ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ファイナンシャルプラン

雇用保険とは?ハッキリいって知らなきゃ損!

投稿日:

雇用保険は雇用に関するさまざまな状況を、給付金などによって助けてくれるありがたい制度です。

ひょっとしたら会社を辞めた時に給付される失業手当が雇用保険だというイメージが強いかも知れませんが、実は他にもいろいろな状況で応援してくれる制度なのです。

そのケースとは、会社を辞めた直後や、失業している最中、再就職のタイミングや、退職が選択肢にある時に継続して働こうとする場合など、要所要所で応援してくれます。

これらはもちろん働いている時に雇用保険に加入して、保険料を払っている必要がありますが、その分セイフティーネットとしてしっかりと応援してくれます。そんな雇用保険について解説します。

雇用保険とは?

adobestock_66694448

失業者が生活に困らないように応援してくれる雇用保険は、失業中の一定期間、失業給付金によって生活を支援してくれたり、スキルアップのために使った費用をまかなってくれたり、再就職した時に一時金を支給してくれるなど、具体的な応援をしてくれる保険です。

また、育児のために長期間休暇が必要な場合に経済的に支援をしてくれたり、定年後に雇用を延長するために、一定割合の給付金を支給してくれるなど、単に失業時だけではなく、雇用に関するさまざまな事情もフォローしてくれます。

では、具体的にはどのような場合にどういう支援をしてくれるのでしょうか?順番に見て行きましょう。

失業した時に役立つ失業給付

adobestock_84160952

雇用保険と聞いて、最も馴染みが深いのが失業給付ではないでしょうか?失業をしたら給付されるもので、正確には基本手当といいます。

失業給付は、一定以上の期間に雇用保険に入っていた人が失業した場合に支払われます。

失業したらまずハローワークで申請しましょう。ハローワークに自分で申請することによって給付されます。

大抵の会社の場合は雇用保険に入っていますので、会社に勤務している人であれば、失業給付をもらう権利はあるはずです。

あなたが雇用保険を払っているかどうかは給与明細を見れば分かりますので、心配な人は一度チェックしてみてください。

給付の条件

一定期間、雇用保険を払っていればもらえると申しましたが、具体的に条件を紹介します。

条件は2つありまして、1つは失業の前日から2年以内に、雇用保険の加入期間が12カ月以上あることが条件となります。

もう1つの条件は、特別な事情で失業した場合には、被保険者ではなくなった前日より1年の間に、6か月以上の雇用保険の加入期間があれば良いことになっています。

特別な事情とは、会社を解雇された場合や、会社がつぶれてしまった場合などのことです。

手に職を付けたい人に役立つ教育訓練給付金

adobestock_120698742

雇用保険では、スキルアップのためにかかった費用や、資格取得のためにかかった費用のうちの一部を援助してくれる教育訓練給付金という制度があります。

ただ単に雇用を応援するというだけでなく、スキルアップすることによって再就職を応援するという教育訓練給付金には、一般教育訓練給付金と専門実践教育訓練給付金の2種類あります。

一般教育訓練給付金

一般教育訓練給付金は、資格取得を目指してスクールに通った時に、そのスクールに支払った入学金や受講料に対して20パーセントを支給してくれる制度です。

ただし、上限が決まっていまして、10万円が限度となっているので注意が必要です。

また、どんなスクールでも良いというわけではなく、受給の条件を満たしている教育機関で資格取得をする必要があります。あなたが受講を検討している教育機関が要件を満たしているかは事前にチェックをしておきましょう。

専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金は、一般教育訓練給付金と同様に資格取得などによってスキルアップすることを応援してくれる制度ですが、「専門」という文字が付くように、より専門性が必要な仕事のための給付金です。

たとえば、 助産師や救急救命士、歯科衛生士などのように、資格を持たずに業務を行うことを禁止されている資格(独占業務資格)や、調理師や栄養士、保育士のように、資格がなくても業務はできますが、名称の使用は禁止されている資格(名称独占資格)を目指す場合が対象となっています。

1  業務独占資格・名称独占資格の取得を訓練目標とする養成施設の課程※1
[訓練期間は1年以上3年以内(職業能力開発局長の定める1年未満の養成課程を含む。)]

〈対象となる業務独占資格※2
助産師、看護師、准看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、歯科衛生士、
歯科技工士、あん摩マッサージ指圧師、はり師・きゅう師、柔道整復師、美容師、理容師、測量士、電気工事士、建築士、海技士、水先人、操縦士、航空整備士

〈対象となる名称独占資格※3〉 
保健師、調理師、栄養士、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、製菓衛生師

厚生労働省より引用

再就職時に役立つ給付金

adobestock_29708298

失業している人が、もう一度就職できるように促進してくれる制度もあります。それは就業手当と再就職手当によって具体的に応援してくれるという方法です。

継続的な給付金はありませんが、一時金として給付されるため、再就職したてで最初の給与までの支払期間が長い間にとても助かる給付金です。

就業手当

就業手当とは、1年以上の雇用が見込まれない仕事が決まった場合、条件を満たしていれば受給できる制度です。

ひとことでいうと、次の項目で説明する再就職手当の受給要件を満たしていない人が受け取る手当です。

具体的な条件は以下のとおりです。

・雇用期間が1年未の見込み
・失業給付の支給日数が所定給付日数の1/3以上で、45日以上ある
・再就職手当の対象外
・失業前の会社に再雇用されてない
・待期期間終了
・待期期間後1か月間はハローワークによる紹介で就業している

再就職手当

再就職手当とは、失業手当を受け取っている期間中に、次の仕事が決まったら受け取れる一時金です。

でも、仕事が決まって再就職手当を受け取り、またすぐ失業して仕事が決まって再就職手当を受け取ると、再就職手当目当てで失業と再就職を繰り返せばいいのではないかと思う人もいらっしゃるかも知れません。

そんなことができないように、一度受給すると3年間は受給できなくなっています。

受給条件は以下のとおりです。

・就業についた前日に失業手当の残日数が給付日の3分の1以上あること
・失業まえの事業主への再就職でない
・求職まえに雇用の約束がない
・給付制限1か月の期間内の場合は、ハローワークの紹介の就職である
・再就職手当を3年の間に受給していない
・1年以上の雇用の見込みである
・事業を開始した者で一定の条件を満たす者

働き続ける時に役立つ給付金

adobestock_85636124

失業ではなく、働き続けるために受給できるものもあります。それは、高年齢雇用継続基本給付金と育児休業給付の2つです。

では、働き続けるためとはどういう意味なのでしょうか?それぞれ見て行きましょう。

高年齢雇用継続基本給付金

高年齢雇用継続基本給付金は、60歳に達した労働者に対する給付金です。会社にもよりますが、一般的には60歳で定年という会社が多いと思います。そのため、60歳以降も継続雇用となったとしても、給料が随分安くなっていることが多いのです。

そこで、60歳になった人が、65歳になる月までの間に雇用が継続されていた上で、給料が離職した時の75パーセント未満になっていた場合に支給されるのがこの給付金なのです。これによって、安心して働き続けることができます。

育児休業給付

出産後に育休を取った場合、長期間仕事を休まなければならなくなりますが、その間は職場から給料がでませんので、経済的に不安となるかと思います。

そこで、育休中に受給できるのが育児休業給付です。原則として子どもが1歳なるまで受け取ることができます。

まとめ

adobestock_69557342

雇用保険をかけていると、失業した時にも、再就職の時にも、継続して働きたい場合にも助けとなる保険です。いずれの場合もハローワークに相談することで親切に答えてもらえるでしょう。

もしあなたが失業した時に、これらのことを知っておけば慌てなくてすむかと思いますので、ぜひ頭の片隅に入れておいていただければと思います。

せっかくの制度ですから、有効活用したいものですよね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-ファイナンシャルプラン
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.