日用品・生活雑貨

【ペグ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページではペグを探している方に向けておすすめののペグやペグ選びのポイント、ペグを買う前にみんなが気にしているポイントを紹介していきたいと思います。

ペグといえばテントをたてる際に必要なアイテムとして、アウトドア好きには外せないものですが、詳しくない人からは「なんでもいいのでは?」と思われがち・・・。

いったいどんな商品を選ぶべきなのか、そのポイントを確認してみましょう。

 

ペグの選び方

ペグはどのように選ぶとよいのでしょうか。

アウトドアに必要なたくさんのアイテムのなかでは比較的影の薄いペグですが、ペグ選びをおろそかにして品質の悪いものを選んでしまうとテント張りがうまくいかない可能性なども出てきます。

しっかりと基準を持って良いペグを選ぶようにしたいですね。

 

素材で選ぶ

ペグの選び方のポイントのひとつは素材です。ペグにはプラスチック製のものからスチール製のものまで、さまざまな素材のものがあることをご存じでしょうか?

たとえばプラスチックはぬかるんだ地面などでも高い固定力を持つ反面、強度にはどうしても難があるため折れてしまうことなども考慮する必要があります。

スチール製は安定感が強い分、重さがあり扱いが少し難しいでしょう。

使う土地や扱いやすさなどを考慮して数種類のペグを用意しておくのもひとつの方法です。まずは素材に注目してペグ選びをしてみましょう。

 

長さで選ぶ

ペグを選ぶときは長さも考慮しましょう。

ペグの長さは長ければ長いほどいいというものではありません。

たしかに長さがあれば固定力が増しますが、その一方で持ち運びに場所を取ったり重量が増えてしまいます。

無駄を極力省きたいアウトドアでは大は小を兼ねるという考え方は必ずしもプラスにはありません。

素材と同様にどこでどのように使うかによって求められる長さは変わってきますが、特に安定しないぬかるんだ土地などでは長めのペグを使用し、かための安定した場所では短めのものを使用するなどするとよいでしょう。

 

形状で選ぶ

ペグにはいろいろな形状があります。素材、長さとある程度関連する部分もありますが、形状によっても使い勝手は異なってくるので、意識したいポイントのひとつと言えるでしょう。

具体的にはシンプルで軽量型、安価なピンペグ、刺しやすさに定評のあるVペグ、重量感があり安定性が高い鍛造ペグなどがあげられます。

どの場所でどのように使うかによって素材・長さと共に形状も踏まえて選択していきましょう。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

たくさんあるペグのなかで高い人気を誇っている商品にはどんなものがあるのでしょうか?他人の口コミは特にペグを今まであまりあつかったことのない方にとっては参考になる部分も多いはず・・・。

Soomloom スチールソリッド」は固い地面でも打ちやすい扱いやすさと値段のお求め易さが魅力と多くの方から指示を集めています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ペグのおすすめの長さはどれくらい?

ペグを購入する際に気になるのは材質と長さ。

特に長さは長ければいいと思いがちですが、さきほども述べたように荷物として嵩張らないように必要最低限の長さで済ませたいものです。

理想の長さを決めるのは難しいですが、一般的には20mをあれば問題ないと言えるでしょう。

ただしタープに関しては風の影響を受けやすいので、少し長めのペグを使用した方が安全です。

 

砂浜では専用のペグを使おう

海などでタープを設営したいという方もいることでしょう。

砂浜でのペグ打ちは安定しないため、専用のペグを用いるのが最も安全です。また、通常のペグでも十分に長さのあるものであれば砂浜での使用にも耐えられます。

他での用途も考えながら選択すると良いでしょう。

 

ペグの打ち方にはコツがある?

ペグを打ち付ける時はペグに向かってまっすぐ打ち込むのがポイントです。

ペグはテントを支えるものですから頑丈だと思いがちですが、意外とちょっとしたことで変形したり折れたりしてしまうことがあります。

打ち方には気を遣ってなるべくペグに負荷をかけないようにしたいものですね。

特に折れてしまうとそのペグはもう使えないので新しいものを使用する必要が出てきます。

ある程度は消耗品として使う覚悟も必要ですが、長い期間使いたいのであれば鍛造などの強度面が優れたものの導入も検討したいですね。

 

ペグランキングBEST3

ここからは、おすすめのペグを紹介して参ります。

やはり人気のペグは使い勝手や汎用性も高く、扱いやすいのが嬉しいですよね。

どんなペグがおすすめなのか、ベスト3を決めているので、ぜひ参考にしてペグを選んでみてください。

長さも豊富、使い勝手◎の「Soomloom スチール ソリッド」

長さも豊富、使い勝手◎の「Soomloom スチール ソリッド」

素材:スチール 表面処理 :黒電着塗装
サ イ ズ:(約)300mm (ヘッド部直径(約)16mm / 打ち込み部直径(約)9.8mm)
重 量 (約)180g/1本 8本セット

レビュー

スチール素材で表面が黒電着塗装で加工されたシックなペグ。

長さの展開も豊富でこれ一種類でさまざまなアウトドアに対応可能です。アウトドア好きにも好評で、口コミの評価も高いので安心して使用する事が可能。悩

んだらまずは20~30センチ程度のペグを揃えてみては?

 

丈夫さに定評のある「 エリッゼ 鍛造ペグ エリッゼステーク」

丈夫さに定評のある「 エリッゼ 鍛造ペグ エリッゼステーク」


重量 185 g
素材 S55C

レビュー

鍛造によって作られたこちらのペグの持ち味はとにかく高い耐久性。

その分重さがあり、また鍛造ペグは値段が高めなのがネックですが、折れる心配も少ないため、他のペグが半ば消耗品として使用しなければならない中で、長い期間使えるのも魅力です。

 

強度と軽さを兼ね備えた「 Kungix テントペグ」

強度と軽さを兼ね備えた「 Kungix テントペグ」

ゴールド
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 17.8 x 1.5 x 1.5 cm

レビュー

ゴールドカラーが綺麗なペグはジュラルミン製のため高い強度と軽さを誇ります。

軽さと強度のバランスがとれているため使い勝手が非常に高い商品で、価格もさほど高くなく、隠れた名品といえるアイテムではないでしょうか?

 

 

まとめ

ひとくちにペグといっても見ていくべき要素はたくさんあることが分かりました。

ペグをどれだけ使いこなせるかでアウトドアの快適さも変わってきます。

ポイントは最低限の荷物で済ませるために重さや長さを必要十分に設定してペグを購入すること。

ペグは打ち方や素材によってアウトドア中に使えなくなることも考えて、いざという時のための予備も忘れずに用意しておきましょう。

The following two tabs change content below.
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-日用品・生活雑貨
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.