家電

【ワッフルメーカー】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

簡単に美味しいワッフルが作れるワッフルメーカーは、家に1つあるととても便利です。

このページでは、ワッフルメーカーの購入を検討している人に知っておいて欲しい選び方のポイントや、口コミでも人気のあるワッフルメーカーの売れ筋ランキングをご紹介します。

自分の希望にぴったりと当てはまるお気に入りのワッフルメーカーを見つけてみましょう。

 

ワッフルメーカーの選び方

ワッフルメーカーを選ぶ時には、以下のポイントに注意しながら選んでみましょう。

 

タイプで選ぶ

ワッフルメーカーには、直接火にかける「直火タイプ」とホットプレートのように電気で焼く「電気式タイプ」の2種類があります。

直火タイプと電気式タイプにはそれぞれメリットデメリットがあるので、両方の特徴を良く確認してから選ぶようにしましょう。

直火タイプの場合は、火にかけても持ち手が熱くならないものを選びましょう。

電気式タイプの場合は、プレートを取り外して洗えるかどうか、収納場所のスペースはどのくらい必要なのかを確認してから購入すると良いでしょう。

 

焼き上がりの枚数や形で選ぶ

家族が居る場合は、一度に複数枚のワッフルが焼けるワッフルメーカーがおすすめです。

一度に1枚しか焼けないワッフルメーカーよりも、一度に2枚焼ける方が短時間で食事の支度が済んで楽ちんです。

焼き上がりの形も必ずチェックしましょう。

四角いワッフルが焼きあがるワッフルメーカーもあれば、ハート型やクローバー型のワッフルが焼けるものなど焼き上がりの形には色々なものがあります。

小さなお子さんがいる家庭では、キャラクターの形に焼きあがるワッフルメーカーがオススメです。

可愛い形のワッフルなら手土産としても喜ばれます。

 

お手入れのしやすさで選ぶ

フッ素樹脂加工のワッフルメーカーなら、生地が剥がれやすく綺麗に焼くことができます。

こびりついてもすぐ洗い落とせるので、お手入れも楽ちんです。

ワッフルメーカーを選ぶ時は、このように焼きやすいフッ素樹脂加工なのかどうか、丸洗いはできるのかどうかを確認するようにしましょう。

 

ワッフル生地以外も焼けるかどうかで選ぶ

ワッフル生地でワッフルを作る以外にも、餅を焼いて「モッフル」を作れるワッフルメーカーもあります。

モッフルは、いつも食べている餅とは違うサクサクとした食感が人気です。

商品の中には、餅の使用に適さないものもあります。

モッフルが食べたい人は、購入前に餅も焼けるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

どのワッフルメーカーを選んだら良いのか分からなくなったら、今売れている人気の商品の中から選んでみましょう。

例えば「パール金属」の直火専用ワッフルメーカーは、「油をしかなくてもこびりつかず綺麗に焼ける」「サクサクふわふわのワッフルやモッフルが作れる」「使いやすくて洗いやすい。

モッフルは最高の美味しさ!」など評価の高い口コミが多くオススメの商品です。

 

ワッフルメーカーで食卓をオシャレに

ワッフルメーカーがあれば、いつもの食卓を華やかにすることができます。

朝食としてもおしゃれな一品になりますし、アイスや果物、チョコレートソースをトッピングすれば立派なおもてなし用プレートの出来上がりです。

また、お餅を使った「モッフル」は普通では味わえない面白い食感を楽しむことができます。

モッフルをそのまま醤油で食べても良いですし、ワッフルのように生クリームと一緒にデザートとして、又はシチューやカレーに合わせて食卓に出すのもおすすめです。

このようにワッフルメーカーがあるだけで、様々な料理を楽しめるようになります。

 

電気式と直火式はどっちが良い?

電気式と直火式にはそれぞれメリットデメリットがあります。

どちらが自分に合っているのかどうか良く考えてから購入しましょう。

電気式のメリットは、誰でも簡単に同じ焼き上がりのワッフルを作れる点です。

スイッチを入れるだけで良いので、ワッフルを焼いている間に席を離れて別の作業をすることもできます。

デメリットは、直火式よりも焼きあがりまでの時間がかかること、自分好みの焼き加減に調整できないことです。

直火式は、調理中は火から離れることはできませんが、焼く時間や蒸らし時間などを調整して自分好みのワッフルを焼き上げることができます。

短時間で焼けること、自宅以外のアウトドアでも使用できることがメリットです。

 

ワッフル以外にも作れる多機能タイプもオススメ

電気式タイプのワッフルメーカーには、プレートを交換することでホットサンドやドーナツ、たい焼きなどワッフル以外も作れるものがあります。

ワッフルだけではなくその他の調理も楽しみたい人は、このように1台で複数の調理ができるワッフルメーカーを使ってみましょう。

プレートが外せるということは、プレートを丸洗いできるということなので衛生面も安心です。

「ワッフル作りたいけどそれだけだと飽きちゃうかも」と悩んでいる人は、多機能タイプのワッフルメーカーを是非使ってみてください。

 

ワッフルメーカーランキングBEST3

実際に今売れている人気のワッフルメーカーをランキング形式でご紹介致します。

どれも高評価の口コミが多いワッフルメーカーです。

お気に入りの商品を選ぶ時の参考にしてみてください。

モッフルも焼ける!パール金属 簡単! おもち サンド トースター ガス火専用 フッ素加工 D-80

モッフルも焼ける!パール金属 簡単! おもち サンド トースター ガス火専用 フッ素加工 D-80

メーカー型番:D-80
サイズ:(約)幅220×全長325×高さ35mm
重量: (約)1.01kg
材質:本体/アルミニウム合金(ふっ素樹脂塗膜加工)、取っ手/メラミン樹脂(耐熱温度120度)

レビュー

ガス火専用のワッフルメーカーです。

ワッフル以外にお餅を焼くことができ、切り餅を挟んで約8分~10分火にかけるだけで簡単におもちが「モッフル」になります。

フッ素樹脂加工なので、くっつかずに綺麗に焼き上がります。

 

ワッフル以外も焼ける万能調理器具アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー プレート3枚(ワッフル ホットサンド ドーナッツ) IMS-703P-W

ワッフル以外も焼ける万能調理器具アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー プレート3枚(ワッフル ホットサンド ドーナッツ) IMS-703P-W

商品サイズ(cm):幅約24.6×奥行約25.7×高さ約11
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:700W
ホットサンドプレート、ワッフルプレート、ドーナツプレート
本体重量(kg):2.3

レビュー

これ1台でワッフル・ホットサンド・ドーナツが簡単に作れる便利な機械です。

ワッフルプレートを使えば、外側はカリッと中はふんわりとした一度に2枚のワッフルが焼けます。

ワッフル以外にも、お餅を使ってモッフルを作ることも可能です。

プレートは取り外して丸洗いできるので簡単にお手入れができます。

立てて収納ができるので、キッチンの隙間へとスッキリと収納できて場所をとりません。

 

可愛いハートのワッフルが焼けちゃう和平フレイズ グリドリッチクローバーワッフルプレート GR-6911

可愛いハートのワッフルが焼けちゃう和平フレイズ グリドリッチクローバーワッフルプレート GR-6911

サイズ:32×354×143mm
重量:450g
本体:アルミダイカスト、内面:ふっ素樹脂加工、外面:焼付塗装
原産国:中国

レビュー

生地を入れて本体を閉じ、取っ手にロックをして両面焼けば可愛らしい4枚のハート型ワッフルの出来上がり。

オヤツや朝食、パーティーなど様々なシーンで大活躍します。

ガスコンロ専用で、こびりつきにくいフッ素樹脂加工でお手入れも簡単です。

 

 

まとめ

ワッフルメーカーがあれば、オシャレで美味しいワッフルを簡単に作ることができます。

直火タイプと電気式タイプの2種類がありますが、それぞれのメリットデメリットを理解して自分にぴったりのワッフルメーカーを選びましょう。

タイプ以外にも、ワッフルの焼ける枚数や形にも注意しながら選んでみてください。

朝食からオヤツなどに大活躍するワッフルメーカーを、この機会に是非購入してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-家電
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.