ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

虫歯の放置はどうなるの?虫歯はしっかりと予防しよう!

更新日:

虫歯は自然治癒しないと言われていたが

adobestock_74082549

みなさんは毎日歯磨きをきちんとしていますか?毎食後にしっかり磨いているという人や、寝る前だけ徹底的に磨いているという人まで様々だと思います。ほとんど磨かないという人も中にはいるでしょう。

 

虫歯は歯を磨かないと必ずなるというわけではなく、ほとんど磨かないという人でも虫歯にならない人はいます。また、しっかり磨いていても虫歯になってしまう人もいます。歯磨きと虫歯は、単純な関係ではないということですね。

 

以前は、虫歯になってしまったら歯科で治療を受けるしか治らないと言われていました。しかし現在では、自然治癒が期待できる場合もあるとされています。虫歯を自然治癒させるには、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

今回は、なぜ虫歯ができてしまうのかや虫歯を放置するとどうなるのか、そして虫歯の自然治癒と治療について紹介していきます。

 

 

虫歯がなぜできるのか

adobestock_35166257

冒頭でも述べたように、歯を毎日きちんと磨いていても虫歯ができやすいという人もいれば、ほとんど歯を磨いていないけど虫歯になったことがないという人もいます。この両者の違いはどのようにして起こっているのでしょうか。

 

口の中の環境が重要

虫歯ができるかどうかとして重要なのは、口の中の環境と言われています。虫歯菌の存在の有無だけでなく、口の中の環境がどのようになっているかによって左右されるということです。もちろん、虫歯菌が多いということはリスクの一因でもあります。

 

口の中の環境とは、唾液の量や歯の質、食事などによって左右されるということです。もともと口の中は細菌が多い場所なので、唾液がしっかりと口の中の環境を保っています。つまり、唾液の量もしくは質によって口の中の環境が保てなくなると、他の細菌と同じように虫歯菌も増殖してしまうということです。

 

再石灰化と脱灰

また、唾液の質が低い場合も同様です。唾液の量が多くても、酵素が足りないなどしっかりと機能していなければ細菌の増殖を許してしまいます。唾液の量や質などのはたらきに伴って、歯の質も関連します。唾液によって歯は再石灰化されますが、唾液の量が少なかったり質が低いとそれも期待できません。

 

そうなると、虫歯の浸食を許してしまうことになるので、歯の質というのも重要です。また、再石灰化と合わせて知っておきたいのは、脱灰です。食事の度に、歯は脱灰が起こっています。

 

食事によって歯の脱灰が起こり、それを再石灰化で元に戻しているということです。どちらも唾液が関わっていますが、食事や間食が多いほど脱灰の頻度も高いということになります。脱灰と再石灰化のバランスがとれている分には良いですが、再石灰化が不十分になってしまうと虫歯になりやすいということです。

 

 

虫歯を放置すると

adobestock_60221462

虫歯がそのまま放置されると、どんどんと浸食していくことになります。神経までやられて抜いたという人もいるでしょう。痛みについては、人それぞれのようです。

 

一般的には初期には痛みがないことが多く、知らない間に進行してしまうと言われています。そして神経まで到達すると痛みはかなり強いものになるとされていますが、ここまでの過程で痛みを感じやすい人とそうでない人がいるということです。かなり強くなるまで受診せず、神経と歯を抜くことになったというケースも多いようです。

 

虫歯を放置しておくと、歯の土台となっている骨まで浸食していくとされています。骨が溶けて歯のおさまりが悪くなってしまうとぐらつきが出てしまい、抜かなければならなくなることもあるようです。痛みやぐらつきが出ている方ではあまり噛まなくなるので、咀嚼をするための筋肉にも左右の偏りが出てきます。

 

これらの筋肉の使用の偏りによって頭痛などが起こります。また、血管を介して全身に虫歯菌がめぐってしまうと、心不全や脳梗塞などの循環器系の疾患につながるとされています。このことは近年よく取り上げられているので、ご存知の方も多いでしょう。

 

虫歯を自然治癒させるには

adobestock_55072723

虫歯を自然治癒させるのに重要なのは、上述した再石灰化です。初期の虫歯であれば、この再石灰化の作用によって自然治癒が見込めるとされています。では再石灰化を促進するには、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

再石灰化の促進のために

まずは、再石灰化を妨げないために、口の中の環境を保つということです。歯垢が溜まっている状態では口の中が酸性になりやすく、歯垢が出す酸によって脱灰が進んでしまいます。歯磨きが重要というのは、この歯垢を防ぐことで脱灰を少なくするためということですね。

 

歯ブラシやデンタルフロスなどでしっかりとケアをし、定期的に歯科でクリーニングをしてもらうことが理想とされています。そして、歯磨き後にはフッ素のジェルを使用したり、キシリトール入りのガムを噛むなどすることも効果的なようです。フッ素は虫歯を抑えることや予防できることがしっかりと証明されています。

 

これらのケアに加えて、間食で糖分を摂りすぎないようにすることが大切なようです。食事のたびに口の中は酸性になるので脱灰が起こってしまいます。また、糖質は虫歯菌のエサになるので摂りすぎないようにしたいものです。

 

歯の状態を整えることも重要

そして、親知らずの不整があったり、以前の治療で金属などを使っている場合には劣化がないかなどの歯の状態も整えておくことが必要とされています。虫歯は金属の劣化によって

歯と金属との間に起こるものも多いとされています。親知らずに不整がある場合には磨き残しができやすく環境が悪くなりやすいので、可能であれば整えることが重要です。

 

虫歯の治療

adobestock_45404156

では最後に、虫歯の治療について紹介していきます。自然治癒が見込めるのは初期の虫歯だけです。治療が必要かどうか判断してもらうためにも、定期的に歯科を受診することが奨められています。

 

初期など軽い虫歯の場合

初期の虫歯の場合には、削らずにフッ素を塗ることで治すことができるようです。歯がフッ素を取り込んで再石灰化が進むとされています。歯の溝の部分の場合にはフッ素を含んだシーラントで埋めてしまうことで虫歯菌を封じ込める方法がとられることもあるようです。虫歯菌の繁殖場所をなくし、活動できなくすることで虫歯を治すことができるとされています。

 

削る必要がある場合でも、できる限りその範囲を狭くすることが図られるようです。削った部分には銀歯やセラミックを用います。近年では耐用性の面などからセラミックが使われることも多いようです。ただしセラミックの場合は保険が適用されず、自費診療となります。

 

 

神経まで進むなど重症の場合

神経の近くまで進んでいるものの、神経にまで及んでいない場合にはセメントで保護して歯の強度を保ち、治癒させる方法がとられるようです。シーラントに似ていますね。神経を温存できることが増えてきているようです。

 

残念ながら神経に及んでしまっている場合には、抜く必要があります。神経の取り残しをなくし、歯の根っこの部分での細菌感染に注意を払うことが必要なようです。これがうまくいかないと繰り返してしまうとされています。

 

神経を抜いた歯は色がくすんだり脆くなってしまうと聞いたことがあると思います。割れてしまうのを防ぐために、ファイバー繊維でできた土台を用いたり、セラミックや銀を用いることも行われるようです。

 

 

やはり予防が一番!

adobestock_81897862

なぜ虫歯ができてしまうのかや虫歯を放置するとどうなるのか、そして虫歯の自然治癒と治療について紹介してきましたがいかがでしたか?再石灰化が自然治癒のキーワードとなります。再石灰化は予防にも重要です。

 

なってしまってからよりは、予防の方が簡単かつ重要なので、しっかりと予防していきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-健康
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.