ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

白い歯の輝く笑顔は素敵!手軽に歯を白くする方法とは?

更新日:

「芸能人は歯が命」という言葉がありますが、芸能人ではなくても、歯を白くする方法は知りたいものです。にこっと笑ったときに白い歯がキラリと輝けば、素敵な笑顔がワンランクアップしますよね。手軽に歯を白くする方法を知って、今よりさらに素敵な笑顔になりましょう。

歯の着色汚れはどうして起こる?

毎日歯磨きをしているのに、歯の着色汚れが目立つようになってしまうのはどうしてなのでしょうか?

タバコのヤニ

タバコを吸っている人は、タバコのヤニによって歯が汚れているのに気が付くとおもいます。タバコのヤニは「タール」という成分が熱によって変質したもので、非常に粘着性が高く、一度歯につくとなかなか取ることが出来ません。

コーヒーやワインなどによる着色汚れ

コーヒーや紅茶、お茶などのタンニンやカテキンと言った成分やチョコレートや赤ワインのポリフェノール、カレーのウコンやブルーベリーのアントシアニン、またミートソースのような色の濃い食べ物によって歯に着色汚れがつきやすくなります。食べたらすぐに歯を磨くなどの対策が必要な食べ物ですね。

加齢

年齢を重ねると、歯が黄色くなっていきます。歯の中心にある象牙質は加齢によって黄色くなり、さらに歯の表面のエナメル質が徐々に薄くなっていくため、黄色い象牙質の色が透けて見えるようになるためです。

家庭で歯を白くする方法

家庭で歯を白くすることが出来るなら、時間もお金もそれほどかかりません。

ホワイトニング歯磨き粉を使おう

普段使っている歯磨き粉を、ホワイトニング効果のあるものに変えてみましょう。ホワイトニング効果のある歯磨き粉のほとんどには研磨剤が入っています。研磨剤は、歯の表面についた汚れを削ることで、歯を白くするものです。しかし、研磨剤が多く配合された歯磨き粉を使うと、汚れだけではなく歯のエナメル質まで削ってしまうことになります。ですので、研磨剤の配合量が少ないものや、研磨剤以外で歯の汚れを取る成分が使われている歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

エナメル質を修復するタイプがよい

更に、歯のエナメル質を修復する成分が配合されている歯磨き粉がおすすめです。エナメル質を修復することで、歯の表面を滑らかにし、汚れをつきにくくして白い状態をキープすることができます。また、エナメル質の修復は、エナメル質の層を厚くさせ、下にある象牙質の色を見えにくくするという効果もあります。

正しい方法でこまめに歯磨きをしよう

歯に汚れを付着させずに綺麗に白く保つには、「汚れたらすぐに歯磨きをする」ということが大事です。食事をした後や、タバコを吸った後などに、なるべく早く歯磨きをする習慣を付けましょう。歯磨きをする時間が無い場合は、洗口液で口をゆすぐだけでも効果があります。

ブラッシングの正しい方法は

歯磨きの方法が、正しいかどうかも重要なポイントになります。力任せにこすっても、汚れは効率よく落ちてくれませんし、力を入れると歯の表面に傷ができてしまいます。歯に対して直角になるように歯ブラシを当てて、小刻みにこすります。まとめて数本磨くのではなく、1本づつ丁寧にこすりましょう。歯ブラシが届かない所は、歯間ブラシを使ってしっかり汚れを落としましょう。歯ブラシの毛先が開いてしまうと、歯に付いた汚れを落としにくくなってしまいますので、毛先が開いたらすぐに新しい歯ブラシに交換してください。

電動歯ブラシを使おう

手で歯ブラシを動かすよりも、機械を使った方が歯の汚れを効率よく落とすことができます。特に、最近の電動歯ブラシはホワイトニング効果も高く、歯や歯茎を守りながら汚れだけ綺麗に落としてくれますよ。ホワイトモードを搭載しているものや、ヤニなどの着色汚れを取る用のブラシを使うものなど、メーカーによって様々な特徴があります。電動歯ブラシを使えば、短時間で磨いたとは思えないくらい歯がツルツルになりますよ。

歯のホワイトニング用のペンがある

歯を白くするためのホワイトニングペンというのがドラッグストアなどで販売されています。使用法は非常に簡単で、着色汚れが気になる歯を乾燥させた状態でペンを塗り、数分間放置したあとでブラッシングをするというだけです。海外では非常にメジャーな商品ですが、日本国内で販売されているものとは若干成分が異なります。アメリカなどで売られているホワイトニングペンは過酸化水素を含んでおり、歯の内部まで白くする効果がありますが、日本国内では過酸化水素が含まれたものは薬事法の規定により販売できません。そのため、歯の表面だけを白くするような商品として売られています。

プロに歯を白くしてもらう方法

歯科や審美歯科などで歯を白くしてもらうという方法もあります。

保険適用か自費診療か

歯科で行うことができるホワイトニングにはいくつかの種類があります。保険適用のものもありますが、治療という形でのみの適用になります。そのため、自費診療になる場合も多いです。

クリーニング

食べ物による着色汚れやタバコのヤニなどを除去するクリーニングも歯科で行うことが出来ます。歯周病の予防という名目で行えば保険適用になります。一度着いた汚れは落とせますが、その後再び汚れが付くことが考えられますので、定期的に通う必要があります。

エアーフロー

細かいアミノ酸の粒子を「エアーフロー」という機械を使い、空気圧をかけて高圧の水とともに歯に吹き付けることで歯の表面の汚れを取る方法があります。重曹を使う手法が多かったのですが、より粒子の細かいアミノ酸を使用するクリニックが増えています。

歯石除去

歯の汚れた歯石を除去することで白い歯にするという方法があります。歯石は表面に細かい凹凸があるために汚れがつきにくい上、歯周病の原因にもなりやすいのです。そのため歯石除去は保険適用になる場合がほとんどです。

リナメルトリートメント

歯の表面に歯磨き粉の研磨剤等で出来た細かい傷があると歯に着色汚れがつきやすくなります。そのため、その傷を埋める「リナメルトリートメント」という方法があります。この方法は歯の表面の細かい傷が埋まることで汚れにくくなるという効果もあります。

オフィスホワイトニング

歯に薬剤を塗り、強い光を当てることで歯の脱色を行うのがオフィスホワイトニングです。1回で効果が出ますが、効果を定着させるために半月〜1ヶ月程度のインターバルで2〜3回施術を行うと良いでしょう。即効性がある上、効果は2年から3年は続きます。

歯を白くするためにやってはいけない方法とは?

歯を白くするには様々な方法がありますが、実は歯にとって悪い影響を与えてしまう方法もあります。

消しゴムを使った歯磨きを毎日する

歯の汚れ落とし専用の消しゴムを使って、歯の着色汚れを落とす方法があります。消しゴムの研磨力は強いので、強くこすったり毎日消しゴムを使用してしまうと、歯の表面が削れてデコボコになってしまいます。削れてしまった歯は、汚れやすくなるだけではなく、光の反射の影響で黄ばんで見えてしまいます。消しゴムの歯磨きは、力を入れれば入れるほど綺麗になるという訳ではありませんので、一週間に一回ほどの使用にして、毎日の使用はやめましょう。

重曹でゴシゴシこする

重曹を使って歯磨きを行い、歯の表面の汚れを取って白くする方法もありますが、重曹の強い研磨作用には十分な注意が必要です。重曹で歯の表面をゴシゴシとこすってしまうと、エナメル質が削れて歯が傷だらけになってしまい、歯が汚れやすい状態になってしまいます。また、歯が削れて薄くなり、黄味がかった象牙質の色が目立ってしまう場合もあります。

白い歯の輝く素敵な笑顔になろう

歯を白くすると笑顔の印象がガラッと変わります。虫歯予防だけでなく、着色汚れ予防も日頃から取り入れていきましょう。一気に白くしたい場合は専門家として歯科医に相談してみると良いでしょう。白い歯になれば素敵な笑顔が自然と出るようになりますよ。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.