ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

腱鞘炎の再発防止!その症状、原因、効果的ケア方法を詳しく解説 

更新日:

腱鞘炎とは

手首や指の痛みに悩まされている人は少なくないのではないでしょうか。仕事の負担や日常生活の負担など原因は様々ですが、手や指に痛みがあるというのは非常に不便なことだと思います。これらの問題で多いとされているものには腱鞘炎や手根管症候群などがあり、他に変形性関節症や手指の結節などが挙げられます。

その中でも今回は腱鞘炎について紹介していきます。腱鞘炎といった場合には、一般的には手首の痛みがイメージされることが多いと思いますが、整形外科領域ではばね指やドケルバン病という疾患を示すことが多いようです。ばね指とは指がばねのようになる状態から、ドケルバン病は人の名前に由来していますが、これらの腱鞘炎について病態や治療などを紹介していきます。

 

 

腱鞘炎の原因

AdobeStock_70305601

まずは腱鞘炎の起こるしくみについてみていきましょう。腱とは筋肉が骨につく部分である程度硬さのある組織であり、その付着は強靭です。筋肉は骨に近づくにつれてだんだんと筋肉の組織と腱の組織の配分が変わっていき、徐々に腱の組織の配分が多くなっていくことで最終的に腱として骨に付きます。比較的境界がわかりやすい部位もありますが、筋肉の組織と腱の組織がつなぎ目でつながっているというよりは混ざり合っていると理解した方が近いです。そしてこの腱は指などではとてもながいものになっています。指の曲げ伸ばしのメインの筋肉は前腕にありますが、その筋肉が腱となってそれぞれの指に走っていくのです。手首を通るころには既に腱組織なので、そこから指先までそれぞれが指の運動などのために走っていきます。

そして、この腱の走行や運動の補助をしているのが腱鞘です。腱鞘とは腱を通すトンネルのようなもので、それぞれの指に走る腱が正しい位置にあるように細かく存在しています。輪っかのようにトンネル状になっている腱鞘もあれば、十字でとめてあるだけのような腱鞘も存在し、骨の溝の部分に上から靭帯組織が蓋をするような形になっている部位もあります。この腱鞘の存在によって角度を変えたり滑車の役割を果たすことにより、手指の運動が行えるのです。腱鞘がもしなかったら、指を動かそうと筋肉が収縮した場合に腱が大きく浮き上がってしまいます。またそれぞれの指の独立性も保てなくなってしまうでしょう。手指を上手く動かせる巧緻性にも関わっているということです。

腱鞘炎とは、この腱鞘の部分で腱と腱鞘との機械的な刺激により炎症を起こす状態とされています。腱と腱鞘との間の摩擦が大きくなってきたり、その頻度が多くなると腱や腱鞘が肥厚してしまう場合があります。そうなると余計にスムーズに腱鞘を腱が通ることができなくなり、さらに炎症が起こってしまうのです。

ばね指の場合は指の付け根の手のひら側の腱鞘を腱が通る際に、腱が肥厚してしまったものが引っかかることで指が伸ばしづらくなってしまいます。そしてその引っかかりが外れると、ポンっと指が伸びることからばね指と呼ばれています。引っかかりが大きい場合は痛みが強いことも多く、そのままにしておくと指が伸びきらない状態になってしまうとのことです。さらにその状態が続くことで関節が固まってしまう関節拘縮の状態になってしまいます。伸びきらない状態で関節が拘縮すると日常生活はとても不便になります。拘縮状態になってから、動きを取り戻そうとするのはとても大変とされているので、拘縮が起こる前に治療を開始するべきとされています。ばね指の場合は腱自体に腫瘤ができていることも多いとされ、大きくなるとその膨らみを触知できるようです。

ドケルバン病の場合は親指の付け根のところの腱鞘で問題が起こるとされています。親指の付け根の部分では指を伸ばす筋肉である短母指伸筋の腱と指を外に広げる筋肉である長母指外転筋の腱の2本の腱が腱鞘におさまっています。この部位では腱の走行角度が大きく変わることから負担が大きいとされています。特に親指は仕事量も多くなりやすいので過負荷に陥りやすいようです。またこの2本が通る区画の中に2本の通り道を分ける仕切りのような隔壁が存在することもあるようで、隔壁の存在によってドケルバン病になりやすいということもあるようです。ばね指とは反対に、腱鞘の方に問題が起きやすいということですね。

 

腱鞘炎の治療

腱鞘炎の治療としては、基本的には内服やストレッチなどのケア、そして電気治療などが多いようです。抗炎症薬としてロキソニンなどの非ステロイド性の薬や、ボルタレンなどが多いとされています。外用薬のこともあるようです。そして指を動かす筋肉は前腕に大きな筋腹をもっているので前腕のストレッチや電気治療などが行われます。痛み止めやこれらのケアを行っても改善がみられない場合には注射などの選択肢もあります。注射の場合は局所麻酔やステロイドのことが多いようです。人によっては劇的に変わる場合もあるようですが、負担がかかる状態が変わらなければすぐに再発するとも言われています。仕事上どうしても使わざるを得ないという場合など、必要に応じて手術も行われるようです。この場合は腱鞘を切開することによりその圧迫を開放する方法が多いとされています。手術時間は短く、傷も小さいことから日帰りの手術ができるようです。手術後の日常生活への復帰も早いとされています。

では次は、これらの治療と合わせて重要なことをみていきましょう。

 

腱鞘炎の回復のために

腱鞘炎は長引きやすい疾患というイメージがあると思います。実際に長引いてしまうのは、日常生活や仕事での負担をなかなか減らせないという場合が多いからのようです。腱鞘炎に限ったことではないですが、整形外科の領域で長引きやすい疾患の特徴の一つにこの負担が減らせないことが挙げられます。身体には自然治癒力があるので、多かれ少なかれ必ず回復する力がありますが、その回復力を越える負荷をかけているということですね。負担を減らせたら減らしているという声も聞こえてきそうですが、少しでも負担を減らすことを意識することと、回復力を上げることも意識していきましょう。一番はやはり睡眠です。寝ている間に回復を図るのでその時にしっかり休めているか、また回復の材料となる栄養は足りているかなどが挙げられます。偏った食生活では回復も難しくなってしまうでしょう。食事と睡眠を意識することで回復力を高めることも必要です。

そして再発を繰り返してしまう場合には、手の使い方やケアにも意識を向けてみましょう。上述したように手の指を動かす筋肉は前腕に筋腹があり、力の発揮は前腕の筋肉で担当しますがそのコントロールは手の中にある小さな筋肉たちです。力の発揮に対してコントロールが上手くいかずに暴発するような状態になっていると負担は大きくなります。手の中の筋肉を内在筋といいますが、手のひらを机につけた状態で指を開閉したり、指1本ずつを挙げていくといった運動を行うことでトレーニングすることができます。指でもの握らずに手のひらで握る運動も良いでしょう。これらのケアも併せて行うと、長期化することにも対応していけると思います。

 

身体の回復と負担とのバランスがとれること

AdobeStock_79718444

腱鞘炎について、その病態や治療などをみてきましたがいかがでしたか?負担を回復のバランスを逆転させ、手の筋肉のバランスを整えることで症状の改善や再発防止に努めていきましょう。手指の症状に悩まされることなく、快適に過ごしていきたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.