最近はスプリングの入っているマットレスだけでなく、低反発マットレスや高反発マットレスを始めとしたウレタンマットレスも多くの種類が売られています。自分にはどのようなマットレスが合っているのかわからず、なかなか選ぶことが出来ないという人も多いのではないでしょうか。ウレタンマットレスの特徴や選び方など、購入する際のポイントをまとめました。

ウレタンマットレスの特徴は?

ウレタンマットレスとはどのようなマットレスで、どのような長所や短所があるのでしょうか。基本的なことをまとめておきましょう。

スプリングを使わないマットレス

通常のマットレスはコイルスプリング(バネ)を使用して体を支える構造になっていますが、ウレタンマットレスは密度の詰まっている素材である「ポリウレタンフォーム」で出来ています。

スプリングを使ったマットレスとは

通常のマットレスはバネの反発力を利用して体を支えます。ポケットコイルと呼ばれるものも基本的にはバネで支えています。子どもがベッドの上でぴょんぴょん飛び跳ねることがありますが、トランポリンのように跳ねることが出来るのがスプリングを使ったマットレスの特徴です。

ウレタンマットレスとは

ウレタンマットレスは密度の詰まっている素材である「ポリウレタンフォーム」で出来ているため、スプリング無しで体を支えることが出来ます。ウレタンマットレスの上では飛び跳ねようとしてもコイルスプリングのマットレスのような反動はつきません。マットレスの固さによっては沈むような感触のものもありますし、反発力が強いものもあります。

メリット・デメリットは

ウレタンマットレスには独特のメリットがあります。もちろんデメリットもあるのですが、それぞれどのようなポイントがあるのか見ていきましょう。

メリットその1:体圧分散性に優れている

床に横になると肩甲骨や尻、かかとなどが当たって痛いと感じますね。スプリングのベッドに寝たときにもこれらのポイントに体重がかかります。ウレタンマットレスはスプリングを使ったマットレスよりも沈み込むため、これらのポイントが沈み込み、かかる圧力を分散してくれます。この体にかかる圧力を分散する性質のことを「耐圧分散性」といい、ウレタンマットレスは体圧分散性に優れているために熟睡でき、疲れが取れやすくなります。

メリットその2:横になったときの感触がよい

スプリングのマットレスは横になったときに固さを感じますが、ウレタンマットレスは基本的に柔らかく感じます。そのため、横になったときの感触がよいというのが特徴です。低反発、高反発とそれぞれに寝たときの感触に違いはありますが、横になったときの感触の良さはどちらも感じられるでしょう。

デメリットその1:通気性が悪いものが多い

スプリングのマットレスは内部が中空になっているため通気性が良いですが、ウレタンマットレスは中までぎっしりウレタン素材が詰まっているため、通気性が悪いものが多いです。水洗いなども出来ない場合があります。湿気や熱がこもりやすいものが多いというのが大きなデメリットです。ただし中には日本の気候に合わせて通気性がよく湿度を逃がせるようなウレタンマットレスも販売されています。

デメリットその2:体に合うものを選ばないと寝にくさを感じる

体重の違いや、仰向けで寝るか横向きに寝るかと言った寝方によって適しているマットレスの種類が異なります。自分の体や寝方に合うものを選ばないと寝にくかったり、体が痛くなったりします。

低反発マットレスとは

快適な寝心地を求める人には低反発マットレスは非常に魅力的です。どのような特徴があるのか見ていきましょう。

沈み込んで包み込むような寝心地のよさ

低反発マットレスは文字通り反発力が低い素材でできています。手の平を押し付けると手形が残り、ゆっくりと戻ろうとするのがわかります。そのため体が沈み込みやすく、包み込まれるような寝心地の良さを感じます。寝ているときの心地よさでいうと、低反発マットレスにかなうものは無いと言う人もいます。

体重が重い人は沈み込みすぎてしまう

体重が100kg近い人は沈み込みすぎてしまうため、低反発マットレスを使うとむしろ疲れてしまったり、腰痛がひどくなったりするかもしれません。

寝返りはうちにくい

沈み込みやすいという低反発マットレスの特徴は、同時に寝返りが打ちにくくなるということでもあります。そのため、ずっと同じ体勢で寝ることになり、体が痛くなるという声も聞かれます。腰痛持ちの人は低反発マットレスは避けておいた方がいいでしょう。

横向きに寝る人にはおすすめ

横向きに寝ることが多い場合、ベッドへの接地面積が小さくなる分、ベッドへの圧力がより強くなります。背骨が立っているときの状態を保つには、より沈み込みの大きい低反発マットレスの方が適しているでしょう。

高反発マットレスとは

最近では低反発マットレスだけでなく、高反発マットレスも人気が高まっています。低反発マットレスとどのように違うのかを知らずにマットレス選びで困ってしまう人もいるでしょう。しっかりと違いを知っておくとよいですね。

低反発マットレスとの違い

横になった時、高反発マットレスの沈み方は低反発マットレスほどではありません。体重をかけると程よく沈みますが、ある程度のところで押し返すような反発力を感じます。低反発マットレスよりも反発力が強いため、「高反発マットレス」と呼ばれるのです。寝たときに硬めの感触なのが高反発マットレスの特徴です。

低反発より寝返りが打ちやすく腰痛に良い

硬めで反発力が強いと言っても、ある程度までは沈み込んでくれるため、体圧分散性には優れています。低反発マットレスとの大きな違いは、反発力があるために寝返りが打ちやすいという点です。腰痛持ちの人は低反発よりも高反発マットレスの方が良いでしょう。

寝心地では低反発マットレスに負ける

寝心地という点では、沈み込み包み込むような低反発マットレスには一歩劣ります。ですが体重が重い人はしっかりと支えてくれる高反発マットレスの方が適しているでしょう。

ウレタンマットレスのより良い選び方は

ウレタンマットレスはさまざまなものがあるため、なかなか選ぶのが大変だという声も聞かれます。どのような点に気をつけながら選べばよいのでしょうか。

安すぎないものを選ぶ

ウレタンマットレスは数千円で購入できるものもあれば、数十万円するものまで様々な価格のものがあります。なるべく安いものを買いたいと思う人が多いでしょうが、安すぎるものは耐久性や寝心地に問題がある場合が多いため、あまり安すぎるものを選ぶのも考えものです。ネットでの口コミや評価を見て、信頼できるものを購入しましょう。あまり高すぎるものを選べば良いと言うものでもないので、さまざまなものを比較し、自分の財布としっかり相談することが大切です。

「立ったままの姿勢」で眠れるものを選ぶ

寝ているときの最適な姿勢は「立ったままの姿勢」だと言われます。仰向けになっていると気は背骨がしっかりとS字を描いているかどうか、横向きになっている時には枕も含めて背骨がまっすぐになっているかどうかを確認しましょう。そのためには店頭で試してみる事が大切です。試さずにネットで購入するというのは非常にリスクが大きいと言えるでしょう。

ウレタンマットレスはポイントを抑えた選び方が大切!

ウレタンマットレスは自分に合ったものを選ぶことが快眠と疲労回復の重要な要素になります。そのために、マットレスを選ぶ際の基準となるポイントをしっかりと抑えることが大切です。自分の寝方や体質に合わせたウレタンマットレスを選んで、スッキリした目覚めと元気な毎日を過ごしたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。