ワキガ

ワキガ対策に効果の高いボディソープの成分・選び方まとめ。

更新日:

ワキから強い刺激臭がしてしまうワキガ体質。

非常にデリケートな問題であり、悩みを抱える人が多いです。

ワキガ体質の人は普段の生活はもちろん、入浴の時にも気を使っているかと思います。

 

今回はワキガ対策に効果のあるボディソープについて、

ワキガ対策効果があるボディーソープはどんなもの?

ワキガ対策効果のある成分は?

ワキガ対策ボディーソープの選び方

ワキガ対策ボディーソープを使うときの注意点

などをご紹介したいと思います。

ワキガ対策効果のあるボディソープ

ワキガに悩む人は、入浴の時にもかなり気を使って脇の下を洗っているという人が多いでしょう。

しかしどんなに綺麗に洗っても、汗をかくと臭ってきてしまう所がワキガ体質の辛いところです。

中にはボディウォッシュはワキガ対策にはあまり意味がないと考えている人もいます。

ボディソープでワキガ対策ができる

ボディソープではワキガ対策は無理と考えている人も多いですが、きちんとしてものを選べば効果は期待できます。

ワキガの人はお風呂上りでもしばらくすると臭いが出てきてしまうという人が多いですが、ワキガに効果のあるボディーソープを使うことでそれが気にならなくなったという人は多いです。

 

旅行などに行ったとき、お風呂上がりに臭ってきてしまうのはちょっと嫌ですよね。

かといって入浴を済ませた後にデオドランドをするというのもあまり気が進みません。

そういった時にワキガ用のボディソープは強い味方となってくれます。

お風呂上りにも臭ってしまうという方や、少しでもワキガを改善したいと考えている人は、試してみてはいかがでしょうか。

ワキガ対策効果のあるボディーソープの成分

ワキガ予防になるボディソープとは、どのような成分が入っているものなのでしょうか。

ここではワキガ用ボディソープに求められる成分について、その効果と共に紹介していきます。

イソプロピルメチルフェノール

ワキガ臭はアポクリン腺から分泌される汗に含まれる成分を、ワキに存在する菌が分解したときに発生します。

ワキガを発生させる原因となっている菌の一種にコリネバクテリウム菌という細菌が存在します。

 

このコリネバクテリウム菌に有効な殺菌成分が、イソプロピルメチルフェノールです。

イソプロピルメチルフェノールがワキガに効果的な成分ということは広く知られており、多くのデオドランド商品に使用されています。

汗やワキガの原因となる菌を徹底的に殺菌してくれる非常に洗浄力の高い成分であるため、ワキガ用ボディソープに含まれていると良いかと思います。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

こちらも色々なデオドランド商品に含まれている成分の一つとなります。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は肌の収斂作用を促してくれるものであり、これによりワキガの原因となる汗を抑えてくれる…つまり制汗作用のある成分となります。

 

汗の過剰な分泌を防ぐことで、ワキガが発生しないようにしてくれます。

お風呂上りにまた汗をかくのは誰でも避けたいものですので、パラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれているボディソープだと嬉しいです。

ワキガ体質でなくとも脇の汗染みは嫌なものですので、そういったことでお悩みの方にもオススメできます。

ミョウバン

ワキガにはミョウバンがいい、という話は非常に有名です。

ミョウバンは皮膚の表面を酸性にしてくれる役割があります。

ワキガの原因菌はアルカリ性を好みますので、ミョウバンでワキを酸性に保たれていると菌の繁殖を防ぐことに繋がります。

 

またミョウバンには抗菌作用だけでなく、殺菌作用もあります。

化粧水などにも多く使われているなど安全面においても安心できる成分なところも嬉しいですよね。

敏感肌でボディソープの種類によっては肌に合わないという方でも、ミョウバンの成分が配合されているものであれば安心して使うことができるのではないでしょうか。

ワキガ対策ボディーソープの選び方

ワキガに効果のあるボディーソープは、調べると色々な種類のものが出てきます。

一体どれを選んだら良いのか、ここではワキガ用ボディーソープの選び方のポイントを紹介していきます。

価格帯をチェックする

ボディーソープというものは、毎日使い続けるものになります。そのためなくなるスピードも、恐らく非常に速いでしょう。

どれだけ優れた性能があっても、あまり高価なものを購入すると使い続けることができなくなってしまう恐れがあるため、値段も考慮してボディソープを選ぶことが大切です。

保湿をしっかりしてくれるものを選ぶ

たまにワキガに強い洗浄力のボディソープを使用することは逆効果、という意見を見かけます。

しかしこれは洗浄力の強いものが悪いわけではなく、厳格に言うと洗浄力が強いソープを使ったことで肌から水分や油分が抜けてしまうことが良くないんです。

 

ワキガの人はできるだけ汗をかかない方がいいと、ワキをできるだけ乾燥させた状態を保とうとします。

しかし実は、ワキガに乾燥はかえって逆効果。肌が乾燥すると白い粉をふくことがあると思いますが、あれはワキガの原因菌たちの餌となってしまい、活動を活性化させます。

さらに皮膚が必要な潤いを補おうと過剰に皮脂を分泌するため、かえってワキガを招く原因となるのです。

 

わきの下の汗や雑菌をしっかりと落とすことは必要ですが、同時に保湿もきちんと行ってくれるボディーソープを選ぶ必要があります。

肌に合ったものを選ぶ

ボディソープはワキガ防止の成分はもちろんですが、洗浄力も伴います。

デオドランド商品よりも色々な成分が入ってくる形になるため、肌がかぶれてしまったりする可能性も出てきます。

 

特にボディーソープは全身に使うものになるため、自分の肌に合っている商品なのか、良く見極めて使う必要があるでしょう。

お試し用などがあれば、まずはそちらで様子をみてから使うと良いかもしれません。

ワキガ対策ボディーソープを使うときの注意点

ワキガ用のボディーソープは、当然ながら体全体に使う形となるものです。

ワキガ対策にばかり気を取られていると、ボディソープの種類によっては洗浄力が非常に強いものがあったり、肌に合わない成分が含まれている場合もあります。

ワキガ用ボディソープを選ぶ際にどのようなことに注意すればいいのか、紹介していきます。

強く洗い過ぎない

ワキガの人は臭いが気になるあまり、ついごしごしとワキを強く洗いがちです。

しかし肌に強い刺激を与えすぎると、肌を守ろうとかえって皮脂が分泌されてしまったりしまい逆効果となってしまいます。

 

ワキガ用ボディーソープは、普通に使うだけで市販のものを使うよりもはるかに効果があります。

あまり神経質になり過ぎず、程よく洗ってあげることが大切です。

金属アレルギーの人は要チェック

ワキガに効果があると言われるデオドランド系の商品の中には、金属の成分が配合されているものがあります。

CMなどでも銀の力で~というキャッチコピーを耳にすることがありますよね。

あれは実際、金属には制汗作用のあるものが存在するためです。

 

金属アレルギーを引き起こしやすいニッケル、コバルト、クロムなどが使われることはないため、アレルギーがある人全員に炎症が起こるわけではもちろんありません。

しかしアレルギー持ちの人は買うときに成分をチェックしたり、使う前に炎症が起こらないか気を付けておいた方がいいでしょう。

まとめ

ワキガ用ボディソープについて、おすすめの成分や使い方、注意点などを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ワキガ用ボディーソープは毎日使い続けることで、少しずつワキガの予防をしていってくれるものです。

 

お風呂上りに臭ってしまうことが減ることはもちろん、日中の生活でも少しずつワキガが気にならなくなってくる可能性もあります。

ぜひ長く、継続して使い続けられるものを探してみてください。

 

この記事を見た人はこちらの記事もよく読まれています

【メンズ向け】モテる男は匂わない!おすすめ人気ボディソープランキング

最近では、メンズ専用のボディソープが多く売られていますが、 「ボディソープっていっても結局はどれも一緒でしょ?」 と思う ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-ワキガ
-, , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.