ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

恋愛

友達との関係を恋愛に発展させるには?友達以上恋人未満に悩む人必見!

投稿日:

いつもふざけ合っていた友達なのに、気付いたら好きになっていた…そんな経験をしたことのある方もきっと多いのではないでしょうか?

 

「思いは伝えたいけど、伝えたら今の関係が崩れるかもしれない」「でも恋人になりたい!」と葛藤に葛藤を重ねることもあると思います。

 

今回は、友情を恋愛に発展させるために気をつけたいことやコツなどについて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

友達以上恋人未満の関係

「男女の友情は成立するか?」というのは人類にとっての永遠の疑問と言っても過言ではないかもしれません。男女が1対1になればお互いが恋愛対象になるのも当然という声もあれば、同性と同じように親密になることもできる、という声もあります。

 

しかし、この「男女の友情」を疑問視する理由の一つに「友達以上恋人未満」の関係というものがあります。同性同士であれば、友達から始まり仲良くなっても「親友」という立場に落ち着くことがほとんどですが、男女の場合は異性であるが故に恋人に近いような関係になることがあるのです。

 

片方は相手に何の恋愛感情も持っていなくとも、もう片方が好意を寄せていればそれはもう純粋な友情とは言えませんよね。

 

また、どちらか片方、もしくは両方が好意を持っていたとしても、「友達」という関係が理由となり「友達以上恋人未満」になってしまうことがあります。

 

そう考えると、一度友達以上恋人未満の関係になってしまうと、初めから恋愛関係になるよりも少しハードルが高く感じるかもしれませんね。

 

友情と恋愛の“好き”の違い

人を好きになる時は、大まかに分けると「ライク」と「ラブ」に分けられます。おそらく、ライクであれば誰でも分かりますよね。仲良くなりたい、遊びたいと思ったり、一緒にいて楽しいと思える友達や親友に対してはライクであると言えるでしょう。

 

では、「ラブ」に多く見られる特徴とは何なのでしょうか?

 

相手に嫉妬する

「仲の良い友達が他の人と仲良くしているのを見ると嫉妬してしまう」という人もいるかもしれませんが、異性に対してラブの場合はこの他の人というのが自分と同性だとより嫉妬が強くなることが考えられます。

 

恋愛感情を抱いている時には、「相手を自分のものにしたい」「他の人にとられたくない」という気持ちが非常に強いです。「あの人に取られたらどうしよう…」という思いが出てきてしまうということです。

 

ただの友達であればあまり考えすぎることもないと思いますが、好き(ラブ)の感情があるとそれが嫉妬や不安に変わってしまうのです。

 

相手と2人でいたい

友達であれば、2人きりではなく他の人も交えて大人数で遊んだりすることも多いですよね。でも恋愛として好きになると、他の人と一緒にではなく相手と2人きりになりたいと思うようになります。

 

2人きりになって、もっと相手のことを知りたい、自分のことを知ってもらいたいと思うようになれば、それはもう恋愛関係になる直前とも言えるかもしれません。

 

相手に尽くしたい

人はだれでも長所と短所を持っていますが、恋愛感情が出てくるとその全てを受け入れたいと思うようになります。相手の良いところも悪いところも全部知った上で、相手が喜ぶことをしたいと感じるようになるのです。

 

いわば、尽くしたくなるということです。自分のことは置いておいて、相手に幸せになってもらいたい、楽しんでもらいたいと考えるのはもはやライクには留まらないのではないでしょうか。

 

いつも相手のことを考える

恋をすると、ふとした瞬間に相手のことばかりを考えてしまうようになります。単なる友達であればそこまで相手の環境を思い続けるということはほとんどないと思いますが、いつも相手のことを考えてしまうような場合は、ライクではなくラブである可能性が高いでしょう。

 

何かに関連してすぐに相手が思い浮かぶような場合も、すでに恋愛感情になっていることが考えられます。

 

友情が恋愛に発展しない理由

お互いが友達として認識している関係である以上、すぐに恋愛に発展させるのはそう簡単ではないでしょう。では具体的にどうして発展させるのが難しいのか、詳しくご紹介します。

 

相手に好意が伝わっていない

恋愛に発展させるには、自分が1人で盛り上がっても意味がありません。相手にもきちんと好意を伝える必要がありますが、元が友達であるが故にうまく気持ちを伝えられない、というのは原因の一つです。

 

例えば、女性であれば相手にガサツなところをオープンにしていたり、男性であればどこか頼りなさが滲み出ていたりすると友達以上に発展することは少ないかもしれません。

 

女性であれば女性らしく、男性であれば男性らしく振舞い、なおかつ相手に異性である自分を意識させるような会話や動作を心がけると「ただの友達」から脱却できる切り口が見えてきますよ。

 

何も行動を起こしていない

普段通り、いつも通り友達のように接していては、いつまで経っても友達のままです。「今のままでも一緒にいられて幸せだから」「今の関係を壊したくないから」といって何も行動をしなければ、恋愛に発展することはもちろんありません。

 

友達のままの関係が心地よい、という気持ちも分かりますが、その気持ちがライクではなくラブであれば、もしも相手に好きな人や恋人ができた時、平常心でいられるでしょうか?

 

自分自身の感情に気づいているのであれば、それを行動に移さずに友達のままで終わってしまった、というのはまさに後の祭りです。

 

恋愛感情から始まった恋と同じように、友情から始まった恋にも行動力は必要なのです。

 

どちらかが「友達」と割り切っている

自分が相手に恋愛感情を抱いていても、相手は自分のことをただの友達としか思っていないかもしれません。逆のパターンもあることでしょう。

 

このケースだと、より「友達以上恋人未満」の関係になってしまいやすいかもしれません。片方の好意をもう片方がただの心地よいものとしか受け取っていない場合、その関係が発展することは難しいと言えるでしょう。

 

友情を恋愛に発展させるには?

 

2人きりで会う機会を増やす

大勢で遊んだりすると、どうしても「大勢の中の友達の1人」になってしまいます。自分の存在を相手にアピールするためにも、まずはとにかく2人きりで会う機会を増やすようにしましょう。

 

いつも会っても飲むだけだったりする場合は、あえてアルコールなしで会うようにしたりと、いつもと違う接し方をしてみると良いかもしれません。相手も自分も、お互いの知らないところを知ることができるきっかけにもなりますし新鮮味を感じることもできます。

 

会う時のポイントとしては、相手に異性を意識させること。服装を変えてみたり、しぐさや声のトーンを変えるだけでも相手には変化を感じさせることができます。間違っても、友達に対するようなテンションでふざけ合ったりなどはしないようにしましょう。

 

空気を変える

会話の最中、急に真面目なトーンになったり、「大事な話があるんだけど」と持ちかけられたりするとドキッとしてしまいますよね。友情を恋愛に発展させるためには、これを上手に使うのが効果的です。

 

普段くだらない話ばかりしているのに、突然空気が変われば「あれ?」と感じると思います。会話をうまく導いて、「ただの友達」の空気を一掃してみましょう。

 

この時のポイントとしては、ただの友達のテンションで話を切り出さないようにすること。相手からすると冗談に受け取られてしまう可能性もあります。

 

最後に

友達だった相手と恋愛関係に発展するのは、簡単そうに見えて実は結構難しいものなんです。一度友達になって異性を意識しない相手になってしまうと、頑張っても恋人未満になってしまう、ということも少なくありません。

 

恋愛に発展させたいのであれば、まずは2人きりで合って相手に自分を意識させることから始めてみましょう。関係が崩れるのが怖いと何も行動しなければ、いつまで経っても恋人にはなれませんよ。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-恋愛
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.