水だけで顔を洗う「水洗顔」という洗顔方法が注目されています。水洗顔は皮脂を落としすぎないため、肌への負担も軽く、肌が自らきれいになろうとする力を活性化させることが出来ると言われています。水洗顔のやり方やメリット、デメリットを事前にしっかりチェックしておきましょう。

水洗顔とは?

「水洗顔」は肌に良いとネットなどで話題になっています。水洗顔とはどのような洗顔方法なのでしょうか?水洗顔の基本を抑えておきましょう。

洗顔料を使わない洗顔

水洗顔とは文字通り「水だけで洗顔する」という洗顔方法です。洗顔料を使わないのがポイントです。お湯ではなく、人肌よりも低い温度の水を使うというのが良いようです。

水だけの洗顔でちゃんと汚れは落ちるのか?

洗顔料を使わずに水だけで洗顔する、と聞いた時に「ちゃんと汚れが落ちるのか」ということが気になる人は多いと思います。もちろんメイクなどはクレンジング剤を使わなければ落ちませんが、通常の汚れであれば水だけでも十分に落とせます。ただし、肌質によって個人差があるということは意識しておかなければならない点です。

水洗顔のメリット・デメリットは?

水洗顔にもメリットやデメリットがあります。それぞれを考慮に入れて、水洗顔を行うかどうかを判断していくと良いでしょう。

水洗顔のメリットは

水だけで洗う水洗顔には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

皮脂の落とし過ぎを防ぐ

ベタつきやテカリの元になるため、「皮脂」というと良くないものだと考える人もいるかも知れません。ですが、皮脂には重要な役割があります。適度に分泌された皮脂は皮膚の表面を覆い、肌の水分が蒸発するのを防ぎ、水分を保持するのに重要な役割を果たしているのです。そのため、過度に皮脂を落としてしまうのは肌の保水力維持の点で良いことではありません。水洗顔であれば、余計な皮脂を落とし、必要な量の皮脂は残します。洗顔料を使うと肌がつっぱったり乾燥したりという人にはよい洗顔方法です。

肌にかかる負担を少なく出来る

洗顔料を使った洗顔にも一長一短があります。洗顔料は皮脂を落としすぎるおそれがある以外に、「成分が肌に合うかどうか」という問題もありますし、しっかりと泡立てずに洗ったり、ゴシゴシこすったりすることによって肌に負担がかかることがあります。水洗顔であれば洗顔料を使用しないので、肌にかかる負担を少なくすることが出来ます。

肌の自浄作用アップと保水能力アップ

肌に十分なうるおいがあると、肌を柔らかく保つことができます。やわらかく水分の多い肌ではターンオーバーも改善されるため、肌の健康状態がよくなります。また、皮脂の分泌が正常化され、肌のバリア機能がアップし、水分をしっかり保持できます。ターンオーバーの改善と皮脂の分泌の正常化により古い角質が落ちやすくなりますから、毛穴の詰まりなども起こりにくくなるのです。

水洗顔のデメリットは

水洗顔にはデメリットもあります。メリットだけでなく、デメリットもしっかり考慮にいれることが大切ですね。

リバウンドが起こる可能性がある

毎日しっかりと洗顔料で洗顔し、保湿を念入りにしていた、という人は水洗顔にした場合吹き出物が出るなどのリバウンドが起こる可能性があります。肌荒れがひどくなったり、赤く炎症を起こしているようなニキビができてしまった場合には水洗顔をやめましょう。

肌質によって水洗顔が合わない人もいる

肌の質によっては、水洗顔をしたら吹き出物が悪化したという人もいます。また、肌質が改善されるまでには時間がかかります。それぞれ個人差があるということを理解しておくことが大切です。

水洗顔に向いている人・いない人

水洗顔には肌の質によって向いている人と向いていない人がいます。自分の肌質を考えた上で洗顔方法を決めると良いでしょう。

水洗顔に向いている人

水洗顔に向いている人は「乾燥肌の人」「敏感肌の人」です。乾燥肌の人は洗顔料で洗顔をした時に肌の皮脂が落ちすぎてしまうのです。水洗顔は洗顔料に比べ、顔の皮脂を残すような洗顔方法になりますが、水洗顔であれば必要な量の皮脂が残ります。ただし、朝晩ともに水洗顔にしたほうが良いか、それとも朝だけ水洗顔にした方がよいかというのは人によって個人差があるようです。

水洗顔に向いていない人

脂性肌の人は水洗顔には向いていません。脂性肌の人が水洗顔を行うと、皮脂が落としきれないため、毛穴のつまりなどが解消できないためです。そのため、脂性肌の人は洗顔料を使ってしっかりと皮脂や肌表面の汚れ、毛穴の詰まりなどを落とす必要があります。

脂っぽいのは脂性肌だけが原因ではない?

顔がベタついたり脂っぽかったりという人は、必ずしも「脂性肌」が原因ではないかもしれません。肌が乾燥しすぎていると、水分を保持する必要があるために皮脂を過剰に分泌するという働きがあるのです。そのため、乾燥肌なのに脂っぽくなるという現象がおこります。自分の肌が脂性肌なのか、それとも乾燥によるのかを見極める必要があります。乾燥が原因の場合、水洗顔は有効な洗顔方法ですし、洗顔料を使うとさらに乾燥が進んでしまう可能性があります。

適度に皮脂を落とす水洗顔の正しいやり方と注意点は?

水洗顔は顔の皮脂を適度に落とすことができる方法です。また、注意しておきたい点もチェックしましょう。

水洗顔の正しいやり方は

水洗顔の正しいやり方を順を追って見ていきましょう。

手を洗う

直接顔に触るので、事前に石鹸で手を洗って清潔にしておきましょう。

水温は人肌より少し低めにする

顔を洗う際、水の温度が高いほど皮脂を落としやすくなります。必要以上に皮脂を落としてしまわないように、水温は低めにしましょう。人肌よりも少し低い程度、30度くらいが目安です。冷たすぎると何度も洗うのが大変ですので、あまり冷たすぎないようにしましょう。

こすらない

顔を洗うというとゴシゴシとこすりたくなる人もいるかもしれませんが、水洗顔ではこすらないように気をつけましょう。水で洗い流すようなイメージで、手で水をすくって顔にパシャッとつける感じにするとよいでしょう。20回から30回程度行うのが理想です。

柔らかいタオルを使う

洗い終わったあとに固いタオルでゴシゴシとこすって水分を取るのは厳禁です。柔らかいタオルを顔に当てて、水分を吸い取ると良いでしょう。

洗顔後の保湿は不要

洗顔後には化粧水などをつけたくなりますが、保湿は不要です。顔には適度な皮脂が残っていますので、自然に保湿をしてくれますので、安心しましょう。化粧水などをつけないことで、肌が自分から水分を保持するように働きます。

水洗顔の注意点

水洗顔をする際に注意したい点もまとめておきましょう。

毛穴から古い皮脂や角栓などが出てくることがある

水洗顔では毛穴内部の汚れまで落とすことができません。そのため、水洗顔を始めてしばらくすると、毛穴から古い皮脂や角栓などが白く出てくることがあります。これは皮脂がちゃんと分泌されているために毛穴から押し出された汚れなので、軽くタオルなどで拭えばすぐに落ちます。肌が水分を保持しようとするために皮脂が分泌されてきている状態なので、心配はありません

朝だけでも大丈夫

水洗顔は朝だけでも大丈夫です。夜は外出から帰ってきたあとであることが多く、ホコリなどの汚れや化粧品が残っている状態です。そのため、水洗顔だけだと汚れや化粧残りを落としきれない可能性がありますから、夜はしっかり洗顔料を使うと良いでしょう。

水洗顔で皮脂のバリア効果を活かそう!

水洗顔を行うことで、皮脂を過剰に落とすことを防ぐことができ、皮脂本来の持つバリア効果や水分の保持機能を活かすことができます。もちろん効果には個人差がありますし、肌質によっても合う、合わないということがあります。正しいやり方で行うこと、無理はしないこと、異変があったら医師の診察をうけることなどをしっかり守って行うことが大切です。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。