ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

毎日の水でダイエット!正しい方法で美しい身体を手に入れよう!

投稿日:

「ダイエットをして美しくなりたいけど、たくさんのお金はかけられない。」そんな方必見のダイエットが、水ダイエットです。今回は誰でも手に入る、いえ誰でも毎日飲んでいる「水」でダイエットをする正しい方法をお伝えしていきたいと思います。

水ダイエットとは?

「水ダイエット」とは「たくさんの水を飲むことで身体の中の代謝を良くし痩せる」という方法です。わたしたちは、毎日何気なく水を飲んでいますが、体内の中の水は日常的に足りていないというのが現状です。

 

水分が足りなくなると血液がドロドロになり、身体の中の老廃物がたまっていき、頭痛や吐き気なども起きるようになります。基本的には、喉が渇き始める前に身体の中の水分は足りなくなっていますので、小まめに水を飲むことが大切です。

 

こうして身体の中の水分を補うことで、血液をサラサラにすることが出来ます。それと同時に老廃物を身体の外に流し、痩せやすい身体を作り出すことが出来るのです。

 

人間の身体の6割は水で出来ていると言われていますが、尿や汗によってそのほとんどがすぐに身体の外へ流されてしまいます。上手に水を活用してダイエットを成功させましょう。

水ダイエットの方法

%e6%b0%b4

飲む水の量

一般的に「1日2リットルの水を飲むと良い」と言われることが多いですが、人によって体重や体脂肪率なども様々ですので、飲むべき水の量も変わってきます。正しい水の量としては「体重×0.3ℓ~0.4ℓ」くらいが目安と言われています。

 

体重が50kgの人の場合、1日約2ℓの水を飲むのがふさわしいと言えるでしょう。また夏などは汗をかく機会も多くなり、失って取り入れるべき水分の量も異なってきます。

 

取り入れることが大切な水ですが、取り過ぎると水中毒になる可能性がありますので、自分の取るべき水の量を知って正しく取り入れるようにしていきましょう

水を飲むタイミング

水を十分に取り入れるべきなのは事実ですが、一度にたくさんの量をがぶ飲みすれば良いということではありません。基本的には喉が渇いたときではなく、30分ごとに少しずつ飲んでいくことがふさわしいと言えるでしょう。

 

それでも仕事などでいつも水分が取れるわけではないと思いますので、ここでは水を飲むのにふさわしい時間についておさえておくべきポイントをいくつか取り上げていきたいと思います。

朝起きたとき

人は寝ている間に多くの水分を失っています。夏だけでなく、冬でもある程度の量の汗をかいていると言われています。その為、水分不足で血液がドロドロになり粘度が上がってしまいます。

 

その為朝起きた時には、必ず身体が水分を欲していますので、水を飲むことで1日を快適にスタートさせることが出来るでしょう。また最初の一杯で胃を刺激して快便を促すことも出来るでしょう。

食事の前

食事前の空腹な時は、胃が空っぽの状態です。水のミネラル分がより吸収されやすい状態です。何より1杯のお水を飲むことで、満腹感が得られますので、ダイエットには最適ということが出来るでしょう。

運動中や運動の前後

運動の時は必ず汗をかきますので、当然のごとく水分も失われます。冬であっても身体を動かすことで多くの水分が失われていますので、必ず水を飲んで水分を取るようにしましょう。

 

運動中はもちろんですが、水分が失われる前の運動前、また失われた運動の後にもしっかりと水を飲むようにしましょう。

お風呂の前後

人は入浴中にも身体を温めることで発汗作用が働き、たくさんの汗をかきます。お風呂での発汗作用がダイエットに用いられることもありますが、必要な水分をきちんと取ることでふさわしく代謝を促すことが出来ます。

 

必ず水分が失われることが分かっている入浴の前後、またお風呂に長めにつかる場合には、入浴中にも水を飲むようにしましょう。

就寝の前

前述にもありましたように、就寝中は夏だけに限らず冬にも大量の汗をかきます。それと同時に就寝中は当然のことながら、水を飲むことが出来ないので、水分が不足してしまいます。

 

水分が失われることが分かっている就寝前にも、水を飲んで水分を補っておくことが出来るでしょう。また、水分をたっぷりとっておくことで、安眠効果も期待することが出来るでしょう。

飲む水の温度

意外と思われるかもしれませんが、ダイエット中は冷たい水を飲むのがオススメです。もちろんのことながら極端に冷たい水を一気に取り入れてしまうと胃腸がびっくりしてしまいますので15℃くらいの温度の水を飲むのがおすすめです。

 

身体の中に冷たいお水が運ばれることで、体温を一定にする身体の作用が働き、エネルギーの消費が活発になるので、代謝を上げることが期待出来ます。

 

ただ食事前に水を飲む場合は、満腹感を得るために温かいものを飲むのがおすすめです。

水ダイエットの注意点

adobestock_45722400

水はダイエットに効果的なことが分かりましたが、このダイエットには注意点もいくつかあります。早く痩せたいと感じている人の場合、水をがぶ飲みしたい気持ちにもなるかもしれませんが水を一気飲みするのは危険です。

 

大量の水を飲み続けて取り入れすぎると細胞の中に水が溜まり中枢神経が狂ってしまいます。前述にあったように水中毒を引き起こす可能性がありますので、自分の取るべき水分の量を計算して正しい量を取り入れるようにしましょう。

 

また水ではありませんが、自分の取るべき水分の摂取量を計算するのに、お酒を水分と混同してしまうこともあるかもしれませんが、アルコールを摂取することでそれを代謝するのに大量の水分が失われてしまいます。そのためにお酒を飲む時には、同時にお水を飲んで、身体が水分不足にならないように気を付けましょう。

水ダイエットの効果

水がダイエットに効果的なのはご理解いただけたと思います。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか。その効果のいくつかをご紹介していきたいと思います。

基礎代謝が上がる

先ほどあったように、冷たい水を飲むことで体温が一時的に下がり、それによって身体が反応し、体温を元に戻そうとする働きが生じます。これを恒常性機能と言います。

 

この働きで、たくさんのエネルギーを消費するので、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると、体温が上がります。同時に体温が上がることで、消費カロリーが上がると、脂肪を燃焼しやすい身体になるのです。

食欲を抑えることが出来る

前述で述べたように食事の前に水を飲むことで、一時的な満腹感が得られます。また水を飲むことで胃液を薄めることが出来るので、食欲が抑制されます。この時は出来ることなら温かいものを飲むのがおすすめです。

ダイエットと同時に美しさを得られる

なんと水を飲むことで、肌の透明感が上がり美肌効果を得ることも出来ます。実は身体の皮膚はとても薄いので、体内にいかに綺麗な水があるかどうかは、すぐに見た目に現れるということなのです。

 

体内に水にあれば良いということではなく、水分は繰り返し身体の中で循環することで2ℓもの汚れた水が出来てしまいます。その汚れた水を上手にデトックスしていくためにも、水を飲み、新しい水を取り入れることが大切です。

 

身体の中の老廃物をなくすことで、ニキビなどの吹き出物を解消することも出来ます。また、乾燥肌の悩みや、シミやむくみを解消することが出来るのです。

 

身体の中に綺麗な水を取り入れることで、見た目も美しい肌を保てるようにしましょう。

まとめ

adobestock_84446676

わたしたちが毎日飲んでいる水のダイエット効果をお分かりいただけたでしょうか。手軽に飲んでいる水を上手に使うことで、身体の中から見た目の肌に至るまで、美しさの全てを手に入れることが出来るのです。

 

水のふさわしい量を、正しいタイミングに上手に取り入れることで、憧れの自分を目指していきましょう。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-ダイエット
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.