美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

家電

【電気ストーブ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、電気ストーブを探している方向けにおすすめの人気商品や、種類別に見た選び方を解説しています。

それぞれの種類のメリットとデメリットから、心地よくぽかぽかにしてくれる商品をランキング形式でご紹介します。

電気ストーブの選び方

高機能の製品が増えて、灯油ストーブよりも重宝される様になってきた電気ストーブ。使用中に空気を汚さないことからも人気があります。

ここでは、それぞれの種類のメリットとデメリット、口コミなどから比較した電気ストーブの選び方を紹介します。

 

ハロゲンヒーター

ハロゲンランプを発熱体に採用している赤外線を放出する電気ストーブです。

●メリット:起動時間が早くすぐに熱を発する、ピンポイントで温められる
●デメリット:人体には赤外線が吸収されにくいので全体的に体を温められない

 

カーボンヒーター

ガラス管で覆ったカーボンを発熱体に採用している遠赤外線を放出する電気ストーブです。

●メリット:熱の吸収性が良いので体を温めやすい、すぐに温かく感じる
●デメリット:多くの物質に熱が吸収されるので広い空間を温めにくい

 

グラファイトヒーター

カーボンヒーターの一種で黒鉛を発熱体に採用している電気ストーブです。

●メリット:一般のカーボンヒーターよりも温かい
●デメリット:カーボンヒーター同様に多くの物質に熱が吸収されるので広い空間を温めにくい

 

ニクロム線電気ストーブ

石英管に入れたニクロム線が発熱体の電気ストーブです。

●メリット:安価
●デメリット:温まるまで時間がかかる、電気代がかかる

 

パネルヒーター

パネルに輻射熱を活用して温める電気ストーブです。

●メリット:部屋全体を温められる、すぐに温まる、乾燥しにくい
●デメリット:機密性の低い部屋は温まりにくい

 

セラミックヒーター

電熱部となるセラミックにファンで風を送り、周りを温める電気ストーブです。

●メリット:すぐに温まる
●デメリット:ファンの力が大きいと電気代がかかる、空気中の埃などを一緒に舞い上げてしまう場合もある

 

遠赤外線ヒーター

赤外線を放出して周りを温める電気ストーブです。

●メリット:そばにいると体が効率的に温まる
●デメリット:空間を温めにくい

 

口コミで人気の商品を選ぶ

空気を汚さないことで人気の電気ストーブは発熱体だけでも種類があり、さらにメーカー、モデルと全部見ているときりがないほどです。

そこで、効率的に選びたい方は口コミで人気の電気ストーブを選んでみましょう。「足元を温めるのにちょうどよかった」、「ほんわか温かくて空気も重くならない」など、口コミを見ると良いか悪いかの判断がつきやすくなります。

デロンギのオイルヒーターは素早く穏やかに部屋を温めてくれるととても評判の良い電気ストーブです。

 

電気ストーブの電気代

エアコン、こたつ、電気カーペットなど数多くある暖房器具の中でも電気ストーブは電気代が高いと聞いたことがありませんか?

結論から言うと、電気代は高めです。しかし、使用用途によっては電気ストーブの方がお得で、効果的な場合もありますので、暖房器具を選ぶ時は使用用途によって、どの電気ストーブが良いかを知っておきましょう。

比較的狭い空間で、全体的に温めたい場合はオイルヒーターがオススメです。短時間の場合はカーボンヒーター、ハロゲンヒーターがオススメです。

電気ストーブは、ONにしてから使用時間が長ければ長いほど電気代がかかるので、こまめに電源を切って使用時間を短縮させる様にしましょう。

 

電気ストーブの安全性

電気ストーブは空気を汚さないので、赤ちゃんや高齢者のいるお宅では気になる暖房器具の一つだと思いますが、転倒や接触による火傷のことなど安全性はどうでしょうか?

火ではないから安心を思われがちですが、より安全に使用するためには、転倒しにくい安定性、触れても高温になっていない、転倒したら自動電源OFF、高齢者でも操作しやすいなどをポイントに選ぶことです。

オススメは遠赤外線ヒーター、パネルヒーター、オイルヒーターなどです。

 

おしゃれな電気ストーブ

温めることが最優先の電気ストーブですが、種類の増えてきている今、できることならおしゃれなデザインにしたいと考える人もいるでしょう。

レトロ感たっぷりの遠赤外線ヒーター「レトロストーブノスタルジック」はコンパクトサイズで持ち運びも簡単、ヴィンテージ風のスイッチにウォールナット、サックス、ホワイトとカラーバリエーションもどこか懐かしい雰囲気です。

小型の正方形が可愛らしく首を振る遠赤外線ヒーターの「小型リフレクトヒーター」が、グレー、ブラウン、ピンクベージュとインテリアに馴染みやすいカラーバリエーションになっており、男女問わず人気があります。

電気ストーブランキングBEST3

ここからは、おすすめの電気ストーブをランキング形式でご紹介します。

より良い電気ストーブを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

デロンギ マルチダイナミックヒーター MDH09-BK

サイズ:約幅27.5×奥行35.5×高さ66.5cm
重量:9kg
種類:パネルヒーター

レビュー

素早く部屋を温め、オートアダプティブテクノロジー機能で±0.5の高い精度で温度調整ができ、部屋全体の温度を均一にします。

さらに温度をキープする優秀な電気ストーブです。部屋の温もりが保たれているので、暖房器具を使っていることも忘れるほどの心地よさ。

優れた温度切替機能、回転機能など多機能で人気の高い電気ストーブです。

 

コロナ 遠赤外線電気ストーブ コアヒートスリム DH-915R(W)

サイズ:約幅30.6×奥行30.6×高さ89.7cm
重量:3.7kg
種類:遠赤外線ヒーター

レビュー

遠赤外線ヒーターだから、冷めきった体をスピーディに中からしっかり温めてくれる優秀な電気ストーブです。

遠赤外線は人体と仲が良く、コアヒートスリムはつければすぐにでも温かさを感じることができる設計になっているのが特徴です。

さらに独自の高輻射ブラックセラミックコーティングによって、温めた空気をキープできる様になっています。

 

アイリスオーヤマ セラミックファンヒーター PCH-JS12-W

サイズ: 約幅21.1×奥行約20.8×高さ約51cm
重量:2.2kg
種類:セラミックヒーター

レビュー

人感センサーがついているので人を感知して自動的に電源のONOFFができます。

人がいなくなれば自然と消えるので電気代高めの電気ストーブでも節電しやすいのがメリットです。

温度設定機能があり、設定温度になれば自動OFFになり、電源の切り替えに特に優れています。コンパクトサイズで部屋間の移動も楽々、バスルームの脱衣所などに便利な一台です。

 

まとめ

種類の多い電気ストーブですが、使用場所や用途を考えると適切な種類の電気ストーブを選ぶことができます。

部屋をクリーンに温めたいと考えている方、足元の寒さをなんとかしたい人など、ぜひ寒い冬でもポカポカ温めるお気に入りの電気ストーブを見つけてください。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-家電
-,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.