美しく白い肌の為に、毎日UVケアをしている人は多いと思います。しかし、紫外線の種類や日焼け止めの強さを意識しながらケアが出来ているでしょうか?なんとなく日焼け止めを塗っているだけでは、充分なUVケアとは言えません。日焼け止めの正しい選び方や塗り方などを理解して、一年中降り注ぐ紫外線から、お肌を守ってあげましょう!

紫外線には種類がある!それぞれの特徴を知っておこう。

太陽の光には、様々な波長の光が混ざっています。紫外線はその中の一部であり、波長によって3つの光に分けることができます。

シミやシワの原因になるのは紫外線A波(UV-A)

紫外線A波は他の紫外線よりも波長が長く、皮膚の奥の真皮層まで到達してしまいます。コラーゲンを変性させることで皮膚のハリや弾力を失わせ、肌の老化現象を促進させてしまいます。、また、出来てしまったメラニン色素を酸化させ、黒く目立たせてしてしまう作用もあります。

肌の赤みを引き起こす紫外線B波(UV-B)

日焼けで肌が赤くなった経験はありませんか?その赤みは、紫外線B波によって引き起こされたものです。紫外線B波は紫外線A波よりも強い作用を持ち、シミなどの美容面だけではなく白内障や皮膚がんを引き起こす原因となります。また、紫外線B波はメラニン色素を過剰に作らせ、シミやそばかすを増やす作用もあります。

癌を引き起こす怖い紫外線C波(UV-C)

紫外線C波は、紫外線の中で最も強い作用を持っています。生体に当たると、皮膚の細胞に大きなダメージを与えてしまい、皮膚がんなどの病気を引き起こしてしまいます。人体に有害な紫外線C波ですが、残念ながら日焼け止めで防ぐことができません。紫外線C波はオゾン層で吸収されて地上には届かないので、通常のUVケアで紫外線C波について考慮する必要はありません。しかし、環境破壊と共にオゾン層に穴が開くオゾンホールが観測されており、オゾンホール周辺では紫外線C波による人体への影響が問題視されています。

日焼け止めの選び方のポイントは?

日焼け止めで防ぐことができるのは、紫外線A波と紫外線B波の2種類です。紫外線を防ぐ作用の強さは、PAとSPFという値で示されています。自分に合う日焼け止めを選ぶためには、PAとSPFの数値をしっかりチェックして、必要に応じて使い分けてみましょう。

紫外線A波を防ぐのはPA値をチェック!

PAはProtection Grade of UVAの略で、紫外線A波を防ぐ強さを表しています。紫外線A波を防ぐ効果の高さは+の数によって示されており、+が多ければ多いほど、紫外線A波に対して効果があります。

+ 紫外線A波に対して効果がある
++ 紫外線A波に対してかなり効果がある
+++ 紫外線A波に対して非常に効果がある
++++ 紫外線A波に対して極めて高い効果がある

紫外線B波を防ぎたいならSPFの高いものを!

SPFはSun Protection Factorの略で、紫外線B波を防ぐ作用の強さを示します。10~50といった数値でその強さが示されていますが、この数値は「紫外線が肌に当たってから何倍日焼けを遅らせることができるか」という事を示しています。数値が大きければ大きいほど、日焼けするまでの時間を延長することができるという訳です。

目的に応じて数値を使い分けよう

どのくらいの日差しを浴びるかによって、必要な日焼け止めの強さを調整してみましょう。散歩やちょっとした買い物、室内での作業であれば、PAとSPFの数値はあまり高くなくても大丈夫です。PAは+~++、SPFは10~30くらいで良いでしょう。屋外での軽い活動をする場合は、PAは++、SPFは30~40くらい、強い紫外線の下で活動する場合は、一番強いPA++++、SPF50以上の日焼け止めを使用しましょう。水を使って遊ぶ場合は、日焼け止めが落ちにくいウォータープルーフの日焼け止めを塗ると良いですね。

日焼け止めの正しい塗り方とは?

日焼け止めの正しい塗り方を知っていますか?自分の塗り方が大丈夫かどうかチェックしてみましょう。

曇の日でもUVケアが必要!

太陽が隠れていても、紫外線は雲を通過して肌へと降り注いでいます。曇っているからといってUVケアを怠ると、いつの間にかシミやシワができてしまう可能性があります。特に、紫外線A波は曇りでも冬でも地上に到達する量が変わりませんので、季節関係なくケアが必要になります。一日中室内に居たとしても、窓の近くにいた場合はガラスを通して紫外線が届いてしまいますので注意が必要です。天気や季節による紫外線量の違いはありますが、どんな日でもきちんとUVケアを行いましょう。

まんべんなく塗ろう

日焼け止めを塗る時に、部分的に分厚く塗ってもあまり意味がありません。皮膚の表面を均一な膜で覆うようなイメージで、ムラなく塗り広げましょう。上手く塗れたかどうか不安な人は、二度塗りをしても構いません

日焼け止めの持続時間は数時間?!

一度日焼け止めを塗ったら、一日中塗り直しせずにそのままにしていませんか?日焼け止めは、ずっと効果が持続する訳ではありません

SPFを見て持続時間を計算する

例えば、SPF20 の日焼け止めの場合、日焼けまでの時間を20倍遅らせることができる、ということを示しています。紫外線が当たって10分で日焼けをする人であれば、10分✕20倍の200分間は日焼けを防ぐことができるという訳です。ですので、その時間が経つ前に、再び日焼け止めを塗り直す必要があります。

こまめに塗り直しが必要な場合

プールで泳いだり、レジャーを楽しむ場合は、もっとこまめに塗り直すようにすると良いでしょう。水や汗で日焼け止めが流されてしまったり、服がこすれることで取れてしまうこともあります。

日焼け止め以外で出来るUVケアとは?

私達ができるUVケアは、日焼け止めを塗る以外にも様々な方法があります。日焼け止めにプラスして、自分に合った方法で紫外線から顔や身体を守りましょう。

日傘を活用しよう

日差しの強い夏こそ、日傘を活用しましょう。紫外線対策にも有効な日傘は、強い日差しを遮ってくれるの優れものです。「遮光率99%」や「UVカット傘」という表記がされている日傘がありますが、おすすめは「完全遮光」の日傘です。完全遮光の日傘は、紫外線だけではなく赤外線や可視光線までしっかり遮ってくれるので、UVケアをしながら涼しく快適に過ごすことができますよ。

サングラスで目を守ろう

皮膚と同様に、目も紫外線からしっかり守ってあげましょう。紫外線の中でも、紫外線B波は目に有害です。浴びすぎると、白内障や眼炎などの目の病気を引き起こしてしまいます。夏の強い紫外線が降り注ぐ時期は、サングラスをかけて目に入る紫外線をカットしましょう。雪の登山やスキーをする時にも、同様に注意が必要です。太陽の照り返しで目を痛めてしまう場合がありますので、目を保護メガネなどで守ってあげましょう。

UVケア効果のある衣類を利用しよう

UVケア加工をしている服を身に着けることで、紫外線から身体の広い範囲を守ることができます。紫外線吸収剤を生地に練り込んでいるものや、加工時の仕上げに生地に付着させるものなど様々です。UVケア加工の衣類を選ぶ時は、なるべく生地が厚くてしっかりしているもの、色が濃いものを選ぶとより紫外線をカットすることができます。

美白化粧品でケアしよう

美白効果のある化粧品でお肌をケアすれば、出来てしまったシミを薄くしたり、これからできるシミを予防することができます。毎日のお肌のお手入れに美白化粧品を取り入れ、白くて美しいお肌をキープしましょう。

紫外線からお肌をしっかり守るには、正しいUVケアが必要!

適度な紫外線を浴びることは、身体の健康を維持するために大切です。しかし、浴びすぎてしまうと逆に身体に様々な害を及ぼしてしまいます。適切な強さの日焼け止めを選び、正しい方法で塗って、顔や身体を守ってあげましょう。日焼け止め以外にも、日傘やサングラスなどを上手く活用するのもポイントですよ。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。