日用品・生活雑貨

【ビーズクッション】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3

更新日:

このページではビーズクッションを購入したい、プレゼントしたいと考えている方の為にオススメの商品紹介や選び方のポイントを解説しています。

人気の高い商品の中から更に厳選したものだけをランキング形式で紹介もしていきますので、今すぐに使い心地の良いビーズクッションを買いたい!という方は是非参考にしてください。

ビーズクッションの選び方


様々な種類のビーズクッションから気に入った物を選ぶのは大変ですが、いくつかのポイントに注意しながら選ぶようにするとスムーズです。

 

大きさや形で選ぶ

ビーズクッションをどのような目的で使うのかによって、大きさや形が変わってきます。
ビーズクッションに座って寛ぎたいのであればソファーのような大きなものや座布団くらいの大きさのものが良いでしょう。

抱きまくらとして使用したいのであれば、抱きかかえられるくらいの小さいものや、頭から足まで届くくらいの細長いタイプもおすすめです。

可愛らしい形のビーズクッションなら、インテリアとしても楽しむことができます。

 

カバーの素材や色で選ぶ

ビーズクッションの使用感はカバーの素材に大きく左右されます。実際に商品を触ってみて確認できるのが一番良いですが、購入するまで商品を触れない場合もあります。

そのような時は、使用している素材から肌触りを確認しましょう。綿や麻なら暑い時期でも汗を吸い取りサラッとした肌触りで使えるので快適です。

冬は柔らかく繊維の毛が長いものにしてみると温かく過ごせます。このように季節によってカバーの素材を変えてみるのもおすすめです。

素材を見ても良く肌触りが分からない場合は、口コミのレビューを参考にするのも良いでしょう。

 

耐久性で選ぶ

気に入ったビーズクッションを購入しても、使用後すぐに中のビーズが劣化してしまったり、カバーの穴が空いてビーズが出てきてしまうことがあります。

こうなると、買い替えを検討しなければなりません。ビーズクッションを選ぶ時はカバーの耐久性を必ず確認しましょう。

破れにくい丈夫なカバーなら長く使っても中のビーズが出て来る可能性が低くなりますし、ビーズクッションの形を維持しやすくなります。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

なかなか欲しい商品が見つからない場合は、口コミで人気のビーズクッションから選んでみるのも良い方法です。

例えば「アースカラーキューブチェア Lサイズ」のビーズクッションは、「座る度に体にフィットして気持ちも良い」「カバーも洗濯出来るし高いけど絶対オススメ」など口コミでも非常に評価の高い商品なのでおすすめです。

 

ビーズクッションを長く使う秘訣とは?


ビーズクッションの中にはビーズを補充したり交換したりできるものがあることを知っていますか?

お気に入りのビーズクッションはできるだけ長く使い続けたいもの。ですが、使えば使うほど中のビーズが潰れたり、劣化して使い心地が悪くなってしまいます。

中のビーズを補充したり交換できる商品であれば、いつまでも新品のような使用感を味わうことができます。

また、補充により中身のビーズの量を調整することができるので、ビーズが少ないなと感じたらビーズを自分好みの硬さまで足したり、逆にビーズを減らして柔らかくすることも可能です。

 

清潔に保てるビーズクッションを選ぶポイント


小さな子どもがいる家庭や喘息などでホコリが気になる場合は特に、ビーズクッションを常に清潔に保ちたいものです。

ビーズクッションを使ってる時に飲み物や食べ物がこぼれて汚れてしまったり、目に見えなくても汗や垢などがついて汚れてしまう場合があります。

カバーを外して洗えるかどうかも清潔を保つために必要なポイントです。

洗い替え用のカバーを用意しておけば、気軽にカバーの洗濯ができるのでいつもキレイな外見を保てます。

また、クッション内のビーズが洗えるものもありますので、購入の際にはビーズが洗えるかどうか確認しておきましょう。

 

妊婦や授乳中のママにぴったりのビーズクッションは?


これから出産を控える妊婦さんや授乳中のママさんが抱える悩みは、ビーズクッションで解決できるかもしれません。

お腹が大きくて仰向けに寝にくい妊婦さんは、ビーズクッションを抱きまくらにすればお腹が楽な体勢「シムス位」をとることができます。

使用するビーズクッションは、頭から足までをしっかりフォローできるくらいの長さのものを選びましょう。

授乳中も、ビーズクッションは大活躍します。赤ちゃんの下にビーズクッションを置けば、授乳中ずっと赤ちゃんを支え続ける必要がなくなりとても楽に過ごせます。

授乳用のビーズクッションは厚みがあって適度な硬さがあり、カバーを洗えるものを選びましょう。

 

ビーズクッションランキングBEST3

実際にいま売れているビーズクッションをランキングでご紹介!

ここではデザインや機能性に加えて、価格も考慮した上で人気のビーズクッションベスト3を発表します。

ご自分やプレゼントしたいお相手にあったものを探す際の参考にしてみて下さい。

アースカラーキューブチェア Lサイズ

サイズ:約65×65×43cm(生地の裁断サイズは63X63X43です。)
本体重量:約5.5kg(ビーズ充填量:4.8kg)
組成 外カバー・伸びる生地:ポリエステル85% ポリウレタン15% / 伸びない生地:綿100% 中材・側生地 ポリエステル95% ポリウレタン5% / 詰め物 発泡ポリスチレンビーズ(直径約0.5mm)
カバーのお洗濯が可能
生産国:日本
耐荷重:0-100㎏程度

レビュー

伸縮性の異なる2種類の生地を使用しており、使い方によって様々な座り心地を味わえます。

伸び縮みする面は深くゆったりと座るのに適しており、伸びない面に座ればまるで体が吸い付くようにもちっとビーズが変形し、座っている人に最適な形のソファーに変身します。

流動性に優れた超極小ビーズを使用しているので、体にしっかりフィットして快適です。

カバーは外して洗濯することができて清潔です。しばらく使用して中のビーズの劣化を感じたらビーズを継ぎ足すことができます。

 

エコビーズクッション【REGOLITH レゴリス】

【サイズ】 約 幅56×奥行93×高さ50cm(座面高: 約25cm)※ビーズの位置により変動します。
【材質】 表地:綿100%/中:エコビーズ
【生産】 日本

レビュー

狭い場所でも大活躍する、背もたれのホールド感が抜群の大人気クッションです。

綿100%のしっかりしたカバー生地は耐久性に優れており、長く使用することができます。ソファー、クッション、座椅子、枕などと様々な用途に使用することができるので便利です。

中に入っているビーズは環境に優しく耐久性に優れたエコビーズです。他のビーズよりも座った時の音が少なく、ガサガサとした感じが控えめになっています。

 

アースカラーコロン CO-5512AW

サイズ:約Φ55×20cm
本体重量:約1.9kg(ビーズ充填量:1.6kg)
組成 外カバー・伸びる生地:ポリエステル85% ポリウレタン15% / 伸びない生地:綿100% 中材・側生地 ポリエステル95% ポリウレタン5% / 詰め物 発泡ポリスチレンビーズ(直径約0.5mm)
生産国:日本

レビュー

伸縮性が異なる2つの生地を使用しており、目的に応じて座り心地を変化させることができます。

カバーリング仕様であるため、カバーを外して洗濯することができます。中袋が汚れた時は中性洗剤でつまみ洗いができますが、中材のビーズはあまり濡らさないようにしてください。

ビーズが劣化した時や、もっとビーズを足して座り心地を変えたい時はビーズを補充することが可能です。補充時に自分の好きな座り心地になるようにビーズの量を調整することもできます。

 

まとめ


ビーズクッションを見つける時は、大きさや形だけではなくビーズの大きさやカバーの素材にも注意しながら選びましょう。

お気に入りのビーズクッションを長く使うためにも、カバーが洗えるかどうか、ビーズを補充できるかどうかも確認しておきましょう。

使い心地の良いビーズクッションはあなたの疲れを癒やし、手放せない一品になることでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-日用品・生活雑貨
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.