ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美肌

陶器のような美白肌になるために必要なこと!美白習慣を取り入れてみよう

更新日:

透明感のある白い肌は、女性にとっての憧れです。美白は1日にして成らず。雪のような透明感のある肌をつくるのは、毎日のちょっとした習慣なのです。5年後、10年後のあなたの肌が、白く美しい美肌だと、嬉しいですよね。今日からできることがたくさんあるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

紫外線対策を忘れない

何と言っても、美白の敵は紫外線です。紫外線を浴びすぎると、メラニン色素の沈着を促進し、肌の乾燥の原因になります。これによって、しみ、そばかす、しわなど、肌を老化させることにつながってしまうのです。

 

紫外線をまったく浴びない、というのは無理ですが、意識して気をつけるだけで、全く違うと思います。夏場の紫外線は誰でも気をつけると思いますが、実は春から秋にかけて、紫外線の量というのはそれほど変わらないのです。そのため、油断して紫外線対策を怠ると、一気にしみやそばかすができてしまう原因になるのです。日焼け止めは夏だけでなく、一年を通して使用するようにしましょう。ちょっとの外出であっても、油断は禁物です。肌を紫外線から守ることによって、メラニンの生成を防ぎ、乾燥からも肌を守ってくれます。

 

常に保湿を心がける

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%80%80%ef%bc%92

美白したいと思ったら、紫外線対策の次に大切なのが保湿です。肌が乾燥することによって、メラニンの生成を促し、色素沈着が起こります。日焼けによる肌のくすみ、しみ、そばかすなどの原因は、肌のターンオーバーが乱れていることで起きるのです。

 

肌のターンオーバーとは、通常20代では28日くらいの周期ですが、年齢を重ねるにつれて、だんだん長くなっていきます。古い細胞が自然と剥がれ落ち、新しい細胞へと生まれ変わることで、肌は良い状態を保つことができるのですが、肌の保湿が十分でない場合、ターンオーバーが乱れてしまいます。今日はたくさん紫外線を浴びてしまった!と思う日には、いつもより念入りに保湿すると良いです。コットンパックなどをして、肌にしっかりと水分を補給しましょう。

 

サングラスをかける

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9

美白の天敵である紫外線は、全身から皮膚に浸透していきます。日焼け止めを塗って、紫外線対策をするのはもちろんですが、実は目から入り込んでくる紫外線によって、肌が黒くなってしまうというのです。目に強い紫外線を受けることは、目にとっても良い効果がありません。とくに、車の運転などで普段紫外線を目に受けている人は、すぐにサングラスを使用すると良いでしょう。

 

サングラスは目を守ってくれるだけでなく、目の周りの皮膚の紫外線対策にもなります。紫外線は目には見えないものですが、目の角膜が紫外線を吸収することによって、角膜に細かい炎症が起きてしまうのです。すると脳が紫外線から守ろうと指令を出し、メラニンを生成してしまうのです。今までサングラスをかけていなかった人は、ぜひこれを機会に購入してみると良いでしょう。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う

美白には、ビタミンCを取り入れることが効果的です。毎日のスキンケアに、ビタミンC誘導体配合の化粧品を取り入れることをおすすめします。ビタミンC誘導体成分配合の化粧水などを使うことによって、肌がビタミンCを吸収しやすくなります。とくに紫外線を浴びてしまった日には、ビタミンCを意識して肌に与えることで、メラニン色素の沈着を防ぐことが可能です。

 

ビタミンC誘導体成分配合の化粧品を使う時には、しっかりと肌を保湿した状態にしましょう。渇いた状態に補給しても、あまり効果がありません。コットンパックなどをして、しっかりと水分を与えてから、ビタミンC誘導体の成分を与えるようにしましょう。

 

喫煙は控える

美白に効果的なビタミンCは、とても脆く失われやすい成分です。そのため、食べ物で摂取しようとしても、なかなか体に取り込まれにくい特徴があります。そんなビタミンCをさらに壊してしまうのが、喫煙の習慣です。タバコを吸うと、その過程でビタミンCが必要となり、その成分が使われてしまいます。それによって、せっかく摂取したビタミンCが、体に取り込まれにくくなってしまうのです。

 

喫煙することによって、ニコチンの摂取により血管が収縮して血行不良にもなります。喫煙の習慣は肌にとって良くないので、なるべく控えた方が良いでしょう。

 

美白美容液を使う

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%80%80%ef%bc%91

美白したいと思ったら、美白美容液を使うことがおすすめです。ハイドロキノンという成分は、肌の漂白剤とも言われており、肌を白くする効果があります。基本的なスキンケアをして、保湿を十分行った肌に、美白美容液をなじませていきましょう。しみができやすい目元には、意識して塗り込みます。

 

美白美容液は高価なものが多いですが、毎日のスキンケアには少量で良いので、ハイドロキノンが配合された良質のものを選びましょう。保湿されていない肌に塗っても効果があまり感じられないので、しっかりと保湿してから塗るのがポイントです。

 

美白に効果的な食べ物とは

美白を手にいれるためには、外からのケアだけでなく、内側からのケアをすることが大切なのです。美白に効果的な食べ物を取り入れて、さらに白い肌を目指しましょう。

 

ヨーグルト

%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88%e3%80%80

ヨーグルトを、便秘予防などで食べている人も多いと思いますが、実は美白にも効果的なのです。ヨーグルトに含まれているビタミンB2は、美容成分としてとても優れた効果があり、肌の新陳代謝を促してくれます。新しい肌へと生まれ変わる『ターンオーバー』を助けてくれる効果があるので、日焼けした肌から新しい細胞へと生まれ変わるのを助けます。そのため、美白の敵である肌の黒ずみ、くすみ、しみやそばかすなどにも効果があるのです。

 

トマト

トマトには、美白に効果的なリコピンという成分がたくさん含まれています。メラニンの生成を抑え、日焼けをした肌が黒くなるのを防いでくれるのです。夏に冷やしトマトなどを食べるのは、非常に理にかなったことだったのですね。

 

アセロラ

アセロラには、豊富なビタミンCが含まれているので、美白にはとても効果的です。ビタミンCといえば、レモンやイチゴなどにも多く含まれていますが、アセロラにはさらに豊富なビタミンCが含まれているのです。アセロラのドリンクやサプリメントなどで摂取しても良いですね。

 

良質な睡眠をしっかりととる

睡眠時間は、美肌生成の時間とも言われています。とくに、『肌のゴールデンタイム』と言われている22時〜2時の間は、なるべく睡眠をとった方が良いでしょう。肌は寝ている間に再生し、細胞の修復や分裂を繰り返していきます。古い角質は自然と剥がれ落ち、新しい細胞へと生まれ変わりますが、睡眠が不足していると、すぐに肌は荒れてしまいます。

 

睡眠をたっぷりとれば、肌は必ず綺麗になり、生活習慣も整います。実は、6時間の睡眠では不十分だと言われていて、7時間〜8時間ほどの睡眠が必要だと言われています。新陳代謝は寝ている間にも活発に行われるので、睡眠時間を長くとることによって、新陳代謝のリズムが安定して、美白にも効果があるのです。

 

最後に

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%80%80%ef%bc%94

いかがでしたか? 美白に近づくための習慣は、今日から始められることも多かったのではないでしょうか。無理なく続けられる習慣で、一歩ずつ美白への道を進んでいきましょう。

 

毎日の積み重ねが、透き通るような美しい美肌を作っていくのですね。これから10年後も、美白でハリのある若々しい肌でいるために、ぜひ今日から美白習慣を初めてみませんか?

The following two tabs change content below.
編集部:チカりん

編集部:チカりん

5年ほど前から自分のブログで美容関連記事を配信していました。脱毛やサプリメントに関する記事が得意です。美容以外も書いているので是非読んでみてください。

おすすめランキング

-美肌

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.