美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

家電

【生ゴミ処理機】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、生ゴミ処理機を探している方向けにおすすめの人気商品や、タイプなどから考えた選び方を解説しています。

タイプ・設置場所・性能などのポイントでみて、生ゴミの悩みとサヨナラできるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

生ゴミ処理機の選び方


生活をしていれば必ず出てしまう生ゴミ。ゴミの日が決まっているので臭いなどの対策に困っている人も多いでしょう。

そんな生ごみを簡単に処理できるのが生ゴミ処理機です。

ここでは、タイプ、設置場所、性能、口コミなどから考える生ゴミ処理機の選び方を紹介します。

 

タイプから選ぶ

生ごみ処理機のタイプはバイオ式と乾燥式の2つに分けられます。

まずはそれぞれの特徴を知って、どちらが自分の利用用途にあっているかをチェックしてみましょう。

 

①バイオ式

微生物を活用することで生ゴミを分解する生ゴミ処理機です。分解された生ゴミは堆肥として再利用できます。

微生物の入ったバイオ材と生ごみをゴミ処理機の中に入れて処理する方式で、電気代はあまり必要としません。発酵したら完了、良質な肥料ができて、取り出しも専用の機能付きであれば簡単に取り出せます。

エコな生ごみ処理機なのですが、デメリットは発酵させている間の臭いです。堆肥の臭いを想像してもらうとイメージできますが、独自の臭いが出る場合もあります。

また、微生物を働かせるためにも容器の中の水分や温度をキープする必要があるなど、乾燥式のタイプより手間がかかります。

 

②乾燥式

電気の力で、送風をして生ごみを乾燥させて処理する生ごみ処理機です。生ごみを容器に入れるだけであとは何もしなくてOKです。

手間いらず、臭いも気にならず、生ごみ処理機の管理の必要もなくメリットが多いです。

コンパクトサイズもあり、臭いもないため、キッチンに置いても大丈夫なのでゴミ捨てが楽になります。

バイオ式よりもスピーディに処理できますが、電気代がかかります。また高機能な製品は価格も高くなり、価格帯が幅広くなっています。

 

設置場所で選ぶ

生ごみ処理機をどこに置きたいかでタイプ選びも関係してきます。屋内で置きたいのであれば、強い臭いが発生したり、大型のバイオ式の生ごみ処理機は不向きとなります。

屋内に置きたいのであれば、臭いやサイズを考えて乾燥式がおすすめです。

基本的に屋内には乾燥式、屋外にはバイオ式の傾向がありますが、場所を選ばずどちらにも設置できる生ごみ処理機もあります。屋外に設置する場合は、水平で雨風の当たらない場所があるか確認しましょう。

 

性能で選ぶ

①処理能力

生ごみ処理機の処理能力は機種によって様々です。どれくらいの生ごみを処理できるのか、時間や量もポイントです。

1日に出る生ゴミの量が容量より多くなれば、どこかに生ごみを貯めなくてはならないし、時間がかかるのであれば、次の生ゴミが出るまでに終わらない場合もあるのできちんと確認しましょう。

目安として四人家族の家で1日に出る生ゴミの平均量は700g程度です。乾燥式の方が一度に処理できる量の設定が大きめの製品が多くありますので、生ゴミが多く出る場合は乾燥式がおすすめです。

 

②消費電力

生ごみ処理機は電気を使う機械です。

バイオ式に比べて乾燥式は消費電力がかかるので事前に確認してエコな製品を選びましょう。

 

口コミで選ぶ

生ごみ処理機のことはよくわからなくて欲しくても選べない人には口コミサイトを参考にするのをおすすめします。

実際に利用した人の意見なので参考になり、悪い評価も知ることができるので、できるだけ良い生ごみ処理機を選ぶのにとても役立ちます。

エコクリーン自然にカエルは電気代が全くかからないのに、臭いも気にならないと好評価です。

 

生ゴミ処理機には助成金制度がある


リーズナブルな生ゴミ処理機も増えているのですが、できることなら出費を抑えて購入したいものです。

日本全国の約6割程度の地域は生ごみ処理機の購入にあたって助成金支給を行なっています。

理由はゴミ回収やゴミ焼却、埋め立てにかかるコスト削減ができるからで、主に商品購入代金の半分までと設定している地域が多く、20000〜75000円の上限が決められています。

自分の住んでいる地域の助成金の有無や上限、申し込み方法については、各地域のホームページや市役所に電話して事前に確認しましょう。

 

信頼と実績のパナソニックの生ゴミ処理機


生ごみ処理機に迷っている人には電器メーカーでも信頼と実績のあるパナソニックの製品もおすすめです。

ラインナップは2〜4人用のMS-N23、2〜6人用のMS-N53があります。生ゴミはすぐにリサイクラーへ入れられるのでキッチンを常にキレイにキープ、投入後は温風乾燥で除菌と脱臭をしながらゴミ処理をします。

出来上がった有機質肥料は野菜作りに役立てられ、美味しく栄養満点に育った野菜は食卓へ、そして生ゴミはリサイクラーへと好循環して快適なエコ生活を送ることができます。

 

今大注目!バイオ式生ゴミ処理機「環境エコ美人」


今注目の生ゴミ処理機です。空気清浄機能付きで、ゴミを入れても脱臭、浄化、殺菌、除湿効果で空気を汚さず、バイオの力で生ゴミを消滅させることのできる優秀な生ゴミ処理機です。

早い場合は10〜20分程度で消滅させ、遅くても24時間程度でほとんどの生ゴミを消滅させることができます。

助成金、補助金対象の商品なので、購入費用も節約できて、生ゴミからペットのフンまで分解可能だから処理の困るゴミはほとんどOK。衛生的にゴミを消滅できる環境エコ美人はおすすめの生ゴミ処理機です。

 

生ゴミ処理機ランキングBEST3

ここからは、おすすめの生ゴミ処理機をランキング形式でご紹介します。

より便利な生ゴミ処理機を選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

エコクリーン 自然にカエル S

タイプ:バイオ式
サイズ:42.8×28.3×41.8cm
容量:9kg
処理能力:700g/1日
消費電力:なし
設置場所:屋内・屋外

レビュー

生ごみを容器に入れたら、外側にあるハンドルをクルクル回すだけで生ゴミ処理ができてしまう電気いらずの生ごみ処理機です。

手動でハンドルを回すので電気を使わず実にエコ!

本体価格も安くて、電気代もいらず、そして処理能力は一日約700gと十分な量なので、とても便利に活用できます。気になる臭いもしないので室内に置いてもOKです。

 

家庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02

タイプ:バイオ式
サイズ:40×40×78cm
容量:25kg
処理能力:2kg/1日
消費電力:170W
設置場所:屋外

レビュー

優れた分解能力と持続力を持ったアシドロ菌を採用した生ごみ処理機です。

通常定期的に入れ替えるバイオ剤が5〜10年と長期にわたって補充交換しなくて良いので大変便利です。

さらに一日2kgまでの生ゴミを処理できる大容量なので大家族でゴミが多く出るお宅にはおすすめです。屋外設置用のゴミ処理機なので、設置場所を確認してから購入しましょう。

 

伸和 家庭用 生ゴミ処理器

タイプ:バイオ式
サイズ:62.2×62.2×60.3cm
容量:1.25kg
処理能力:19リットル/1日
消費電力:なし
設置場所:記載なし

レビュー

バイオだけで電気を使用せずに処理のできる環境に優しいエコな生ごみ処理機です。

密封性に優れているので、嫌な臭いを感じないのが特徴です。

液肥を取り出す抽出口があるので、肥料を作って園芸に役立てたいと考えている方におすすめです。ただし、バイオ材はセットになっていないので、別売りのバイオ材を購入する必要があります。

 

まとめ


環境を考えて生ゴミ処理機を購入する人が増えていますが、臭いも気にせず、肥料が作れるなどメリットの多い機種も増えてきました。

助成金や補助金制度などを上手に活用して、ぜひ生ごみ処理機でエコな生活を送ってみましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-家電
-

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.