家電

【ipadキーボードランキング】口コミ・人気・おすすめBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、ipadキーボードを探している方向けにおすすめの人気商品や選び方のポイントなどを解説しています。

売れ筋商品の中から、機能性・携帯性・価格・口コミなどの面を比較して、おすすめ順をランキング形式でご紹介します。ipadキーボードの選び方で迷っている人の悩みを解決しますので、ぜひ参考にして下さい。

ipadキーボードの選び方

ipadキーボードは、どのような点を重視して選んだら良いのでしょうか?

ここでは、ipadをパソコン並みに機能アップさせて使いこなすために、機能性、携帯性、価格、口コミなどから考えるipadキーボードの選び方を紹介します。

 

機能性で選ぶ

ipadキーボードの機能性において、最も重要なポイントはパソコン用のキーボードなみの「使いやすさ・入力のしやすさ」です。

そうなるとキーの数も多くなり、指先で押しやすい大きさのキーが求められて、どうしても機体が大きくなってしまいます。

つまり機能性を重視し過ぎると携帯性が少し失われてしまう傾向にあります。

 

カバー型と合体型の機能性の違い

カバー型のキーボードは、ipad用のカバーにキーボードが付属したような形状で、合体型のキーボードは、ipadに接続装着してノートパソコンの様に扱える形状となっています。

カバー型は、コンパクトで携帯性には優れている反面で、キーのひとつひとつが小さくて入力しにくいという機能性のデメリットがあります。

合体型は、カバー型に比べてやや大きめで厚く携帯性には劣りますが、入力もしやすくよりノートパソコンに近い状態で利用することができるという機能性に優れています。

 

携帯性で選ぶ

ipadキーボードを装着してもipadの持つ携帯性をそのまま活かすことは、キーボードの選び方において重要なポイントになります。

特に出張や外出でも持ち運びが多い人は、大きさや形状や重さなどにおいて「コンパクト・薄い・軽い」という携帯性が優先されます。

 

価格で選ぶ

機能性や携帯性などと価格とのバランスを考えてコストパフォーマンスの高い商品を選ぶことも大切です。

ここでは価格も手ごろでしかも機能性も高い商品を選んでランキング形式で紹介しています。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

ipadキーボードを実際に探してみると種類も多く、どれを選べばいいのか迷ってしまうと思います。

そんなときは実際に使った人の口コミ評価や人気度を確認することでかなり参考になります。

口コミ評価で特に人気の高い製品は、「リュウド(REUDO) BluetoothキーボードRBK-3200BTi折りたたみ式」と「エレコム(ELECOM) ケース一体型ワイヤレスキーボード TK-RC30IBK」です。

この2つの製品は後ほどランキング形式で紹介します。

ipadキーボードのBluetooth接続とSmart Connector接続

BluetoothもSmart Connectorも、どちらもipadキーボードの基本である無線(ワイヤレス)での通信規格です。

10メートル以内の近距離であれば障害物があっても通信が可能なので、デジタル機器間でデータを無線接続でやり取りすることができます。

従来のipadキーボードではBluetooth搭載が主体でしたが、現在では2015年発売のipad proに初めて採用されたSmart Connector搭載のipadキーボードと並行して利用されています。

Smart Connectorの大きな特徴は、「接続にペアリングの必要がない」ことと「ipad本体から給電できる」という2つのメリットです。

Bluetoothに比べて価格は高めですが、素早く接続でき、しかも充電や電池交換の手間が省ける利便性や経済性は、出張や外出先で使用頻度の高い人にとっては、重視すべき選択ポイントです。

 

ipadキーボードの配列は2種類

ipadキーボードには、日本語を入力するJIS(日本語)配列と、英語を入力するUS(英語)配列の2種類があります。

アルファペットのローマ字キー部分では出力も全く同じですが、ローマ字キー以外での出力に微妙な違いが出るので、選ぶ時に考慮が必要です。

JIS(日本語)配列の方が日本では親しみ慣れていますが、もともとipadはUS(英語)配列のキーボードに合わせて最適化されているので、US(英語)配列を選ぶ方が無難です。

 

ipadキーボードランキングBEST3

ここからは特に人気も評判も良く、使いやすくてコスパも高いipadキーボードをランキング形式で紹介致します。

どのようなタイプのipadキーボードを買うのか迷ったら、このランキングの中から選べば失敗が少なくなるので、ぜひ参考にして下さい。

リュウド(REUDO) Bluetoothキーボード

Bluetooth搭載
合体型
折りたたみ式
対応モデル:ipad、iPhone
配列:US配列ベース、JIS配列対応
重量:191 g

レビュー

ビジネスやブログ作成など本格的なノートバソコン並の高い機能性を持つとして、最大の評価を受けている一品です。

US配列をベースにしながら、JISキーボードに慣れた人にも使いやすい独自キー配列が採用されています。キーピッチが18㎜あり両手でのタイピングも楽にできます。

Bluetoothで必要なペアリングも、PINコード入力が不要になっており簡単・即時にペアリングができます。

また電源はキーボードを開けばON閉じればOFFになり、電源スイッチレスでしかも省エネです。折りたたみ式なのでコンパクト、持ち運びも便利で安全です。

 

エレコム(ELECOM) ケース一体型ワイヤレスキーボード

Bluetooth搭載
カバー型
対応モデル:ipadProとipadAir2
配列:JIS配列
重量:399 g

レビュー

高級感のあるイタリアンソフトレザーカバーと一体になったipad用Bluetoothキーボードで、見た目でも手触りでも高級感を味わえます。

カバー内側の特殊粘着シートに貼り付けることで、ipadをしっかりと固定可能でき見やすく立て掛けられるスタンド機能付きです。

繰り返し充電可能なリチウムイオン電池を搭載しており、フル充電で約半年間使用可能です。またキーボードを閉じても薄さ16mmと非常に薄く、スタイリッシュに持ち運び可能です。

 

ロジクール(LOGICOOL)キーボードケース

Smart Connector搭載
カバー型
対応モデル:ipadPro
配列:US配列
重量:703 g

レビュー

Smart Connectorでカンタン接続できるので、Bluetoothで行なうペアリング作業は不要です。ipadProをタイピングポジションに配置するだけで、キーボードがすぐに使用可能となります。

Smart Connectorを介してipadProから電力も供給できるので、キーボードの充電は不要です。キーボードカバーケースは、防水仕様なので安全かつ便利に持ち運びできます。

 

まとめ

ipadキーボードを使いこなせるようになると、キー入力の効率が上がり長文の作成が可能になるだけではありません。

キーボード無しで使用する時にipad本体画面に表示されるオンスクリーンキーボードが非表示となり、本来の画面のスペースを広く活用することができます。

ランキングBEST3でご紹介した製品を、ぜひお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-家電
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.