家電

【ホットプレート】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページではホットプレートを購入したい、プレゼントしたいと考えている方の為にオススメの商品紹介や選び方のポイントを解説しています。

人気の高い商品の中から更に厳選したものだけをランキング形式で紹介もしていきますので、今すぐにホットプレートを選んで買いたい!という方は必見です。

使用する人数や作りたい料理などを考えながら、お気に入りのホットプレートを見つけてみましょう。

ホットプレートの選び方

まずは、ホットプレートの選び方について確認しておきましょう。

ポイントを押さえれば、様々な種類のホットプレートの中から自分の好みのものを上手に選べるようになります。

 

プレートの種類で選ぶ

プレートの種類から、欲しいホットプレートを選んでみましょう。「平面プレート」はフライパンのように使えるタイプで、お好み焼きやホットケーキに適しています。

「穴開きプレート」はプレートの表面に穴が開いており、水受け皿に肉の余分な脂を落としながら焼くことができるのでヘルシーです。

「波型プレート」は溝に脂を落としながら焼くタイプで、穴開きプレートよりも手入れが楽です。

「たこ焼きプレート」はたこ焼きを焼くのに適していますが、ミートボールやホットケーキミックスを焼くこともできます。

 

大きさで選ぶ

使用する人数に合わせてプレートの大きさを選びましょう。

一人暮らし向けの小さめのホットプレートであれば30cm以下のプレートを、大家族やパーティ向けのワイドタイプであればプレートの大きさが40cm以上のものが適しています。

人数だけではなく、使用頻度の高い料理に合わせて大きさを選ぶのも良い方法です。

 

プレートの形で選ぶ

丸いプレートのホットプレートは焼ける面積は小さいですが、小柄でテーブルに置いても邪魔になりにくいというメリットがあります。

一人暮らしや二人暮らしにであれば丸いプレートでも問題なく使用できます。楕円形のプレートはファミリー用であれば、楕円形や長方形のプレートがおすすめです。

楕円形プレートは角が無いのでお皿などを周りにおきやすく、テーブルのスペースを効率良く使用できます。

長方形のプレートは端まで使って焼けるので、一番焼く面積が大きいというメリットがあります。

 

加熱方法で選ぶ

ホットプレートには、電気ヒーターによる加熱方法とIH方法の加熱による2タイプがあります。

ほとんどのホットプレートは電気ヒーター方法で、ヒーターの配置によってよく焼ける場所と火が通りにくい場所ができるなどの焼きムラが発生します。

一方、IH方法ではプレート全体が発熱し、焼きムラが少なく温度の上昇も素早い事が特徴です。IHの卓上コンロに鍋を組み合わせたタイプも販売されています。

 

お手入れのしやすさやその他機能で選ぶ

お手入れがしやすいかどうかは、ホットプレートを清潔に保つために重要なポイントです。

プレートを取り外して洗えるかどうかを必ず確認しましょう。プレートを丸洗いできれば、ホットプレートを常にキレイに保つことができます。

その他にも、コードの長さや火傷防止のための本体ガードの高さなども一緒に確認しておきましょう。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

ホットプレートの大きさや形だけでも、どれにしたら良いのか迷ってしまう場合は口コミで人気の商品から選んでみましょう。

実際に使った人の口コミを参考にすれば、購入前でも気になるホットプレートの性能や使い心地などを把握することができます。

例えば「アイリスオーヤマ」のホットプレートは「余分な油が下に落ちるし全てのパーツが簡単に外れるのでお掃除が出来て嬉しい」「表面も全くこびりつかない!買って良かった!」など口コミでも非常に評価の高い商品なのでおすすめです。

 

ホットプレートがあれば料理の幅が広がる!

平たいプレートならお好み焼きやビビンバ焼きそば、穴開きプレートや波型プレートなら焼肉、たこ焼きプレートならたこ焼きやミニハンバーグなど様々な料理が作れます。

作りたての熱々をテーブルで味わえるのもホットプレートの大きなメリットです。深さのあるプレートなら、鍋や煮込みうどんも手軽に調理できます。

また、ホットプレートを使って子供と一緒にホットケーキやピザを作ったりしても楽しめます。

子供と一緒に調理をする時は、鉄板に手が当たらないように本体ガードの高さがしっかりあるものを選びましょう。

 

ホットプレートは一人暮らしにぴったり!

ホットプレートは、忙しい人や料理が苦手な一人暮らしの人にぴったりの調理器具です。

スイッチを入れるだけで加熱してくれるので、ガスのようにずっと台所に居る必要はありません。

温度調整も楽々で、料理が苦手な人でも簡単に調理できます。1人で焼肉も手軽にできて、保温もできるので熱いまま食べられます。

プレートを洗うだけなので皿洗いを少なくできるのもメリットの1つです。コンパクトなものであれば収納場所に困りませんし、友達を呼んで気軽にパーティもできます。

 

パーティで活躍するホットプレートの選び方は?

オシャレなホットプレートが1つあればおもてなし料理の幅がグッと広がります。

パーティ用のホットプレートは、部屋のインテリアを邪魔しないようなデザインのものを選びましょう。

大人数であれば、長方形または楕円形のプレートがおすすめです。たこ焼きプレートを使えばアヒージョや丸いケーキをすぐに作れますし、平たいプレートなら餃子や焼肉、パエリアといったパーティ向けの料理も簡単に調理できます。

溶かしたチーズを入れた耐熱皿をホットプレートに置き、具材を周囲のプレートに置いてチーズフォンデュもできます。

普段の料理でホットプレートを使わなくても、頻繁に人を招いて食事をする人はホットプレートを購入してみてはいかがでしょうか。

 

ホットプレートランキングBEST3

実際にいま売れているホットプレートをランキングでご紹介!

ここではデザインや機能性に加えて、価格も考慮した上で人気のホットプレートベスト3を発表します。

自分用またはプレゼント用のホットプレートを選ぶ時の参考にしてみてください。

アイリスオーヤマ ホットプレート

商品サイズ(cm):幅約48.5×奥行約35.6×高さ約13.7
重量(約):6200g
材質:アルミ、ポリプロピレン
電源:AC 100V(50/60Hz共用)
消費電力:1300W
コード長(約):1.8m プレート:(3枚)平面プレート・焼肉プレート・たこ焼きプレート

レビュー

網焼き風焼肉プレートで余分な油を落とし、ヘルシーに焼きあげます。

穴から落ちた油は下の水受けプレートに落ちるので焼肉プレート上に油が残らずに煙も少なく調理ができます。

プレート表面のセラミックコーティングから遠赤外線が放出され、食材の芯までしっかり加熱し柔らかく仕上げます。

餃子が一度に約40個焼ける大型プレート、たこ焼きが約24個焼けるたこ焼きプレートで様々な種類の調理が可能です。フッ素加工で汚れがこびりつきにくく、本体ガードや水受けトレー、プレート全てが丸洗い可能です。

 

象印 ホットプレート

遠赤平面プレート43.1×31×2.1(内寸cm)
遠赤穴あき焼肉プレート+遠赤平面ハーフプレート(43.1×30.9×1.9)+(20.5×29.6×1.2)(内寸cm)
遠赤穴あき焼肉プレート+遠赤穴あき焼肉ハーフプレート(43.1×30.9×1.9)+(20.5×29.6×1.2)(内寸cm)
大たこ焼きプレート43.1×30.9×1.1(内寸cm)
重量:12.1 Kg
最高温度:250℃

レビュー

「遠赤穴あき焼肉プレート」「遠赤平面プレート」「大たこ焼プレート」+ 「遠赤平面ハーフプレート」の3枚+ハーフの0.5枚で様々なメニューを楽しめることができます。

耐久性2倍、3層構造の丈夫で長持ちする「トリプルチタンセラミックコート」を使用。穴開きプレートを使えば油の飛び散りを防ぎ、煙も半分に抑えることができます。

プレートのふちに直接手が触れにくい本体ガード付きで火傷を予防します。プレートと本体ガードは丸洗い可能で、気になる油汚れもキレイに落とすことができます。

2.5Mのロングコードで置き場所に困りません。付属している樹脂製収納ホルダーにスッキリ収納できます。

 

象印 グリルなべ

サイズ(幅×奥行×高さ):38.5×35×24cm(3枚重ね時)
満水容量:3.7L
電源:100V
消費電力:1300w
本体重量(kg):5.5
本体:PP、プレート:アルミダイカスト+フッ素コート
深なべ:アルミダイカスト+フッ素コート
フタ:強化ガラス

レビュー

「土鍋風なべ」「遠赤すき焼きなべ」「平面プレートつき溝つき遠赤焼肉プレート」で幅広い料理に対応可能です。

土鍋風なべには水量目盛りが付いているので、濃縮タイプの鍋つゆや雑炊などに便利です。土鍋風なべは直接火にかけられるので、キッチンで事前に加熱調理が可能です。

食材の彩りや出汁の色が分かるように鍋の色も工夫されています。手が直接プレートに触れにくくするための本体ガード付きで、「ラク置きふたつまみ」で熱いふたに手が触れにくく、安定して置くことができます。

 

まとめ

誰でも簡単に調理ができるホットプレートは、非常に便利な調理器具です。

大きさやプレートの形、加熱方法などに注目しながら気に入った商品を選びましょう。自分の作りたい料理に合わせて、波型プレートやたこ焼きプレートなどが付属しているホットプレートを選ぶのも良い方法です。

どれを選んだら良いのか迷ってしまう時は、口コミで人気の商品や売れ筋ランキングを参考にすると選びやすくなります。

是非この機会にお気に入りのホットプレートを探してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-家電
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.