小じわ

首のシワの原因とシワを取る・予防する方法まとめ

更新日:

突然ですが、あなたは自分の首を鏡でじっくりと見たことがあるでしょうか?くっきりとしたシワが入っていたりしませんか?

実は、首のシワは見た目にもあまり良くないだけでなく、なかなかなくすことができない厄介なものなんです。

今回は、首のシワの原因と、解消する方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

首にシワがあると老けて見える

adobestock_45837937

人は、相手の年齢を判断する時に「シワ」を一つの判断基準とすると言われています。最も分かりやすいのは顔のシワですが、実は首のシワにも言えること。

どんなに化粧を頑張っている綺麗な人でも、首にシワがあるだけで実年齢よりも老けて見られてしまうのです。恐ろしいですよね…。

逆に言えば、首が綺麗であれば実年齢よりも若く見られるということもありえるでしょう。

首というのは自分ではあまり気にすることのない部分になりがちかもしれませんが、首元のあいた服を着ている場合は意外と目立つものです。

 

とはいえ、一度首についてしまったシワはなくすことができないというわけではなく、薄くしたり解消する方法はあります。

普段からぜひ心掛けたい対策もありますので、すでにシワがついてしまっているという人も、予防したいという人も、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

首のシワの原因

adobestock_74589301

首のシワの原因としては、主に以下のものが考えられます。

 

加齢で首の筋肉が衰えるとシワが目立つ

シワは、皮膚のたるみによってできるものです。年齢を重ねるとともにシワが目立つようになってきたという場合には、やはり最も考えられる原因は加齢でしょう。

加齢により、首を支える筋肉や顔の表情筋がたるむことになってシワになると考えられます。

 

乾燥は首のシワの大敵

肌の水分が不足し乾燥すると、皮膚がたるみやすくなりシワになると言われています。

これは、日々スキンケアをしている人なら分かりますよね。顔もしっかりと保湿してあげないと、乾燥してシワの原因になってしまいます。

首の場合も同じで、しっかり保湿しないとシワになってしまいやすいです。

 

首は皮膚が薄く紫外線の影響を受けやすい

紫外線を浴びすぎてしまうと、肌の老化に繋がり、シワができやすくなります。

出かけるときに、顔だけでなく首までしっかりと日焼け止めを塗っていますか?首は比較的皮膚が薄い場所なので、紫外線の影響を特に受けやすいと言われています。

 

姿勢が悪いと首のシワがくっきり?

寝るときに高い枕を使っていたり、日中デスクワークが多かったりすると、首が曲がったままの姿勢でいる時間が長くなります。そうすると、形状記憶によりシワがついてしまうことが考えられます。

 

首のシワを取る方法

adobestock_107866590

首のシワを取るために効果的な方法をご紹介します。

 

エクササイズ

皮膚のたるみの原因となる首の筋力を鍛えるためには、エクササイズが効果的です。

やり方としては、まず背筋をピンと伸ばした状態で、ゆっくりと真上を向きます。

上を向いたら口を開け、舌をできるだけ上へ上へと伸ばし、3秒ほどキープします。

この一連の流れを5セットほど繰り返してみてください。

舌を出す時に、舌に首の筋肉(皮膚)がグーッと引っ張られるのが実感できるはずです。

 

マッサージ

俗にいう“リンパマッサージ”も効果的です。

首周りには多数のリンパが流れています。リンパの流れが悪くなると、首のむくみやシワの原因となってしまいますので、リンパマッサージをしてリンパの流れを良くしていきましょう。

上から下へと軽く流すようにするだけで効果があります。あまり力を入れすぎると、神経を傷つけてしまう可能性がありますのであくまで優しく行いましょう。

 

首パック

顔のパックと同じように、首をパックしてあげることでもシワ解消効果が期待できます。

お風呂上りなどに、シワが気になる部分を中心にクリームや美容液を塗り、温めたタオルで首を巻いてそのまま15分ほどパックします。時間が経ったら首をタオルで拭って、保湿用のクリーム等を塗って完了です。

首だけをケアするのは面倒かもしれませんが、スキンケアと同時にやってしまえば楽ですよね。

 

専用シワ取りクリームを使う

首のシワやたるみの解消に効果があるとされているクリームを使ってみるのも一つの手ですね。

コラーゲンなど、肌に嬉しい成分が使われているものをおすすめします。塗るときにマッサージをするように塗るとより効果的です。

 

首のシワを予防する方法

adobestock_80606878

なんといっても、首にシワを作らないようにするのが一番ですよね。

首のシワ予防に効果的な方法をご紹介します。

 

枕を見直す

首のシワに悩んでいる人の多くは、枕が合っていないのではないかと思います。

高すぎる枕は形状記憶によるシワの原因になってしまいますので、まずは枕の高さを見直してみましょう。

横になった時に、立っている姿勢がそのまま維持できているような高さが最適だと言われています。

首にシワがつかないベストな高さを見つけ出すか、自信のない人はオーダーメイドの枕を作ってみるのも良いかと思います。

枕の専門店に行けば、ベストな姿勢で寝れて睡眠の質も上がるような枕を作ってくれるはずですよ。

 

日焼け対策を徹底する

首のシワの原因である紫外線は、夏だけでなく一年中降り注いでいます。冬だからといって何の対策もしないと、知らず知らずのうちに肌へのダメージが蓄積されていってしまいますよ。

外出するときには、顔だけでなく首までしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

いちいち塗るのが面倒くさい、という人は日傘をさしたりするのでも良いでしょう。

 

首の保湿をしっかりする

お風呂上りや洗顔後には、顔だけでなく首までスキンケアをするようにしましょう。首も顔の一部という意識を持って丁寧にお手入れすることが大切です。

なお、より効果を実感したいという場合には、いつもの化粧水や乳液だけでなく首回り専用のクリームなどを使ってみるのも良いかもしれません。

 

汗をこまめに拭く

汗は、蒸発した時に肌の水分をも奪って乾燥させてしまう可能性があります。そのため、汗をかいたらこまめに拭くことを心掛けましょう。拭いたあとはしっかり保湿するのがおすすめです。

 

こまめに首をのばす

デスクワークや舌を向いて作業をすることの多い人は、どうしても形状記憶でのシワがつきやすくなってしまいます。それを防ぐためにも、こまめに首をのばすようにしてみましょう。

上をぐっと向くだけでも大きくのばせますし、リフレッシュにもなりますよ。

 

姿勢を良くする

猫背になっていると、重心が前に傾いているため、必然的に首にシワができてしまいます。いつもこの姿勢だとシワが定着してしまいますので、いつでも背筋をピンと伸ばすよう意識しましょう。

 

マッサージをする

日頃からマッサージを習慣として続けることで、シワの予防にもなります。

ふと気が付いたときに軽くリンパを流す程度でもいいですし、スキンケアのついでにでも良いでしょう。

あまり力を入れすぎると首を痛める原因になりますので、優しく行うことが大切です。

 

まとめ

adobestock_43111139

いかがでしたでしょうか?

いつの間にかくっきりついている首のシワに驚いた経験のある人も多いのではないかと思います。

シワがあるのとないのでは見た目年齢も変わると言われていることから、できることなら予防したいですよね。

でも、すでにできてしまったシワでも解消することは可能なんです。マッサージやエクササイズ、パックなど、実際にこれらを実践して首のシワが目立たなくなったという人もたくさんいます。

首のシワに悩んでいる人は、諦める前にできることを試してみてはいかがでしょうか?

いつまでも若々しい見た目でいるためにも、顔だけでなく首の手入れにも気を使ってみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-小じわ
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.