ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

何とかしたい歯の黄ばみ!歯磨き粉で解決できる?

更新日:

自分の歯の黄ばみが気になって、歯を見せて笑えないと悩んでいる人はいませんか?毎日しっかり磨いているのに、どうして歯は黄ばんでしまうのでしょうか。歯を白くするには、まず歯が黄ばむ原因を知ることが大事です。歯科でのホワイトニングも効果的ですが、まずは自宅にて歯磨き粉によるケアを行い、白い歯を取り戻す努力をしてみましょう。

どうして歯は黄ばむのか?

歯のどの部分に着色することで、黄ばみが生じてしまうのでしょうか?

歯の構造を知ろう

歯は、血管や神経が通っている歯髄を覆う象牙質、セメント質、エナメル質によって成り立っています。歯の一番外側にあり、表面を覆って歯を守っているのがエナメル質です。エナメル質は半透明であるため、内側にある象牙質の色が透けて見えます。象牙質はエナメル質よりも柔らかい組織で、歯の大部分を占めています。

エナメル質と象牙質がポイント

象牙質の色は全員が真っ白という訳ではありません。個人差が大きく、白っぽい色や黄色っぽい色など人によって様々です。表面のエナメル質の薄さや、象牙質の色が、歯の色の見え方に大きく左右します。エナメル質に汚れが付くことで、歯が黄ばんで見えることもありますし、付着した汚れではなく表面の凹凸による光の反射具合で、黄ばみがあるように見える場合もあります。

歯が黄ばむ原因はコレ!

歯が黄ばむ原因について知り、自身の生活を見直してみましょう。

タバコ

ヤニ(タール)は、タバコの葉に含まれる成分が熱により変化したもので、黒褐色の粘り気のある物質です。タバコを吸うと、ヤニが歯に付着してしまい、徐々に歯が茶色くなってしまいます。ヤニには粘着性があるので、一度歯に付くと落としにくいのが特徴です。

飲食物による着色

タンニン、カテキンを多く含むコーヒーや紅茶ポリフェノールを多く含む赤ワインなどを飲むことで、歯が着色してしまうことがあります。飲み物以外でも、カレーやチョコレート、ココア、ぶどうなども歯の着色の原因となります。ソースを使った焼きそばや、焼肉といった色の濃い料理も着色を引き起こすことがあります。

虫歯などの詰め物

虫歯が進行すると、歯はどんどん変色します。歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯になると黄色っぽく、そして更に進行して象牙質や神経などが通る歯髄まで虫歯になると、茶色や黒といった色になってしまうのです。虫歯で穴が開くと黒くなりますし、治療で使用した詰め物や歯にかぶせた物が劣化することで、周囲の歯が黄ばんでしまうことがあります。

加齢

歳を取るごとに、歯の色は少しづつ黄色くなります。これは、歯の中心にある象牙質の色が、加齢と共に黄色くなるからです。また、長い間行う歯磨きなどの影響で、歯の表面のエナメル質が薄くなり、より象牙質の色が目立つようになります。

ミネラル成分が溶け出す

食事によって摂取した糖は、虫歯の栄養となります。虫歯菌は酸を作り出し、歯のエナメル質を溶かしてしまいます。歯からカルシウムやリン酸などが溶け出してしまうと、歯の表面に凹凸が生まれます。デコボコした歯に当たった光は乱反射を起こし、歯がくすんで見えたり、黄ばみが目立つようになってしまいます。

薬剤

抗生物質の一種であるテトラサイクリン系抗生物質は、永久歯が作られる乳児期から幼児期に使用することで、歯の着色を引き起こすことがあります。テトラサイクリン系抗生物質は中耳炎、副鼻腔炎以外にも様々な感染症の治療に用いられる薬ですが、現在では、歯の着色の副作用が広く知られた為、妊娠中から幼児期までのテトラサイクリン系抗生物質の使用はほとんどされていません。頻繁に使用されていた1960年から1970年代に治療を受けた人の中には、テトラサイクリン系抗生物質によって歯が着色してしまった人がいます。

歯を白くする歯磨き粉の選び方

歯を白くするには、毎日の歯磨きが大切です。歯磨きの時に、ホワイトニング作用のある歯磨き粉を使うことで、歯を白くすることができますよ。それでは、歯を白くする歯磨き粉の選び方のポイントを見てみましょう。

研磨剤には注意

歯の黄ばみは、歯の表面のエナメル質に付着している汚れを取って綺麗にすれば改善します。表面の汚れを取るには、研磨剤を使って磨くことが有効ですが、研磨剤を使いすぎると歯の表面に傷が付いてしまいます。エナメル質が傷ついて薄くなると、下にある象牙質の色が良く見えるようになって黄ばみが目立つようになりますし、傷によって出来た凹凸に汚れが付きやすくなってしまうので逆効果になってしまいます。自宅でのケアでは、エナメル質を傷つけずに汚れを落とすタイプの歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

再石灰化で歯の表面を修復してくれるもの

歯は、常にミネラルが溶け出す脱灰と、溶け出したミネラルが歯に戻る再石灰化を繰り返しています。しっかり再石灰化が行われていれば、エナメル質の表面は滑らかになり、着色汚れも付きにくい状態になりますし、象牙質の色も目立ちません。脱灰と再石灰化のバランスが崩れて、再石灰化よりも脱灰の方が多く行われてしまうようになると、歯の白さが失われてしまいます。「ハイドロキシアパタイト」などのエナメル質を修復してくれる成分が配合された歯磨き粉を使えば、毎日の歯磨きの時に汚れを落としつつ、エナメル質のケアをすることができますね。

タバコのヤニには重曹入り歯磨き粉がおすすめ

喫煙によって黄ばんだ歯には、ヤニがびっしりと付いています。粘着性があって落ちにくいタバコのヤニを取るには、重曹がおすすめです。重曹は炭酸水素ナトリウムといって、料理や入浴剤など様々な所で利用されており、安全性の高いものです。重曹には殺菌作用もあるので、ヤニなどの歯の汚れ取り除きつつ、歯周病を予防する効果もあります。重曹は研磨作用が強いので、重曹入り歯磨き粉を使用する際は、ゴシゴシと強く歯を擦らないように注意しましょう。

歯磨き粉にプラス!更に白くするために出来ることとは?

歯磨き粉によるケアだけではなく、他にも歯を白くするためにできることをやってみましょう。

歯間ブラシ

歯ブラシによる歯磨きだけでは、どうしても歯の隙間の汚れを落としきれないことがあります。歯間ブラシを使えば、歯ブラシが綺麗にできない場所の食べかすや、歯垢を落とすことができるので、歯石予防・虫歯予防にもなります。溜まった歯石を放置しておくと、歯石の色が濃くなって歯の黄ばみの原因となりますので、普段からしっかりと歯石を予防しておくことが大切です。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシの中には、歯を白くしてくれるホワイトニングブラシや、ホワイトモードを搭載しているものがあります。電動歯ブラシによる高速回転と高速振動で、通常の歯磨きではなかなか落とせない歯垢だけではなく、ステインやヤニまで綺麗にして歯を白くしてくれます。

ホワイトニングジェル

歯を漂白してくれるホワイトニングジェルを使って、歯を白くすることができます。歯科で処方されるホワイトニングジェルよりも漂白の力は弱くなりますが、自宅でも歯の漂白をすることができます。専用のマウスピースにホワイトニングジェルを入れて、歯に装着する方法や、筆で歯にジェルを塗る方法があります。定期的にホワイトニングをすることで、白い状態をキープすることができます。

歯磨き粉で白い歯へ!堂々と歯を見せよう!

ニコッと笑った時に見える白い歯は、相手に清潔感と好印象を与えます。歯が白くなるだけで、口元に自信が出て、気持ちも明るくなりますよね。歯を白くする歯磨き粉を使って、自宅でしっかりとケアをすれば、黄ばみを無くして白い歯にすることができます。いつまでも綺麗な白い歯をキープする為には、色の濃い食事を摂る時には着色汚れに注意する、食事をしたらすぐに歯を磨くという習慣を付けることも大切ですよ。

 

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.