日用品・生活雑貨

【エコバッグランキング】口コミ・人気・おすすめBEST5(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは買い物やちょっとしたお出かけの際に非常に役立つエコバッグの選び方や使い方の解説をしています。

人気商品の中から丈夫さや使い勝手の良さなどを比べて、ランキング形式で紹介します。

エコバッグの選び方


エコバッグは雑貨屋さんやスーパーでも売られており、かなりの頻度で目にするものです。

でもどうせ使うなら気に入ったデザインや使い勝手の良さにもこだわりたいと思いますので、ここでは失敗しない長く使えるエコバッグ選びについてお話をします。

どんな点を意識してエコバッグを選ぶと良いのでしょうか?

 

サイズやデザインで選ぶ

エコバッグを色々見てみると柄や形など非常に種類が多く、目移りしてしまってどれを変えばいいかわからなくなります。

そこでまずはデザインとサイズを決めて、その中から気に入ったものを選ぶようにしてみましょう。

 

エコバッグのサイズを考える

例えば1週間に1回の買い物でまとめて買う人と、毎日スーパーに行く人とでは買う量が全く異なります。

家族の人数でも変化しますので、自分の買い物の量とエコバッグのサイズを合わせるのが最初にしておきたいことです。

小さすぎるとあまり使い勝手がよくないので、少し大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

 

デザインや形を考える

トートバッグタイプのエコバッグや柄がユニークだったり、シンプルだけど可愛らしいものなどデザインはとても豊富です。

サイズだけ決まっていたらあとは好みで大丈夫ですが、色んな服に合わせやすいものが特にオススメです。

少し派手でもアクセントになりますし、普段は折りたたんで仕舞えるのでちょっと冒険してみてもいいですね。

 

保冷機能の有無で選ぶ


機能面ではあまり差のないエコバッグですが、保冷機能の有無だけは先に考えておくと良いです。

夏場の買い物でスーパーから家まで時間がかかる方は保冷機能のあるエコバッグを持っておくと安心です。

普通のエコバッグと併用する人も多く、冷凍食品や生ものは保冷機能付きの方に入れるという方も多いです。

小さめのものでも良いので1つは保冷機能付きのエコバッグがあると良いでしょう。

 

バッグの素材で選ぶ

バッグの素材には、コットン、ポリエステル、キャンパス地、デニム、不織布などがあります。

持ち運びに便利で、プリントが映えるのでデザイン性も良く買い物以外にも活躍してくれるコットン、薄くて軽く携帯に便利なポリエステル、丈夫で中身をしっかり守ってくれるキャンパス地、使い込むほどに味の出るデニム、安価で軽く燃やしても有害物質のでない不織布など、それぞれに特徴があります。

素材によっては重い物の持ち運びには向かないものがあるので、いつも買い物の量が多い人は丈夫で破けにくい素材のエコバッグを選ぶようにしましょう。

 

防水機能付きかどうかで選ぶ


買い物をしている日が全て天気が良いとは限りません。

雨が降った時も買った品物を雨から守りながら持ち運ぶためには、防水機能付きのエコバッグが便利です。

防水機能が付いているバッグなら、バッグが雨に濡れても怖くありません。水に弱い品物でも安心して持ち運ぶことができます。

 

袋の口を閉じられるかどうかで選ぶ

買い物帰りに誰かに会った時、買った品物を見られるのが恥ずかしいと感じた経験を持つ人は多いと思います。

このような時、チャックや紐などで口を閉じられるエコバッグがあると便利です。

口を閉じておけば他人に買ったものを見られる心配はありませんし、ちょっとした拍子に袋の中身が外に出てしまうのを防ぐことができるので安心です。

 

形で選ぶ

ビニールのレジ袋と同じ形の「レジ袋型」、沢山の品物を入れることができる「トートバッグ型」、レジのカゴにセットできる「カゴ型」の3種類があります。

レジ袋型は折りたたんで持ち運びがしやすく、トートバッグ型は肩にかけることができるので重い荷物でも運びやすいというメリットがあります。

レジ袋型は、カゴにセットしておけばレジを通す時にその中にどんどん品物を詰めることができて、会計と同時にそのまま持ち帰れるので袋詰めの手間が省けて楽ちんです。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

デザインやサイズは分かっても、丈夫さや手触り感などはネットでの購入ではわかりません。

そこで口コミを買う前に確認してみると本当に良いものなのかどうかがすぐにわかります。

MARIOのショッピングバッグは大変人気で機能面でも優れているので、口コミ評価が高いエコバッグの筆頭として挙げられます。

 

エコバッグは折りたたみが面倒


普段は鞄の中でコンパクトになっていて、さっと取り出して使えるイメージの強いエコバッグ。

でも、使った後の折りたたみが意外と難しかったり、シワが酷くなってしまうなど結構面倒だと感じる人が多いポイントです。

そんなエコバッグの折りたたみへの負担を考えた商品が最近では多く出ており、折りたたみ方が簡単だったりシワになりにくいものが増えてきました。

そろそろ買い換えようかなと思っていたら、折りたたみのしやすさに着目してもいいかもしれません。

 

おしゃれなエコバッグでお買い物を楽しく


エコバッグは貰い物やスーパーで安く売っているもので済ませるという人が少なくありません。

買い物した品物が入れば確かにエコバッグとしての最低限の役目は果たせますが、どうせならエコバッグも可愛かったり、お気に入りのものにしてみませんか?

重たい荷物もお気にりのバッグに入っていれば少し気が楽ですし、コーディネートのアクセントとして役立てることも出来ます。

エコバッグを複数持って、その日の気分で変えるというのも良いですし、お買い物をより楽しく出来るアイテムとして活用するのも良いでしょう。

 

ちょっと贅沢にブランド物のエコバッグもあり


安価なものだと500円程からあるエコバッグですが、せっかく使うなら少し良いものを…と考える人もいると思います。

そんな方はブランド物のエコバッグを選んでてみてはいかがでしょうか?

ロゴが入っていたりブランドマークがあしらわれているだけでなく、やはり高品質で丈夫なので使い勝手も良いものが揃っています。

デザインも柄もかわいいarimekkoのエコバッグはとくに女性に人気が高く、価格も3,000円前後なのでオススメです。

 

エコバッグランキングBEST5

ここからは今人気のエコバッグをランキング形式でご紹介します。

口コミで売れてるエコバッグのみを厳選しておりますので是非参考にしてみてください。

MARIO ショッピングバッグ

サイズ:約45×31×23cm
カラー:5種類
材質:ポリエステル

レビュー

スーパーなどのカゴに設置出来るタイプなので、精算のときにセットしておけば袋詰の手間が省ける画期的なエコバッグです。

大容量収納が出来るので1回のお買い物をこれ1つだけで入れることが出来ますし、簡単にコンパクトにしまえるのもとても魅力的です。

カラーもボーダー・ドット・迷彩と豊富に揃っているので、自分好みのエコバッグでお買い物をラクで楽しめるものにしてくれます。

 

マーナ Shupatto コンパクトバッグ

サイズ:約30×32cm
カラー:8種類
材質:ナイロン

レビュー

中身を詰めると丸っこくて可愛いフォルムになることと、折りたたみのしやすさが大人気の可愛いエコバッグです。

両端をシュッと引っ張るだけで一気にたためるので、エコバッグにありがちな「収納が面倒で出しっぱなしに…」という事が起こりにくいです。

カラーもシンプルなものからカラフルなものまで揃っており、サイズも2つから選べるのでお好みのものがきっと見つかります。

 

優美社 スーパーレジカゴバッグ

サイズ:約22×44×23cm
カラー:9種類
材質:ポリエステル

レビュー

30Lの大容量でスーパーのカゴにもぴったりなサイズなので、セットすることで袋詰の手間がかからなくなります。

子育て中のママさんやまとめ買いが多い方からの支持が非常に厚く、カラーも豊富なので多くの人が愛用しているエコバッグです。

コンパクトに畳むのも簡単なのでストレスなく利用出来るのも人気の理由です。

 

安くても有能! トルネ エコバッグ

サイズ:約35×10×62cm
材質:ポリエステル
原産国:中国
収納時のサイズ:約13×11.5×2.4cm
最大容量:約15L
耐荷重:約8kg(2Lペットボトル約4本分)

レビュー

スーパーの袋型のシンプルなエコバッグです。内ポケット兼収納袋が付いており、簡単に畳めるのでコンパクトな状態で持ち運べて便利です。

レジ袋(大)と同じ大きさで2Lのペットボトルが4本入ります。

毎日の買い物に、又はショッピングバッグの予備としても使用できます。

 

オシャレ! ザ・ノース・フェイス トートバッグ

メイン素材:綿
素材:オーガニックコットン100%
容量:20L
横:44cm / 高さ:47cm / マチ:10cm

レビュー

厳しいEU基準を採用している、オランダの国際的なオーガニック認証団体「Skal」が認定したオーガニックコットンで作られたトートバッグです。

小さく畳んで持ち運びが可能で、買い物だけではなく通学などの普段使いも可能です。

温かみのある風合いと有名なブランドアイコンが目を引く使いやすいデザインです。

 

買い物だけじゃない!エコバッグの活用法


エコバッグには、買い物以外にも様々な活用方法があります。

S字フックなどを使って壁に吊るして収納場所として活用すれば、場所をとらずに様々な物を収納して部屋をスッキリと見せてくれます。

かさばるビニール袋や紙袋も、エコバッグに入れて吊るせば見た目もキレイです。

メッシュタイプのエコバッグは洗面所で使用したり、部屋の小物に合わせて色やデザインを選んで吊るせば素敵なアクセントになります。

また、エコバッグは旅行先でも活躍します。下着や靴下などの細かいものを入れれば旅行バッグの中を簡単に整頓できますし、宿泊先での入浴時に着替えやタオルをまとめて持ち運ぶこともできます。

お土産を入れる袋にするなど様々な使用法があります。

使用に飽きてしまったエコバッグなどは、このように買い物以外で活用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ


色々なエコバッグやその選び方、違いなどを紹介してきました。

買い物の度に使うものだからこそ丈夫で使いやすく、収納もラクに出来るものをメインに紹介させていただきました。

気に入ったものがあればぜひこの機会に買い替えやエコバッグデビューをしてみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-日用品・生活雑貨
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.