美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

食品・ドリンク

【スコッチ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST5(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、スコッチを探している方向けにおすすめの人気商品や、種類などから考えた選び方を解説しています。

種類・産地などのポイントから、ぜひ飲んでいただきたいおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

スコッチの選び方


ウイスキーといえばスコッチ。世界五大ウイスキーの一つとあって、日本でも多くの人に親しまれています。

高級品からリーズナブルなスコッチまで様々ありますが、ここでは、種類、産地、口コミなどから考えるスコッチの選び方を紹介します。

 

種類から選ぶ

スコッチはシングルモルトとブレンデッドに大別できます。

シングルモルトは決められた単一の蒸留所で造られているもので、それぞれの蒸留所の個性出やすいため、銘柄ごとに味わいが異なるのが特徴です。

ブレンデッドは複数の種類のウィスキーを銘柄独自のブレンドで掛け合わせて作ってあり、飲みやすい味わいになっています。

 

シングルモルト


一つの決められた蒸留所で造られたウイスキーです。また、大麦麦芽(モルト)のみで作られているため、「シングルモルト」と呼ばれています。蒸留所のある土地の気候や樽の素材などに影響されてそれぞれの個性があります。また同じ銘柄でも個体差が出やすいため、同一の蒸溜所内のウィスキーを混ぜて味を安定させています。

エッジが効いており香りも強めなので、お酒の強くない人や初心者の人にはあまり好まれない傾向にあります。

嗜好で臭いのきつい食べ物を求める人はシングルモルトの味わいにハマる人も少なくないようです。香りや甘みがはっきりとして、華やかなスコッチです。

通は1つの樽のみから出されている「シングルカスク」「カスクストレングス」と呼ばれるウィスキーを選んで買うこともあります。

また、ストレートなどでしっかりと味わうのがおすすめの飲み方です。

有名な銘柄には「ラフロイグ」「グレンリベット」「グレンフィディック」「ボウモア」「ブルイックラディ」などがあります。

 

ブレンデッド


複数の蒸留所のウイスキーをブレンドさせて飲みやすい味わいに調整しています。

中には十数種のウイスキーをブレンドしているなど、とにかく種類が多いのでお好みの味わいを見つけやすいでしょう。

それぞれのブランドには熟練の技術を持ったブレンダーがおり、何十年も変わらない味わいを作り続けているのです。

アルコール感の少ないものやまろやかな香りなど飲みやすいスコッチが多いのでアルコールに慣れていない人におすすめです。

また、シングルモルトに比べて価格も抑えめなので、購入しやすいのが特徴です。

有名な銘柄では「ジョニーウォーカー」「シーバスリーガル」「ザ・フェイマス・グラウス」「バランタイン」などがあります。

 

産地で選ぶ

ウイスキー作りの聖地と言われる地域で日本に流通している5割程度がスペイサイドで造られたスコッチです。

初心者の人にも馴染みやすくきつすぎない程よい香りが特徴でマッカランなどがおすすめです。

海の雰囲気を味わいたい人にはアイラやキャンベルタウンの蒸留所のスコッチがおすすめです。

アイラは「ラフロイグ」が有名なブランドですが、他にも個性の強いウィスキーが多いのが特徴です。キャンベルタウンは「スプリングバンク」「グレンガイル」「グレンスコシア」の3種類だけで、力強い味わいが特徴です。

その他、スカイ島、ジュラ島、アラン島、オークニー諸島、マル島の六つの島の蒸留所、ハイランド、ローランドなどの産地があり、それぞれに代表的なスコッチがあります。

 

飲み方で選ぶ


自分の好きな飲み方によって選ぶという人も多いです。オン・ザ・ロックやストレートでウィスキーの力強い味わいを楽しみたいという場合はシングルモルトが良いでしょう。

あるいはブレンデッドでも少し高めの価格帯のものはストレートやロックに向いています。

逆にブレンデッドで安価な価格帯のものはカクテルやハイボールにもよく合うように作られています。

 

プレゼントの場合は送る相手によって選ぶ

スコッチをプレゼントとして送る場合には、相手の年齢や立場などを考えて選ぶと良いでしょう。

同年代の友人であれば、普段から自分が飲んでいるものよりもやや良いものを送りましょう。立場が上の人や年上の人に送る場合には、やや高価なものや年代物のスコッチを送ります。

ラフロイグ、マッカラン、バランタインと言ったブランドのものは贈り物として好まれることが多いです。

また複数人でお金を出し合って送る場合には、「ロイヤルハウスホールド」などの一人で購入するにはやや高価なものを選ぶというのも良いでしょう。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

産地も種類もとにかくたくさんあるので決められない人は、口コミで実際に飲んだ人の感想をチェックしてみましょう。

「お酒が強くないけど飲みやすかった」「香りが良く味わいも上品」など味の感想だけに想像が難しいこともありますが、全体的に評価がいいかどうかで見極めることもできます。

シーバスリーガルミズナラは日本人の口にあう様に造られただけあって、口コミでもかなり良い評価が目立ちます。

 

スコッチとバーボンの違いとは?


スコッチを購入する前に、ウイスキーのことをよく知っておくと選びやすくなります。

ウイスキーの違いがよくわかっていないとスコッチ好きの人にバーボンをプレゼントしてしまうなんて恥ずかしい間違えをしてしまうこともありますので、まずはバーボンとの違いを知っておきましょう。

簡単にいえば、スコッチはスコットランドで、バーボンはアメリカで造られたウイスキーを言います。

原料については、スコッチは大麦、バーボンはトウモロコシが主流となっているので、麦が苦手な人はバーボンの方があっているかもしれません。

その他、蒸留方法や熟成期間などに違いがあり、好みを知るためにはスコッチだけでなく、バーボンの代表的なウイスキーも購入して飲み比べてみるといいでしょう。

 

深い味わいと豊かな香りを楽しむシングルモルトのスコッチ


スコッチのシングルモルトは飲みづらいと感じる人もいるのですが、その分スコッチらしさがあって、スコッチを語るにはシングルモルトを飲まねば始まらないと言ってもいいでしょう。

スコットランドには多くの蒸留所がありますが、日本で購入できるシングルモルトは限られています。

それは多くのスコッチはブレンド用に造られているからです。より特徴がはっきりしているスコッチなので、より好みの味わいを見つけられる可能性もあります。

スペイサイドのグレンフィディック12年ものやボウモア12年ものなどが深い味わいと豊かな香りを感じられておすすめです。

 

女性に人気の甘いスコッチ


スコッチは味わいが飲みやすいブレンデッドもありますが、極めるのならシングルモルト。

女性でシングルモルトを試してみたい人には女性好みの甘みのあるスコットランド産のアベラワー・アブーナがおすすめです。

オロロソシェリー樽の甘い香りにバニラの様な味わい、ちょっぴりスパイシーな大人の雰囲気がスコッチの中では圧倒的に女性からの人気があります。

おすすめの飲み方は水割りかストレートで、味わいが濃厚なので食事やおつまみなしで味わうと良いでしょう。

 

ビギナーでも飲みやすいスコッチの飲み方


スコッチはさまざまな飲み方で楽しむことができます。ビギナーでも飲みやすいのは「トゥワイスアップ」です。

水とウィスキーを半々にする飲み方で、氷を入れないためにスコッチの味と香りを最も味わうことが出来る飲み方です。

あとはハイボールもおすすめです。炭酸の爽快さでぐいぐい飲むことが出来る飲み方です。

カクテルでのむのもおすすめ

また、スコッチはカクテルでも美味しく飲むことができます。

スコッチウィスキー、ドライベルモットにレモンジュースとオレンジビターズを加えた「ホールインワン」というカクテルはビターなカクテルでスッキリと飲むことができます。

また、少し甘めのカクテルが良いという人はスコッチ、ライムジュース、ジンジャーエールを加えた「マミー・テーラー」というカクテルも飲みやすくておすすめです。

 

スコッチランキングBEST5

ここからは、おすすめのスコッチをランキング形式でご紹介します。

より美味しく飲めるスコッチを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

日本人のためのスコッチ「シーバスリーガル ミズナラ」

アルコール度数:40%
種類:ブレンデッド

レビュー

日本人の文化や味覚に触れたシーバスリーガルのマスターブレンダーが、日本人のためにブレンドして造り上げられたスコッチです。

このスコッチの特徴は日本産のミズナラ樽を採用していることで、上品な甘みの味わいに仕上がっています。

和を取り入れたパッケージも素敵で、スコッチ初心者への贈り物にも適したウイスキーです。

 

40種類のスコッチをブレンド「オールドパー 12年」

アルコール度数:40%
種類:ブレンデッド

レビュー

日本に初めて紹介されたと言われており、日本の歴代の宰相や名士に愛されたとしてとても有名なスコッチです。

深い熟成のされた40種類のスコッチをブレンドして造り上げられた名品とあって、その人気は現代にも引き継がれています。

食事と楽しむのであればハイボールに、スムースな香りを楽しみたいなら水割りで飲むのがおすすめです。

 

プレミアムな味わい「シーバスリーガル 12年」

アルコール度数:40%
種類:ブレンデッド

レビュー

スコッチ界のプリンスとも言われるプレミアムな味わいのスコッチです。

スコッチ造りの聖地とも言われるスペイサイドのストラスアイラを中心にロングモーンやザ・グリンリベットなどがブレンドされて、アップルやヘーゼルナッツの香りで上品な味わいに仕上がっています。

おすすめの飲み方はロックですが、炭酸割りも美味しいと評判です。

ダークチョコレートのようなコク「ボウモア 12年」

【原材料】モルト
【アルコール度数】40%
【内容量】700ml

レビュー

アイラ島最古の蒸留所の海沿いの貯蔵庫で12年以上も熟成させたウィスキーです。

スモーキーさの中にも温かいコクがあり、「ダークチョコレートのようなコク」と評されています。

それでいてすっきりした味わいの飲みやすさが好評です。リラックスタイムにくつろぎながらオン・ザ・ロックで味わうのにぴったりの1本です。

 

華やかでスパイシーな香り「マッカラン 12年」

【原材料】モルト
【アルコール度数】40%
【内容量】700ml

レビュー

「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれるマッカランの12年ものです。

シェリー樽で12年以上熟成させた華やかな香り、スパイシーな香りにドライフルーツのような甘味を併せ持った1本。

同じマッカラン12年でも「マッカラン12年・ファインオーク」はハイボールにぴったりのスコッチですが、この「マッカラン12年」はストレートやトゥワイスアップでじっくり味と香りを楽しみたい1本です。

 

まとめ


種類の多いスコッチは、産地や飲みやすさなどで香りや味わいがぐんと変わってきます。

初心者の方も上級者の方も上品で華やかな香りと甘みのあるスコッチを色々試してお気に入りのスコッチを見つけてください。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-食品・ドリンク
-

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.