ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

憧れの素肌美人へ!飲む点滴とも言われる甘酒の効果について

投稿日:

甘酒は日本の伝統的な甘味飲料の一種です。古くから日本で受け継がれてきた甘酒は、「飲む点滴」「飲む美容液」と言われ、健康維持にはもちろん、便秘解消美肌効果も期待することが出来ます。

 

今回はそんな甘酒の栄養と効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。

甘酒とは

甘酒とは日本の伝統的な甘味飲料の一種です。見た目はどぶろくに似て混濁しており、甘粥とも呼ばれています。甘酒には大きく分けて2つの種類があり、主に米麹と米を原料としているもの、または酒粕を原料としているものがあります。

 

そしてなんとそんな甘酒の起源は、古墳時代とされており、「日本書記」の中で甘酒の記述が出てきています。今では冬に飲まれることの多い甘酒ですが、かつては夏バテ予防のために飲まれていたので「夏の栄養ドリンク」として大活躍しており、俳句でも夏の季語として詠まれてきました。

 

庶民の健康を保つために活躍していた甘酒は、江戸幕府では老若男女問わず、購入することが出来るよう甘酒の価格を最高でも4文までとするよう決められていました。

酒粕の甘酒

酒粕によって造られる甘酒は、日本酒を作る時に出来た酒粕を水で薄めることによって造られています。また酒粕で造られた甘酒には甘味がないため砂糖を使って甘味付けされています。

 

そのためカロリーは本来のものよりも少し高めになります。もちろんのことながら、酒粕にはアルコール分が含まれていますので、出来上がった甘酒にも少量ながら、アルコールが含まれています。

 

車を運転する前や、授乳中の方、妊娠中の方、未成年の方は、注意する必要があるでしょう。

米麹の甘酒

米麹の甘酒は、米麹とお米に水を混ぜて発酵させることによって造られています。米麹の甘酒は、お米のでんぷん質が発酵することによって出来るブドウ糖の自然な甘味が特徴的です。

 

このブドウ糖は点滴にも含まれており、酒粕の甘酒に比べると栄養価が高いゆえに「飲む点滴」とも呼ばれているのです。また米麹の甘酒は、酒粕の甘酒と違ってアルコール分を含みませんので、大人から子供まで、甘酒を楽しむことが出来ます。酒粕で造られた甘酒に比べると貴重でお値段は少し高めかもしれません。

甘酒の栄養素

麹菌

麹菌は、人間に必要な酵素を100種類以上もっています。でんぷんをブドウ糖に分解することの出来るアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解することの出来るプロテアーゼ、脂肪を脂肪酸に分解することに出来るリパーゼ、植物の繊維をオリゴ糖に分解することの出来るセルラーゼが含まれています。

ビタミン類

甘酒には、酵素の働きを支える補酵素がたっぷりと含まれています。その一つがビタミン類です。このビタミン類には、新陳代謝のupや老化の防止、精神の安定、免疫力をupさせる効果があります。

 

その中のビタミンB群には様々な効果があります。疲労回復やストレスを緩和させるビタミンB1、貧血や不眠症を予防するビタミンB12、健康的な肌を作るのを助け、悪阻や月経症状の緩和にも効果のあるビタミンB6などが含まれています。またこれら甘酒に含まれるビタミンB群は、カラダへの吸収率が90%以上と効率的です。

 

その他にも、パントテン酸、イノシトール、ビオチン、葉酸など、女性には嬉しいビタミンが豊富に含まれています。

必須アミノ酸

甘酒には、必須アミノ酸と呼ばれるトリプトファン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン9種類がすべて含まれています。必須アミノ酸は、筋肉や血管、脳などの新しい細胞を作るために、必要不可欠で、老化を防ぐ働きがあるとても嬉しいものですが、人間の身体の中では作ることが出来ないので、自ら取り入れて補う必要があります。

 

身体の中で必要なアミノ酸を一度に摂取することの出来る甘酒は、本当に有能で、嬉しい飲み物と言えるでしょう。

その他の成分

まず注目すべき成分は麹からしか生成されないコウジ酸です。甘酒の効果でも学びますが、コウジ酸はメラニンの生成を抑制してくれるので、美白効果に最適です。また、コウジ酸の他にも、リンゴ酸、アスペルギリン酸、ゲオダイン、アルブミンフェルラ酸、オリザシスタチン、オリゴ糖、食物繊維などの成分が含まれています。

甘酒の飲み方

飲む時間を決めて飲むことを習慣化にする

甘酒をいつ飲むかについて特に決まりはありません。好きな時間に飲むことが出来るでしょう。健康のためにも良いので、朝食や間食の代わりとして、飲んでいる方も多いようです。

 

ポイントは、自分で飲む時間を決めて、それを習慣にすることです。便秘が気になっている方の場合であれば朝食の代わりに甘酒を飲むことをオススメします。こうすることで、消化のエネルギーを排便に使うことが出来て、便秘対策にも効果的と言えるでしょう。

 

また、ダイエットサポートを目標として、甘酒を取り入れる方は、満腹感を与え、食欲を抑えるために食前に飲むと効果的と言えるでしょう。

取り過ぎ注意!1日200ml程度を目安に摂る

甘酒は健康に良い飲み物ですが、カロリーが高いので、取り過ぎには注意が必要です。1日に飲むのは、約200mlを目安にするのが効果的です。1日にたくさん飲むのではなく、1日1杯飲むことを習慣化することで、より良い効果を期待することが出来るでしょう。

甘酒の効果

美肌効果が得られる

甘酒にはビタミンB2がたっぷり含まれています。このビタミンB2は肌の機能を活性化するのを助け、肌を保湿する効果もあり、ハリや弾力を取り戻してくれます。また甘酒の原料である麹にはメラニンの生成を抑える働きがあり、シミが増えるのを防いでくれます。

代謝のupを助ける

甘酒の中にはブドウ糖がたっぷり含まれています。ブドウ糖には血糖値を上げる働きがあり、満腹感を得やすくなります。また甘酒にはビタミンB群がたっぷり含まれており、脂質の代謝を促進する働きがあります。その為、脂肪燃焼を助け、ダイエットに効果的です。

便秘の改善に効果的

甘酒にはオリゴ糖も含まれています。加えて食物繊維がたっぷりと含まれており、腸内環境を綺麗にして、胃腸の調子を調えてくれます。胃腸の調子を調えてくれることで、女性の悩みの種となりやすい便秘を解消してくれます。

 

便秘に悩む女性に多いポッコリお腹も改善してくれるでしょう。また腸内環境は、肌にも影響を及ぼします。そのため、肌荒れやニキビの悩みなども改善してくれます。

疲労の回復に抜群

甘酒にはタンパク質を作るアミノ酸が、たくさん含まれています。また、ブドウ糖もたっぷり含まれていることから「飲む点滴」とも呼ばれています。そのため、甘酒には疲労を回復させる効果があります。毎日少量ずつ飲むことで身体の疲れも残りにくくなるでしょう。

リラックス効果が得られる

甘酒にはストレスを軽減させる効果もあります。パントテン酸や今注目されてGABAというアミノ酸の一種が含まれているので、毎日のストレスや疲れを癒す効果があると言われています。そのため、仕事終わりなど疲れている時に、一杯の甘酒を飲むことでリラックス効果を得ることが出来るでしょう。

美髪効果も抜群!

甘酒にはビオチンという成分が含まれています。このビオチンという成分はコラーゲンなどのたんぱく質を作る働きがあります。これがきれいな髪を作る効果につながります。また、甘酒に含まれるコウジ酸にもきれいな髪を作る効果があり、女性にとっては本当に嬉しい効果と言えるでしょう。

まとめ

甘酒の効果についてお分かりいただけたでしょうか。甘酒は、便秘を解消し、身体の中から綺麗に、そして、美肌、美髪へと導き、全てを美しくする働きによって、憧れの女性へと導いてくれます。

 

気になった方は、是非一度試してみる価値があるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.