取引所

bitbank Tradeの特徴とおすすめポイント。使い勝手を徹底調査

更新日:

仮想通貨のトレードにおいて、どこの取引所を使うかということは重要なポイントとされています。これは株などでも同様ですね。証券会社によって特徴や違いがあり、サービス内容や自身のスタイルなどの合わせて選択しているかと思います。近年仮想通貨と同じように注目が集まってきており、市場規模が伸びているソーシャルレンディングやクラウドファンディングなども同様で、間に入るサービス会社選びが重要とされていますね。

仮想通貨の場合も、それぞれの取引所で強みや特徴を謳っているので、自身で選択することが大切です。今回はそんな仮想通貨の取引所の1つであるbitbank Tradeについて紹介していきます。bitbank Tradeとはどのような取引所なのか、その特徴や使い方などをみていきましょう。

 

 

bitbank Tradeとは


まずは、bitbank Tradeとはどのような取引所なのかについてみていきましょう。bitbank Tradeの概要を挙げていきます。

ビットバンクが運営

bitbank Tradeはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨の取引所であり、ビットコインウォレットも提供している会社です。ビットコインウォレットは使っている人もかなり多いのではないでしょうか。よく知られたビットコインのウェブウォレットですね。

中国の仮想通貨取引所であるOKcoinと提携もしており、取引量が多いということや、日本人が直接OKcoinで取引できるという点も特徴とされています。取引量はやはり投資において重要なポイントなので、大きな強みとも言えますね。また、ビットコインニュースの運営元でもあり、情報収集で使っているという人も少なくないでしょう。

初心者向けのbitbank.ccも

bitbank Tradeは名前の通りビットコインのトレードを行う取引所ですが、ビットバンクはbitbank Tradeだけでなく、bitbank.ccという取引所もオープンさせました。bitbank.ccではビットコインの他にライトコインやリップルも取り扱っているということです。

ライトコインは2番目の仮想通貨でありビットコインと特徴の似たアルトコインですね。リップルは金融関係が注目している仮想通貨で、ビットコインやイーサリアムに次ぐ位置まで伸びてきています。後述しますが、おおまかにbitbank Tradeはヘビーユーザー向け、bitbank.ccはライトユーザー向けとも言われています。

ライトユーザー向けのbitbank.ccで他の仮想通貨も扱い、初心者などでも使いやすくしているということですね。

bitbank Tradeの特徴①FX


ではここからは、bitbank Tradeの特徴についてみていきましょう。bitbank Tradeの特徴としてまず挙げられるのは、FXです。

日本で初めてビットコインを使ったFXサービスを始める

FXは外国為替証拠金取引のことですね。円とドルといったように外貨とのやり取りで利益を上げていくものです。これを仮想通貨で行えるようにしたということであり、日本で初めてビットコインを使ったFXサービスを始めたのがbitbank Tradeと言われています。

FXの特徴とも言えるレバレッジが最大で20倍とされ、大きなレバレッジがかけられることが魅力ということのようです。取引量が日本で最も多いビットフライヤーは10倍であり、その2倍ということですね。レバレッジがかけられることによって元手が少なくてもそれより大きな額が動かせるようになります。

追い証なしも最初

FXが外国為替証拠金取引と言ったように、レバレッジをかけるためには証拠金として一定の額を預けることになります。通常のFXであれば証券会社などに、ビットコインであれば取引所に保証金として先に払うということですね。ビットコインの場合は円ではなくビットコインです。

レバレッジをかけた取引をしていても、当然失敗することはあります。基本的には証拠金の額や決められたラインを下回った段階で、追い証と言って追加で証拠金を差し出す必要があります。しかし、bitbank Tradeの場合はこの追い証がないことも特徴とされており、これも国内初のようです。

ちなみに追い証はありませんが、維持率が20%を切ると強制的にロスカットされる仕組みになっています。これについては後述します。

bitbank Tradeの特徴②上級者向け


bitbank Tradeの特徴として次に挙げるのは、上級者向けということです。玄人好みとも言われていますが、上述したようにヘビーユーザー向けということですね。

bitbank Tradeとbitbank.ccのすみ分け

bitbank.ccは上述したようにライトユーザー向けとされており、初心者でも扱いやすいというのが特徴とされています。仮想通貨の種類も多いということでしたね。その一方で、bitbank Tradeは仮想通貨のトレードで生計を立てているような人向けと言えるということです。

ビットコインを使ったFXではレバレッジが最大で20倍かけられると述べましたが、初心者がいきなり手を出すのはリスクしかないとも言えるでしょう。大きな額が動かせるというのはやはり経験も重要です。また、中国のOKcoinと提携してやり取りができると述べましたが、ドルを介するので為替手数料も発生します。

これらの点も含めて初心者や経験が浅い人にはとっつきにくく、上級者向けと言われているのです。為替手数料などを理解し、より大きな市場規模を求めている人向けとも言えますね。

ロスカット

追い証がないというところで少し触れましたが、ロスカットとは簡単に言うと損失を大きくしないための仕組みです。一定基準、上述したように証拠金の額や定められた基準を下回った段階でそのポジションを決済するようになっています。bitbank Tradeの場合は維持率が20%を切ったらということでしたね。

ロスカットが行われる前に、50%を下回った段階でアラートが届くようになっているようです。ロスカットによって決済が完了するまで損失はわからないということですが、証拠金以上の損失は出ません。つまり、預けたビットコイン以上の損失は出ないということですね。

bitbank Tradeでの取引開始までの流れ


では最後に、bitbank Tradeでの取引開始までについてみていきましょう。bitbank Tradeでの取引開始までの流れについて紹介していきます。

流れは他の取引所と同じ

bitbank Tradeでの取引開始手続きも、他の取引所と同じでまずはメールアドレスの登録を行います。そして、送られてきたメールから認証作業をすることで取引ができるということです。この段階でもビットコインのトレードはできますが、日本円の入金は制限され、出金に至ってはできません。

利益を日本円で確定させる場合にはやはり本人確認や銀行口座の登録が必要ということです。これには、施行されたばかりですが仮想通貨法が影響しているということですね。

bitbank Tradeとbitbank.ccは別

ちなみに、同じビットバンクが運営しているbitbank Tradeとbitbank.ccですが、開設や本人確認などはそれぞれで行う必要があります。片方を開設すればもう片方も使えるわけではないので覚えておきましょう。まったく同じプラットフォームではないということですね。

Bitbank.ccも流れは同じなので、簡単に開設して取引を始めることができます。自身のレベルや投資スタイルに合わせて選択すると良いでしょう。

まとめ


今回は仮想通貨の取引所の1つであるbitbank Tradeとはどのような取引所なのか、その特徴や使い方などを紹介してきましたがいかがでしたか?bitbank Tradeと言えばFXが挙げられるということでしたが、リスクを理解して、上手に運用していきたいものですね。

 

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-取引所
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.