ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

子宮頸がんは防げる?子宮頸がんの病態とワクチンについて

更新日:

子宮頸がんの罹患率は増加傾向

AdobeStock_107445719

近年、若年層を中心に増加傾向とされているものの1つに子宮頸がんがあります。

この子宮頸がんでは、ワクチンによる副作用が大きく取り上げられたことで知ったという人も多いでしょう。子宮頸がんは命に関わることや、妊娠・出産にも影響を及ぼすことから予防や早期発見が重要とされています。そのためのワクチンでもありますが、重篤な副作用が起きているのも事実です。

子宮頸がんワクチンとはどのようなはたらきがあり、副作用についてはどの程度明らかになっているのでしょうか。また、ワクチンもそうですがそもそも子宮頸がんとはどのような疾患なのでしょうか。子宮頸がんについてその病態や治療、そして子宮頸がんワクチンのはたらきや副作用を紹介していきます。

 

子宮頸がんの病態とは

まずは子宮頸がんの病態についてみていきましょう。

子宮は洋梨のような形をしているとされ、球形に近い体部と下方に続く細長い頸部に分けられます。頸部は膣へと突出する形です。子宮のがんは子宮体がんと子宮頸がんにわけられ、子宮頸がんは婦人科系のがんでは最も多いがんとされています。

 

子宮頸がんの原因で挙げられるのは、ヒトパピローマウィルスの存在です。性感染症を引き起こすヒトパピローマウィルスは、子宮頸がんの患者の90%以上から検出されると言われています。

ヒトパピローマウィルスへの感染はまれなものではないとされ、多くは自然治癒するようです。しかしこのときにヒトパピローマウィルスが排除されずに感染状態が続くことで子宮頸がんの前段階である異形成や子宮頸がんが発生するとされています。これに加えて喫煙も子宮頸がんの危険因子のようです。

子宮頸がんは上述のように異形成というがんの前段階を経てがんになるとされています。。異形細胞というがん細胞の前の段階の細胞ができることを異形成と言うようです。

 

子宮頸がんは、初期にはまったく症状が出ないことが通常とされています。生理以外や性行為での不正出血、生理時の出血量増加、月経周期の乱れなどがあるときは早めに受診した方が良いようです。

異形成の状態で発見できれば治療も比較的容易とされ、予後良好とされています。

 

子宮頸がんの診断と治療とは

AdobeStock_108266723

子宮頸がんの検診では細胞診といって細胞を色素で染色して顕微鏡で観察します。がんの診断のための検査では非常に重要とされています。

子宮頸がんの場合には子宮口の付近に発生することが多いため、同部を綿棒などでこすって細胞を採取するようです。

 

細胞診で異常があった場合には組織診やコルポスコープ診を行います。組織診とはがんが疑われる部分から小さな組織を切り取って顕微鏡で観察します。確定診断に用いられます。コルポスコープ診とは、コルポスコープという拡大鏡を使って子宮頸部の粘膜表面を観察して診断されるようです。組織診をする場合にはコルポスコープである程度異常がみられる部分を絞ってから採取するようです。

 

がんと確定診断された場合には超音波やCT、MRIなどで腫瘍の大きさや広がりなどをみるとされています。リンパ節への転移などもみられるようです。

 

がんは進行度によってステージに分けられていますが、子宮頸がんも例外ではありません。がんの大きさや粘膜などの組織に浸潤している深さ、リンパ節や遠隔臓器への転移などによった決定されます。子宮頸がんは比較的細かくステージが分けられています。具体的には下記の通りです。

 

Ⅰ期 ⅠA期 ⅠA1期 組織学的な検査でのみ認められるがんが子宮頸部に限局しており、浸潤の深さが3mm以内、大きさが7mm未満のもの

ⅠA2期 組織学的な検査でのみ認められるがんが子宮頸部に現在のしており、浸潤の深さが3~5mm、大きさが7mm未満のもの

 

ⅠB期 ⅠB1期 臨床的に明らかな病変が子宮頸部に限局するもので、病変が4cm以内のもの

ⅠA2期 臨床的に明らかな病変が子宮頸部に限局するもので、病変が4cmを越えるもの

 

Ⅱ期 ⅡA期 ⅡA1期 がんが子宮頸部を越えて膣壁に広がっているが、子宮頸部の周囲の組織には広がっておらず、病変が4cm以内のもの

ⅡA2期 がんが子宮頸部を越えて膣壁に広がっているが、子宮頸部の周囲の組織には広がっておらず、病変が4cmを越えるもの

 

ⅡB期     がんが子宮頸部を越えて周囲の組織にも広がっているが、骨盤壁まで達していないもの

 

Ⅲ期 ⅢA期     がんが膣壁にも広がって大きくなっているが、子宮頸部の周囲への広がりは骨盤壁まで達していないもの

ⅢB期     がんの広がりが骨盤壁まで達しているもの、もしくは腎臓と膀胱をつなぐ尿管ががんで圧迫され水腎症を起こしたり腎不全になったもの

 

Ⅳ期 ⅣA期     がんが膀胱や直腸の粘膜に広がっているもの

ⅣA期     がんが小骨盤腔を越えて転移しているもの

子宮頸がんの治療としては、上記のステージによって手術や放射線療法、化学療法が行われます。

おおまかには、ⅠA1期までは手術で摘出します。それ以降では放射線療法や化学療法が併用されるということです。またⅡB期まででは広範囲に切除手術を行うこともあるとされています。当然ですが軽ければ軽いほど予後良好で子宮を残すこともできるようです。

 

子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチンがどのように子宮頸がんを予防しているのかと言うと、ヒトパピローマウィルスの感染を予防することで子宮頸がんを防いでいるということです。

ただしヒトパピローマウィルスは種類が多く、すべてのヒトパピローマウィルスを防げるワクチンではありません。子宮頸がん全体の50~70%にあたる原因となっている2種類のヒトパピローマウィルスの感染予防ということです。

厚生労働省では、この子宮頸がんワクチンと定期的な子宮頸がん検診によって子宮頸がんを予防・早期発見することを推奨しています。

 

子宮頸がんワクチンを接種したことによって、重篤な副作用が出たというニュースを見た人は多いのではないでしょうか。すべての薬やワクチンには、効果と副作用があります。体調が悪かったり、条件が揃ってしまうと重い副作用を出してしまうことがあるということです。子宮頸がんワクチンの主な副作用として挙げられているのは、発熱や接種部位の炎症症状です。

そしてまれではありますが重篤なものには、アナフィラキシーショックやギランバレー症候群、複合性局所疼痛症候群などが挙げられています。

これらの副作用例は、ワクチン接種との因果関係を問わずに報告されているものと言われています。つまり、ワクチン接種後に起こったすべての症状や疾患が報告されており、ワクチンによって起こったかどうかは検証されていないということです。

ワクチン接種と副作用の因果関係を証明するのは難しい問題ですが、このような点もあるということは知っておくべきでしょう。

 

ワクチン接種は効果と副作用などのリスクをきちんと考える

AdobeStock_100015900

子宮頸がんについてその病態や治療、そして子宮頸がんワクチンのはたらきや副作用を紹介してきましたがいかがでしたか?上述のようにすべての薬やワクチンには効果に加えて副作用が起こる可能性があります。

薬やワクチンとの相性もあるでしょうし、自分のコンディションによっても影響されます。予防のために打ったワクチンで疾患を引き起こすことは受け入れがたいことですが、実際に起こってしまうことでもあるのです。

 

ワクチンを接種する際には副作用についてもしっかりと理解し、納得した上で接種するようにできると良いですね。重篤な副作用を起こしてしまってからでは遅いので、そのリスクについては十分に承知しておきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-病気
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.