日用品・生活雑貨

【歯間ブラシ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、歯間ブラシを探している方向けにおすすめの人気商品や、タイプなどから考えた選び方を解説しています。

タイプ・素材・サイズなどの点から考えて、トータルでおすすめしたい商品をランキング形式でご紹介します。

歯間ブラシの選び方


歯磨きをしっかりしているのに虫歯や歯肉炎になったりする人も意外と多くいます。これは歯ブラシで届かないところに歯垢が溜まってしまうからです。

歯磨きにプラスすることで虫歯予防の効果が高まる歯間ブラシ。歯磨きでは落とせていない汚れを除去できるので、虫歯だけでなく口臭の予防にも役立ちます。

ここでは、タイプ、素材、サイズ、口コミなどから考える歯間ブラシの選び方を紹介します。

 

ブラシや持ち手のタイプから選ぶ

ブラシ形状のタイプ

歯間ブラシのブラシの形状には大きく分けるとストレート、バレル、テーパーの三つになります。

ストレートはまっすぐな形状で、一般的に多くのお店で取扱われていて手に入れやすく、コスパも良いです。

バレルは楕円形、テーパーは逆三角形でこの二つは一般的に取扱いが少ないのですが、歯と歯茎の隙間を効果的に綺麗にすることができます。

テーパーは形状から引き出す際に引っかかる人のいるのでその場合はバレルがおすすめです。

 

持ち手形状のタイプ

歯間ブラシの持ち手の形状には大きく分けるとストレート、アングル、カーブの三つになります。

ストレートはまっすぐな持ち手で一般的に多くのお店で取り扱われているので手に入れやすく、コスパも良いです。

前歯など垂直方向に使える箇所に適した形状です。アングル(L字)やカーブの持ち手は、奥歯など垂直に入れられない箇所や他の歯にブラシがあたって入れられない箇所に適した形状です。

 

使いやすい素材から選ぶ

ブラシに使用されるワイヤーは金属製とゴム製があります。

金属製はしっかりしているので掃除しやすく効率できですが、反面硬さがあるので慣れないと歯や歯茎を傷つけてしまう場合があります。

ゴム製は主にシリコンが多く採用されていますが、初心者でも使いやすく歯や歯茎を傷つける心配がありません。

ただし、汚れを除去するには金属製より劣ります。

 

歯間に合わせたサイズで選ぶ

歯間ブラシのサイズは7段階あります。

①4S:0.5mm
②3S:0.8mm
③SS:0.8〜1.0mm
④S:1.0〜1.2mm
⑤M:1.2〜1.5mm
⑥L:1.5〜1.8mm
⑦LL:1.0〜2.0mm

一般的な歯茎には②3S:0.8mm、③SS:0.8〜1.0mmくらいですが、自分の歯と歯の隙間を見て合わせる必要があります。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

歯間の取り除きにくい汚れに有効な歯間ブラシを利用している人が増えていることから、今は多くの種類の歯間ブラシの選択肢があります。

種類がありすぎてどれにした良いか選べない場合は、口コミで人気の歯間ブラシをチェックしてみましょう。

デンタルプロ歯間ブラシI字型は自分にあったサイズを選べて、ワイヤーが曲がるので使いやすいと口コミでも好評価です。

 

歯間ブラシとデンタルフロスの違い


歯間ブラシとデンタルフロスはどちらも歯ブラシで取り残した歯垢を除去するのに効果的ですが、歯と歯の隙間の歯垢を除去するデンタルフロスに比べると歯間ブラシは歯と歯茎の間の歯垢を取り除くことに特化しているので、虫歯だけでなく歯周病予防の効果が期待できます。

また、歯間ブラシの場合は、フロスト比べて太さがあるので、歯の隙間があまりない若い人よりも隙間の空いてきた年配の人にオススメしたい商品です。

歯間ブラシは太さを選べるので、自分の歯の隙間にあわせて使用する必要があります。

 

歯間ブラシで血が出る場合は?


歯間ブラシを選んでいると、血が出たという口コミを見かけることがあります。

血が出るのでは歯間ブラシはよくないかも?と思われがちですが、歯間ブラシの使い方に問題があると歯茎に傷がつきやすく炎症を起こすと血が出る場合があります。

歯の隙間に入りづらい場合は無理に入れないこと、もしくはさらに小さいサイズを用意するようにしましょう。

刺激されたことによって血が出る場合は炎症があり、歯周病の可能性もあるので歯間ブラシで常に歯茎のチェックをしてお口の中の健康を守りましょう。

 

ゴムの歯間ブラシの特徴とおすすめ


歯茎に優しいゴムの歯間ブラシは、初心者で慣れていない人でも使いやすいのがオススメポイントです。

小林製薬の柔らか歯間ブラシは、3S〜S、SS〜M、M〜Lサイズの3種類のサイズがあり、狭い隙間にも入りやすくて歯周病や歯槽膿漏、虫歯の原因となる歯垢を取り除きます。

一回ずつ使う使い捨ての歯間ブラシで衛生的です。

ワイヤーを使っていないので、歯茎が気持ちよく、サイズが選べて自分にあったものを見つけやすいと口コミでも評判が良い様です。

 

歯間ブラシランキングBEST3

ここからは、おすすめの歯間ブラシをランキング形式でご紹介します。

より良い歯間ブラシを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

デンタルプロ 歯間ブラシ I字型

タイプ:I字
素材:ワイヤーブラシ

レビュー

I字型の歯間ブラシですが、自由に曲げられるので使用場所で形を変えられるので使いやすく、さらにサイズ展開も豊富なので自分の歯の隙間に合わせて選べます。

ボリュームのあるブラシにしっかりした軸で、サイズに関わらず汚れをしっかい取り除けて歯の隙間をスッキリケアできます。

キャップが付属しているので携帯にもとても便利です。

 

サンスター GUM アドバンスケア 歯間ブラシL字型

タイプ:L字
素材:ワイヤーブラシ

レビュー

歯医者さんも進める優秀な歯間ブラシ。三角になったブラシが採用されているので、歯と歯の細い隙間にある汚れも漏れなく除去することができます。

ブラシの毛質がとても柔らかく、歯と歯茎を傷つける心配がありません。

持ち手もブラシの軸もしっかりしていて折れ曲がりにくく、長ければ一週間連続で使用することができるので、毎日使用する人にとってはコスパの良い歯間ブラシです。

 

小林製薬 やわらか歯間ブラシ

タイプ:I字
素材:ゴムブラシ

レビュー

ゴムの歯間ブラシなので、歯茎を優しくマッサージする様に汚れを取り除くことができます。

ブラシの軸にもワイヤーは未使用なので、使い慣れない人でも歯茎を傷つける心配がありません。

先端先細加工で狭い隙間にも挿入しやすくなっており、サイズも3SサイズからLサイズまであるので、狭い歯間も広い歯間にも対応できます。

 

まとめ


素材や形状など種類のある歯間ブラシですが、使いやすく自分にあった歯間ブラシを見つけておくと、お口の中の健康のために役立ちます。

まだ使ったことのなかった人も今回ご紹介した商品もご参考に、ぜひ、様々な歯間ブラシをお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-日用品・生活雑貨
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.