ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

40代はナチュラルメイク!ファンデーション・アイメイク徹底攻略

更新日:

40代からのメイクってどうすればいいの?若い頃と同じメイクをしていたら「時代遅れ」や「若作り」って言われそうだし、かといって地味すぎると「老け顔」って言われちゃう・・。こんなお悩みをお持ちの方に知ってもらいたい、40代からのメイク術をポイントごとに分かりやすく解説していきます。

40代はナチュラルメイクで若返る!

メイクをするからにはキレイになって、若返りたい!でも、やり過ぎて若作りって言われるのはイヤですよね。40代のメイクで大事にしたいのは「ナチュラル感」です。ナチュラル感を損なわない程度に、肌のくすみやシワをカバーすることが40代のメイクのポイントになります。

 

自分に合ったメイクができれば、若返るだけでなく40代の女性ならではの艶っぽさもプラスされて、大人の女性としての美を表現できるようになります。そのためには、30代の頃のベースメイクやアイメイク方法のままではいけません。

 

40代からのメイクはどういった点に気をつければいいのか、まずは下地やファンデーションといったベースメイクからチェックしていきましょう。

40代のメイクの仕方~下地・ファンデーション編~

40代の女性は毎日が大忙し。気づいたら目の下にクマができていたり、シワやくすみが増えていることが少なくありません。これらの肌トラブルをカバーするには、ベースメイクが欠かせません。簡単にできるメイクのコツをつかみましょう。

40代のメイク・下地のコツ

40代のメイク下地で心がけたいことは、「保湿力」、「色選び」、「塗り方」の3つです。保湿力がある下地は、メイクのりを良くするほか、肌の潤いを保ってくれます。

 

つづいて、色選びです。肌のくすみをカバーするためには、サーモンピンク系のものを選びましょう。パール感のあるものだと艶感がプラスされるので、さらにオススメです。

 

そして塗り方。下地の量は、パール1粒分を目安に。均一に塗るために顔全体に少しずつ分けてのせたら、指のはらを使って薄く伸ばしていきます。

 

そして年齢が出やすい目尻や目頭、小鼻、口角周辺はさらに下地を塗り足し、しっかりと下地を馴染ませましょう。こうすることで、光の加減などで影ができにくくなり、クマやくすみを目立たせにくくすることができます。

40代のメイク・ファンデーションのコツ

これまでのファンデーションはパウダー派だったという人も、40代からはリキッドファンデーションを選びましょう。リキッドファンデーションのほうが、表情の変化によるシワなどの影響を受けにくく、ヨレたり崩れたりしにくいためです。

 

また、下地と同じく保湿力が高いものを選びましょう。さらに美容液成分が入っているなど、ファンデーションをつけることで肌の状態が良くなるものだと、より理想的です。

 

また、いつも同じ商品を買うのではなく、購入ごとにサンプルで自分の肌の色と合っているか確認するようにしましょう。肌の状態によって自分に合う色が変わってくる場合があります。

 

ファンデーションを塗るときは薄めを意識しましょう。厚塗りすると、余計にしわが目立ってしまい、せっかく下地でカバーしたのに意味がなくなってしまいます。クマなど気になる場所はコンシーラーでカバーしましょう。

40代のメイクの仕方~眉・アイメイク編~

 

40代になると、30代のころと比べて眉が薄くなったり、目の輪郭がぼんやりとしてきます。こうした変化を上手にカバーして、目力をつけましょう。

40代のメイク・アイブロー(眉)のコツ

若かったころに流行った眉の形を今も続けているせいで、顔のバランスが崩れて、ちぐはぐな印象になってしまう女性がまれに見られます。40代の女性の眉は上品かつ、大人っぽい印象を与えるように仕上げましょう。

 

眉毛は短すぎると、子供っぽい・若作りな印象を与えてしまいます。まずは、眉山の位置に気をつけましょう。眉山は目を大きく開いたとき(ビックリした表情)に筋肉が盛り上がった位置の下あたりを目安に決めましょう。

 

アイブローペンシルは、眉よりやや薄め目の色を選び、眉毛の流れに沿ってやわらかく描いていきます。ここでハッキリ描きすぎると男性的になるので注意してください。これだけでは眉が薄い・細い人は、パウダータイプのアイブローを使って描きましょう。

40代のメイク・アイメイクのコツ

40代からのアイメイクでは、アイシャドウはベージュやブラウン系がベストです。購入前には必ず肌につけて、自分に合っているか確認しましょう。これだけでは物足りないという人は、シチュエーションに合わせて優しい色味のあるローズ系もそろえておくと良いでしょう。

 

まぶたに塗るときには、最初に明るいベージュを全体になじませましょう。こうすることで、くすみがカバーされて、明るい表情が印象付けられます。クマが気になる人は、下まぶたにも同じ色をのせましょう。

 

つづいて、薄めのベージュやブラウンを二重の幅を目安にのせていきます。一重の人は目頭と目尻を太めに描くと目力アップします。

 

これまでのアイメイクといえば、グラデーションにしたり、多くの色を使ってきた人もいるかもしれません。しかし、40代からのアイメイクではシンプルがベストとなります。複雑に塗り過ぎると、肌のくすみやまぶたのたるみが強調されてしまうためです。

40代のメイクの仕方~チーク・口紅・仕上げ編~

 

さらに美しく仕上げるためのチークや口紅などのメイク術もチェックしておきましょう。

40代のメイク・チークのコツ

チークにはピンク系やパープル系など、さまざまな色があります。40代にオススメのチークは、オレンジ系やピンク系よりやや落ち着いた色味のコーラルピンク系です。

 

チークを入れるときには位置に注意しましょう。一般的には、笑ったとき頬で一番高くなる場所がチークを入れるベストポジションといわれています。しかし、40代になると、この頬の位置が下がってきます。そこでほんの少し、頬のピークより高い場所にチークを入れるようにしましょう。そうすることで、より若返った印象に変えられます。

40代のメイク・口紅のコツ

40代になると口周りのラインもぼんやりとしてきます。そこで気をつけたいのが口紅です。より若々しく、女性らしい印象をつけるには、肌よりワントーン明るい口紅を選びましょう。

 

ベージュ系やオレンジ系、赤系などさまざまな色が合わせられますが、ファンデーションと同じく、購入前には必ずサンプルで肌に合うか試してみましょう。口周りのラインをしっかり出すために、ペンシルで輪郭を描いてから口紅を塗るのがベストです。

40代のメイク・仕上げ

フェイスラインのたるみが気になる人は、鼻筋や目の下、あごにハイライトを入れると、顔全体が引き締り、若々しさがプラスされます。入れすぎると厚化粧の印象が持たれてしまうので、薄っすらと入れる程度で充分です。小さめのブラシでポンポンと軽くのせてあげましょう。

40代に人気のアイテム!プチプラで優秀なメイク落とし

40代からのメイク落としは、これまで以上に肌への負担が少ないものを選ぶことが大切です。ここではブログや口コミでも評判のメイク落としから、プチプラで優秀なものを代表してご紹介します。

アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ

メイクだけでなく、肌のくすみの原因となる「肌ステイン」まで洗い流してくれるメイク落としです。W洗顔不要という手軽さと、まつげエクステンションにも使用できるという強力なクレンジング力を兼ね備えています。175mlで1,700円です。

ファンケルマイルドクレンジングオイル

CMでも話題のロングセラー商品です。ウォータープルーフなど落ちにくいメイクもこすらずに落とせることから、肌に負担がかからないと人気を集めています。さらに角栓クリアオイルも配合で、毛穴の汚れもしっかり落としてくれます。120mlは1,700円、60mlは980円です。

花印 クレンジングローション

天然物成分を中心に配合したクレンジングローションです。肌への優しさを第一に考えているので、肌への負担が少なく、敏感肌の人でも使えます。パラベンフリー、低刺激処方です。洗い上がりのしっとり感も人気の理由となっています。180mlで630円、500mlで1,556円です。

まとめ

40代からのメイク術はいかがでしたか?大人の女性ならではの艶感を大切にしつつ、肌を明るく見せるコツをつかめば、40代の女性はこれまで以上に美しくなれます。女性有名人でも年を重ねるほど美しくなっている人がたくさんいますよね。40代から始めるナチュラルメイク、ぜひ始めてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.