ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美肌

メイク用品のお手入れは美肌への第一歩!パフとメイクスポンジの洗い方

更新日:

女性にとって、メイクは毎日欠かせないものですよね。素肌の美しさはメイクの基本。美肌を保つためには、メイク用品のお手入れも大切なんです。

今回は、美肌への第一歩のために!メイク用品パフとメイクスポンジの洗い方とお手入れについてご紹介します!

 

ファンデーションで使い分け!パフとメイクスポンジを選ぶには?

パフの選び方

肌をより綺麗に見せるためのファンデーション。リキッドやクリーム、パウダー、スティックタイプなど、種類も数多くあります。

 

パフメイクスポンジは、ファンデーションの肌なじみがよく、ムラなく塗ることができるので、とても便利なメイクアイテムです。

 

ドラッグストアには、たくさんのパフやメイクスポンジがあるので、どれを使っていいか迷ってしまうこともあるでしょう。ここではまず、ファンデーションで使い分けるパフとメイクスポンジの種類と選び方についてみてみましょう。

 

パフの種類と選び方

パイルパフ

やや小さめなものが多く、毛足が短くて取っ手の付いているパフです。きめが細かい分、吸水性はほぼありませんので、固形のパウダーファンデーション用として使いましょう。メイクの崩れやすい、目元や鼻などをしっかりカバーするときにおすすめです。チーク用としても活用できる便利アイテムです。

 

ベビーパフ

パイルパフに比べ、毛足が長く大きめで、厚みがあります。仕上げのルースパウダーやボディパウダーなど、きめの細かい粉状パウダーを使用する際につかうのが最適です。

 

メイクスポインジの種類と選び方

コンパクト用メイクスポンジ

固形のケーキタイプファンデーションにつかうメイクスポンジ。コンパクトケースの中に入っていますね。吸水性が良く、スポンジを水で濡らしてつかうと、ファンデーションが肌にしっかりと馴染んでカバー力もアップ。メイク崩れもしにくく仕上がります。

 

リキッド用メイクスポンジ

厚みのある大きなメイクスポンジ。頬や額などは、スポンジの広い部分で均一に伸ばします。目元や鼻、口まわりなどは角の細い部分でしっかりとなじませます。仕上がりがきれいで、メイク崩れしにくいため、プロも使用していることが多いスポンジです。

 

角のあるメイクスポンジ

三角形や四角形など、わざと角をつけているメイクスポンジがあります。これは、コンシーラーやチークをぼかしたり、目元や鼻筋などの細かな部分を仕上げるときにとても便利!メイクのプロもよく使用していますね。「ポイント用メイクスポンジ」としておすすめです。

 

天然素材を使用したメイクスポンジ

天然ゴムや天然海綿を使用した、メイクスポンジがあります。もっちりとしていてボリュームがあり、水に濡らして使います。肌に優しい素材なので、敏感肌タイプの方にもおすすめです。

 

いかがですか?ファンデーションがムラになったり、崩れやすいメイクでは台無し。ファンデーションタイプに合わせて、最適なパフやメイクスポンジを選ぶことが大切なのですね。プロのような自然な仕上がり感が実感できそうです。

 

ファンデーションに合わせた、パフとメイクスポンジの使い方

パフの使い方

ファンデーションは、メイクの基本の基本です。きれいな肌に仕上げるには、パフとメイクスポンジが必要不可欠。ここでは、パフとメイクスポンジを使ったメイク術を確認してみることにしましょう。

 

ベース

肌色をきれいに見せたり、日焼けを抑えたり。「メイクの8割はベースで決まる」と言われるほど、メイクベースは重要なポイントです。

使い方は、まず肌色に合わせた化粧下地を、肌全体に伸ばします。その後、厚みのある大きめのメイクスポンジでしっかりとおさえながら、全体をなじませます。目尻や小鼻、口周りなどの細かな部分は、メイクスポンジの角を使ってしっかり丁寧におさえましょう。

ベース用で使用するメイクスポンジは、ファンデーション用のものと、ベース用のものを使い分けるようにしましょう。

 

ファンデーション

まず最初におさえておきたいのは、ファンデーションは「塗る」のではなく、「叩き込む」ということ。これは、どんなタイプのファンデーションも共通の基本です。

 

顔の中心から外に向かって、優しく伸ばしながらスポンジを使って叩き込みます。摩擦によって肌への負担をなくすことが大切なのです。

 

パウダータイプのファンデーション

パウダーファンデーションを使用している場合、まずはコンシーラーで、シミやクマなど、気になるところをカバーしましょう。

 

コンシーラーを気になる部分につけます。その後、メイクスポンジでおさえながらなじませます。三角スポンジなどの角のあるタイプをつかうときれいに仕上がります。

 

次にパウダーファンデーションをつけます。

固形のファンデーションなら、厚みのあるメイクスポンジを水に濡らし、固く絞ったものをつかうと、しっかりフィットして、崩れにくくなります。

顎先から顔の輪郭、顎から頬、顔の中心から外側へ、おでこ、鼻、口周りといった順番で、叩き込むようになじませていきます。

 

ミネラルファンデーションなどの粉状タイプの場合は、パイルパフに多めの粉ファンデーションをつけ、しっかり揉み込みます。これは、パフにつけたファンデーションを均一にするためで、肌へつけた時のムラをおさえます。次に、固形ファンデーションと同じ順番で、軽くおさえながら滑らせるように肌へ載せていきます。

 

リキッド・クリームタイプのファンデーション

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、カバー力が強い分、ムラになりやすく、崩れやすいので、しっかりと肌になじませることがポイントです。

 

まず、手の甲に適量のファンデーションをとり、軽く伸ばしてあたためます。こうすることで、肌なじみがよくなるのです。次に、ファンデーションを頬、おでこ、鼻、あごへちょんちょんと点をおくようにつけ、固形ファンデーションと同じ順番で、メイクスポンジで叩き込むようになじませていきます。足りない部分は、その都度つけ足すようにしましょう。細かな目元や鼻、口まわりなどは、優しくおさえるようになじませます。

 

 

隠しきれないクマやシミは、コンシーラーでカバーします。気になるところにコンシーラーをのせ、角のあるメイクスポンジでなじませます。

 

最後にルースファンデや、フェイスパウダーを使い、パイルパフ、もしくはベビーパフに少し多めにパウダーをつけます。

その後、顎先から顔の輪郭、顎から頬、顔の中心から外側へ、おでこ、鼻、口周りといった順番で、パウダーをのせていきます。軽く滑らせるように優しくのせるのがコツ。最後に顔と首の境界をぼかしておきます。

余計なパウダーをメイクブラシで払い落とし、完成です。こうすることで、崩れにくく、透明感のあるきれいな肌に仕上げることができます。

 

パフとメイクスポンジのお手入れとタイミング

パフを洗うタイミング

毎日使うパフやメイクスポンジ。これらのメイクアイテムは、雑菌がいっぱい!

皮脂や油を吸収したパフやスポンジは、菌が繁殖しやすいので、肌トラブルの原因にもなります。また、ファンデーションもムラになりやすいため、こまめに洗ってお手入れすることが必要なのです。

 

基本は、「1日一面」。一度使ったパフやメイクスポンジは、次の日には使わないようにすること。毎日洗うのが大変な場合は、洗い替えを用意して、一週間に一度、まとめてお手入れするのが良いでしょう。

 

お手入れ方法は、いたって簡単です。

汚れたスポンジをぬるま湯で優しくもみ洗いします。ファンデーションが落ちるようにきれいに洗いましょう。

すすぎは、洗浄剤が残らないようにしっかりと。お湯を溜めた洗面器などですすいだら、最後は流水できれいになるまですすいでください。

最後にかたく絞ったら、完全に乾くまで陰干しするだけ。パフやメイクスポンジは、日に当てると傷みやすいので、形を整えてから陰干ししましょう。

 

パフやメイクスポンジをきれいにする、おすすめ洗浄剤

パフの洗い方おすすめ洗剤

汚れてしまったパフやメイクスポンジは、どんな洗浄剤を使えば良いのでしょうか。クレンジングや台所洗剤、洗濯洗剤、専用クリーナーなど、いろいろな洗浄剤がありますね。

 

じつは、パフやメイクスポンジをきれいにしてくれるおすすめの洗浄剤は「石鹸」なのです。

固形タイプの石鹸を濡らし、パフやメイクスポンジをこすりつけると、みるみるうちにファンデーションが浮かんできます。あとは、しっかり泡立てて汚れを落とし、お湯がきれいになるまで何度もしっかりすすぐこと。

 

専用クリーナーは、「スポンジが傷みにくい」「抗菌効果がある」などのメリットもあり、おすすめです。

汚れもしっかり落とせますが、肌への刺激やコスパを考えると、やっぱりお手頃で手軽な石鹸がおすすめ。使う石鹸は、高価なものではなく、普通の固形石鹸で十分。パフやメイクスポンジのこまめなお手入れを心がけましょう。

 

まとめ

パフの洗い方まとめ

いかがでしたか?

毎日使うパフやメイクスポンジは、そのままにしておくと雑菌だらけ。ファンデーションがこびりついたパフやスポンジは、メイクのノリも悪くなってしまいます。

 

パフやメイクスポンジは、メイクの仕上がりを左右するメイクの必需品です。いつも清潔できれいなものを使いましょう。メイクアイテムを収納するケースや、ポーチも、一週間に一度はきれいにします。せっかくお手入れしたパフやメイクスポンジに雑菌がついてしまっては台無しですよね。

 

美肌をキープするためには、メイクアイテムもきちんとした洗い方でお手入れすることが大切なのです。

その人の美しさは、メイクアイテムの清潔さ。自分をきれいにしてくれるアイテムは、いつもきれいに清潔にしておきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美肌
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.