ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

子宮体がんについても知っておこう!ステージと生存率について

更新日:

子宮のがんは婦人科系で最多となっている

AdobeStock_101982780

子宮のがんにはワクチンの問題でよく知られるようになった子宮頚がんと、子宮体がんがあります。これらの子宮のがんは婦人科系のがんの中では最多となっているようです。子宮のがんは40代以降に増え始め、閉経前後の50代や60代でピークになっているとされています。これには女性ホルモンのエストロゲンが関わっているようです。

 

何かと取り上げられることの多い子宮頚がんですが、子宮体がんも数にすると同じくらいとされています。これらのがんは同じ子宮にできると言っても診断や治療、予後などが違うとされているので双方をしっかり理解しておくことが大切です。

 

女性だけでなく、男性も知識の1つとしてもっておくと良いでしょう。子宮体がんについてその病態や検査とステージ、そして治療や生存率について紹介していきます。

 

子宮体がんの病態とは

まずは子宮体がんの病態についてみていきましょう。

子宮は洋なしのような形をした中が空洞の器官です。球形に近い部分が体部、下に向かうにつれて細長くなっている部分を頸部と言います。頸部は膣に突出しており、体部に受精卵は着床して発育していきます。

 

この子宮の頸部や上皮などから起こるがんが子宮頚がん、体部の内側にある内膜から起こるがんが子宮体がんです。上述のように女性ホルモンのエストロゲンが関連して起こる場合とそうでない場合があります。エストロゲンが関連する場合が8割以上とされており、エストロゲンが長期に渡って生殖器を刺激することががん発生のリスクとなるようです。

 

出産経験がない場合や閉経が遅いといったことがエストロゲンへの曝露期間の長期化につながるとされています。他に肥満や乳がん治療、更年期障害の治療もリスクの1つのようです。

 

子宮体がんの症状としては、最も多いのは出血のようです。特に閉経後に少しずつ長く続く出血がある場合には早期に婦人科で検査を受ける必要があるとされています。子宮がんの検査という場合には、子宮頚がんしか含まれていないことがあるのでしっかりと伝えることが必要と言われています。

 

不正出血以外には排尿痛や排尿困難、性交時の痛み骨盤周囲の痛みなどが症状として起こるとされています。

 

では次は、子宮体がんの検査やステージ分類についてみていきましょう。

 

子宮体がんの検査とステージ

AdobeStock_107445719

子宮体がんの検査としては、主に細胞や組織に異常がないかを調べるために病理検査・病理診断が行われるということです。細いチューブやブラシといった器具を用いて子宮内膜の細胞を採取します。このときチクっとした痛みを感じる人もいるようです。

 

採取した細胞を顕微鏡で観察し、正常な細胞かがん細胞かを調べます。細胞診で異常が認められた場合には、組織診といって疑わしい部分の内膜組織を採取します。内膜全部を採取することもあり、この場合には麻酔が使われるようです。内膜全てを採取することを全面(そうは)といいます。掻き出すという意味です。

 

細胞診や組織診でがん細胞が見つかった場合には拡がりなどさらに詳しく知るために精査が行われます。

 

まず挙げられるのは内診直腸診で、膣から指を入れて子宮や卵巣の状態を触診します。肛門から指を入れて直腸を調べることもあるようです。次に挙げられるのは子宮鏡検査といって、内視鏡による子宮内の観察です。膣から内視鏡を入れて、がんの位置や拡がりなどを直接確認します。病理診断と組み合わせて行うことが多いようです。

 

がんの病変部位や拡がりを確認するための検査として、超音波検査も挙げられます。子宮体がんの場合では膣に超音波をはっする器具を入れて内部の状態を確認するようです。

がんの拡がりや転移を確認する検査としては、CTMRIも挙げられます。肺や肝臓など遠隔への転移、もしくはリンパ節への転移が確認されます。がんの子宮に対する浸潤の深さなども確認されるようです。

 

子宮体がんも他のがんと同様に浸潤の深さや転移などによってステージに分けられています。順に挙げていきます。

 

ⅠA期  がんが子宮体部のみに留まっており、子宮の筋層の2分の1未満のもの

ⅠB期  がんが子宮体部のみに留まっており、子宮の筋層の2分の1以上のもの

 

Ⅱ期    がんが子宮体部を越えて子宮頸部に拡がっているもの

 

ⅢA期   がんが子宮の外膜や骨盤の腹膜に拡がっている、あるいは卵巣や卵管に拡がっているもの

ⅢB期  がんが子宮を越えて膣や子宮のそばの組織に拡がっているもの

ⅢC1期  がんの転移が骨盤のリンパ節に認められるもの

ⅢC2期  がんの転移が大動脈リンパ節に認められるもの

 

ⅣA期  がんの浸潤が膀胱あるいは腸の粘膜まで認められるもの

ⅣB期  がんの転移が腹腔内や鼠径部のリンパ節を含む遠隔に認められるもの

 

子宮体がんのステージは手術をしてみるまで確実にはわからないとされ、手術してみて最終的にどのステージか確定されることも多いようです。

 

では次は、子宮体がんの治療と生存率についてみていきましょう。

 

子宮体がんの治療と生存率

子宮体がんの治療は、基本的には手術による切除とされています。そこに放射線治療抗がん剤による化学療法ホルモン療法などを組み合わせるということです。

 

子宮を温存できる可能性があるのは、早期のがんであることと、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンによって成長が抑制されているがんの場合とされています。

 

ステージでみていくと、Ⅰ期やⅡ期では上述のように外科手術によって子宮の全摘出を行い、必要に応じて卵巣や卵管も切除されるようです。リンパ節の切除が行われる場合もあります。

そして手術後のリスク判定で治療が必要と判断されれば放射線療法や化学療法、ホルモン療法が行われます。

 

Ⅲ期やⅣ期でも可能であれば手術による切除を行います。浸潤や転移の度合いによって手術ができないもしくは切除自体がハイリスクでローリターンの場合には放射線療法や化学療法が選択されるようです。

 

子宮の摘出に伴ってどこまで切除するかは、ステージなどによって判断されます。可能な限り切除してしまえばがんによるリスクを軽減することにはつながるようですが、切除範囲を広げると手術による障害が残りやすくなるという別のリスクも存在します。

これらの点を踏まえた上で切除する範囲は決定されるようです。

 

具体的な障害としては、手術によって排尿や排便に関わる神経に触れたり傷つけたりしてしまうことによる排尿困難排便困難が挙げられます。またこの他にはリンパ節まで切除する場合は下肢がむくみやすくなるケース、卵巣を切除する場合には女性ホルモンの減少による更年期障害のような症状の出るケースが挙げられています。

 

これらの治療による子宮体がんの5年生存率は、Ⅰ期で95%程度、Ⅱ期で90%程度とされています。

Ⅲ期では68%程度、Ⅳ期では17%程度と極端に下がってしまいます。

手術によって切除できるかどうかがカギになるようです。

 

子宮頚がんだけでなく子宮体がんの知識ももっておこう

AdobeStock_108269153

子宮体がんについてその病態や検査とステージ、そして治療や生存率について紹介してきましたがいかがでしたか?子宮体がんも早期発見・早期治療が重要なことは言うまでもありません。検査のところでも述べたように、一般的に子宮のがんの検査というと子宮頚がんの検査しか指さない場合もあるとのことですので、子宮体がんも含めて検査をしてもらうように注意しましょう。

年齢などリスクが高い人は定期的に検査を受けることで早期に発見して、適切な治療を受けたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.