ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

【もう悩まない!】ひどい便秘の原因とあなたの便秘に最適な解決法

投稿日:

ひどい便秘に苦しんでいる人は、薬選びにも苦労していると思います。まずはあなたの便秘の種類や原因を突き止めてみませんか?自分の便秘がどのようなものかがわかれば、それに適した薬も選べるはず。さらに便秘になりにくい生活習慣の改善方法も知ることで、根本的に便秘を解消しましょう!

便秘とはどのような症状か?便秘の種類とは

便秘にはさまざまな種類があります。便秘の種類と症状についてまとめてみましょう。

機能性便秘

いわゆる「便秘」と呼ばれるもののほとんどが「機能性便秘」という便秘に分類されます。機能性便秘には症状と原因に合わせて「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」の3つにわけることが出来ます。

弛緩性便秘

大腸の蠕動運動が弱くなっている便秘「弛緩性便秘」と呼び、便秘の中では最も一般的なタイプです。多くの人がなる便秘の大部分が弛緩性便秘であると考えても良いでしょう。食生活や生活習慣が原因になることが多いです。

痙攣性便秘

痙攣性便秘は弛緩性便秘と逆に、大腸の運動が激しくなっている状態です。症状として下痢と便秘を交互に繰り返します。大腸の働きが激しくなりすぎているため、水分を吸収しきれないうちに便として出されてしまう場合には下痢になりますし、水分が吸収されすぎてしまっているときには便秘になるのです。下腹部に痛みを感じることも多いです。この便秘はストレスや疲労によって自律神経が乱れてしまった場合に起こることが多いです。

直腸性便秘

直腸性便秘は弛緩性・痙攣性便秘と違い、原因が大腸にあるわけではありません。便が大腸から直腸に送られたあとに便意を催さない状態が直腸性便秘です。この便秘の場合、大腸の蠕動運動を促す便秘薬を飲むと下痢を起こしてしまうので注意が必要です。この便秘の原因は便意を我慢する癖があったり、浣腸を使いすぎてしまったりということで起こります。

器質性便秘

器質性便秘病気や薬の副作用によって起こる便秘です。そのため、医師による診察を必要とします。急性便秘の場合には腸捻転、腸閉塞といった症状が、慢性便秘の場合はポリープや大腸がん、子宮筋腫などの可能性があります。生活習慣の改善によっても症状の改善が見られない場合には器質性便秘を疑ってみてもよいでしょう。また、便秘の症状以外に吐き気、激しい腹痛、発熱、意識がもうろうとするなどと言った症状が起こったらすぐに医療機関で診察してもらってください

便秘による症状とは

便秘は便が出にくくなるというだけではありません。胃腸の調子が悪くなることで肌荒れやニキビといった形で体の表面にも異変が出てきます。糖や脂質は腸で吸収されるため、腸の働きが悪くなることで血中の脂肪分が増え、コレステロール値が上昇するといったことで高血圧、高脂血症、動脈硬化など生活習慣病につながる場合や、糖尿病のリスクが上がる場合があります。ひどい場合は大腸がんになることもありますので、たかが便秘とあなどってはいけません。

便秘の原因は

便秘の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。原因を知ることで対応策も変わってきます。

食生活や水分不足による原因

食生活は便秘に大きな影響を与えてきます。高カロリーで糖分や脂肪分の多い食事をしたり、3食食べない場合や、食事制限をしている場合などは便秘になりやすいのです。

カロリー過多・脂肪分過多な食事

カロリー過多、脂肪分過多のジャンクな食事で胃腸に負担をかけることで腸の働きに悪い影響があります。そのため、腸が正常に蠕動運動を行うことができなくなる場合があるのです。

規則正しい食事を摂らない場合

1日3回の食事を規則正しく摂ることで腸の働きは活性化していきます。特に朝食を食べることで胃腸にほどよい刺激を与え、胃腸が目をさまして正常な働きをするようになるのです。また、食事の時間を習慣づけておくと、腸の働きも規則的になります。

水分不足・食物繊維不足

摂取する水分量が少ないと硬い便ができるようになり、スムーズな排便を行うことができなくなる場合があります。また、食物繊維は腸の中をキレイにする役割があるため、食物繊維不足の場合に便秘になる場合があります。

食事量の不足

ダイエットなどで食事の量を減らしている場合、十分な量の便が作られないという事があります。十分な食事を行うことが便秘解消にとって大切なのです。

ストレス・疲労

ストレスや疲労によって自律神経が乱れることでも便秘が起こります。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていますが、興奮状態やストレスのかかった状態、疲労している状態では交感神経系が優位になります。腸の働きを活発にするのは副交感神経です。副交感神経はリラックスした状態で優位になりますので、ストレスが便秘の対的なのです。ストレスによって痙攣性便秘になります。

運動不足

大腸の働きを活発にするためには適度な筋力も必要です。運動不足によって筋力が不足することが便秘の原因となることがあります。筋力不足によって蠕動運動が行われにくくなり、また排便の際にいきむ力も不足するのです。運動をすることでストレス解消にもつながりますので、適度な運動は大切なのです。

薬や病気による原因

器質性便秘は薬や病気によって起こる便秘です。以下のような病気が原因となって便秘になる場合があります。また、

  • 腹膜炎
  • 腸捻転
  • 腸閉塞
  • 潰瘍性大腸炎
  • 大腸がん
  • 子宮筋腫
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能低下症(橋本病など)

また、日常的に服用している薬によっても器質性便秘になる場合があります。薬による便秘は高齢者に多いですが、咳止め薬、抗うつ剤、向精神薬、抗がん剤や血圧降下剤、抗てんかん薬などを日常的に使用している場合は原因として疑ってみても良いかもしれません。その場合、必ず医師に相談するようにしてください。

便秘を解消する「便秘薬」の種類とは

便秘を解消するために薬を飲むという場合もありますが、便秘薬にもさまざまな種類のものがあります。それぞれの特徴を捉えておきましょう。種類によっては習慣性のあるものもあります。

刺激性下剤

市販薬では最も多いもので、腸の粘膜に刺激を与えることで蠕動運動を活発にするものです。主に大腸に刺激を与える「アントラキノン系」「ジフェニルエタン系」がメジャーです。ジフェニルメタン系の方が刺激がおだやかです。また、小腸に刺激を与えるタイプも有り、こちらのほうが副作用が少ないとされます。ヒマシ油やオリーブオイルがこれに当たります。

機械性下剤

水分を与えることで便を柔らかくするタイプの下剤です。水分を吸収して膨らんだ便が腸を刺激して蠕動運動を活発にしたり、便を柔らかくして排出させやすくします。酸化マグネシウムなどがこれに当たります。即効性には欠けますが、副作用が少なく、習慣性もあまり無いというメリットがあります。

浣腸・座薬

昔ながらの浣腸や座薬も便秘の際には有効な場合があります。浣腸は肛門から浣腸液を注入することで便を柔らかくしたり、滑りを良くして排便しやすくします。座薬は肛門に挿入した薬によって直腸に炭酸ガスを発生させることで大腸に刺激を与え、蠕動運動を活発にする効果があります。

便秘を解消する生活習慣とは

便秘を解消するためには、薬による対処療法だけでなく、日頃の生活習慣を改善することも必要です。便秘になりにくい生活習慣を心がけましょう。

食生活の改善

現代人の食生活は高カロリー、塩分過多、脂肪分過多といった問題があります。外食が多かったり、コンビニやファーストフード店を利用する食生活では栄養バランスが偏ったり、脂肪分や糖分が多くなったりします。腸にも負担がかかり、腸での糖分・脂肪分の吸収が妨げられることが便秘の原因になる場合があるのです。腸内環境を整えるため、栄養バランスの取れた食事をしましょう。乳酸菌やオリゴ糖を摂るようにし、食物繊維を多く摂るように心がけましょう。また、水分もしっかりと摂るようにすると良いでしょう。

適度な運動と疲労回復

筋肉不足だと腸の蠕動運動が上手くいかないと言われています。また、排便の際にも十分に力が入らなくなるため、適度な運動を心がけておくと良いでしょう。入浴や睡眠などで日頃の疲労をしっかり回復させておくことも大切です。

ストレスの解消

仕事などでストレスがかかることにより、交感神経系が優位になると大腸の働きが鈍くなります。腸の蠕動運動を促すのは副交感神経の働きによるものなので、趣味などでしっかりとストレスを解消するようにしておきましょう。

ひどい便秘は薬や生活習慣によってしっかり解消しよう

ひどい便秘に苦しんでいる人も、まずは自分に合った薬を選ぶことが大切です。その際に医師に相談して的確なアドバイスをもらうとよいでしょう。また、自分の生活習慣を見直すことで根本的に便秘になりにくい環境を整えておくということも大切です。便秘を治して、すっきりと気持ちのよい日々を送りたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-健康
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.