脱毛

アンダーヘアの形・整え方・脱毛方法。アンダーヘア脱毛のメリット・デメリット

更新日:

みなさんはアンダーヘアのお手入れってどうしていますか?ハサミで切ると下着から出てしまうし、かといって何もしないのも気になりますよね。この記事ではアンダーヘアの脱毛方法についてご紹介します。ご自分にあったお手入れ方法を見付けてくださいね。

アンダーヘアの整え方

AdobeStock_100015900

アンダーヘアを整えると下着などからムダ毛のはみだしが気にならなくなります。アンダーヘアは水着を着る時などには特に注意したいところ。また、蒸れの予防にも繋がるため、生理中などでも清潔に保つことができ臭いの軽減効果も期待できます。では、具体的にどのように整えれば良いのでしょうか?

アンダーヘアは細かく分けるとVライン・Iライン・Oラインに分けることができます。Vラインとはビキニラインのことで、ビキニを履いた時に隠れない部分のアンダーヘアのことです。Iラインは小陰唇の両側のこと。そして、Oラインは肛門周りのムダ毛のことを言います。

アンダーヘアの脱毛は全てムダ毛を処理してツルツルの状態にするわけではなく、Vラインは面積を減らしたり形を整えたりして少し残し、Iライン・Oラインは全処理をしてしまう方が多いようです。全処理をするとスッキリとして生理の時に不快感が少ななどのメリットがありますが、自然体ではなくなるので恥ずかしさからVラインを残す方が多くいらっしゃいます。Vラインを残す場合には形を自由に選べるので、好きなデザインにしましょう。

Vラインの形

Vラインを脱毛する時におすすめの形についてご紹介します。Vラインの仕上げ方にお悩みの方は参考にしてください。専門店での脱毛を考えている方は、カウンセリングの時に目的や希望を伝えながら相談してみるのが良いでしょう。

トライアングル型

逆三角形です。自然な生え方とあまり形が変わらないので、仕上がりも違和感がありません。お手軽なデザインとして人気です。トライアングルの大きさを調節することで下着や水着からアンダーヘアがはみ出すことを防いでくれます。

オーバル型

縦長の楕円形です。上品な印象を与えてくれるので大人の女性に人気です。おへそ側を広げて下側を狭めた楕円にするとより自然な形に見せることもできます。

Iライン型

細長い長方形です。面積の狭い下着や水着を着たい方が行います。自然体なデザインではないので、ナチュラルさよりもオシャレを重視したい方におすすめです。

その他

その他にも基本的に自由に形は決められるので、スター型やハート型などにする方もいらっしゃいます。もちろん全て処理することもでき、毛を残さないことをハイジーナ型と呼びます。

自分で処理をする方法

adobestock_81753084

カミソリで処理をする

自分でも簡単に処理ができる方法といえばカミソリでのお手入れです。鏡を使えばIラインやOラインの処理もできないこともありません。ただし、IラインやOラインはデリケートなので、ケガのないように少しずつ処理をするようにしましょう。

まずは処理する部分を清潔にします。入浴後に行うのがおすすめです。キレイになったらシェービング用のジェルを塗っていきます。ジェルを塗ることで処理後の乾燥予防になるので、できるだけ使うようにしましょう。準備ができたらいよいよムダ毛処理の開始です。形を決めて、いらない部分の毛を剃っていきます。処理が終わったら肌の保湿をすることも忘れないでくださいね。

カミソリのメリットは比較的安全にかつ簡単に処理できるところです。しかし、処理後は肌が乾燥してしまうので、対策はしっかりとするようにしましょう。カミソリのデメリットをあげるとすれば、処理をまめに行わないといけないことかもしれませんね。カミソリで処理をすると伸びてきた毛がチクチクすることがあるので、こまめなお手入れが大切です。

毛抜きで抜く

毛抜きで1本ずつ抜いていく方法です。根元から引き抜くので痛みは伴いますが、伸びてきてもチクチク感が少なくツルツルの状態が長持ちします。ただ、肌にダメージがかかるため、埋没毛などトラブルを招きやすいので注意しなければなりません。埋没毛などのトラブルは自力で治すことは難しいので、肌に異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。毛抜きはVラインの処理はできても、IラインとOラインの処理は難しいため、アンダーヘアのお手入れには向いていません。

除毛クリームを使う

除毛クリームとは毛を溶かす成分を含む特殊なクリームです。ムダ毛の処理をしたい部分に塗り、時間を置いてから洗い流します。短時間で簡単に処理ができるので、セルフ脱毛の方法としては人気があります。しかし、肌への刺激が強いので、粘膜部分には使えません。そのため、IラインやOラインの脱毛はできません。また、敏感肌の方だと肌に合わないこともあるのでパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

ワックス脱毛をする

処理をしたい部分にワックスを塗り、専用のシートを使って剥がしていきます。ワックス脱毛と言うとサロンでの施術が一般的でしたが、最近ではキットがドラックストアなどでも販売しているので、自宅でワックス脱毛をすることもできます。

ワックス脱毛は毛をまとめて抜くことになるので、痛みや肌のダメージがあります。しかし、一度行うとツルツルが長持ちするので、肌や痛みに自信がある方にはおすすめです。ただし、ワックス脱毛も埋没毛が起こる恐れがあるので、その点は注意しましょう。

専門店で処理をする方法

AdobeStock_84163356

レーザー脱毛

レーザー脱毛は皮膚科で行える脱毛方法です。特殊な光を当ててムダ毛の毛根にダメージを与えます。レーザー照射時に痛みがあるものの、皮膚へのダメージは少なく、施術を繰り返すと永久脱毛ができます。最初は数カ月ごとに通わないといけないためコストがかかりますが、何といっても永久脱毛ができるという点や、プロの施術なので自分では難しい箇所の脱毛も確実にできる点が魅力的です。

光脱毛

フラッシュ脱毛とも呼びます。エステサロンや脱毛サロンなどで行われる脱毛方法です。レーザー脱毛と同じく特殊な光を使いますが、レーザー脱毛と比べると弱いエネルギーなので照射時の痛みが少なく脱毛ができます。定期的に通っているとだんだんムダ毛の量は減ってきますが、光脱毛は永久脱毛ができることを証明されていないので、時間が経つとまた毛が生えてくることもあります。

処理をする時の注意点

adobestock_73469450

日焼けしていると脱毛できない

レーザー脱毛や光脱毛に使われる光はメラニンに反応するため、日焼けをしている方は施術ができません。そのため、夏までに脱毛をしたい方は計画的に脱毛をするようにしましょう。日焼け時の脱毛がおすすめできないのはセルフ脱毛も同じです。日焼けをした肌はいつもよりも弱った状態になっています。そのため、普段は平気でも肌トラブルを起こしやすいので、いつも以上にケアを怠らないようにしましょう。

脱毛後のケアを行うこと

セルフ脱毛でも専門店での脱毛でも、脱毛後は肌がデリケートになるもの。脱毛後はケアをしっかりと行うようにしましょう。セルフ脱毛は毛穴から雑菌が入ることを防ぐため、保冷材などで冷やして毛穴を引き締めることや、化粧水などで乾燥を防ぐことが大切です。専門店では冷却などもその場で行ってもらえますが、肌はしばらく敏感な状態が続くので、日焼け止めを持ち歩くなど自分でできる対策なども忘れずに行うようにしましょう。

まとめ

adobestock_85020732

アンダーヘアの脱毛方法は決まりそうですか?VIOラインの脱毛は肌がデリケートな部分なので、できれば専門店での施術をおすすめします。しかし、忙しい方や恥ずかしいと感じる方もいらっしゃいますよね。そのような方はセルフでの処理に挑戦してみてください。メリットとデメリットを理解した上で、脱毛を行えばセルフでもアンダーヘアのお手入れをすることができます。

脱毛・全身脱毛でよく読まれてる記事

レジーナクリニックの口コミまとめ(銀座・渋谷・青山・大阪梅田・博多天神)

このページでは、最近の脱毛業界でもっとも注目されている医療永久脱毛のレジーナクリニックについてまとめたページです。 &n ...

半年で全身脱毛が完了するスピード脱毛サロンはこちら

「目指せ業界最安値!」をモットーに、オープン当初から話題となっている全身脱毛専門サロン「ラヴォーグ」。 「半年で全身脱毛 ...

ピカリの全身脱毛に乗り換える人が急増中!【どんなサロン?】

このページでは、全身脱毛サロン『ピカリ』についての口コミ・料金・キャンペーン情報・おすすめポイントなどをわかりやすくまと ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-脱毛
-, , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.