテックスなど)

バイクグロームなどでも人気の素材で、外からの浸透を防ぎ、内側からの湿気は放出できるので特に夏場にオススメの素材です。

 

ネオプレーン

保温効果が高いので寒い時期にウェーディングする人にオススメです。

伸縮性にも優れています。

 

フット部分の形状から選ぶ

ウェーダーのフットタイプには、以下の2種類があります。

ブーツタイプ

フット部分まで身頃から繋がって一体になっているので着脱が簡単にできます。

比較的落ち着いたフィールドに向いています。

 

ソックスタイプ

ストッキングのようにフット部分が柔らかい水の浸透しない素材でできており、さらにウェーディングシューズを履くタイプのウェーダーです。

足首の可動範囲に縛りがなく動作がしやすいので、磯や渓流などの激しいフィールドにオススメです。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

ウェーダーを選ぶ時にはそれぞれの商品の口コミを参考にしてみましょう。

例えば「思ったよりもぴったりしていて、脱ぎ着が大変で動きにくい」「機能性もスタイルも気に入っているけれど、チャック部分の品質が良くない」などネガティブな口コミが多くみられる商品はできるだけ避けましょう。

編集部で人気のウェーダーをチェックしてみたところ、シマノ XEFOは「軽くて、内側のファスナー付きのポケットがとても便利」「体が大きめですが、幅がゆったり目で着やすかった」など良い口コミが多く見られました。

 

オススメの大きめのウェーダー

ウェーダーは水を浸透しないようにピタッとしたスタイルになっているため、体の大きい方は探すのに一苦労する人もいます。

大きめのウェーダーを探すときにはネットでビックサイズや大きめのキーワードで検索すると見つけやすくなります。

ヒップウェーダーはエクセルのOH-880 5460円、ウェストハイウェーダーは阪神素地のW75 7400円、チェストハイウェーダーは、エクセルのOH-820 4988円などがオススメです。

 

オススメのフェルトソールウェーダー

ウェーダーのソール部分はラジアルソールとフェルトソールがあります。

ラジアルは滑りやすいため、フェルトソールが主流となっています。

滑りにくいので歩きやすく、さらにスパイクピンが埋め込まれているタイプもあります。プロックスの3Dインナーネオプレンウェーダー8500円〜、チェストのハイウェーダーOH-860フェルトスパイク5780円〜、プロックスのブリザテックチェスト(ピン付)9251円〜などがオススメです。

 

オススメのダイワのウェーダー

釣り用品メーカーのダイワにも多くのウェーダーが取り扱われています。

中でも販売数の多い商品は、タイトフィットラジアルウェーダーAW-4301R-T 13150円、パワーウェーダーPW-4204R 9720円、タイトフィットソルトウェーダーSW-4501R-T 14621円、オススメ順は、タイトフィットラジアルウェーダーRW-4301R-T 15033円、パワーウェーダーPW-1204R 7398円になります。

素材やサイズが用途に合っているか、また口コミなどを参考にして選ぶといいでしょう。

 

ウェーダーランキングBEST3

ここからは、おすすめのウェーダーをランキング形式でご紹介します。

ぴったりのウェーダーを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

機能性も動作性も抜群!「シマノXEFO」

機能性も動作性も抜群!「シマノXEFO」

スタイル:チェストハイウェーダー
フット形状:ソックスタイプ
素材:ナイロン、ナイロントリコット、クロロプレンゴム(ソール)

レビュー

ドライシールドやナイロントリコットの採用で、防水・防寒・透湿に優れたチェストハイウェーダーです。

またソックスタイプでウェーディングシューズは別途用意する必要がありますが、足首の動作の邪魔にならず動作性にも優れています。

ダメージの出やすい箇所には二重加工がされ、ファスナーも止水性でウェーディングには最適な機能をもつウェーダーです。

 

信頼のメーカー「ダイワ」

信頼のメーカー「ダイワ」

スタイル:チェストハイウェーダー
フット形状:ブーツタイプ
素材:ネオプレン、フェルトスパイク

レビュー

渓流や滑りやすいフィールドなどどんな環境にも耐えられる様に考慮して設計された、さすが釣具メーカーと言える優秀なウェーダーです。

フット部分は一体型のブーツ型なので着脱がしやすいのもおすすめポイントです。

機能的なメッシュ素材が採用されているので、蒸れにくく、蒸れてもベタつきがなく快適に着用することができます。

 

汚れと摩耗に強い「PROX」

汚れと摩耗に強い「PROX」

スタイル:チェストハイウェーダー
フット形状:ブーツタイプ
素材:Pプルーフ、フェルト・ラジアル(ソール)

レビュー

水や汚れが染み込みにくい特徴のあるPプルーフ素材が採用されているチェストハイウェーダーです。

またこのウェーダーの特徴はソール部分がラジアルとフェルトが採用されていることで、ラジアルなので凸凹している場所などでも歩きやすく、そしてフェルトが使用されているので滑りにくくなっています。

総合的に劣化しにくく長く愛用できる商品です。

 

 

まとめ

お気に入りのウェーダーを見つけることで、ウェーディングがより快適に、そしてより幅広いフィールドで楽しめる様になります。

今回ご紹介した商品をご参考にしていただき、ぜひ、お気に入りのウェーダーを見つけてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-ゲーム・ホビー
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.