美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

日用品・生活雑貨

【毛玉取り】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、毛玉取りを探している方向けにおすすめの人気商品や、性能などから考えた選び方を解説しています。

性能・サイズ・調節機能などからみた良い点をピックアップし、おすすめしたい商品をランキング形式でご紹介します。

毛玉取りの選び方

ニットやフリース、トレーナーなど特に冬物の衣類は毛玉ができやすいです。

毛玉があると一気に汚らしく古臭い印象になってしまいますが、毛玉取りがあればそんな心配はありません。

ここでは、性能、サイズ、調節機能、口コミなどから考える一般的な毛玉取りの選び方を紹介します。

 

性能から選ぶ

毛玉取りには電動タイプと手動タイプがあります。効率的に毛玉取りができるのは電動タイプです。

広範囲の毛玉を取りたい時も電動式ならスピーディに腕に負担をかけることなく簡単に毛玉を取り去ることができます。

 

①電動タイプ

【乾電池式】
乾電池があれば携帯してどこでも使うことができるので大変便利です。

小さいサイズやリーズナブルな価格のものも多くあり、手軽で気軽に使えるのが特徴です。乾電池の残量によってパワーが変わりますが、常に乾電池を用意しておけば問題ありません。

 

【AC電源式】
AC電源式は常に同じパワーで毛玉取りをすることができ、元々のパワーも乾電池式よりも強いです。

携帯には不便ですが、電源を取れるところで使用する目的であれば、AC電源式の毛玉取りがおすすめです。中には充電して使える2wayタイプもあります。

 

②手動タイプ

生地にできるだけダメージを与えたくない方には手動の毛玉取りがおすすめです。

毛玉のある箇所だけにピンポイントで使えて、自分で力を加減できるので、大切な衣類も傷つけるリスクなく、安心して使用できます。

手動タイプはブラシ型が主流でより優しく生地を守りたい場合は猪毛素材のブラシを選ぶといいでしょう。もちろん持ち運びできるのでどこでも使えます。

 

サイズで選ぶ

自宅用だけでなく携帯して外出先でも使いたい方は便利なコンパクトサイズを選びましょう。

毛玉取りはバッグに入れても邪魔にならない小さめのサイズが多くあります。会社のロッカーなどに入れておいてもスペースを取らずいつでも使えて便利です。

ただし、小さめのサイズの場合、パワーが弱かったり、毛玉を取るのに時間がかかるので、最低限のサイズとパワーを考慮して、もしもサイズを優先したい場合は、しっかりパワーの毛玉取りを自宅用にして、コンパクトサイズを2台目とするのもいいでしょう。

 

調節機能で選ぶ

電動の毛玉取りには生地に合わせた毛玉処理ができる様に段階調節機能付きの毛玉取りがあります。

カッター部分と生地の距離を変えることで生地のダメージを防ぎます。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

毛玉取りはリーズナブルで種類がたくさんあるので、どれが良いのか選びにくいところがあります。

そんな場合は口コミで「よかった!」と評判の良い毛玉取りを購入するといいでしょう。「安いのに毛玉が綺麗に取れた」「毛玉だらけのセーターが新品みたいになった」など毛玉取りの評価は実にわかりやすいです。

口コミを参考にすれば良い毛玉取りを見つけられるはずです。テスコムの毛玉取りは電動式できちんと毛玉も取れてコスパが良いと評判が良いです。

 

定番で人気!テスコムの毛玉取り

毛玉取りを調べていると必ず出てくるのがテスコムの毛玉取り。定番の毛玉取りとも言えて人気があります。

KD900は一気に毛玉をカットできる大きなカッター、着てからも使えるデリケートガード、五段階の調節機能、毛を立ち起こせるブラシヘッドアタッチメントなど、毛玉取りとしての基本的な機能はもちろん、効果も抜群で、一台あればお気に入りの洋服も綺麗に長く着ることができます。

テスコムの毛玉取りのラインナップは全部で五種類。KD900の他にはKD800,600,500,400があり、古い型についてもまだ通販で購入できる商品があります。

 

毛玉取りブラシのメリット

生地を傷めない毛玉取りをするのであればブラシの利用がおすすめです。

ブラシを毛玉のある箇所に当ててブラッシングすることで毛玉を綺麗に取り除くことができます。

 

毛玉取りブラシのメリット

①電池不要でいつでも使える
②生地に穴を開けるリスクがない
③広範囲も効率的にできる
④ウールなどは簡単に取れる

などです。

 

毛玉取りブラシのデメリット

①毛玉取りにコツがいる
②こびりついた様な毛玉は取りづらい
③フリース生地、靴下の毛玉は取れにくい

などです。電動式と迷っている方はそれぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

ダイソーの毛玉取りは100円なのに効果が凄い

ダイソーの商品の中には値段以上の価値のあるものがたまに出てブームになりますが、毛玉取りも人気があります。

「くるくる毛玉取り」は単三形アルカリ電池で動くタイプで電池は別売りです。とにかく毛玉が良く取れるとツイッターなどでアップされ、瞬く間に評判になりました。

100円だからと期待していない人が多く、いざ使ってみたら効果がすごいのでその驚きがさらにブームを読んだと思いますが、実際に毛玉は取れて、しかも超コンパクトなので持ち運びにも便利でおすすめです。

 

毛玉取りランキングBEST3

ここからは、おすすめの毛玉取りをランキング形式でご紹介します。

より良い毛玉取りを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

テスコム 毛玉クリーナー KD333

サイズ:9.7×6.8×4.3cm

レビュー

コンパクトサイズで軽量なので、使いやすく、携帯して外出先での利用もしやすい毛玉取りです。

リーズナブルな価格ですが、価格以上の役目を果たす効果的な毛玉取りで、スイッチのスムーズさや溜まったゴミの捨てやすさなども評価されています。

これ一台でも便利に活用できますが、携帯用に一つ持つならよりおすすめです。大きな毛玉は面白い様に取り除けます。

 

パナソニック 毛玉取り器 ER846PP

サイズ:12.8×6.9×5.7cm

レビュー

信頼できる電気メーカーの毛玉取り機とあって安心感のある製品です。

電動式大型丸刃でサクサク毛玉が取れるので広範囲の毛玉もスピーディに取り除けます。

寝て張り付いている毛玉も毛玉おこしがあるので逃がすことなくしっかり取れるのが特徴です。ゴミ受けに毛玉が溜まって取り外して捨てるだけで、ゴミ捨てもラクラクです。

 

コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

サイズ:22.5×5.5×3.5cm

レビュー

クリーニング屋さんから生まれた手動の毛玉取りで、生地に優しい猪毛が採用されています。

猪毛は弾力性に優れているので、生地にダメージを与えることなく、不要な毛玉だけを取り除くことができます。

ペットのブラッシングにも使えるなど毛の優しさがポイントです。若干価格が高めですが、自宅でもプロ級の仕上げにできる優秀なアイテムです。

 

まとめ

電動や手動と種類の多い毛玉取りですが、一台あると、毛玉が気になって着れなくなっていた衣類も見違えるようによみがえって、また着られるようになります。

驚くほどの毛玉取り効果のある毛玉取りをぜひ活用してみてください。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-日用品・生活雑貨
-

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.